ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Damehumanoid 曰く

2009-10-13

[]秋の夜長に荒らしについて考える

ことのきっかけはTomFさんのこちらの連載記事

TomFさんは「どうすれば動画が荒れないように出来るか」という観点で記事をお書きになっていて。

チャットでの意見交換など、色々と考えさせられるものがありました。


ただ、自分はそもそも「荒らしってそもそも他人がどうこうできるものなんだろうか?」という疑問を持っていて。

それを元に、自分なりの荒らしに対する考え方を書いてみました。

そんなわけで。以下の文章は直接はTomFさんの記事の内容と噛み合うものでは無くなってしまった気がします。

とはいえ書き連ねる良いきっかけを頂いたことに、改めて感謝を。


以下、読むに当たっての注意事項。

自分の意見はおそらくあまり同意が得られる類のものではない。

自分なりに誠実に行為に対する責任、というものを考えた結果ではあるけれど。

まあぶっちゃけた話、それじゃ救いがないだろうという結論である。

ただ、こういうスタンスがあるということは書いとくのも悪くはないだろうと思ったのでつらつらと。

以下、格納。


自分のスタンス

基本的に、なすがままである。

一時期NGも使っていたけど、色々考えてNGすら使わなくなった。

コメ非表示を使うのはコメントで画が見えなくなるときだけ。

通報もできることは知ってるし、掲示板も何度も見てはいるが、通報したことはない。


荒らしとはなんぞや

正直に言うと、この時点でもうどうしようもないよな〜と思うのである。

だって基準ないよねこれ?

「投稿者、見る人に不快を与える(もしくは与える恐れのある)コメント」って定義できるかもしれないけど。

受け取る人によって違いがありすぎる。

つまるところ各個人の感性に依存せざるを得ない。

つまり定かならぬものを何とかしようとしているわけで。

そりゃうまくいかんよなぁと思うのである。


荒らしを定義できる人

とりあえず話を進める為に「荒らし」の定義をしてみよう。

定義づけができない理由はなんだろう。

それは判断する人によって基準がまちまちだからである。

であるならば、定義する人を絞り込めばいいのではないか。

そう考えたときに、自分が考えるライン引きは以下の2者である。


運営

投稿者


ここで視聴者を含めるか否か、というのが一つの分かれ目な気がする。

個人的にはここに視聴者を含めるから話がややこしくなるんじゃないかなぁと。

運営が視聴者が楽しく視聴できる環境を提供するために、視聴者の意見を聞くのはわかる。

でもね、それを行動の契機にしちゃうと、きりがないんじゃ無かろうか。

それが現状なのではないだろうか。

あまりにも多様な観点があるから、削除人は意見の選別をせざるを得ず。

その結果、削除人の反応に対する不満も生まれるのではないだろうか。

何となく、週マスの除外議論と似た印象を受けるのである。


荒らしコメをする人

ここでちょっと自分の体験したことを書いてみたい。

とある動画を荒らしている人がいて、動画が観づらかったのでNGコメに突っ込んだ。

その日はそれだけでなんてこともなかったのだけど。

しばらくたって自分の好きな動画を見ていたら、この動画でNGに突っ込んだ記憶はないのにNGコメがあった。


たまたま、同じ人だったんですよ。

そしてそっちの動画でのコメントは、作者に感謝するとても気持ちのいいコメントだった。


これを見たときに、ああもう自分はNGコメ使うのやめよう、と思った。

荒らしだって同じただの視聴者なのだ。

そりゃ確かに荒らしは褒められた行為じゃない。

NGに突っ込まれようが、垢バンされようが仕方がない。本人の責任だ。

それでも。

自分はこの同じ視聴者のコメント全てに影響のある断罪をできる立場ではないだろう。

そう思ったのだ。*1


みんながニコニコできる。自分がニコニコできる。

自分が周りに不快を与えないようにする、というのはまだ心がけられる範疇だと思うのだけど。

他人が既に不快をまき散らしているものに対してどう対応するか、というのはとても難しい。

他人の行動を制限する、というのはそのくらい重みのあることだと思う。

自分がどう思ったかは胸を張って言える。

でも断罪する権利なんざ、持っちゃいないんだ。


「みんな」というのは数量的に換算できない概念なのだ。

何人以上だったら、何%を超えたら「みんな」になるなんて境界は立てられっこない。

だから自分は、荒らしコメントについては何もしないことを選択した。

荒らしを駆除した果てに残っているのは、更なる荒らしの燻り出しになると思うから。

そんな声の大きい人にとってだけ気持ちいいニコニコ動画を見たいとは思わないから。


自分なりに願うこと


運営の皆様へ

よくやってくれていると個人的には感謝してます。

ただ、視聴者にいい顔見せ過ぎなのかなと。

荒らし対策を視聴者に負担させるのはちょっと違うんじゃないかと。

そう思います。

これからも腹くくって、意見を聞きつつ、ジャッジは運営として行う。

そういうスタンスを維持していただければと思います。


投稿者の皆様へ

ある意味荒らしに関しては一番やっかいな立場だと思います。

削除権限は与えられているものの、それを実行したら周りにどう見られるか。

それは多分ずっとついてくる。そうそう削除できるもんじゃない。

だから削除を自分でやってくれとはいいません。

ただ、どんなに荒らしコメで溢れようとも。

そちらの印象が強かろうとも。

そうでないコメントもあるのなら。

自分の産み出した動画を信じてやってください。

語調や表現のため、どうしても荒らしの方が気になってしまうのは仕方がないのだけど。

それでも、ニコニコ動画に来る人達には、動画を楽しみにやってくる人もいるんだと。

その単純な事実を忘れないでください。

どんなにコメントが荒れていようとも。

コメントではなく、あなたの作った動画を見に来る人は、きっといると思うから。


視聴者の皆様へ

いろんなスタンスがあると思います。

それらを否定する気は毛頭ありません。

例えば見回り組のような方々が生まれることだってあるでしょう。

組織的な通報がひょっとしたらいい方向に向かうかもしれません。

ただ、他人の行動を制限するということの重さだけは。

忘れないでいただきたい。

世の中のたいていの虐殺は、確固たる意思の元で。

時には善意の元でなされていることは、忘れてはならないと思います。




あとがきのようなもの

自分は極端です。

何もしないが故に荒らしの跳梁に荷担しているといわれればそうでしょう。

未だに視聴者のバランス感覚を何となく信じている自分は甘いのかもしれません。

でもね、警察がどんなに増えたって犯罪は無くならないんです。

増えるのは犯罪を検挙した数だけなんです。

必要なのは、犯罪を起こす気をそもそも無くさせる、情操教育なんだと思います。

そしてそれはもはやニコニコ動画だけに収まる範疇ではない。


ただ、なんとなくだけど。

自分は心のどっかで思ってるんですよね。

犯罪者も聖人もいるから、世の中ってのは活き活きしてるんだと。


もちろん自分が犯罪の被害にあったら、自分なりのやり方で抵抗しますよ。

そりゃ当たり前の話。

理想郷を夢見てたって、生きてんのは現実の生臭い世の中なんですから。

ただ、それでも。

臭いものに蓋するんじゃなくて。

臭いものもあるんだって目に焼き付けて生きていく。

そういう凡夫のスタンスも。あってもいいのかなぁと。

*1:記憶違いかもしれないが、NGにされた数が一定以上のアカウントも垢バンの対象だったと思う。ゆえにNGは遠回りな通報であると自分は認識している