ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Damehumanoid 曰く

2013-07-08

[]2013年上半期ニコマス20選(だめひゅ版)

主催:ATP

アイドルマスター 2013年上半期ニコマス20選開催のおしらせ

レギュレーションはコチラ

参加者のエントリ一覧はコチラ


基本レギュレーション(ポータルよりコピペ)

―――――――――――ここから――――――――――――――

基本レギュレーション

・対象は2013年上半期(1月1日〜6月30日)に公開されたニコマス動画

・自身のセレクトを20作品以内でブログ・ブロマガ・マイリストなどで公開

・1Pにつき1作品

・選考基準はフリー(お気に入り・埋もれ発掘・テーマに沿って等何でもオッケー)


※集計作業簡略化のため、選んだ作品にP名及び動画制作者名を添えていただけると非常に助かります。

 どうかご協力をよろしくお願いします。

―――――――――――ここまで――――――――――――――

今年も参加させて頂きます。


やっぱこうしてたまに馬鹿みたいに真剣に悩めるのはうれしいなと。

改めて主催のATPはじめ、運営の皆様に感謝。


20選始めた頃はあのジャンルはこれこのジャンルはこれとバランスなんかも気にしてたんですが。

回を重ねるに連れていい意味で肩の力が抜けたというか。

ほんとに好き放題選んだなーという気がしますw


集計用マイリスト版はコチラ。コメントなしです。

では、続きからどうぞ。投稿日順に並べております。


コーヒーと恋愛

01.むすひらP

喜怒哀楽、ではないんだよなぁ。

むりやり適当な言葉を探すなら、じんわり。

ただ優しいわけでもなく。

可愛いだけでもなく。

色んな濃淡を綯い交ぜに。

訥々と、流れる時間。

ずっと眺めていたい。何をするわけでもなく、何を言うでもなく。


Dancing with Moonlit Girl

02.ライムライトP

四条貴音ってのはまぁ傑物なわけで。

だから彼女を見せるときにはいろんな背びれ尾びれが付いてしまいがちなんだけど。

結局のところ、こういうのこそが本領発揮するところなのだなぁと思った次第。

ステージに一人しかいないと思わせないもんねぇ。

どんな場所でも、彼女は彼女だから。


【2012年下半期ニコマス20選ED】 START!!

03.ATP

とかく物事ってのは年月を重ねれば重くなりがちで。

時に顰め面してしまうこともあるのだけど。

この動画の前ではそれが吹っ飛んじまうんだよなぁ。

ギュッと詰めこまれた動画達のなんと軽やかな事か。

晴々とした笑顔が動画の向こう側に見える気がするくらい。

こんなふうに好きを形にされたら、そりゃもうかなわんのです。


自由への賛歌 - 765 PRO ALLSTARS

04.残影P

アイマス最高!と叫ぶ奴ならこの辺りにゃいくらでも転がってる。

でも、「アイマスは無限大だ」と本気でこっちにぶん投げてくる奴はやっぱ少ねえのよ。

限りなく自由であろうとするからこそ、一瞬一瞬を全力であがく楽しさよ、美しさよ。

これだからニコマスはやめらんねぇ。


「my song」(Chihaya’s song mix)【千早誕生祭】

05.いちじょーP

こんな素敵な音と共にいられるならば。

きっと千早はそれで十分幸せなのだろう。

あの馬鹿は、そうやって生きてきた。

多分これからもそうやって、生きるだろう。

だから、ありがとう。


c@ppuccino

06.むきリンP

伊織の見せる端境期の曖昧な魅力もさることながら。

亜美真美の両サイドでの仕事っぷりがたまらない一作。

もちろん無印時代にゃこんな表現はできなかった。

アイマス2が出た直後だって、わかってても出来たかどうか。

成長したんだなぁ。素直にそう思えた。

この曲が三人三様に似合う日が、いつの間にか来てたんだ。


七彩ボタン 7thライブ at 横浜アリーナ

07.けるまP

人の執念はこれを可能にするのかと。いやはや参った。

横アリにけるまPが行ってたらこの動画は生まれなかったのだろうか。

でもやっぱり叶うことなら観てほしかったと、この動画を観たからこそ思わずにいられない。

魔法を再び叶えた魔法に、心から感謝。


【Dolls】桜の森の満開の下

08.UKCP

どこの春香さん持ってきてもサムネになるくらい、凄まじい。

ダムPの名作を踏まえた上で、さらに深い処へと。

桜の花の、その奥へと。

今期一番俺が飲み込まれかけた動画だと思う。


【アイドルマスター】 駅 【千早】

09.RinP

思わず「千早、めんどくさい気配のする名曲にはほんと似合うなお前は^^;」と言わずにはいられなかった。

まぁだいたいバンナムが毎回わけのわからん重荷を乗っけるのが悪いのだが、それはさておき。

歌の呼吸に寄り添う姿。歌詞の面影に重なる表情。

今期自分が見た中では千早のベストパフォーマンスの一つだと思う。

そういやおまえは出来るなら歌そのものになりたかったんだっけ。

うん、そろそろ出来るかもしれんよ。まだおまえが望んでるならの話だけど。


【アイドルマスター】春香・美希・千早 LITTLE WING【LINDBERG】

10.セプタムP

見る専なら誰でもそうなのかは知らんのだけど。

このアイドルの脳内担当Pはニコマスの誰々P、というのが自分の脳にはある。

セプタムPにはるちはみきってのはまさにその組み合わせで。

このコンビが見せる推進力ってのがたまらなく好きで。

三人が噛みあうと、こんなに爆発するんだと。

こんなに真っ直ぐ前を観るんだと。

それがうれしくって、うれしくって。


アイドルマスター 天海春香 『TOMORROW』

11.museP

一手違わぬ表情選択を当たり前のようにやってのける。

歌の向こうに、春香の話す声が聞こえる気がする。

何も言わぬその表情を見てるだけで、春香が何を思ってるのかわかる気がする。

視聴者にすら、そう錯覚させる。

それはご本人がブログで語っていたとおり「自分の春香」にたゆまぬ情熱を注ぎ続けているからなのだろう。

この動画を観るだけで、これまでの動画を思い出せるほどに。

ただひとつのMADが、年月を当たり前のように背景に持ちうるということ。

考えてみたら、それってとんでもねえことなんじゃなかろうか。


【im@s三昧2013】アイドルマスター「銀河の果てまでウキウキ大行進よ」

12.ナンカンP

俺がガキの頃にブラウン管の向こうに眺めてたのは、多分こんな世界だった。

21世紀がまだ輝かしい夢だった頃の匂い。

それが今こうして目の前に差し出されると、なんと眩しくて羨ましいことか。

ステージにいるアイドル達の、なんと活き活きしていることか。

あの頃観た夢はなくなっちまったんじゃなくて。

今もこういう形で色んなとこにあるのかもしれない。

こうしてネットの果てでまた夢に再会させてくれたことに、感謝を。


アイドルマスター 「Break your world」 千早・あずさ・美希・貴音・響

13.abP

中坊くらいの俺がアイマス観てたら絶対最強のクインテットとしてこの5人選んでたw

オバマスでグイグイ引っ張る展開の気持ちよさ。

アイドルそれぞれがみせる美しく力強い眼差し。

語るほどに野暮になっちまうほどのシンプルな煌めき。

ステージとダンスってのは、それだけでこんなにも、強い。


アイドルマスター×ギタドラ 春香「RЁVOLUTIΦN」ver. 2.0

14.しゅがP

サンフラワーヘッドがこんなにかっこよくていいんだろうか。

うん、これでいいのだ。

ここまでぶっ飛んでも平気な器こそが春香さんでもある。

ピンボールのように弾けるカメラですら追い切れないほどの情熱。

ライブなんだから、そのくらいでないとね。

冗談みたいなフリーダムに乾杯。


Don’t Stop The Music

15.ベッチP

ド派手なダンスで魅せるんでもなきゃ、爆上げな音楽ってわけでもない。

それでいてこんなにワクワクさせてくれるんだからたまらない。

ここにあるのは、音と戯れてるってことなのだと思う。

リズムを取るってこんなに楽しいんだ。

客席で一緒に踊っちまうね、こんなステージ見たら。


難攻不落ガール

16.ふりそでP

個人的にはものすごくツッコミを入れたくなるのである。

竜宮をプロデュースする律子がソロで羅刹さんと勝負しねーよと。

それやっちまったらプロデューサー律子のアイデンティティが崩壊する。

それでも、そう思いつつも、やっぱこの動画は随所に律子らしさが溢れてるわけで。

いい動画なんだよなぁこんちくしょう。ありがとう。


アイドルマスター2 「ever free」

17.泥水氏

出だしの真美の立ち姿を観た時に、ああもうこれはやられたと思った。

「あ、hideがいる」って思わず声に出してたもの。

そのくらい真美は自由で、ポップで、遠くに見えた。

千早も美希も、三人とも遠くて。

hideの音の中ですげえ楽しそうで。

なんだかとてもうれしくて、少し寂しくて。


Time After Time

18. 獏葉(ばくは)P

アイドルチョイスと選曲と振り付け

組み合わせそれ自体に唸ったのは久しぶりな気がする。

心の底を揺するような歌声に、染み入るようなダンスが、表情が。

気づいたら、無性に酒が飲みたくなってた。


【アイドルマスター】Nocturne 001【秋月律子誕生祭2013】

19.しおP

動画説明文。ローソンを彷徨う視線。主客のひっくり返った目が逢う瞬間。止めどなく廻る、律子。

いつの日か秋月律子PはしおPを越えんとするアイドルを、ステージを作り上げるんじゃなかろうか。

まぁその動画を作るのはしおP本人という実にめんどくさい構造なのだが。

この動画は、そんな世界の一幕に見えるわけで。

だからあのぽっかりと浮かぶ空を見たら、何も言えなくなるわけで。

律子、いい眼持ってんなぁ。


アイドルマスター 「COLOR」

20.きみP

一番好きなダンスPVを探したら、今年もきみPだったというよくある話。

音の変化量にダンスの変化量が実に自然に馴染むというか。

自分の中で共鳴する音と、ステージのアイドル達が聞いてる音が一緒に見えるというか。

もうこれは本当に「好み」のレベルではまってるんだなぁ俺、と思う次第。

フェアリーの三人がまたいいんだ。

この三人、誰がセンターとってもそれぞれに映えるんだけど。

この曲に似合うのは響だと思うし。でも響一人じゃなくて、三人だからいい曲だと思うし。

大サビの響の笑顔がね、三人じゃなきゃダメなんだよ。最高。


サムネ一選

あまみはるか

21.まるいP

今期はなんとなく、春香さんの動画で興味深いのがいくつか上がってた気がする。

今までとちょっと違う視界からの、春香さん。

結局20選にはその動画達まで収まりきらなかったので。

中から代表としてこちらを。