Hatena::ブログ(Diary)

元意固地な駆け引き遊戯者だったけど、今では単なる情報弱者のうんこ野郎による汎用電子計算機上に於ける遊戯算符に関する愚考の垂れ流し

2015-03-31

WineD3Dを使ってWindows 8.1上でSteam版Jagged Alliance 2 Gold を動かす

以下を参考にしました。

http://steamcommunity.com/app/215930/discussions/0/846956740704592766/

注意:WineD3Dの最新版だと何故か失敗します。

必ずversion 1.1.38を使ってください


  • まず初めに、7-zipという圧縮解凍ユーティリティをinstallしてください。
  • 次に、wined3d.exe を http://www.nongnu.org/wined3d/から落とします。(exeですがこれを実行しないでください。)

f:id:damned:20150331024842p:image

  • 普通にやると最新版をdownloadしてしまうと思う。ちゃんと1.1.38を落とすこと。

f:id:damned:20150331024843p:image

  • 1.1.38のwined3d.exeをダウンロードしたらこれを7-zipで開く。すると、次のようになるので、

f:id:damned:20150331030533p:image

  • $SYSDIRを開き、

f:id:damned:20150331030534p:image

f:id:damned:20150331024838p:image

  • ゲームの詳細のリストでJagged Alliance 2 Goldのところを右クリックして、

f:id:damned:20150331024839p:image

f:id:damned:20150331024840p:image

  • 「ローカルファイルを閲覧」とやればよい。

f:id:damned:20150331024844p:image

  • そこに先ほどの3つのdllファイルをコピーすればゲームを起動しても大丈夫な筈。

私の場合はDドライブのProgram Filesの中にsteamのファイル群がありますが、人によってはCドライブ直下などに入れているかもしれない。各自自分の設定に合わせて考えてください。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/damned/20150331/p1