Hatena::ブログ(Diary)

ダンスの海へ 舞踊評論家・高橋森彦のblog このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
20120102030405060708091112
201301020304050607091011
20140102040508
201506070809

2008-07-30

dance3002008-07-30

[]第19回清里フィールドバレエ

清里フィールドバレエ(主催: バレエ シャンブルウエスト、共催:萌木の村)に今年も足を運んだ。山梨県北杜市高根町清里にあるリゾート地「萌木の村」で行われる日本で唯一の本格野外バレエ。19回目の開催となり、夏の風物詩として全国から多くの観客を集め盛況を誇っている。中央本線から小渕沢経由で高原列車に乗り換え清里駅に降り立つと肌寒い。けれども慣れると快適に過ごすことができる。地物の野菜や肉といった食材も新鮮で体に優しくしみじみおいしい。国内有数の避暑地とよばれるのも頷けるところだ。夜8時、暗くなると萌木の村の広場に設置されたステージでバレエが始まる。

今年は『タチヤーナ』『シンデレラ』『おやゆび姫』の3演目が日替わり上演されたが、そのうち野外では初となる『タチヤーナ』(演出・振付:今村博明、川口ゆり子)の初日を観ることができた。『タチヤーナ』はロシアの文豪、プーシキンの韻文小説『エヴゲーニー・オネーギン』に基づいて1820年代のロシアに生きた人々やその日常の情景を描いたもの。全編チャイコフスキーの楽曲より選曲がなされている。オリジナルの創作バレエを数多く手がけるバレエ シャンブルウエストの全幕もののなかでももっとも完成度が高い。文化庁芸術祭大賞を獲得したほか、タイトルロールの演技によってプリマの川口ゆり子が芸術選奨文部科学大臣賞の対象となるなど文字通りカンパニーの代表作といえる。再演を重ね練り上げられてきたが、今回は野外での初演となった。

劇場版では3幕構成だったがここでは2幕に再構成。第1幕では、女主人ラーリンの娘オネーギンとオリガのところにオリガの婚約者レンスキーが友人オネーギンを連れやって来ることからドラマが始まる。タチヤーナはオネーギンに恋し、結婚を望むもオネーギンに拒絶され、軽率と批判される――。読書好きでおとなしいタチヤーナを川口ゆり子が、対照的にいつも快活なオリガを吉本真由美が演じた。ふたりの姉妹ぶりは作品にとって不即不離ともいえるくらいの強い印象を残す。この幕の大きな見せ場はなんといってもオネーギンへの愛を告げる手紙を書こうとするも寝入ってしまうタチヤーナの観る夢の光景。夢の精を伴ってあらわれたオネーギンの幻影と踊るパ・ド・ドゥはうっとりするほど美しい。川口とオネーギン役、今村博明コンビの独壇場である。

第2幕になるとよりドラマが動く。タチヤーナを祝うための舞踏会でオネーギンがオリガを踊りに誘ったことから始まる口論に端を発し、オネーギンとレンスキーが決闘、レンスキーは命を落とす。レンスキー役、吉本泰久の存在感が際立ち、今村と拮抗、舞台に厚みをもたらしていた。悔恨の情から放浪の旅にでたオネーギンは数年後、旅から戻り、サンクトペテルブルクの友人宅での舞踏会に招かれる。そこで旧友の夫人がタチヤーナであると知り、来る日も来る日も愛を伝えるが、タチヤーナは毅然とそれを拒否する。オネーギンを愛していても他人の妻となった身、オネーギンを振り払い、彼からの手紙を破り捨て、しっかり前を向いて生きていく……。運命のはかなさ、そのなかで生きる人間の生を苦く描き、大人の鑑賞に耐え得る骨太のドラマとして充実している。

室内劇中心、劇場の上演で練り上げられたレパートリーを野外で上演するのは一筋縄にはいかない。劇場版に比べると最初はややストーリーが見え難く、登場人物の個性がわかり難い感もあった。が、第2幕、舞踏会の場からオネーギンとレンスキーの決闘、そしてオネーギンとタチヤーナの再会、別れまでの畳み掛けるような展開は息もつかせない。完全に惹き込まれた。休憩込み2時間で濃密なドラマを味わえるのは野外版の魅力ともいえる。舞台美術もシンプルだがしっかりしており、景の転換もスムーズ。野外版初演はまずは成功といえるだろう。『フェアリーテイルズ』『おやゆび姫』といった、清里から生まれその後劇場でも上演された愛すべきレパートリーも多いが、カンパニーの代表作『タチヤーナ』を広い観客層の集う清里で披露したことは意義深い。今後、野外でも作品を練り上げ、たびたび上演していってほしいものだ。

20年近い歴史を通して多様な観客層にバレエの魅力を浸透させた功績はいくら評価してもしすぎることはない。星空の下での一期一会の舞台は病みつきになる。リピートする観客が多いというのも納得のいくところ。とはいえ、出演者や技術スタッフはもとより会場の設営や運営に関わる人々の数は多く、労力、経費がかかるはずだ。また、野外での上演にはアクシデントや天候の変化等難しい問題は付き物。熱意と創意がなければここまで続いてこなかったはず。人の絆、文化・芸術の力を信じ歩んできたからこそ、今日の隆盛があるのだろう。鑑賞者として、頭が下がり、感謝するのみである。

(2008年7月28日 萌木の村野外特設劇場)

※ 写真は夕刻の『タチヤーナ』リハーサルの光景。

※8月9日まで開催中。

※清里フィールドバレエ ホームページ

http://www.moeginomura.co.jp/FB/

2008-07-27

[]朝日舞台芸術賞中間選考会

第8回朝日舞台芸術賞の上半期中間選考会の結果が出た。

今回から新たに「舞踊賞」を創設、また、前回までの「舞台芸術賞」を「アーティスト賞」と改めるとのこと。舞踊関連ではグランプリ候補にNoism08『Nameless Hands〜人形の家』が入っている。アーティスト賞には昨年『コンタクト』『オルフェオとエウリディーチェ』『牧阿佐美の椿姫』がありながら惜しくも「舞台芸術賞」を逃したと思われる酒井はなが『カルメン by石井潤』の演技で入った。「舞踊賞」には首藤康之と活動休止中の「水と油」の小野寺修二によるコラボレーション『空白に落ちた男』、小島章司フラメンコ2008『越境者』がノミネートされたようだ。新人賞的な「寺山修司賞」には大駱駝艦の村松卓矢(『ソンナ時コソ笑ッテロ』)が入っている。

Noismと『空白に落ちた男』は話題作であったので絡んでくる展開は予想できたが、小島章司はやや意外。とはいえ、作品、小島のダンスとも面白かったので異議はない。過去にも「舞台芸術賞」にノミネート経験はあるし、記事によると過去の実績も加味してという要素もあるようだ。舞踏系の支持も根強い。

下半期、新制作の大作バレエ等の上演予定といえば新国立劇場の『アラジン』があるし、一昨年、舞踊作品として初めてグランプリを獲得した山海塾の新作もある。はかに、名古屋、静岡の上演だがH・アール・カオスの『神曲』あたりも気になるところ。


■上半期の候補決まる 第8回朝日舞台芸術賞・中間選考会

http://www.asahi.com/showbiz/stage/theater/TKY200807240108.html

2008-07-25

[]佐多達枝バレエ公演、井上バレエ団、東京シティ・バレエ団

2008佐多達枝バレエ公演『庭園』

2006年初演、個人的に近年もっとも衝撃を受けた傑作の再演。鬱蒼たる蔦の垂れ下がった庭園を舞台に万物の流転を透徹して見据えた舞踊宇宙が展開される。前回の13景に加え、石井竜一のソロも加え14景に。パートの順番も入れ替わっている。印象に残るのは高部尚子のソロ『光合成』と島田衣子&武石光嗣による『埋葬』。日本を代表するプリマから最良の演技を引き出していた。しかし、男ひとり女ひとりによる三角関係を描いた『ロマンチスト』など初演時の出来に遠く及ばないものも散見される。パートごとの完成度にややバラツキがみられたのは残念だが、佐多の飽くなき創造のエネルギーと観るものの思考を喚起する舞台創りにはやはり深い感銘を受けたのだった。

(7月4日 シアター1010)

井上バレエ団「3Choregraphers + Peter Farmer」

バレエ団創立40周年、財団設立25周年、井上博文没後20年記念公演が盛大に行われた。ブルノンヴィル『コンセルヴァトワール』はバレエ学校のクラスの模様を描いた爽やかな佳作。『ジェンツァーノの花祭り』よりパ・ド・ドウはいわずと知れたブルノンヴィルの代表作で井上バレエ団の十八番でもある。リファール『ヴァリアシオン』は元来パリ・オペラ座のプリマたちに創られたもので、6人の個性的なヴァリエーションが続く。宮嵜万央里、田中りなら中堅、若手プリマが伸びてきている。島田衣子&エマニュエル・ティボー主演『グラン・パ・エスパニョール』(関直人振付)は「ドン・キホーテ」の曲を自由に用いての祝祭バレエ。島田とティボーは昨年に続き共演、勢い余る場も観られたが明るく力強い演技を見せ会場を沸かせた。島田はいまが旬の踊り手だ。脇に回りつつ献身的に舞台を支えたベテラン、藤井直子の演技も心に残った。怪我から復帰、美しさを保ちつつ大ベテランになっても研鑽を重ね、踊りが上手くなっているのには頭が下がる。

(7月12日 文京シビックホール大ホール)

東京シティ・バレエ団「石井清子舞踊生活70周年記念公演」

理事長、石井清子の記念公演。『レ・シルフィード2008』(2001年)は石井流に美しくまとめられたロマンチック・バレエだ。詩人と妖精たちの紡ぐ、まさに泰西名画の世界。黄凱のナルシスティックな演技がたまらなく魅力的だった。『剣の舞』(2005年)は華やかに舞曲を10曲連ねる。音楽の流れに逆らわず観ていて小気味よい振付を生む石井ならではの手腕が随所に見て取れた。新作『眠る森のアレグロ・ヴィーヴォ』は現代舞踊の野坂公夫:演出・振付。「眠り」の音楽を用い、石井扮するカラボスに焦点を当てているが、狙いが曖昧で振付も無理に変える必要があるのか疑問が残る。オーロラを踊った橘るみが秀逸。パを丁寧に連ねつつスケール感漂う踊りをみせるあたりはやはり実力者と再認識した。オーストラリアでの在外研修から帰国する志賀育恵と並び切磋琢磨することで後進も刺激を受けるだろう。地域に密着し、アットホーム、暖かな舞台創りに定評あるこの団体だが、今後より質の高い舞台を生むことが期待されるところだ。

(7月19日 ティアラこうとう大ホール)

2008-07-06

[]Noism08『Nameless Hands〜人形の家』

金森穣率いるNoism 新作の主題は「見世物小屋の復権」。人形劇という趣向を軸に意志のない人形たち、それを操る黒子たちや人間たちが入り乱れる。休憩挟んで2時間、彼らの発散する強烈な存在感や細かな息遣いが舞台空間を、客席を侵食していく。

梅林茂、中島みゆき(「時代」)、ストラヴィンスキー(「春の祭典」)らによる聴きなれた楽曲を用い、演出もアングラ調のテイスト。振付や身体性に金森がヨーロッパでの修業時代最初に学んだベジャールや近年兄事する鈴木忠志の直截的影響がみられた(筆者は近年のものだが鈴木の演出作品を数本観ているし、富山県・利賀村の演劇祭で鈴木メソッドのデモンストレーション等も観ている)。金森自身がアフタートークで口にしたが“ベタな選曲、ベタな演出”。金森が打ち出したのは、扇田昭彦らの著書から窺い知るばかりだが、60年代的な肉体の復権に近いのであろう。当節散見されるコンセプト重視、感覚的な身体への強烈なアンチテーゼである。かって鈴木忠志は早稲田小劇場時代、歌舞伎等を題材にしたコラージュによって現前する肉体の圧倒的存在感を主張した「劇的なるものをめぐって」シリーズを創作しているが、『Nameless Hands〜人形の家』は、金森による「ダンスとは、肉体とはなにか」をめぐる考察の産物であると思う。

一見、これまでの金森作品と趣を異にするように思えるが、無機的な身体という題材は代表作『NINA〜物質化する生け贄』(05年)を受けてのものであり、小スペースで演劇的手法を駆使して密な空間を創りあげる試みも新潟、静岡ほかで上演された『sence-datum』(06年)からの発展を思わせる。アングラなテイスト、判り易い演出によって観客を惹きこむ手法も『SIKAKU』(04年)などで使われている。思い付きや奇を衒って生み出されたものではなく、上滑ったところのない、地に足着いた表現として血肉化されているからこそ説得力があろう。とはいえ、さまざまの反撥や批判、酷評も予想されるなか今回の作品をあえて創った金森の気概というか大胆さには恐れ入るばかりだ。

好みは分かれると思うが、現在の金森の創作力、ポジションをもってしてこそ創り得る力作であり、日本のダンス界への問題提起として、また、多くの観客へ肉体の復権を訴求する意欲的な実験として意義があったといえるのではないだろうか。

(2008年7月2日 シアタートラム)

2008-07-05

[]2008年4〜6月の印象に残る振付家・ダンサー

・黒田育世(ギグメンタ2008・細江英公×黒田育世の演技)

・村本すみれ(MOKK『ましろ』MOKK LABO『暗闇』の演出)

・小島章司(小島章司フラメンコ2008『越境者』の演技)

・上野水香(東京バレエ団「M・ベジャール追悼特別公演」の演技)

・森優貴(『ひかり、肖像』の振付・演技)

・伊藤友季子(牧阿佐美バレヱ団『ドン・キホーテ』の演技)

・法村珠里(法村友井バレエ団『眠れる森の美女』の演技)

・内田香(ダンスパフォーマンス『Maquillage』の構成・振付・演技)

・鈴木ユキオ(『沈黙とはかりあえるほどに』の振付・演技)

・KATHY(シークレット・パフォーマンス『Happy Birds』の演技)

作品・公演よりも印象に残った演技や振付を記しておきたい。年度末に1年を振り返る際、秋以降の舞台の印象が強くなることもあるので備忘録の意味合いも兼ねて。

黒田育世はギグメンタ2008の企画公演で写真家・細江英公とコラボレーション。土方巽を撮った『鎌鼬』のスライドを背景にエッジーなダンスを繰り広げた。(4月6日 アートコンプレックス・センター)

村本すみれらによるMOKKは、劇場以外での空間を活動の場として刺激的な舞台を展開。『ましろ』では神社の境内を縦横無尽に使って遊び心あふれる舞台を生み出し、『暗闇』では小さなコンテナボックスのなかでのパフォーマンスをみせ観客を作品に巻き込んだ。(4月12日 赤城神社、6月20日 板橋区蓮根にあるコンテナボックス)

小島章司フラメンコ2008新作は2部構成。2部、小島とタビ・ロメーロのデュオが圧倒的だ。孤高、枯淡の境地に達しつつある小島だが若いロメーロと正面からぶつかる様は、飽くなき挑戦者としての気概を示している。名作『一瞬と永遠』(03年)におけるイズラエル・ガルバンとの火花散る競演を彷彿とさせた。(5月9日 俳優座劇場)

上野水香はベジャール振付『ギリシャの踊り』ハサピコの踊りが出色。虚飾を廃し、真摯に振付に向き合う姿勢が抜きん出ている。振付自体も造形美を際立たせるもので上野にぴったり。脚を上げすぎなどとピンボケの批判もネット上等で散見されたが、ベジャールの振りを忠実かつ魅力的に踊りこなしている。今後、型をキープしつつ表現のニュアンスが豊かになれば文句なしだと思う。(5月10、11日 東京文化会館)

森優貴貞松・浜田バレエ団出身。欧州で振付家、ダンサーとして活躍、昨年古巣に提供したコンテンポラリー・バレエ『羽の鎖』で芸術祭新人賞を受けた。今回は能楽の津村禮次郎と今をときめく酒井はなとのコラボレーション。2部構成のうち1部における酒井とのデュオが秀逸だった。熱情的演技を特徴とする酒井から抑えた演技を引き出し、また、自身のしなやかで繊細な踊りも魅力的。(5月15日 セルリアンタワー能楽堂)

伊藤友季子は今回、主役のキトリではなく街の踊り子、キトリの友人役を踊ったが、伸び伸びと元気でじつによかった(別の日には森の女王も踊った)。パとパを音楽的に、流麗に紡ぎだしていく稀有な資質の片鱗をうかがわせる。八月の『ロメオとジュリエット』、秋の『ライモンダ』主演が待ち遠しい。(6月13日 ゆうぽうとホール)

法村珠里のバレエ団公演初主役公演は、新星誕生の場に立ち会えたという幸福感で充たしてくれた。無理なく上体を用いて美しいラインを描き出せる優れたバレリーナ。アラベスクも高く上がるが、骨盤をずらしたり、無理に上げるのではなく、脚の付け根から丁寧にていねいにあげられ観ていて実に心地よい。(6月14日 フェスティバルホール)

内田香(Rossewaltz)は、クラブでのソロダンスパフォーマンスで新たな魅力を振りまいた。このアーティストは観るたびに鮮烈な印象を残すし、表現の質も変えて来ている。映像や衣装もセンスよく濃密な時間に惑溺させられた。(6月15日 Super Deluxe)

鈴木ユキオ(金魚)は昨年初演した『沈黙とはかりあえるほどに』を改訂しトヨタコレオグラフィーアワードに参加した。1時間ほどの作品を短縮し、メンバーの見せ場も増やしつつ無音と大音量の対比など演出面も充実。《次代を担う振付家賞》を獲得した。文学に喩えると、鈴木が純文学的、特別賞のKENTARO!!がエンタメ路線かも。結果的にバランスの取れた選考だった気もする(6月28、29日 世田谷パブリックシアター)

KATHYのシークレット・パフォーマンスは江東区・白河清澄にある倉庫ビルのスペースで行われた。ニワトリたちと戯れ、暴れる覆面の三人娘の破天荒なパフォーマンスを楽しんだ(6月29日 MAGIC ROOM)

2008-07-02

[]2008佐多達枝バレエ公演『庭園』

■日時:7月3日(木)19:30、4日(金)19:30

■会場:シアター1010(北千住駅西口徒歩0分)

■チケット:A:6,000円(指定席) B:4,000円(自由席)

■演出・振付:佐多達枝

■ダンサー:

足川欽也 穴吹 淳 石井竜一 後藤和雄 坂本登喜彦 武石光嗣 登坂太頼

遠藤綾野 奥田麻衣 宇山たわ 斎藤隆子 澤井貴美子 島田衣子

関口淳子 高部尚子 樋田佳美 永橋あゆみ 堀口聖楽

佐多・河内バレエスタジオ:

http://www.tarosha.com/ballet/

このblogではプレビューは書いてこなかったが、どうしても佐多達枝の『庭園』だけはひとりでも多くの人に観てほしいと思うので紹介させていただく。日本に(世界的に誇れる)有能な振付家はいない、とうそぶく識者も少なくないが、佐多だけは別格。主題、ムーブメントの造形、音楽性、演出力いずれとっても素晴しく、しかも年々その舞台は深化し、先鋭化している。外れも少ない。個人的には世界でも指折りの舞踊作家だと信じている。なかでも『庭園』は『ナギサカラ』と並ぶ傑作中の傑作。濃密なドラマが90分間ノンストップで繰り広げられる。ダンスが、身体が、ここまで人間の機微を、万物の深淵をえぐりだせるものなのかと、ただただ圧倒されざるを得ない。

文化果つる日本において、個人の振付家が定期的に高水準の創作を続けていくのは物理的、経済的にも相当の苦難があるはず。この国の舞踊界では佐多の凄さを理解している人は決して多いとはいえない(無論、良識ある批評家はちゃんと評価している)。なぜもっと注目されないのか義憤を感じる。だが、優れたダンサー、スタッフが何を差し置いても参集するのが救いだろう。佐多の人徳と創作に魅せられているからに違いないが、今回のキャストをみても一線級の、かつ引く手あまたの踊り手たちが揃う。バレエファンはもちろんのことコンテンポラリー・ダンスの公演に通うファンにも是非ひとりでも多く観てほしいと思う。そして、踊り手や振付をしている若いアーティストにとっても見逃せないものになるはず。

以下は2006年初演時に書いた感想を再掲しておきます。

http://d.hatena.ne.jp/dance300/07017330

読み直すと雑感にもなっていないような稚拙でお恥ずかし限りのものですが、興奮ぶりは伝わってくると思うのであえて載せます(ちなみに、佐多・河内スタジオのHPには大御所・著名批評家各氏による初演時の公演評や紹介文が出ている)。

凄い作品に出会ってしまった。


佐多達枝の『庭園』である。公演終了後、数日、虚脱状態というか、打ちのめされるくらいの衝撃だ。本年度ベスト1は確定、といっていい。世界的にみても極めてハイレベルだといえるのではないか。

佐多は大ベテラン。新国立劇場が上演した『踊れ、喜べ、汝幸いなる魂よ』、合唱舞踊劇『カルミナ・ブラーナ』などで知られる。功なり名を遂げた人に思われるが、もっともっと注目されていい。というか、評価が低すぎる。『beach〜ナギサカラ』以降の作品は、舞踊によるエセーの試みだ。エセーといっても雑文だとか軽いタッチという意味ではない。個人の視点からみた人間・社会の考察という意味である。透徹した視線、強靭かつ自在な動きの創り方、たぐい稀な音楽性。いずれとっても傑出しており、未踏といっていい境地に達している。

十三景から構成される。舞台は鬱蒼たる蔦の垂れ下がった庭園。いくつも印象的な場面がある。「光合成」における静謐な、あまりに静謐なソロ。「埋葬」と題された景は、スコップで穴を掘り、男を埋めようとする女をめぐる、ゾッとするような話。「ロマンチスト」は女一人男二人の典型的な三角関係だが生々しい。「湖水」という景では、壊れゆく家庭のありさまが描き出される。不気味な虫たちが地の底から現れ、うごめくシーケンスも…。一つ一つの場面が緻密かつ異なる質感を持ち、リンクする。生きとしいけるものの流転を容赦なく、しかし声高にならずに描き出した。

哲学性の高さというと、ベジャールやノイマイヤーを想起するが、彼らのように(ひとくくりにできないが)壮大でコスモロジカルな世界観とは違う。あくまで個人の実感からスタートしているのが佐多の特徴。動きに関しても、基本はバレエなのだが、ちょっと観たことのない動き、空間の創り方がある(企業機密なので書かないが)。音楽も、「アメリ」の映画音楽はさておいてアンゲロプロス映画の音楽で知られるエレニ・カレインドルーの曲を用い、荘厳な雰囲気を出している。安易にペルトなど使わないのはさすがである。

今回はとくに照明が傑出していた。足立恒はいつもいい仕事をする。先日みたKバレエの『ジゼル』第ニ幕のあかりなども独創的だが、それは、今回のための実験だったのでは?と勘ぐりたくなるくらい。日本のバレエでここまで独創的かつ綿密なプランが立てられた(と思われる)ものはそうそうお目にかかれない。


ダンサーも柳瀬真澄、高部尚子、島田衣子、足川欣也、穴吹淳、石井竜一、後藤和雄ら超一流どころが揃った。


本年観たすべての舞踊作品のなかでもトップ。安易に比較できないが、キリアン、フォーサイスの新作もそれぞれ独自の境地に達しているし、ドゥアトの振付もよかったが、それらをはるかに上回る。日本には国際競争力を持つ振付家がいない、などとのたまわっている御仁は佐多をみたことがないのだろうか。少なくともそれなりに多くの舞台を観て、舞踊に関する知識もある人間で本作の凄さがわからないのであれば、理解に苦しむ。そういいきれるくらいの傑作だ。ただ、残念なのは、再演される可能性が少ないと思われること。なんとかならないものか。

(2006年9月27日 メルパルクホール)

Connection: close