Hatena::ブログ(Diary)

ダンスの海へ 舞踊評論家・高橋森彦のblog このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
20120102030405060708091112
201301020304050607091011
20140102040508
201506070809

2010-10-14

[]国際美術展の楽しみ方

「あいちトリエンナーレ2010」「瀬戸内国際芸術祭」という国際美術展が今夏からはじまり10月末まで開催されている。マスコミ等でも大変な話題に。

あいちは大体主なところは回って、瀬戸内は直島の展示等の一部しかみていないが、いずれの会場や街角等でも、公式ガイドブックや見どころを紹介したWEBページをプリントアウトしたものを持ち歩いている人をひんぱんに目にする。自分もそこまではしなくても、会場図等を観て、スケジュールを立てたり、どれを観ようかと思案する。

情報誌等でおいしいお店を探したり、いろいろな用意されたプランのなかから観光地を定めたりするのと同じようで、なんだか味気ないというか、アートを消費しているという感も。でも、こういった大規模な国際美術展となると、そうしないと回りきれないし、全貌が想像もできなくなる。致し方ないというか、やはり必要なのだろう。

公式WEBサイト等でのリアルタイムの情報更新も頻繁で確かに役に立つ。ガイド本やマップも含めて情報がたくさんあるなかでどうやって自分流の楽しみ方ができるかがイベントに踊らされることなくしっかりと作品を鑑賞していくための視座となるのだろう。


美術手帖2010年 08月号増刊 あいちトリエンナーレ2010公式ガイドブック

美術手帖2010年 08月号増刊 あいちトリエンナーレ2010公式ガイドブック


美術手帖6月号増刊 瀬戸内国際芸術祭2010公式ガイドブック

美術手帖6月号増刊 瀬戸内国際芸術祭2010公式ガイドブック

2009-06-10

[]「あいちトリエンナーレ2010」で上演される演劇・ダンス

3年ごとに開催される国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」。芸術監督・建畠哲(国立国際美術館館長)のもと、2010年の初回開催に向けて準備が進んでいるようです。

会期は2010年8月21日〜10月31日までの72日間。愛知芸術文化センター、名古屋市美術館はじめ名古屋市内各所で行われます。テーマは“都市の祝祭 Arts and Cities”。現代美術作品の展示や舞台芸術の公演によって最先端のアートシーンを紹介、わくわくするような高揚感ある雰囲気を演出するというのがコンセプトのようです。

舞台芸術部門における公演予定団体としてはチェルフィッチュニブロール、ヤン・ファーブル、ローザスが予定されています(順次追加予定)。

チェルフィッチュは、独特の台詞回しとそれに伴う一風変わった、それでいて妙にリアルに感じられる身体表現によって注目を集める団体。主宰は劇作家・演出家・小説家として活動する岡田利規です。チェルフィッチュと美術いえば、2006年京都芸術センターにて行われた「Freeing the Mind、抽象再訪」と題された展覧会において美術家・小山田徹による展示の上で『体に関係ない時間』を上演したのが印象に残ります。

ニブロールは振付家の矢内原美邦を中心とした音楽・映像・衣装等のアーティストたちが集うディレクター・システムを採用しているカンパニー。身体表現軸に複合的な表現によって「いま」を鋭く問いかけるエッジーな作風が刺激的です。愛知には今年3月上演された『no direction。』に続く登場となるようです。

ヤン・ファーブル、ローザスはベルギー・コンテンポラリー・ダンスのリーダー的存在ですが、ファーブルは現代美術家としても著名で作品集も出ています。ローザスもダンスの舞台だけでなくダンスビデオの世界で革命をもたらした存在として知られ、大きなアートショップに足を運べば彼らのビデオダンスが置かれています。

コンテンポラリー・ダンスといえば難解でとっつきにくいという偏見はまだまだあるかと思います。観客層をひろげるため、また、表現の多様化を望むうえでも隣接畑の美術や演劇シーンとの交流はいま以上に行われていい。とはいえ、仮に美術とのコラボレーションを発表するのであれば、異分野共同制作という企画性だけで評価される時期はとうに過ぎ去り、質が厳しく問われる時代。「あいちトリエンナーレ」における舞台芸術上演についてもその点をしっかり見据えた企画・上演が望まれます。

「あいちトリエンナーレ2010」公式HP↓

http://www.aichitriennale.jp/

2008-04-04

[]よなみね颯乃フォトコラージュ展「11人のパフォーマー 心踊るシーンに出会いたい」(4/2-7)

よなみね颯乃フォトコラージュ展「11人のパフォーマー 心踊るシーンに出会いたい」&オープニングパーティー

・下村由理恵、川野眞子、白井剛らを撮影したものにコラージュを施した新感覚アート。こういった試みは増えていい。

(ギャラリーきらり)