Hatena::ブログ(Diary)

ダンスの海へ 舞踊評論家・高橋森彦のblog このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
20120102030405060708091112
201301020304050607091011
20140102040508
201506070809

2009-01-05

[]新国立劇場「ニューイヤーオペラパレスガラ」

新国立劇場オペラ・バレエ

「ニューイヤーオペラパレスガラ」

第1部(バレエ)

ドン・キホーテ」より第3幕

キトリ:寺島ひろみ

バジル:山本隆之

第1ヴァリエーション:川村真樹

第2ヴァリエーション:厚木三杏

第2部(オペラ)

ヴェルディ『ナブッコ』より 序曲

ヴェルディ『イル・トロヴァトーレ』より「静かな夜」

ヴェルディ『オテロ』より

「喜びの炎よ」

「すでに夜も更けた」

「無慈悲な神の命ずるままに」

レオンカヴァッロ『道化師』より「衣裳をつけろ」

マスカーニ『カヴァレリア・ルスティカーナ』より間奏曲

プッチーニ『トスカ』より

「妙なる調和」

「テ・デウム」

「歌に生き、恋に生き」

「星は光りぬ」

セレーナ・ファルノッキア(ソプラノ)

木下美穂子(ソプラノ)

ジュゼッペ・ジャコミーニ(テノール)

市原多朗(テノール)

直野 資(バリトン)

新国立劇場合唱団

指揮:渡邊一正(バレエ)/菊池彦典(オペラ)

演奏:新日本フィルハーモニー交響楽団

(2009年1月5日 新国立劇場オペラ劇場)

『ドン・キホーテ』のグラン・パ・ド・ドゥは寺島ひろみ&山本隆之が踊った。2日目は本島美和&芳賀望が予定されている。昨年は新鋭・小野絢子の主役デビューが大きな話題になったが、小野よりも上の世代に当る寺島、本島は着実に古典の主演を重ねてきた。酒井はなに次ぐ劇場の顔として期待されているのが今回のキャスティングからも感じられる。詳細な配役表の配布も掲示もなかったがヴァリエーションを踊った2人はすぐにわかった。ベテランの厚木はパを卒なくこなすだけでなくしっかり自分の解釈をもって微細なニュアンスを表現できる踊り手。この劇場で以前踊った『ドン・キホーテ』のタイトル・ロールに深く感動した覚えがある。テクニックの誇示に終わることなく音楽的な解釈を持った奥行きある踊り。この日もその実力を十分に披露してくれたように思う。第2部のオペラはイタリアオペラの名曲集。『オテロ』と『トスカ』が軸だった。アンコールの最後にはフィギュアスケートの荒川静香の演技とともに人口に膾炙した「誰も寝てはならぬ」(プッチーニ『トゥーランドット』より)が歌われ会場は盛り上がりを見せていた。

2008-12-28

[]神奈川県民ホール 年末年越しスペシャル「ファンタスティック・ガラコンサート 2008」

神奈川県民ホール 年末年越しスペシャル

「ファンタスティック・ガラコンサート 2008」

指揮:松尾葉子

司会・バリトン:宮本益光 

ソプラノ:臼木あい

テノール:樋口達哉

バレエ:上野水香/高岸直樹

管弦楽:神奈川フィルハーモニー管弦楽団

プログラム

■オペラ

プッチーニ「ボエーム」より〜ムゼッタのワルツ

プッチーニ「トゥーランドット」より〜誰も寝てはならぬ

ビゼー「カルメン」より〜花の歌、闘牛士の歌、ホセとエスカミーリョの決闘の二重唱

マスカーニ「アヴェ・マリア」

ロウ「マイ・フェア・レディ」より〜踊り明かそう

トマ「ハムレット」より〜オフェリアのアリア

■オーケストラ

プッチーニ「妖精ヴィルリ」より〜間奏曲

ドリーブ「コッペリア」より〜ワルツ

ドリーブ「シルヴィア」より〜バッカスの行進

サン=サーンス「サムソンとデリラ」より〜バッカナール

チャイコフスキー「白鳥の湖」より〜ハンガリーの踊り<チャルダッシュ>、情景

チャイコフスキー「くるみ割り人形」より〜ロシアの踊り<トレパック>、花のワルツ

■バレエ

チャイコフスキー「白鳥の湖」第2幕より〜パ・ド・ドゥ

チャイコフスキー「くるみ割り人形」第2幕より〜グラン・パ・ド・ドゥ

(2008年12月28日 神奈川県民ホール)

2008-11-28

[]アルディッティ弦楽四重奏団+ケージ+白井剛「アパートメントハウス1776」

アルディッティ弦楽四重奏団+ケージ+白井剛「アパートメントハウス1776」

J.クラーク:弦楽四重奏曲(2003-03)

B.ファーニホウ:ドゥム・トランシセットI-IV(2006)

西村 朗:弦楽四重奏曲 第4番「ヌルシンハ(人獅子)」(2007)

演奏:アルディッティ弦楽四重奏団

J.ケージ/I.アルディッティ編曲:44のハーモニー(ダンスヴァージョン)〜アパートメントハウス1776より(1976/99)

演奏:アルディッティ弦楽四重奏団 演出・振付・映像・ダンス:白井剛 

照明:岩村原太

(2008年11月28日 津田ホール)

2007-04-20

[]稲本渡 アーティスティックライヴ

クラリネット奏者・稲本渡のライブ、ティアラ140+ #18 「WATARU INAMOTO Artistic Live 稲本渡 アーティスティックライヴ」を聴いた。

父の耕一はクラリネット奏者、兄・響はピアニストという音楽一家に生まれた稲本は、内外で活躍する気鋭の若手。今回、“スタイリッシュでストイックな中にある温かさ”をテーマに公演を行った。第一部は、クラシックのレパートリー中心。「無伴奏チェロ組曲第2番」(バッハ)、「3つの小品」(ストラヴィンスキー)、「ラルゴ」(ヘンデル)、「クラリネットソナタOp.120-2」(ブラームス)のほか、父・耕一の作曲した「Esperanzas」を演奏。まずは、クラリネット独特の温かみのある響きを心ゆくまで味あわせるという趣向だ。

休憩挟んで第二部では、音楽・踊り・映像の三者のコラボレーションが展開される。「無伴奏チェロ組曲第一番」「ガヴォット」(バッハ)、兄・響による「思いやり」「海の上のピアニスト」をへてピアソラの「リベルタンゴ」で締めた。トシ・オオタの撮り下ろした映像と、画家・及川キーダが描き下ろした作品を足立典生のVJワークでミックスしたものがバックのスクリーンに投影される。“温かさ”というコンセプトは映像からも感じられた。上山千奈(東京シティ・バレエ団ソリスト)による自作自演のダンスも絡む。上山は、美しい容姿の持ち主、清楚で白のよく似合うバレリーナである。その魅力を活かしたパートもあったが、ピアソラ曲に合わせた、赤の衣装・ハイヒールで踊るダンスが面白かった。奇を衒わない素直な振付。小ホールの狭い空間での踊りであったが、開放感があっていい。ピアノの横山貴子の演奏もアンサンブルとして場を心得ており好感を持った。

アンコールの二曲目では、フィギュアスケートの浅田真央が今シーズン用いたことで知られるモンティ作曲「チャルダッシュ」を稲本が演奏、上山がそれにあわせ踊った。最後は、くるくる回るグラン・フェッテ。狭い舞台のためヒヤヒヤさせられはしたがきれいにきめて満場の喝采を浴びていた。アートを身近なものとして提供するティアラ140+シリーズらしい、楽しくみどころの多いステージだった。

(2007年4月20日 ティアラこうとう小ホール)