Hatena::ブログ(Diary)

ふえふき羊

2018-06-01

冬に編んだカーディガン

すっかり季節外れの話になってしまいますが、“毛糸だま” という
編み物の雑誌の冬の号に載っていたカーディガンが気に入って
冬の間に編みました。仕上がったのは冬も終わりに近づいてから
だったのですが、ぎりぎり春が来る前に、すぐに何度か着ることが
できました。
f:id:dancelanguage:20180222091451j:image:w360
指定糸とは違う糸を選んだので多少計算し直して編み進めました。
ツリーハウス フォレスト、というメリノウールにアルパカ
ブレンドされている糸です。
身頃の編み込みの部分を下から編み、その上の紺色のえりぐりの部分は
袖からそのまま続けて編んできます。そういうデザインのものは私には
始めてだったので興味深く、それもあって編んでみました。
f:id:dancelanguage:20180223092236j:image:w360
毛糸だま No.176 世界の編み込み模様 P21


目数やセンチを変更していることもあってきれいに仕上がるか
不安に思いつつ、普段見慣れている形と違う編み地をつなげ、
無事に形になりました。
f:id:dancelanguage:20180222091614j:image:w360

2016-11-03

アフガン編みのマーガレット

f:id:dancelanguage:20161103211102j:image:w360:left















このマーガレットはただただまっすぐ
長方形に編みました。横長の長方形に編んでから、
短い辺から目を拾い袖を編みました。
6色の単色の糸と、青系の段染めの糸を使いました。
一段おきに段染めを挟みながら、単色の糸を気分で
次々と変えていっただけです。色の出具合の試し編みは
したのですが、ほんの少しの面積ではやはり大きなものとは印象が違い、
進んでくるとまるで虹色のように色がきれいで嬉しくなりました。
アフガン編みの技法としては基礎の編み方だけで本当にシンプルな
ものなのですが、糸の柔らかさと色のおかげで袖を通すのが楽しみな
ものが出来上がりました。
このアフガン編みでの色の使い方を元に、手元にある手紡ぎ糸の自然色を
色糸に合わせてショールを編んでみようと思います。
f:id:dancelanguage:20171108140243j:image:w360