Hatena::ブログ(Diary)

断腸亭料理日記・はてな版・断腸亭落語案内 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

浅草在住。断腸亭錠志の「断腸亭料理日記」ご愛読ありがとうございます。

断腸亭料理日記は日曜から木曜の毎日更新しています。断腸亭料理日記本店

※日記内の地図についてお詫び ※用語について●蕎麦

●断腸亭落語案内  ●カレー ●過去の日記リスト(すべてのリストです。) 
●池波正太郎レシピ ●路麺 ●ラーメン  
●大江戸スローライフ ●洋食 ●大田蜀山人 
(1ページ一日分ですので、↓の「前の日」で送ってみてください。)


2016-12-04 浅草松屋・銀座すし栄 その1 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

dancyotei2016-12-04

浅草松屋銀座すし栄 その1

12月3日(土)第二食



AM馬込へ。


先日亡くなった叔母の後始末が続いている。
相続などもあって、まだしばらくは続く。
役所やらをまわる、そして事務作業やら、時間的にも
精神的にもなかなかハード、ではある。


都営浅草線で戻ってくる。


私の住む浅草馬込方面都営浅草線
一本なので、これはありがたい。


さて。


気分を換えて、
なにか食べよう。


鮨。


久しぶりに、浅草松屋地下の[すし栄]に行こうか。


ちょいと寄れる、デパ地下


だが、デパ地下とあなどることなかれ、
ちょっと変則ではあるが、池波レシピ
と、いってよい。


池波先生は、銀座高島屋の地下にあった
この店に豊子夫人と買い物のついでに寄っておられた。


嘉永元年(1848年創業という。
現存する最古の寿司処」(HP)。


嘉永というのは幕末
さらにいえば、ここが幕末の始まりといってよいだろう。


5年後の嘉永6年(1853年)には、そう、ご存知、
ペリー浦賀に来航している。


『泰平の眠りを覚ます上喜撰 たつた四杯で夜も眠れず』
ここから幕府瓦解に向かって江戸、京、そして国中が走り始める、
その直前である


では、そもそも江戸前のにぎり鮨というのはいつ生まれたのか。


嘉永元年からはさらに30年ほど前の文政7年、
華屋與兵衛という人物両国に[與兵衛寿司]を開き
ここで初めてにぎりの鮨を売ったといわれている。


それまでは江戸でも鮨といえば、押し寿司
一般的であったわけだが、これを酢飯とともに
種を手でにぎり、即席の鮨にした。


この與兵衛のにぎりの鮨は瞬く間に江戸中に広まり、
安い屋台から、店を構えた料亭並の高級店まで現れるまでになった。
発祥から17〜8年程度後(1841年〜43年)の水野忠邦
天保の改革では奢侈にすぎると、與兵衛などは
投獄までされている。


水野老中はすぐに失脚し、天保の改革での
引き締めはすぐに元に戻っているので、鮨やも、
再び店を増やしていたのであろう。


[すし栄]の創業はその天保の改革から
5年ほど後ということになる。


江戸創業と名乗っている鮨やは他には
柳橋の[美家古]の本店、ここが文化年間。
同系の浅草弁天山[美家古]が慶応2年、
あたりであろうか。
江戸発祥江戸前にぎり鮨、ではあるが、
やはりこれはいかにも少なく思われる。


毎度書いているが、東京現代まで続いている
江戸創業飲食店というと、なぜだかうなぎやばかり。


江戸名物の食いものといえば、うなぎ蒲焼、
天ぷら蕎麦、にぎり鮨の四つが挙げられると
思っているが、うなぎや以外はどれも
数えるほどしかない。


浮き沈みの激しい食いもの商売で、
同じ暖簾を続けることの難しさというのは
計り知れないものがあるのであろう。
ただ、うなぎやだけが多く残っている、のは、
それだけうなぎやが飛び抜けて客単価の
高い商売であったから、であろう。


鮨も含めて先の書いたように、高級店というのは
江戸の頃からあったわけだが、天ぷら蕎麦
屋台での営業も同時に存在しており、基本は
客単価の安い商売であったのが原因ではないか
と、考えている。


そんなわけで、銀座[すし栄]。


少し前には、高島屋の地下以外にも、名前通り
銀座本店があったのだが、今は実際に
カウンターに座って食べられるのは
ここ松屋浅草の地下だけ。


入ったのは13時半。


時分時(じぶんどき)をすぎて、先客は、特上をつまんでいる
地元風の高齢で元気のよい女性一人。


一番奥に座って、瓶ビールといつもの「旬彩にぎり」、
1,890円也を頼む。



箸袋としょうゆの小皿に描かれている
顔のキャラクター可愛い


これは漫画フクちゃん」の横山隆一氏の
筆によるものという。


フクちゃん」というのは私もリアルタイムでは
知らないが、早稲田大学応援部のマスコットとして
使われてきたので早大の方は馴染が深かろう。
(もともとは戦前から戦後にかけて朝日新聞
連載されていた四コマ漫画だが、さらに私は知らなかったが、
1982年昭和57年からアニメ化されていたよう。)


このキャラクターちょっとわかりずらいが、
にぎり鮨を口に入れているところ。
確かなことはわからないが、作られたのは
昭和30年40年代なのか、かなり古い頃のこと
なのであろう。


ここはデパ地下、持ち帰りの店売りが主なのであろう、
三人いる板さんは仕込み中のようで大忙し。


少し待って、きた「旬彩にぎり」。



いつもこれを頼むが、名前の通り、旬の種を
盛り込んでいる。






すし栄



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dancyotei/20161204