Hatena::ブログ(Diary)

断腸亭料理日記・はてな版・断腸亭落語案内 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

浅草在住。断腸亭錠志の「断腸亭料理日記」ご愛読ありがとうございます。

断腸亭料理日記は日曜から木曜の毎日更新しています。断腸亭料理日記本店

※日記内の地図についてお詫び ※用語について●蕎麦

●断腸亭落語案内  ●カレー ●過去の日記リスト(すべてのリストです。) 
●池波正太郎レシピ ●路麺 ●ラーメン  
●大江戸スローライフ ●洋食 ●大田蜀山人 
(1ページ一日分ですので、↓の「前の日」で送ってみてください。)


2016-07-25 クラブハウスサンドイッチ このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

dancyotei2016-07-25


7月24日(日)第一食



さて、日曜日



時々、食べたくなるのだが、
BLTサンドイッチ


むろん、B=ベーコン、L=レタス、T=トマトサンドイッチ


基本、パン食パントーストしたもの


いかにもアメリカな食いもの


この前食べたときには、
私が若い頃に夢中になって読んだ、
片岡義男氏の小説のことを書いた。


BLTサンドイッチが登場する
アメリカ文化はともかくとして、
これが、うまい、ということは、間違いない。


まあ、だからこそ、こう頻繁に私も
食べるわけであるが。


なにがうまいのか。
考えてみれば、なんということもない
単純なものである


ベーコンレタストマト


ベーコンを焼くぐらいでレタスはそのまま、
トマトも切っただけで、ほぼ調理らしい調理
していない。


ポイントを挙げれば、マーガリンではなく、
バターを使った方がうまい
あるいは、マスタード、マヨネーズ
入れた方がうまい


しかし、この程度。


フランス人などは、こんなもの
サンドイッチとは認めないかもしれない。


ベーコンというのは、どこの国のものか。


ヨーロッパにもないことはないが、
日本一般的豚ばらのものは、やはり
アメリカで発展したものという。


片岡先生小説に出てくる、
カリカリに焼いたベーコン目玉焼きの朝食はといえば
いかにもアメリカということなのであろう。


ハンバーガーもさることながら、
豚バラのベーコンアメリカン人の
ソールフードといってよろしかろう。


脂に塩は、うまい、のである


また、マヨネース。


これも今や日本人食生活
欠かせないものになっているが、
これはどこのものか。


もともとは、フランス料理の数あるソースのうちの
一つであった。
しかし、発展したのは、やっぱりアメリカであろう。


キューピーマヨネースというのは
戦前からあるのだが、本格的に
定着したのは、戦後
それも昭和40年代以降ではなかろうか。
それまで、生で野菜を食べる習慣がなかった
我が国生野菜を食べられるようになったのには
マヨネーズの普及が不可欠であったと思われる。


ついでにいうと、やっぱりいかにもアメリカン
トマトケチャップもそうだが、日本ではこれらすべて、
戦後進駐軍の置き土産といってよいのであろう。


そんなことで、私など昭和40年代から50年代
育った者達は、このようなアメリカンな食いもの
基本的な味覚の一つになってしまっていることもまた
事実である


さて。


今日は、表題をBLTではなく、
クラブハウスサンドとした。


東京の一流ホテルラウンジカフェテリアにも
必ずあるメニュー
アメリカンがついたりして、
アメリカンクラブハウスサンドイッチということもある。


BLTとどう違うのかというと、
トーストをもう一枚はさんで、BLT以外に
チキンターキーの肉をはさむ。


だがまあ、やっぱり、びっくりするほどのことはない。


ボイルか蒸した脂の少ない鶏の肉をはさむだけ。


と、いうことで、今日クラブハウスサンド


鶏はもも肉を薄くスライスし、レンジで加熱したもの







パンは3枚をトースト
バターたっぷりと塗る。


片側に焼いたベーコン
もう片側に鶏肉


マヨネーズマスタードも。


三枚なので重ねると随分と厚みがある。


竹串を二本差して、グッと押し付ける。
押し付けたままで、包丁でザクッと半分に切る。


OK。


皿にのせ、ピクルスも添える。












これがまた、うまい、のである


ただ、クラブハウスサンドというので
今日鶏肉を入れたが、二枚目の方もベーコンでも
よかったような、、、。






トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dancyotei/20160725