Hatena::ブログ(Diary)

断腸亭料理日記・はてな版・断腸亭落語案内 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

浅草在住。断腸亭錠志の「断腸亭料理日記」ご愛読ありがとうございます。

断腸亭料理日記は日曜から木曜の毎日更新しています。断腸亭料理日記本店

※日記内の地図についてお詫び ※用語について●蕎麦

●断腸亭落語案内  ●カレー ●過去の日記リスト(すべてのリストです。) 
●池波正太郎レシピ ●路麺 ●ラーメン  
●大江戸スローライフ ●洋食 ●大田蜀山人 
(1ページ一日分ですので、↓の「前の日」で送ってみてください。)


2016-09-25 大阪のおうどん このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

dancyotei2016-09-25


9月23日(金)昼


大阪出張


午前一件、午後二件。


午前は船場あたり。


12時半には淀屋橋から京阪に乗らなければならない。


サクッと昼飯。


となると、うどんそばか。


東京ではそばうどんだが、大阪ではむろん、うどんそば。


淀屋橋には立ち喰いのうどんやというのは
あったであろうか。
あるのかもしれぬが、知らない。


手近なところに入ろうか。


伏見町から高麗橋町を北上する。
この通り、いや南北の通なので筋か。
名前はなんであろうか。


調べると、丼池(どぶいけ)筋。
高麗橋通あたり丼池筋北上


高麗橋通の先、右側にあった店に入ってみる。


あいていた入口付近のテーブルに座る。
ご飯のついた定食もあるがさすがに、うどん
ご飯はやめておかねば。


今日大阪は少し暑い
冷やしのぶっかけもあるようだが
やっぱり、温かい正しい大阪うどん
食べよう。


きつね、というのもあるが、そうだ。
少し前に、肉吸いというのを食べたが
肉にしてみようか。


おかあさんに、大きな声で、肉うどん!。


しばし待って、きた。







透明なつゆ。


牛肉青ねぎ







店の名前を見ずに入ったがその名も[今橋]というよう。
今橋はここの町名である
ちなみに、店名の前についているのは、
ここは“うどんそば”ではなく“そばうどん”の順。


食べる。


うどんは柔らかい角の取れた正しい大阪流。
この柔らかいのもうまい
牛肉は濃い甘辛ではなく、比較的薄め。


つゆをすする。


これは、なかなか、で、ある。
なにかというと、出汁が随分と濃い。


今まで駅などの立ち喰いも含めて
なん回も大阪うどんは食べているが
その中でも群を抜く濃さではなかろうか。


香りも濃厚。そして胃袋にずしんとくる。


全部飲み干し、勘定をして、出る。
ご馳走様でした。ありがとうございますぅ〜。


うまかった。


さて。


この濃い出汁大阪の標準であろうか。
最近食べた、大阪うどん






船場今橋旬菜庵やなぎ]。
気が付いたら、今日の店のすぐそばであった。


かつ丼のご飯ヌキ、台抜きがメインであったので
うどんのつゆは、覚えていないか。





道頓堀今井]。


新大阪駅のコンコース内でよく食べるが、
これも親子とのセット。


肉吸い





千日前[千とせ・べっかん]。


これもつゆは濃かったがダシというよりは
塩分が濃かったような、、。





南船場[うさみ亭マツバヤ]。


一番最近食べたきつねうどん発祥という店。
ここは出汁というよりも、しょうゆの色が濃かった。
きつね、の味に引っ張られているのであろうか。


さて、どうなのであろうか。


大阪うどんのつゆ。


今井]などでうどんだけを食べてみないと
なんともいえないか。


最近の大阪うどん事情


東京でも同様だが、コシの強い讃岐流が
人気上位になっているようである


柔らかい正統派大阪うどんというのは
大阪でもあまり流行らなくなっている?!。


とすると、つゆも正統派大阪風は影が薄いのか。


ちょっと前の記事だが産経新聞WEST(2013.12.22)
によれば「讃岐」に押された「大阪のおうどん」を嘆く
製麺業組合理事長コメントを紹介している。


「だしは、ウルメ節やサバ節、カツオ節、コンブなど
さまざまなものを使い、濃くする。「大阪のおうどん」の条件
としてその濃度を「4%以上」と定義する。大阪うどん店のだしは
ほぼこの水準」とのこと。
(つゆの濃度に%を使うのは初めてみた。
分析するのか?できるのか?。)


だが、やっぱり昆布鰹節などのごく濃厚な出汁
正統大阪流で間違いないようである


大阪のおうどんちょっと心配な感じである
讃岐もむろんうまいが、柔らかく、深く濃いつゆの大阪うどん
これはこれで別物として、うまい。私は好きである







トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dancyotei/20160925