Hatena::ブログ(Diary)

断腸亭料理日記・はてな版・断腸亭落語案内 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

浅草在住。断腸亭錠志の「断腸亭料理日記」ご愛読ありがとうございます。

断腸亭料理日記は日曜から木曜の毎日更新しています。断腸亭料理日記本店

※日記内の地図についてお詫び ※用語について●蕎麦

●断腸亭落語案内  ●カレー ●過去の日記リスト(すべてのリストです。) 
●池波正太郎レシピ ●路麺 ●ラーメン  
●大江戸スローライフ ●洋食 ●大田蜀山人 
(1ページ一日分ですので、↓の「前の日」で送ってみてください。)


2016-10-12 浅草・中華料理・ぼたん このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

dancyotei2016-10-12

10月9日(日)昼 11日(火)昼


なにかのはずみで、雑誌ブルータスの最新号の特集
目が留まった。
「町の中華」とのこと。

それこそ若い頃はマガジンハウスポパイ
ブルータスは、愛読していたのだが、これらはおろか、
雑誌そのものを定期、不定期を問わず
ほとんど読まなくなって久しい。

皆さんも、特に若い人ではよりその傾向は強かろう。

「町中華」というのはなにか。
まあ、町の中華や、という程度の意味のよう。
[聘珍樓][四川飯店]なんといった、高価な本格、
あるいは先日の上野公園の[旦妃楼]ではないが
ヌーベルシノワ、なんというのでもなく、以前はラーメン
といっていたと思うが、駅前だったり、どこの街にもある、
中華や。

ブルータス特集だが、ネタ元があるようで、
「町中華探検隊」なる集団

以前に山本益弘氏が主宰する「とんかつ会議」というのがあったが
最近は雑誌の前にネットでの活動がある。
いやむしろ、ちょっと厳しい言い方になるが、
影響力からすれば大手雑誌はもはやネットの後追い、
是認くらいの意味、なのかもしれぬ。
ブルータスの前に散歩の達人に連載があるよう。)

kindleで買って、パラパラ見ていると、地元浅草の店が
載っていた。それも知らないところ。

東武浅草駅のガードそば。
[ぼたん]という店。

あんな目立つところであるが、
私はうかつにも知らなかった。
存在にも気が付いていなかった。
これは、いけない。
今すぐにでも、行かなければ、で、ある。

ブルータス記事に載っていたのは、オムライス
中華やなのに?。

これも驚き、ちょっとおもしろそうではある。

浅草のこんな店である連休でも日曜でもやっている。
(金曜定休のよう。)

日曜、昼すぎ、自転車で出掛けてみる。
もちろん、探索ついで。
浅草側の隅田公園を二まわり、三まわり。

東武浅草駅北口のガードから西へ出たところ。
北側

もう三代目という。戦前からあるのかもしれぬ。

入ると、横に長いが奥がなく、カウンター
テーブルが4つほどか、広くはない。

カウンターに座って、そのオムライスを頼む。

家族経営のようである
作っているのが、旦那さん、この人が3代目?。
その息子さんらしきよく似た若者が麺を茹でている。
もう一人、お母さんらしい女性中華鍋を振っている。
これに外を任されている女性が一人。

中華やなのに、なぜオムライスなのか。
これはまあ、もとは中華やというよりは、食堂であった
から、という説明
ちなみに、ここにはかつ丼まである

中華鍋で作るオムライスというのは、ラードで炒めるので
ガッツリ系になるということである

きた。





中はケチャップ味のチキンライスなのだが、
なるほど、味付けはかなり濃いめ。
私などからみれば、浅草スタンダードと言いたい味。

スープ
これがまた、よい。
今はもう、かなりレアになった、中華やのチャーハンなどに
ついてくるしょうゆ味のスープ特に香りがまさにあの頃のあれ。
これも味は濃いめ。

チキンライスの味が濃いので玉子表面にぬられている
ケチャップがいらないくらい。

お客はとみると、やはりほぼ常連さん。
昼時からはずれた時刻だが、なかなかのにぎわいであった。

さて。
さらに、翌、10/11

AM栃木へ行って、昼すぎスペーシア浅草まで
戻ってくるというスケジュールであったので、
せっかくなので、昼飯に寄ってみたのである

いくつかあるセットものも食べて見ねば、
と思い、半麻婆丼ラーメンのセット。





ラーメンは、ほんとうになんの変哲もない、
オーソドックスしょうゆラーメン
ただ麺はかなりの細め。拙亭近所の浅草[開花楼]製。
ちょっとメンマの風味が強めか。

麻婆の方は、なぜかにんにくが強めの味付け。
辛くはない。

二日続けてきてしまったが、
なぜか、両日とも、外で運んでいるお姐さんに引っ掛かった。

一日目は、帽子を席に忘れたのだが、店前まで追いかけてきて
愛想よく手渡ししてくれた。
二日目は、店がかなり立て込んでいたので、水を忘れられた。
私も急いでいたので、特にわずに食べてそのまま勘定
払おうとした。この時お姐さんが気が付いて、かなり恐縮されて、
そこにあった水入りグラスを差し出して、もしよかったら
今、飲みますか?。私は、いいんですよ、と応えたが、
せっかくなので、一気に飲み干し、店を出た。
かなり人当りのよい印象。

オムライスがなければ、かなり普通の町の中華や。
麻婆の方は、どちらかといえば、私の好みではなかった。

さて「町中華」なるコンセプト。
本当に誰が食べても、特筆してうまければ、既に有名に
なっていてもおかしくない。
今時、東京で本当に埋もれている名店、佳店などまずなかろう。

そうすると、あとは、そこの味が自分に合うかどうか。
過去閉店してしまったが、有名ではないが大好きな中華やは、
私にもあった。

量が多い、味が濃い、とにかく早い、平均値が高い、
他はともかく○○がうまい、、?。

ただ、いう通り、今、段々にその数を減らしているのも確か。
自分の行動範囲に1〜2軒は、いつきても安心できるうまい
チャーハン天津丼麻婆丼冷やし中華、、その他、
食べられる町中華は、キープしておきたいもの

そういう意味で、ここのオムライスは、よいキープ店
なりそうである




03-3841-5040
台東区花川戸1-8-1





トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dancyotei/20161012