daphnia_magnaのメモ帳

2005-08-03

[]

  • 桃ゼリー

 傷んだ桃を安く買ってきたので、昨晩ふと思い立って桃を使ったゼリーのお菓子を作りはじめました。でもせっかく桃をゼリーにしたんだから(桃なんて加工しないで食うのが一番素敵な食い方だと私は思うのです。高いしさ。)、何かプラスアルファしてハーモニーを楽しむお菓子にしたいなぁと、今朝思いました。思ったのはいいんだけど、何も思いつかない。スパイスとミルク系の何かで作りたいんだけど。。。ぐるぐるぐる。何しろもう桃ゼリーのことで頭がいっぱいなので、今日のお弁当を何にするか全然思いつけない。甘いもののことを想像しながら弁当を作ったら、全体的にあまいおかずが多い弁当になってしまった。朝からずーっと桃ゼリーのことばっかり。まぁ、最終的には思いついたんだけどね〜、ふふふ。材料を買ってきたから、今日は家に帰って作るのが楽しみで仕方ありません。ふふふふ。

  • 変態。変人。髪マニア。もっと良い言葉を使うとプロ。

 昨日髪を切りにいきました。いつもの美容師さんが新しくお店を作ったので、そちらに。和風をテーマにした居心地のいい店。木の黒い壁と柱に、和風の小物が配置されてて、お香が焚かれている。椅子もすごくすわり心地がいい。。。うっとり。

 さて、久々にパーマをかけようという話になりました。美容師さんが手際よくロットを巻いて、水をかけたとき、「ん?何か髪がいつもと違う。」と言います。さらにパーマ液をかけてしばらく置いて髪をチェックしたときにも、

美容師さん:「あれ?(パーマの)かかりがいいな。なんかちょっと体調悪い?」

私:「えっ!なんでわかるの?確かに風邪引いてしばらく引きずってたけど。。。」

美容師さん:「やっぱりね。私、前にお客さんの病気見つけたことあるんだよ。」

私:「ええっ!?」

美容師さん:「それがさ、いつもと髪の感じが違うんだよね。頭皮とか。カラーリングとかパーマとか外側から来るダメージと、体調が悪いとかそういうのからくるダメージって違うんだよね。わかんのよ、そういうの。そのお客さんもさ、何か髪の調子悪いから、なんかあった?って聞いたら『最近どうも太ったんだよね、おなか周りが』っていうからさ。それ絶対変だから病院行きなよって言ったわけ。そしたら『子宮内膜症だった〜』って。おなか、太ったんじゃなくてはれてたんだね。」

私:「うわぁ。。。すげぇ。そんなにすぐに分かるものなのか。。。。お医者さんみたい。というか、変人だねぇ。。。」

美容師さん:「そうだよ〜。なんでもわかんだから。ばればれよ。」

 どうも私の髪はいつもは強くて健康で強情らしいんですが(パーマもかかりが悪い)、最近の私の髪はパーマにもヘニョッと従ってしまう根性なしになっていたらしい。

 いや、いい美容師さんです。ほんとに。髪切ってる間も、ロットを巻いてる間もずーっと楽しそう。「このロットはねぇ。初めて使うんだ。前のお店でも置いてなかったんだよね。上のほうと下のほうは普通は切り替えしないで使うんだけど、ここをもうワンサイズ上にするとね、なじみが良くなるんだよねぇ。。。ってお客さんは気付かないんだけどさ。こだわりよ、こだわり。」私にはさっぱりわかんないですが、楽しそうにしている人を見るのが大変楽しいです。

[]アニメプラネテス

プラネテス 1 [DVD]

 去年こつこつとNHKの深夜再放送を録画したビデオをまた見直している。甲殻を全部見終わってしまったし、読みたい本も漫画もないし、要は寝る前のお楽しみが無い状態。そこでプラネテスを見直している。去年見たときも思ったのだが、どうも漫画のプラネテスとは違う。漫画のプラネテスはすごく面白かった。勢いもあって深みもあって絵も上手かった。アニメプラネテスは。。。面白くはある、し演出もうまいなぁと思わせるところがある、が。。。なにが引っかかるのか考えてみた。

  1. 田辺愛が違う。漫画のタナベとアニメのタナベは外見も中身も結構違う。アニメのタナベは普通の女の子の範囲内だ(最後の最後でああいう事をしでかすにしても、普通は普通)。顔もいわゆる「男子」が長く付き合いたくなりそうな、思わず結婚とかも考えちゃいそうな顔。漫画のタナベはもっと人としての枠が普通と違う感じだった。生い立ちを考えるとそうなるかなぁという、迫力とか生命力みたいなものがあった。アニメでは生い立ちを説明するシーンがないので普通に愛されて育ったと考えてもいいような気はするが。。。それにしても好きでないのが、タナベがハチマキを見る目。日本の伝統的な良妻賢母的表情。「お前はハチマキの母ちゃんか!」と思わず問いたくなる。まぁ、万人に愛されるキャラを描こうと思うと、ハチマキの相手としてはああならざるを得ないのか。
  2. 漫画の濃いエピソードがほとんど消えている。ハチマキの喪失症事件とか、ユーリのコンパスとかはサスガに残っているが、フィーさんがオカに下りる話とかグスコーブドリとかはすっぱり消えている。キャラが増えているので、良いエピソードもたくさん増えているのだけれど、どうも全体的に印象の異なるストーリーに取り替えられてしまっているような感がある。
  3. ハチマキが人として一皮むけるエピソードが違う。うーん。これもなぁ。。。なんアニメのハチマキあんななの?なんか、自分のことしか考えてない割には、人の意見や行動を気にしすぎな感じ。漫画のハチマキの悩みってもっと人としてどう生きるか?という根幹の部分に食い込む話なんじゃないのかなぁ。自己顕示欲とかそういうのと戦う話ではないのじゃないだろうか?人生の孤独とか果てしなさとか信念とかと自分の内部でどう向き合うか?という話だろう。。。と思ってしまうのだ。どうも、こう。。。アニメのハチマキは他人を気にしすぎている感じがするんだよね。

 まぁ、こう酷評しておいてなんですが、結構いいアニメだと思います。絵もきれいだし、演出もいいと思うし(アニメのことはよく知らないから、本当はこういうことは書いちゃいけないと思いますが)、何よりテンポが良い。それに、少なくともリアリティはある。エーちゃんの「あんたが連れてくるやつらは最低だった」とかいうエピソードはホント「リアルだなぁ。。。」と思ってしまった。

 結局のところ「アニメを作った人たちが演出したいと思っている内容」が私とは合わないだけかなと思う。