daphnia_magnaのメモ帳

2005-09-30

[]今日も頭痛

 歩いたり階段を上り下りしたり甘いものを食べたりすると、頭がずきずきする。座っているとなんともないけど、肩首背中のコリはあいかわらず。うー。早く治れ。今日の出勤時刻は10時。起床は7時。朝の作業をもう少し簡略化したい。

[]はげまし

 ポスドクのDさんに「先生につまんないって言われても論文にしたらいいですよ。発展版を作ったら、それを引用すればいいんですから。すごく面白い論文は大先生にまかせておいて、初学者はとりあえず書いたらいいですよ。」とはげましてもらった。心が軽くなる。そうかも。書いてみたらどこかの雑誌が拾ってくれるかもしれないし。ありがとうございます(涙)がんばろー。

[]BUZZSEARCH「ロールケーキシャンティー」

 Y助手のところにいらしたお客さんから頂いたお土産。えらいうまいロールケーキでした。多分粉がいいんだと思う。見た目もきめ細かい生地でしっとり系のふんわり。でも粉と卵の風味がしっかりしている。かみしめると口の中で溶ける。生クリームはあっさり系で、ミルクの風味たっぷり。でっかいイチゴをカットしたものが巻かれている。ああ、うまい。ロールケーキは自分では焼けない(四角い天板のあるオーブンがないから)ので、おいしいやつに出会うと嬉しいのです。そういえば、藤野真紀子ロールケーキのレシピがうまそうだったなぁ。知識をキープしておかなくては。

[]限定された世界の中で

 明確になるものは多い。けれど、それを私はなぜか好きになれない。枠を明言しないまま、その中で生産されるものだけを強調する行為が、私には理解できないことが多い。その強調は、世界の選択の強調と等しい。ならばなぜ世界の選択の方を強調しないのだろう。そのほうが生産的だと思うのだけど。生産された結果を強調することより、コミュニケーションの場での生産性を上げるほうが私には重要に思える。と、知人と話していて感じた。

[]環境ホルモン濫訴事件:中西応援団

 (見習いとは言え)研究者として見過ごしに出来ない問題だと思った。思わず熱中して1時間もダイブしてしまう。いかん!とはいえ、重要であるのに間違いはない。

 私はこの中西準子さんという方の本を読んでみたいと思った。それは、中西さんのサイトの記事に(2005.8.30)以下のような文章があったからだ。

提訴された時、和解に応ずるのですか?それとも、徹底抗戦ですか?みたいなことも随分聞かれた。これも、方針を決めていなかった。別に迷っているわけではない、様子を見ているのである。

他人の様子を見るとか、世間の様子を見るのではなく、自分の気持ちの様子を見ているのである。自分の気持ちに正直でありたいと強く思い、かつ、落ち着かないと自分の気持ちが分からない。つまり、こういう大きなことがあった直後の自分の気持ちは信用できないという、自分に対する疑いが強く、方針のようなものをなかなか出せない。

 私は、よく意見をはっきりと述べることが出来ない状況に遭遇する。「何か述べることが大切だ」としかられることも(しょっちゅう)ある。しかし、私はゆっくりであっても確実な意見を述べられる人間でありたいと思う。論文も同じだ。自分のなかで納得の出来るような論文を書きたい。

2005-09-29

[]夜10時就寝、朝8時起床。

 睡眠不足の日は、取り戻そうとして沢山寝てしまうので、生活リズムの変更には向かないということが判明。10時間も寝てしまった。おかげで肩こりが悪化している。そしてなぜか白菜スープを食べたらえらく眠い。食べることは体に負担がかかるのですとかいうのをどこかで聞いたが、よくわかった。

[]グースカ

 すばらしい!(遅いって)

[]頭痛

 肩こり(首こり)のお陰で午後には頭痛が発生。モニタ眺めるのが辛い。どうにかならんかなぁ。手足は冷えるし最悪。

[]サントラFF-X,FF-X-2FINAL FANTASY X ― オリジナル・サウンドトラックFINAL FANTASY X-2 Original Soundtrack (CCCD)

 これは、好きなもの。別にとりたててイイ音楽が入っているわけではないが、まぁなんての?これ聞いてると色々なものごとに集中できるのだ。ところでiTunesWin版はコピーコントロールCDmp3にできるので大変便利。シャッフルして聴いたり出来るので大変嬉しい。

2005-09-28

[]うっかり

 4時半に目が覚めてしまい、眠れないので学校に。これで一日何事もなく集中できればいうことはないが、8時半の今、もうすでにかなり眠い。

[]びく太のケースの

 レイアウトを少し変えました。シェルターの入り口を少し広くしてみた。これで、目が合う回数が少し増える予定。朝のびく太は少し眠そう(気のせいか?)

[]映画:「踊る大捜査線Movie2」踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! [DVD]

 うっかり見てしまったシーリーズ。音楽の使われ方がスキ。

 ところでどうでもいいことだが、初女性管理官沖田が「大きな犯罪(殺人等)の捜査の邪魔になるなら、小さな犯罪(窃盗、暴行)なんて捜査しなければいい」みたいなことを言うシーンがある。しかし、実際にそういうことを言うキャリアっているのかなぁと思った。「破れ窓理論」というのがあって、「些細な犯罪の取り締まりが犯罪発生率の低下を導く」というようなものだったと思うが、明らかにそれと矛盾する発言だ。私のような一般人でも知っているくらいなので、その道の知識人が知らないということもなんじゃないだろうか。まぁドラマなんだからいいけど。本当に言うのかもしれないし。

[]下半期昼ゼミスタート

 一つ目の論文紹介はW君の「A receiver bias in the origin of three-spined stickleback mate choice*1」性選択の起源に関する理論sencory driveモデルをイトヨにおいて示した論文グッピーが果物を食べるというところでうっかり盛り上がってしまう(だってびっくりしませんか?魚が果物によって行くなんてさぁ)。近縁種における黒の婚姻色の進化が同じモデルで説明できないことにみなでまどってしまう。K先生が「オレンジという自然選択に対抗するような色が進化するところを説明するのが難しいのであって、黒だったら簡単に進化するのだ」というツルの一声を投げて終了。やっぱり性選択の理論は難しいよ。我々の実力が足りないだけかもしれんが。

 二つ目の論文紹介はMさんの「Susceptibility of Italian agile frog population to an emerging strain of Ranavirus parallels population genetic diversity*2」集団の遺伝的多様性と寄生者の感染率を野外集団で調べたもの。ストーリーもシンプル。結果もシンプル。野外ではっきり出て良かったね。

 久々なのでゼミ慣れしてなくて、アホなことをたくさんしゃべってしまう。慣れているととりあえずしゃべらずにすむのだが。

[]脱皮!

 おわー。なんか尻尾の皮膚がしわしわだなぁとは思ってたんですが。まさかそういうことだったとは、思いもよらなんだ。びっくり。白いカワをもしゃもしゃと食べておりましたよ。おわー。すごいすごい。今もまだむいています。カワひっぱってるところを写真撮ろうと思ったけど、だめだった。。。がっかり*3。ところで、ヤモリって脱皮するたびに大きくなるのでしょうか?

[]ぐち

 をY助手に聞いてもらって、ちょっとやる気復活。そうか。そういうことだったのか。よし。やっぱしまず1本目(涙)を書こう。まずはそこからだ(しかし、本当に1本目も論文にならないような内容だと言われたらどうしよう。。。)。やはり研究に対する不安を聞いてもらうのはY助手に限る。K先生じゃだめだ。わかってくんないもん。愚痴を聞いてもらいつつ、研究における哲学まで教わることが出来るなんて、なんてお得な。(暴言スミマセン。ゴメンナサイ。ホントゴメンナサイ。)

*1:Proceedings of the Royal Society B,2004,271,949-955

*2:Ecology Letters,2005,8:401-408

*3:写真はその後無事撮れましたw

2005-09-27

[]15+10+14=50?

 2階のなおちゃんに15匹。ゲニプンさんに10匹。私のケージに11匹びく太にあげたやつ2匹。死亡1匹。合計すると、39匹になるような気がします。これが40匹の誤差なら分かるんですが。死体もあとかたもないほどカニバられて10匹死亡?50匹1000円だと思って買ってきたんだけどなぁ。お店に文句を述べるべきだろうか?

 ぬかさんに里子に出すミントを学校に持ってきました。これで少し鉢が減る、はず。

[]映画:「Load of the ring」3部作ロード・オブ・ザ・リング ― コレクターズ・エディション [DVD]ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔 コレクターズ・エディション [DVD]ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 コレクターズ・エディション [DVD]

 うっかり見ちゃいましたよ。長かったー。大体にして原作が小説7冊(?)もあるのにそれを3部作にしたのだから長くなるのは目に見えている。1部が大体200分くらい。×3で600分。リブ・タイラー美人だった。レゴラスの戦闘シーンも特殊効果満載でかっこよかったし。光の加減がすごくきれいな映画でした。楽しかったです。まぁね、現代ファンタジーの古典なんだろうし。実はでも、一番好きなシーンは、ガンダルフの花火だったりして。

[]最悪の状況

 は脱したかもしれない。

2005-09-26

[]やる気

 のレベルで片付けていい問題じゃないような気がしてきた。思考が完全停止している。続けてモノを考えることが出来ない。否定に対する恐怖で停止。最悪である。

[]うっかりやっちまった。

 ポス毒ブログめぐりをしていたら、リンクが貼ってあったので、うっかりやっちまいました。これ

結果は、

  • 仕事:好奇心旺盛で新しいアイデア勝負のタイプ
  • 性格:明るいお調子者のクリエイティヴ・タイプ

だって。これって、もしかしてこうありたいっていうのが結果に出るんじゃないの?それにしてもポス毒もしくはドクターブログめぐりは、やる気のないときにはなぜか最高に楽しいです。もーちょっと私も研究のこと書こうかな〜。

[]夜行性

 びく太は、夕方になってくるとシェルターのなかから外を覗きみているみたいです。最近はひょいっとのぞいても、あんまり頭をひっこめなくなりました♪ツレナイ恋人じゃないんだから。

 剪定したローズゼラニウムのきれっぱしから根っこが出てきたので植えなくては。ところで、ツルヒャクニチソウと書いたのは、ツルニチニチソウの間違いでございました!すんません。どうりでツルヒャクニチソウとかでぐぐっても出てこないわけです。唐突ですが、今一番欲しい植物はパクチーです。もっさりはやして食いたい。

[]CD:Akiko「UPSTREAM」と「Mood Swings」Mood SwingsUPSTREAM

 いいかげん、この区分変更しないと。すきでもないものを「好きなもの」に分類するのもどうだろうなんだろう。嫌いじゃないけどさ。

 この人、初期のCDのほうが良いような気がするのは私だけ?何故そう思うのかようわからんけど。単にUPSTREAMが好きなだけかなぁ。

[]論文

 激しくおかしなことがたくさん書いてあることに気が付く。ひらめきの大半は妄想だということを最近になって知るなんて、なんて勉強不足なんだろう。何なら書いていいのか分からない。ぐるぐる。

2005-09-25

[]カップうどん

実はわたしはカップうどんが大好きだ。毎日は食べたくないけど、1ヶ月に2回くらいの頻度で食べたくなる。うさんくさい出汁の味といい、独特な麺の風味といい、フリーズドライのネギといい、およそ体には悪そうなもの満載なのになぁ。どうしてこんなに好きなんだろうなぁ。ちなみに、今日はエースコックの「とろつるめかぶうどん」。うまかったです。ごちそうさま。

[]高山なおみ「帰ってから、お腹がすいてもいいようにと思ったのだ」帰ってから、お腹がすいてもいいようにと思ったのだ。

最近「ごまバター」にはまっている。この本のレシピだ。といっても乳脂肪分はわたしの体に合わないので、少しでも食べ過ぎるとむくんだり太ったりで大変なのだけど。いやしかし、はまるっすよ、「ごまバター」。肉の焼いたのにのせても、魚のムニエルにのせても、パンにのせてもイイ。キャラウエイシードを持っていなかったので、一味足りないのかも知れないけれど。作りかたは簡単で、いった胡麻をすって融かしバターと合わせて冷やし固めるだけ。

この本は、著者の日記のような文章と、レシピがくっついた本。レシピは別冊ふろくになっている。正直言ってわたしにとっては日記はどうでもいいんだけど、レシピは楽しかった。生活の延長上にレシピや技術がある感じ。こういう本は素人には読みやすい。

[]今日は、こおろぎを仕入れに旅に出ました。

 ゲニプンさんと二人で。3軒まわって来ました。アクアファーストプレミアアクアリウムベストアニマルの3軒。結局購入はベストアニマルでクロコオロギ50匹。それぞれの店はそれなりに特徴があって面白かったです。

  • アクアファースト:タバコを吸いなさる怖げなおじさんがやっているお店。黒くて細長くてかっこいいブラックツリーモニターなる生き物がいて、ゲニプンさんと二人で騒いできた。フタホシとイエコがいましたが、とりあえず他の店を見ていないので、何も買わず(ひど)にひやかし。今思うと流木を買ってくればよかった。他の店では在庫がなかったようだ。
  • プレミアアクアリウム:えー、ギャル語で書かれたなぞのピンクなサイトとは関係のなさそうな、人の良さそうな商売っ気のないちょっとちゃらげなおにいさんが一人で魚の手入れをしておられた。店には看板がない。なぞな店だった。あまりに不思議すぎて(水族館のようなミラーハウスのような。)ちゃんと中をのぞいてこれなかった。しっぱい。イエコとワームしかないとのことで買わずに退散。
  • ベストアニマル:いろ〜んな生き物がいて一番楽しかった。オニプレートトカゲとか、イグアナとか、イエアメガエルとか、コモンマーモセット(放し飼い。よくなれていて手を差し出すと触ったりしてくる。)とか、サルバドールモニター(ケースに顔を寄せると長くて先の割れた舌をぺろぺろ出していたのが面白かった。)とか、マツカサトカゲとかいて、すごく楽しかった。ゲニプンさんはオニプレートがお気に入りらしい。私はイエアメが気になりました。かわいいよねイエアメ。あとはサルバドールモニターと。お金持ちになったらイグアナかカメが飼いたいです。おじさん?おにいさんに話をききつつ、クロコを50匹購入。(50匹買うと1000円に。しかし1匹だと38円。)

 クロコオロギは、フタホシコオロギの強い系統だと教わった。それと、なるべく乾燥したところで飼うようにとのこと。しけった環境だと、脱皮するときにうまくカワが伸びなくて死ぬのだそうです。どうしても水をやりたければ、キャベツを細く切ったものを少量やるのがよいのだとか。フタホシは乾燥させると水をやらないと死ぬと聞いたが、クロコはそうでもないのだろうか。とにかく色々勉強になったし、楽しい道行きでございました。

2005-09-23

[]右腕の上腕三頭筋

 を痛めた。失敗。日頃使うような方向で痛めたわけではないので、日常生活には困らないのだけれど。

[]ブライアン=R=ワード「わたしたちのからだ(3)〜骨格と運動〜」わたしたちのからだ (3)

 市立図書館の本。解剖学を軽く勉強しようと考えて手始めに読んだ本。高校生物もろくに学んでいない私にとっては小学生レベルの本でも結構役に立ちます。

[]Science of Child Sexal Abuse

 今は時間がないのであとで。その後の記事。どうも最初の記事に対する問題提起文らしい(金がかかりすぎる云々とある)。

2005-09-22

[]今日は寒い

 のでびく太はいつもよりずっと奥にもぐっています。しかし、足をもいであげたオンブバッタは食べたらしい。ざっと見て見当たらないので。外に放しておいた昆虫でも食べるのね。やっぱり私がいる目の前ではシェルターから出てきたくはないらしいです。

 しかし、やはり夜行性であるからか、夜になると動きが見られ(るような気がし)ます。私は昼行性の人間なので、なかなか会えません。むーん。

[]へこんでいる

 わりには、研究のアイディアが生じてくるのは何故なのか?考えたくないけど考えてしまうからかも。ちょっとMっぽいなぁ。

[]リンク元

 という機能がはてなダイアリーにはあります。自分のダイアリーを見た人がどのリンクから来たのかを知ることができるツールなのですが、どうしてリンク元になりえたのかよくわからないものがときどきあります。一通りさらってみても、そのページのなかにうちのページへのリンクがあるように見えないのだが。どういうわけなのだろうか?もっとよく探すとあるのかな?

[]ホムペ

 っていう言葉があるのを最近知った。びーっくり。ホムペ?ホームページの略?じゃあサイトという単語はもう死語なのか?大体にしてホームページという言葉はサイトの最初のページを指す言葉であって、サイト全体を指す言葉ではないように思っていたが。。。IT用語辞典を調べたら、こんなことがかいてありました。ほほう。そういうことだったのか。

[]ハニワムとゴキブリ

 をやまともさんnyorox2さん夫妻から頂きました。びく太よく食べました。ゴキブリは私が知らないうちにこっそり食べたらしい。それにしても今日はたくさん食べましたなぁ。よかったよかった。

2005-09-21

[]熊谷真由美「卵1個のフレンチ」卵1個のフレンチ

 市立図書館から借りてきた本。最近は料理本ばかり読んでいる。や、面白いんだけどね。なにがよくないって、腹が減る。特別何か新しいイイコトが書いてあるわけではない本でした。「ポムダルファン」という料理の作り方を知りたくて借りてきたのですが。別に悪い本でもないかもしれないが、フレンチというものにそもそもあまり興味も感動もないせいかもしれません。

[]小嶋ルミ・小笠原登茂子「とっておきのシフォンケーキとっておきのシフォンケーキ (Sweet Sweets Series)

 これも市立図書館。通常のシフォンケーキは卵黄に比べて卵白が卵数にして1.5〜2倍(重量で3〜4倍)入るのですが、全卵を使うシフォンケーキのレシピが書いてあります。全卵を使うことによってコクのある味の濃いシフォンケーキが作れるのだそうです。ふうむ。うーん。ベーキングパウダーを使っているところがどうしても気になります。私の印象ではベーキングパウダーを使ったシフォンケーキは、口どけに問題があるように思うのです。まぁ、その分小麦粉の量を減らせばいいのかもしれませんが。しかし、まだこのレシピで作ったことがないので何かを述べる権利はないのです。

[]小嶋ルミ「パティスリー『オーブン・ミトン』の厨房から」パティスリー―「オーブン・ミトン」の厨房から

 市立図書館。タルト作成の経験はほとんどないですが、そーれにしてもね、

オーブンの中で、火が入ったフルーツから

自然のジュースが出てきてグツグツと煮え、

やがて黄金色に光り輝いて焼き上がります。じっくりと焼けた果実からは

つややかな自然のジャムがにじみ出てきらきらと輝いて、そのきれいなこと!

という文句には思わず心打たれるものがあります。いやはや。手に入れたい一冊です。タルトの本は1冊持っているのですが、その本はあまりにもプロ仕様なのです。やっぱり家庭の台所で作ることを、ある程度でも想定している著者の料理本のほうがすきです。

[]スパイラル

 1つのテーマが論文にならないと分かると、今のテーマを論文にする自信も失われてしまう。自分の能力を生かした方向に研究を進めていっても、そこには何もないのではないかと思ってしまう。足をとられた感じ。最新の論文を読んでいてもちっとも楽しくないところが致命的。まぁ、こういうこともあるだろう。

[]オンブバッタ

 を見つけたので、足をもいでびく太のところに入れてやりました。見向きはしたけど、追いかけてまで食べようという気持ちはないらしい。まぁ、昨日エサあげたしね。私の前だしね。

 今日はツルヒャクニチソウペパーミントの鉢を入れ替えました。ツルヒャクニチソウが鉢いっぱいになっていて、さらにつるを伸ばそうとしていたので。ペパーミントの方は少し鉢が大きすぎたし。春と秋に一回ずつくらい、鉢を変えない場合でも、土はとりかえてやったほうがいいのかもしれません。セントポーリアの花芽は相変わらず一つで、他のところから出てくる気配がありません。葉っぱはぐんぐん伸びてるのになぁ。

[]キムチの漬物

 やまとも氏の日記のLogを見ていたら、面白い文章(9月18日「試食」)を発見した。「キムチの漬物」は、「キムチ」という言葉がそもそも漬物の意味を含んでいるので、日本語としておかしいというものだ。確かに。

 しかしさらによくよく考えてみると、「キムチの漬物」というフレーズはよく聞くような気がする。そこで、「キムチ」という言葉をちょっと調べてみた。すると「キムチ」には定義があるらしい。

キムチとは、塩漬けされた主原料(白菜など)に、薬味類(唐辛子など)を混合、低温で生成を通し発酵した食品である。(大韓民国農林部)」 (from 手作り料理)

そして、発酵食品でないキムチ風漬物が大量に出回っている日本で、「キムチの漬物」が「キムチ風味の漬物」の「風味」という部分を省略しているフレーズなら、まぁそれほど酷い日本語とはいえないだろうと思うわけだ。しかし「風味」を省略して良いとはとても思えないんだけどね。だってそんなのサギだもの。しかもちゃんとしたキムチにもそういう言葉を使っても駄目な訳だし。

とまぁ、研究室のM先輩の真似事をしみたりして。あやかって面白い論文がかけるようにならないかねぇ。

2005-09-20

[]キムチの豆腐ソースがけ

 キムチによって豆腐ソースの味を変えたほうがうまいと思います。発想は白和えなんですが、誰かこういうの作ってるかもしれないな。

  • 豆腐:1/4丁
  • だしつゆ:大さじ1
  • ゴマペースト:中さじ1
  • キムチ:てきとうに。今回のソースの味はさっぱり系キムチにかけるバランスです。
  1. 豆腐と出汁つゆとゴマペーストをすりばちで混ぜる。
  2. 食べやすい大きさに切ったキムチにかける。

 だしつゆに甘みがないときには、砂糖を足してもいいかもしれません。コクのあるキムチにかけるならゴマペースト少なめにするか、すったゴマにするといいかも。マジではまった。

[]ぎゃ〜〜〜!コオロギが!

 卵を産んだらしい。。。なんか一番太ってて元気そうだったメスが小さくなってる気がしたが。。。マサカ産卵していたとわ!こわいです。しかし、この卵孵るのかな?どうやって孵したらいいんだ?ということでネットへダイブです。

 ところでびく太は元気です。暖かい日は顔をちょっとだけ外に出しています。多分暑いんだと思うけど。そう、別に慣れた訳ではない。ただ、暑いだけ(涙)私がいない間に徘徊しているのは間違いないらしい。。。

[]コオロギの飼育と繁殖の方法。

 ダイブの結果、いくつかの情報を得てきました。基本的には温度管理と湿度管理に尽きるようだ。ソースはここここ。産卵は、小さいタッパにキッチンペーパーなどをしいた水飲み場になされるもののようだ。フンを取り除いてやったのはいいけど、水を新たに吹きかけたりしてはいけなかったらしい。卵死ぬかも。まぁ、死んだら死んだで。次にチャレンジしたらよいよな。コオロギだし(愛情なし)。研究室のキムワイプをこっそりちょびっと失敬して、水のみ場を作っていたが、キムワイプにたくさんの穴が開いていたのは産卵によるものだったのかと納得。写真とっておけばよかった。

[]コオロギ卵、その後

 パスタ皇子に「小さいコオロギを逃がさないようにするのは殆どムリですよ」という忠告を頂くと同時に、カエル師匠から「孵化直後のコオロギは小さいカエルのエサになるのじゃないか」という話をもちかけられ、無事譲渡されることになりました。ほほ。孵化したコオロギ見てみたいな。ついでにカエルちゃんがコオロギを食うところもみてみたいな。楽しみ。しかも責任はない。なんてお得な(ぉ

[]おとといの夢

 雨が降っている日に林のなかの小さい丘のようなところで、小さいヒキガエルを拾ってくる夢を見ました。びく太がいても、Honeyを忘れたりはしないみたいです。

2005-09-19

[]平松洋子「台所道具の楽しみ」台所道具の楽しみ (とんぼの本)

仙台市民図書館で借りた。こういう料理関係の本は気に入ったら手に入れたくなってしまう。一通り目を通した後に、思い付いたときにひょいと持ち出して適当なページを開いて読む。そういう自分に染み込ませた知識が料理するときに助けになる。長いつき合いになりそうな本は手に入れたくなる。

オムレツ用の鉄のフライパン、シリコンゴム製のスパチュラ、洗って何度も使えるオーブンシート、泡立て器、それに天ぷら鍋。欲しい。ル・クルーゼのホーローの鍋はずっと前から憧れだった。道具があるからと言って料理がうまくなるわけじゃない、ということはわかっている。でも、道具が新しい知識と経験を与えてくれるということはあると思う。

[]脇屋友詞「香港のデザート」香港のデザート―sweet memory, sweet dessert in Hong Kong

仙台市民図書館で借りた本。夏は、冷たいお菓子がうまい。今年はココナッツミルクにはまった年だったが、この本のおかげで様々な知識を得た。豆はなんでもお汁粉になること。ココナッツミルクと牛乳を混ぜるといいバランスになること。スイーツにスパイスはうまいということ。桂花醤は自分で作れること。季節の楽しみは食い物の楽しみでもある。旬は魚や野菜に限らない。

[]グレープフルーツミントシロップ

今年はグレープフルーツミントがよくしげったので、シロップにしてみた。柑橘とミントの風味が甘い。材料を全部鍋に入れて煮つめるだけ。ほんのり緑色のシロップができる。手亡豆のお汁粉に入れて食べたらうまかった。

  • 水:200ml
  • 砂糖:50g
  • グレ-プフル-ツミント:適当

[]手亡豆のお汁粉

友達のお父さん作の手亡豆。感謝。買ってきた豆よりずっとうまい。

  • 手亡豆:1カップ
  • 水:1カップ
  • 砂糖:大さじ1(甘さ控えめですが、味見て足りないと思ったらもっと沢山いれても。)
  • ココナッツミルク:1カップ(ココナッツミルクと牛乳を混ぜて味見してみる。)
  • 牛乳:1カップ
  1. 手亡豆を沢山の水に一晩つける。豆がふっくらもどるまで。
  2. 戻した豆をゆでる。戻した水でゆでてもいいかも。風味がよく残ると思う。
  3. 適度な硬さにゆでたら、水を捨てる。
  4. ゆでた豆に水、砂糖を加えて少し煮る。砂糖をとかす。
  5. 豆にココナッツミルクと牛乳を入れて10分程度煮る。
  6. 鍋の中身をミキサーにかけて、どろどろにする。
  7. 冷蔵庫で冷やして食べる。

2005-09-16

[]「月舘の殺人」月館の殺人 上 IKKI COMICS

おかしいまんがだ。何がおかしいって、佐々木倫子のようなまんが家に「殺人」とか「事件」とかの類のストーリーを描かせようとする、その企画自体がすでにオカシイ。誰がそんなこと考えたのか?あんなまんが家に本格(?)ミステリーを描かせたって、恐くないに決まっているじゃないか!スプラッタなシーンもなぜあんなにほのぼの?して見えるのか。こういうアホな企画、わたしは大好きだ。

[]「動物のお医者さん動物のお医者さん (1) (花とゆめCOMICS)

何回も読んで、もうすでにストーリーもセリフも覚えてしまっているのに、どうして笑いがこみ上げるのかよく分からない。「月舘の殺人」を読んで、これを読みたくなってわざわざ買ってしまった。7、8年前には持っていたけど、仙台に引っ越すときに売ってしまった。面白いまんがは、すっかり覚えてしまっていても、売ってはいけない。教訓である。もう一度買うはめになるに決まっているからだ。

2005-09-15

[]ぬくくて眠いのかと思ったら、

 どうやら風邪気味で眠いのだったらしいです。これから長期戦になりそうだし、ここでしっかり体力回復をねらって、休日を取ってみました。今日も若干眠い。

[]2日に1匹のコオロギ

 が今のびく太には丁度良いのか、エサを2日やらなかったらすごい勢いで食っていました。腹が減っていたらしい。ふうん。2日やらなければ、私の目の前で食べてくれるのね。。。そりゃ腹減ったことだろうと思い2匹目のコオロギをやってみましたが、食う気はないらしい。全身を眺められるようになったときに、しっぽとか痩せてたらやだなぁ。

 今日は家の植物の植え替えをしてみました。なんだか土がかたくなっていたし、1鉢に2個体の植物を植えたところは若干育ちが悪いようだったので。しかし、まだ植え替え終わっていない鉢がいくつかあって、心残り。次の休日にやろう。

[]映画「茶の味茶の味 グッドテイスト・エディション [DVD]

理不尽系の笑いどころが満載な映画でした。爆笑ってんじゃないけど、だんだん腹のあたりから笑いがこみ上げてくる。おもしろかった。こういうの好き。長男のはじめくんの笑顔とか良い味出してる。光の加減がなんとなく時代劇っぽくて、そういうのもちょっと可笑しかった。

[]コミュニケーション

鎖状の腕環を手首の所にいつもはめているのですが、とあるところにはずしたまま忘れてきて、二日間くらいしないで過ごしました。その腕環はときどき腕の太い方に動いてぴったりして腕を圧迫するので、手首の方に移動する動作をよくやります。面白いもので腕環をしていない間も、なんとなく手首の方に移動する動作をしてしまうのです。なんにもないのに。なんかあるような気がするのです。さらに手元にもどってきた今、はずしていたのが落ち着かなかったのか手首を触って腕環の存在を確認してしまいます。まさか自分が非生物の存在とスキンシップを取るとは思わなかった。この想像力こそが人らしさと言ったところでしょうか。

2005-09-13

[]今日も私がいないすきに、

 出歩いたらしい。びく太は隠れ家の中でじっとしているところしか見たことがないので、「実は体調が悪いんじゃないのか?」とか「寒いのか?」とか「暑いのか?」とかそういう不安を感じます。まぁ、しかし出歩いているらしいので、いいことにしよう。今日はちょっとだけ顔も見たし。エサも食べているようだし。ふふふw

[]母のチーズケーキ

 母からレシピを伝授されたので、メモ用紙をなくさないうちにここに書いておきます。要は混ぜて焼くだけという。。。しかし焼きたてはメチャウマだった。

  • クリームチーズ:1パック(200gだっけ?250gだっけ?)
  • 粉砂糖:80g
  • 卵:2個
  • コーンスターチ:30g
  • レモン汁:大さじ2
  • 生クリーム:200cc
  • サワークリーム:適量(好みで適当に味付け)
  1. クリームチーズをクリーム状に練る。そして粉糖を混ぜる。よく混ぜる
  2. 卵を割りほぐして入れる。混ぜる。よく混ぜる。
  3. コーンスターチとレモン汁を入れる。混ぜる。よく混ぜる。
  4. 生クリームを混ぜる。よく混ぜる。
  5. 皿にオーブンシートをひいて、生地を流しいれ、180度のオーブンで40分程度焼く。
  6. サワークリームを添えて食べる。

 熱々のほうがうまい気がします。ひやっと冷たくして食べてもうまいかも。焼いたものをさまして、上の生地からコーンスターチを抜いて代わりに適量のゼラチンをプラスしたものをかけて冷蔵庫で固めてもうまいらしい(母談)。

[]まるでレーズンクッキーのような味がする黒糖クッキー(未完成品)

 さくさくでほろほろでウマイ。でも私が求める味とは違うようだ。なぜかレーズンクッキーのような味がする。イメージとは違うものだったけど、うまいので書いておく。甘さ控えめ。黒糖を砂糖にすると割と甘めになります。

  • バター:100g
  • アーモンドパウダー:25g
  • 全粒粉:25g
  • 薄力粉:200g
  • へーキングパウダー:小さじ2
  • 黒糖:80g
  • 卵:1個
  1. 黒糖はすっかり粉状になるくらいまで砕いておく。薄力粉を2回ふるっておく。
  2. バターを泡だて器で練る。クリーム状に白っぽくなるまで。
  3. 黒糖をバターに3回程度に分けて追加。よく練る。
  4. 割りほぐした卵を追加。よく練る。
  5. 薄力粉を1/3振るい入れる。泡だて器で適度によく混ぜる。
  6. 残りの薄力粉を2回に分けて、へらでさくっとまぜる。
  7. 粉が見えなくなったら(ちょっとくらいなら見えてもいい)、ビニール袋に入れて一晩寝かせる。
  8. 適当な厚さ(8mmくらい?)の適当な大きさに切るなり型抜きするなりして、180度のオーブンで20分焼く。
  9. 冷まして食べる。

 粉を入れるまでは良く混ぜる、粉を入れたらなるべく混ぜない、のがコツです。全工程を通してなるべく混ぜないのもイイかも。全粒粉をやめてアーモンドパウダーを50gにしてもイイ。その場合はベーキングパウダーをやめて卵を卵黄だけにしても。そうするともっと軽めのクッキーになると思う。黒糖は粉になるまで砕かないで、少し塊を入れておくと、焼いたときにとけてかりかりになって、それはそれでうまそう。しかし、このクッキーやはり完成度は低め。黒糖の質にクッキーの味が左右されそうです。

[]ぬくい。

 なんだか、今日はぬくい。そのおかげで眠い。眠いせいですすまない。いいわけしてみた。

2005-09-12

[]フン♪

 隠れ家の外に二つwやはり私が机にいる間は隠れ家からは出たくないらしいです。でも、「外から隠れ家にいるびく太と目が合っても、顔を背けられなくなった」とか、「水が無くなってる」とか、「ならしておいた砂に足跡がたくさん付いてる」とか、そういう飼い主としては結構情けない喜びでにやにやしてしまう。あまり長々とにやにやしていたら、カエル師匠パスタ皇子に「幸せな人ですね」と褒めあきれられました。

 それにしてもですね、コオロギがまた2匹死にました。まだあと5,6匹は残っているようなので、大丈夫とは思うけど。それと、鳴いたらハネを切ってやればいいよと教えられたので、半分くらい切ってそれでいいつもりになっていたら、なんとまだ鳴きやがる。びっくりです。全部もぎました。そこそこ切れる小さいハサミ欲しいな。

 今日も無事コオロギを一匹食べました。私が席を立った一瞬のスキにこっそり食べました。一瞬のスキというところがミソw

[]小麦の菓子

 が食いたい。どうしても食いたい。ので今日は(も)早めに帰って、小麦の菓子を作成することにしようと思います。前々から試してみたいものがあったことだし。うまくいくといいな。最近遊んでばっかりだ。

 ところで、私は酒が弱くはないほうだと思っていましたが。やっぱりそんなことないような気がします。ビールを350ml飲んで寝ると、次の日必ず体がむくむ、胃が重い、肩こりが悪化する。つまみの食いすぎなのかもしれないし、酔っ払ったまま寝るのが良くないのかもしれませんが。

[]「どんだんず〜」のCD

 を友人のためにまさよし君から焼いてもらいました。どうもありがとう〜。しかしね、このCD聴くと何がいけないって、だんだんなまってくるんだよね。脳内トークも全部東北弁化してしまうという。。。笑える、が、ところどころ分からないところがあります。東北人失格かなぁ。。。

2005-09-10

[]くっそう、びく太め。

 私が帰った後にしっかり食べたらしいです。くそうといいつつ、食べてくれたのが嬉しくて顔がにやけてしまいます。パスタ皇子とカエル師匠はこんなノロケ話をよく聞いてくれるものです。

 しかし、水はいいとしてフンはどうしてるんだろう?隠れ家でしてるんだったらちょっと不衛生だぞ?砂を若干ならしてみた結果、外には少し出ているような気がします。

[]Jazzフェス

 の前夜祭Toshiba Jazz styleに行ってきました。私はJazzには全く詳しくないのですが、楽しかったです。ただ、どうも電力ホールみたいな大きい場所でしかも座席が狭いところで、ああいう「みんなでのっちゃおう」的な音楽を楽しむのはちょっと難しいと思いました。大きくても50人くらいのBarで飲み食いしたりしながらがいいな。盛り上がってきていざ「さあ、これからのっちゃおう」というところで、狭くて体が動かしにくいというのが残念でした。

 日野皓正のバンドの音楽はよくわかりませんでした。というか、聴いてて気持ちいいと思いにくい音楽でした。ああいうジャンルの人は、そういう気持ちよさを観客に求めているわけではないと思うので、それでいいんだと思うけど。難しいし。一番目の曲と二番目の曲の違いがよくわからないというのは。。。ちょっと聴いてて情けないわけです。けど、クラシック音楽と一緒で、楽しめるようになるまで時間がかかるのかもしれない。クラシック音楽も好きなプレーヤーが出来てから本気?になれたので、そういう意味では、好きなプレーヤーが出来ればいいのかも。ひとまず日野という人はちょっと違ったみたいw

 Fried Pride。もともと女の人のハスキー系の声は好き。音楽の雰囲気、特にパーカッションが入っていたり、エレキじゃないギターが使われたりするあたりがとても気に入った。普段のCDでもあんな感じなら、CD欲しいな。日本のお祭りに使われる楽器の音に近いもの(金属でないものでできた太鼓だとか笛など)は、私をうきうきさせるようです。

 宮城出身のTapダンサー熊谷和徳のTapには呆然としてしまいました。Tapははじめて見たのですが、ああいう人の筋肉とか身体感覚ってどうなってるんだろう?すべっているというか、体が浮いているようでした。筋肉とかすごく柔らかいのかなぁとか色々考えてしまった。

 フリューゲルホルンTOKUの演奏はとても気持ちよかった。α波が出そうな感じ。あの人はでもCDで聴くよりライブのほうが良さそうです。ああ、でも声はすごく好きかな。枯れ気味だけど、どこか瑞々しい所が微妙なバランスで気持ちがいい。

 全体的に楽しいライブでした。こうやって好きな音楽が増えていくのは楽しいものです。ふふふ。TSUTAYAで借りられないかしらん?

2005-09-09

[]見向きはした、

 けど途中で食べる気が失せたらしいです。むーん。Wa氏に、「ヤモリのペースで考えなくては」と諭されました。今日は、足一本にチャレンジしてみたのですが。人がいると食べないのかな。足のもぎかたが下手くそなので、コオロギ瀕死なのがいけないのかも。まぁいい、一日動かずにじっとしてるし、そんなに痩せでもないので2日くらい食わなくても平気ってことで。あんまり気にするとこっちの身が持たない気がします。

 家では、植物達の剪定をしました。日当たりのよい場所に設置してやったので、これから冬に向けてしっかり育って欲しいものです。しかし、ゼラニウムはなんであんなに上に上にとのびるのだろう。もうすこし横に広がって欲しい。それとミントは芽がたくさん出る太い茎を伸ばす子と、上に上に伸びる子と両方あるんだけど、あの違いはいったいなんなんだろう?明らかに上に伸びてる子のほうが健康的に見えるので、太い茎を伸ばす子に何をしてやったらいいのか知りたいのです。もう少し日当たりが良い植物を設置できる場所が欲しい。どんどん増えてきて、プランターを買ったはいいが、置く場所がない。

[]友人のme-chang来仙

 明日から2日間仙台ではJazzフェスが行われるので、それを見に仙台に来ます。楽しみです。でも忙しくて二日間まるまるお相手できないのが申し訳ない。そして忙しい割には、びく太の世話だの日記だとしょうもないわけですが。

2005-09-08

[]コオロギ半分死亡

 ぎゃお。購入から丸二日経過で(多分)半数以上が死亡。びっくりです。おそるべしペット○コ。1匹30円でしたが、1/2に減ったので単価としては60円!うひゃぁ。カニバよりも実は自然死(?)の方が率が高いのではないかという疑い。買ってきた日からコオロギにもちゃんとエサをあげておけばよかった。

 皇子にその話をしたら「さもありなん。ペッ○エコのはそうなんですよ。」とのこと。別のお店を教わりました。泉だから遠いんだよなぁ。ところでクロコオロギと書かれているのと、フタホシコオロギと書かれてあるのは同じものなんでしょうか?ヨーロッパイエコオロギとイエコオロギは同じもの?

 最近びく太のことばっかりでしたが、セントポーリアが順調に花をつけています。セントポーリアは一つの茎に花がいくつも(いくつか?)つくものらしいです。うちの子も一つ目が咲いたあと、下のほうからどんどん新しい芽が出てきて、今3つ咲いています。一つは終わりそうで、一つは咲きかけだけど。びく太の水槽の上においてあるのですが、うっかり今咲いている花の花弁を折ってしまった。がっかり。

 

[]Unixの部屋

 最近全然PC関連を勉強しないので、すっかり使わなくなっていたけれど、コマンドの初心者向けページとしては大変優秀だと思うので、ここにメモしておきます。このページを見つけられなくて30分もネットをさまよってしまった。

 今日やりたかったことは、「tarでbzip2形式の圧縮ファイル内の特定のファイル[接頭辞]が付くファイルだけを展開」ってやつ。

# tar xjf [圧縮ファイル名] [接頭辞]\*

何でつまづいたかというと、ワイルドカードの使い方。\をつけないとワイルドカードとして読み込んでくれないのでした*1。ちなみに

# tar xjf [圧縮ファイル名] | grep [接頭辞] | tar tjf [圧縮ファイル名]

でも同じことが出来るかもしれない。出来るような気がする。出来たはず。

おや?半角円マークが半角バックスラッシュに変換されてるぞ。はてなは面白いなぁ。

*1オプションのxは展開、jはbzip2で解凍しながら実行、fはファイル指定、tは圧縮ファイル内のファイル名の一覧表示、だったかな?

2005-09-07

[]コオロギは怖い

 コオロギは怖いです。何が怖いって、共食いをするところです。今朝学校に来てケースを見てみたら、隠れ場所用の白い紙にフンだけでなく赤い点々が。ううう。共食いは怖い。なぜか生理的に好きでない。

 ところであのシロワラジをして「かわいい」とおっしゃった皇子が、「コオロギはかわいい要素が一つもない」と断言していました。皇子のセンスはよくわかりません。

[]びく太

 朝見たら、無事隠れ家におさまってくれていました。とりあえず、びく太のことはあまり気にせず研究に励もうと思います。あまりに気にしすぎてのぞきすぎると出てきてくれなくなる気がする。

[]食べた!

 またもやびく太。ヤモリ師匠の指示通り、コオロギの足を減らして(0本)隠れ家の前に置いておいたら、いつのまにかこっそり顔を出してコオロギを食べてくれた様子です。ううう。良かった(泣)これからも食べてくれるといいなぁ。。。とりあえず今日は1匹でやめておきます。もうこっちもへとへとです。あ、でもコオロギの足をもぐのは結構平気になってきた。

[]白あんに卵とクリーム、バター

 これもメモ。博多のおみやげに頂いた、明月堂の「博多通りもん」。えらく旨かった。特にあんが。材料を見ると、

  • 白あん
  • 砂糖
  • バター
  • 練乳、脱脂粉乳、生クリーム

など。つまり、白あんとカスタードクリームと生クリームを足したような味。これは何かに使えるはず。手亡餡は最近のおきにいり。

string childstring child 2005/09/07 15:05 今日は、こちらにお邪魔するよ。

いきなりだけど、ハネアリって、今時期飛んでるの?
大量発生

何か、ハネアリって、春のイメージがあるからさ

daphnia_magnadaphnia_magna 2005/09/07 15:24 おや?どこにコメントしたんだろう?その日の日記全体にコメントできるんだねぇ。しらなんだw
ハネアリってアリの結婚飛行の時のアリのことかなぁ?どうだろう?私も結婚飛行は春だと思ってたけど。今度昆虫博士に聞いてみるね。
それにしてもstring childとはよくいったものだ。私もsunshine childとかにしてみるか?w

string childstring child 2005/09/07 19:39 携帯で見ると、記事が並んでて、その下に投稿欄があるよ。

ハネアリは、かなり小さいよ。体長5ミリくらいかな。ありじゃないかなぁっても思うけど、体はありなんだよね。

daphnia_magnadaphnia_magna 2005/09/08 11:33 ほほう。>投稿欄

あ、昆虫博士に聞き忘れた。今日こそ行ってくる。(といっても下の階に下りるだけ)

ところでハネアリが出てるのを見たの?

string childstring child 2005/09/08 18:30 出てくるのを見たわけでなく、死骸がたくさん落ちてた
蝿とり紙にも、びっしり、くっついてた


先月には、三鉄に乗っているハネアリを見たよ。

daphnia_magnadaphnia_magna 2005/09/09 14:12 昆虫博士はどうやら小笠原に行っている模様です。

残念。ええと、ネットでざっと調べたところによると、結婚飛行の時期は種類によって色々らしいよ。4月の終わりのもあるし(クロナガアリ),9月(キイロシリアゲアリ)なんてのもあるらしいので、今ハネアリがいても変じゃないんだろうと思う。

それと、常時ハネがついているアリがいるかどうかは私はわからないなぁ。

string childstring child 2005/09/09 20:20 サンキュ

チビハネアリは、ランデブー中に、蝿とり紙にくっついちまったんだな、きっと。
かわいそうに…

daphnia_magnadaphnia_magna 2005/09/10 15:33 そういわれると、ちょっとかわいそうだねぇwまぁ、不運だったってことで。大自然だなぁw

2005-09-06

[]パッチってなんですか?群集生態学

 うちの研究室の学生が、「え?パッチパッチだよ」というむなしい回答を先生や先輩から得る伝統的な質問である。要は自分でそれくらい調べろということなんだと思うが、答える側になってみて、実は明確な定義を知らないことに気が付いた。情けない限り。群集生態学の教科書(宮下,野田 2003)によると、

パッチとは、モザイク状の生息場所の1単位を意味する概念。周囲と多少異質でその内部の環境はほぼ均質な小空間であり、同時に種が相互作用しあうことが可能な範囲のこと。局所と同じか又はそれよりも小さいスケール。例えば、寄生虫にとっての宿主1個体を言う。

ちなみに、局所地域

局所地域は、群集の空間スケールをさす概念。局所生態学的に短い単位時間、例えば位置世代の間に全種が互いに相互作用しあうことが可能な空間スケールである(Srivastava 1999)。また、地域局所より通常100倍以上大きな空間スケールとして定義され(Krebs 2001)、全種が出会い相互作用しあうためには、数十世代が必要なくらいにおおきいが、種分化や長距離分散による種組成の空間的負均一性が生じるほど巨大ではないもの。

だそうだ。ふむ、対象生物によってずいぶん違いそうな定義だな。しかし、そうなってみると実験によって設定された方形区をパッチと言うにはある程度厳密な調査が必要そうだ。コドラートとパッチを混同してきたけれど、これからはもっと厳密に使い分けるようにしよう。

 そういえば昔、先生からよくこういう回答をもらっていた気がする。もっとましな質問が出来るようになりたいという最初の動機は、こういうところにあったのかもしれない。となると、先生の教育活動の一環だったのだろうか?しかし、研究室中が殆ど修士1年以下という時代には、この手以外の回答をもらっている学生を見たことがなかった。他の大学の先生が丁寧に分かるまで答えてくれたのに非常に感激したことを思うと、単に先生が横着だったのかもしれない。

[]びく太

 熱烈なラブコールを頂いて(里親募集ページはマジで卒倒しそうだった。かわいすぎ)、Honeyの傷を癒すべく新しい作戦にチャレンジすることになった次第です。nyorox2さんから、里子に出されてやってきた、ソメワケササクレヤモリのびく太君(♂)。

 噂どおりのもの凄いビビリです。さっきまで私が何かたくらんでいるのではないかと疑って、ほっぺたを壁に貼り付けて(目の下のほっぺたがぐにってなってた)、水槽の中からビシッとにらみつけていました。結構怖いです。もう悪いことはできそうもありません。宮古で会ってきた友人の娘(8ヶ月)と同じレベルで、目を合わせないようにしています。目を合わせると泣く。目をそらすと泣き止む。しかし興味はめちゃくちゃあるのでほかの事は手に付かない。そんなかんじです。エサ食べてくれるといいな。

 びく太君と飼育のためのアドバイスを下さったnyorox2さんとセッティングに付き合ってくださったやまともさんの夫妻には大変感謝いたします。大事に飼います。長生きしてもらって仲良くしたいです。ありがとうございましたm__m

 どうやら、やっと隠れ家に入ってくれたようです。ときどき出てきてはこっそりのぞいています。やっぱり悪いことは出来そうもありません。写真をとれるのはいつになることだろう。

 

2005-09-05

[]帰仙

 帰ってきました。やることもやりたいことも山積みで、何から片付けて行ったらいいのやら。出かける前から山積みだったのは間違いないが、一度流れを切ってしまうとどれからやったらいいのかよくわからなくなる。

[]映画:セブン・イヤーズ・イン・チベットセブン・イヤーズ・イン・チベット [DVD]

 心のそこから腹が立ってくる映画である。この映画の内容が完全に事実を反映しているかどうかはよくわからないが、それにしても酷い。映像化されるとここまでげんなりするものなのかと思う。

 それと同時に、以前から思っていた疑問がまた立ち上がってきた。それは、人にはそれぞれ「自分にマッチしたスケール」というものが存在するのじゃないかということだ。それは賢さとか優秀さとかそういうものとは別に。いや、むしろそれらの能力を正しく発揮できるスケールがあるんじゃないかということだ。それが変化するものなのか、それとも生得的なものなのかはよくわからないけど。

 多分、スケールの小さい物事を考えることが苦手な人もいるだろうし、逆に大きいスケールで考えるのが苦手な人もいるだろう。ちなみに私は比較的小さいほうだと思う。市長レベルの選挙だと、まだ候補者を選ぶとかいうことも落ち着いて考えられるのだけど、国の政治とかになってくると途端に駄目だ。真剣に考えても考えても、何が良くて何が良くないのか自分の中でうまく価値観を定めることが出来ない。決めても自分なりに納得した回答のような気がしないのだ。まぁ、そういうことを言うわけにもいかないから、納得できるようになるべく努力するつもりではあるんだけれども。

2005-09-04

[]寄生虫

 って、こういう変換なんだ。。。「きせいちゅう」と入力して、寄生虫を出力することと、帰省中を出力することと、一般的にどっちが頻度が高いんだろう?どう考えても帰省中だと思うんだが、なぜ優先順位は寄生虫の方がデフォルトで高くなっているのか?

 えー、今日中に仙台に帰ります。忘れないうちにいろいろ書いておこう。今回の帰省は全部をいっぺんに回ろうとしたせいでなかなかの移動距離になりました。それにしても岩手は広いね。

9月1日(木):仙台駅→八戸駅→五戸

9月2日(金):五戸

9月3日(土):五戸→八戸駅→久慈駅→宮古駅→盛岡駅→水沢江刺駅→江刺

9月4日(日):江刺→水沢江刺駅→仙台

[]五戸町の秋祭りと図書館

 五戸町の秋祭りに行ってきた。山車は「ねぷた」だの「ねぶた」だのみたいに人形が飾ってある。青森のお祭りは基本的にああなんだろうか?中心地のお祭りに似たようなお祭りが文化として広がるのかな。デジカメを持っていかなかったのは失敗だった。踊り子さんの衣装がなんだか変で、よくよくみたら、みんな首から携帯電話をぶら下げているのだった。

 さらに、五戸町の図書館で読書した。なかなかきれいで居心地のよい図書館だ。蔵書はあまり多くなさそうだけど、本を紹介する方法が面白い。本の帯を壁に貼って、その脇に本を展示するのだ。それに読書するスペースも結構とってある。本にいかに親しんでもらうかを考えて作っているのだと思った。

[]ちょっとした小旅行

 3日には、岩手県宮古市に行った。学部のときの寮の友人とその家族に会うためだ。八戸駅からJRで久慈駅まで行き、そこから三陸鉄道に乗り換えて宮古市まで。各駅停車の旅は海、山、海の繰り返しがなかなか楽しかった。同じ時間だけ乗っても新幹線と各駅では、新幹線のほうが疲れる気がするのはどうしてだろう?いろいろなことをぼんやり考えながら、風景が過ぎ去っていくのと同じようにして、考えも流れていく感じが面白かった。それと偶然にも久慈駅の乗換えで、旧友に別の再会。相手は、会えるかもしれないと思っていたようだけど。すごくびっくりしたが、久しぶりに会った気がしなかった。

 宮古駅まで迎えに来てくれた旧友と再会。朝日亭で昼食。パスタもメインも新鮮な魚介類をふんだんにつかって、大変美味しい食事でした。全体にバランスがいい味付けだった。こういう、何かが変に突出しない食べ物を出せる店って言うのはいいと思う。

 昼食後、昨年の12月の末に生まれたばかりの娘さんとの初めての対面。人見知りをするとのことで、目を合わせただけで泣かれる。目をそらすと泣き止むのが面白い。しかも、こちらが気になるらしくて、注目された。しばらくすると少し慣れてとりあえず触らせてくれるようになったところで、さようならしてきました。美味なお土産をいただいて宮古駅から出発する盛岡行きのバスに乗る。雄大な景色をながめつつも、少しバスに酔ったりした。それにしても本当に岩手は広い。山があって、山があって、海があって、また山があって、所々に平地があって、その隙間のような平地に人が暮らしているようだ。

 盛岡到着。夕方ではあったが、XiaoXianのお茶ショップに足を運ばせてもらう。前田さんは相変わらずお元気な様子だった。はきはきしていて活力があって、人の話を聞くのがうまい。お茶を売る人はなんとなく穏やかなイメージだったけど、いろんな人がいるのが面白いな。

 初お茶になる黒プーアールを頂いた。うまいので購入。前から黒も気になってたんだけど(いいわけ)。様々な岩手の話を聞いて、懐かしい思いをする。壁にかけてあった漆細工の岩手山の絵に感動。XiaoXianのショップも以前におじゃましたときよりさらににぎやかになっていて、面白かった。盛岡駅でお土産を購入して元実家へ。

2005-09-01

[]今日から3日間

 くらい帰省してきます。昨日は学会の打ち上げで3時まで飲みました。ばかばかしい時間の使い方をしてしまった。眠いです。

[]戸田誠二「生きるススメ」生きるススメ

 すごい好き。特に「人生」という作品がすごく好き。私も「そういうものです」って言われたい。ちなみにサイトに行くと、作品がいくつかみれます。