飲食業からの転職を考える

2012-05-06

無料カウンセリング1回目

無料キャリアカウンセリング2日目

東京しごとセンター」へ。
奇跡的に平日に休みが取れた。
2週間ぶりの丸1日の休日・・・


2回目以降は、予約が必要らしい。
45分という時間もあるのかな。


予約時間より20分早く着いてしまった。
特にする事も無いので、
(それはそれで問題だが・・・)
またロビーのテーブルに座って待つ。

壁に貼ってある、
「優良求人!」みたいな物を、
見てみるが・・・どうもわからん。
少なくとも、今自分が働いている会社よりは、
給与もいいし、労働時間も適正。
ということ意外読み取れなかった。


人間観察的なことをしてみるが・・・
真面目に施設のPCに向かっているように見える人たちは、
本当に「カッコイイ」し、「キレイでカワイイ」人が多い。

その反面、こんなとこにもいる、
施設の台数限られたPCで
ひたすら遊びネットサーフィンをしている人たちは・・・
正直見た目が・・・「どうなの?」っていう・・・


この時に、自分に対してッハ!っとさせられた。
自分はどうんだろう?って。
やっぱりさ、見た目がカッコイイ人キレイな人って、
「自分をわかってる」んだろうね。

自分の事を良く見て、何が自分に似合うかわかってる。
25歳にもなって、わたくしゃダサ男だから・・・
ちょっとこの辺も気にしていこう。




こんなことを考えながら、時間をつぶしていると、
早速呼ばれた。
奥のカウンセリングルームに呼ばれる。
大きな部屋にブースが沢山あって、
8組ぐらい?の人たちがカウンセリングを受けている。

早速開始。

「何か活動されていましたか?」
⇒まったくできていません・・・


とてつもない、会話から始まりました。
まずは具体的になぜ転職を考えているかという話から、
・サービスが好きで飲食業をしているわけではないということ
・飲食は企画の実現が早いからやっていた
・現状の会社では不可能、単なる人件費管理で終わる
・単純な労働時間もおかしくね?

うまく、言葉に詰まったときは、
引き出してくれる。なるほど、これがカウンセリングか。

その後は、
「その好きな企画って具体的にどういうことですか?」
「先輩からの評価がよく出てきますが、それは貴重」
「飲食以外の理由は?」
と、
1個1個突っ込みながら整理してくれる。
ああ・・・そういうことか!って気付かされるんだよね。
飲食の経験って、他職業に行くときに一切使えないな・・・って、
思っていたけど、考え方伝え方によっては勝負の種になるみたい。
そこがわかっただけでも貴重。
今後の整理の課題を貰い、具体的な行動のアドバイス。

「とにかく求人を沢山みて、どんな職種があるか探すこと」

自分の場合は業界はどこでもよく、職種が大事。

飲食業が好きだったのではなく、企画が好き。
!!!今までと重なる。

とにかくIndeedを使って、調べてみる。ってことが大事らしい。
果たして出来るのだろうか・・・。


さて、Twitter転職のことをつぶやいていたら、
職種情報も引っ掛かってきたので、
ひたすら調べよう。


さて・・・
これから仕事。
本職の飲食は、人件費がキツいとか、
店長がハデ好き自分のイメージ通りじゃないと嫌。
そんな人なので振り回されています。
まじで、時間を無駄にしたくない。
休みも・・・後半はバイトのシフトがわからないから、
前半に休み固めるとか・・・
後半肉体的に辛くなるでしょうが・・・


GWも乗り切ろう

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dassyutu/20120506/1336260819