Hatena::ブログ(Diary)

akiramizumoto.com annex このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-04-01 えひめの土曜が変わります!

[]

f:id:dateo:20110401062332j:image:leftこの春からぼくの地元・愛媛県のテレビ局でスタートする大型情報番組「Eよかんッ!」(毎週土曜日午後2時〜4時55分)のメイン・パーソナリティを務めることになりました。明日すぐに使えるオトク情報を、愛媛県内だけでなく全国各地から集め、カルチャー雑誌感覚で紹介していくという、二十歳代のOLからヤングミセス向けの情報バラエティ番組です(ちなみにぼくは「編集長」という肩書きで登場します)。

二十年以上の東京生活で培った人脈を十二分に活かし、ゆかりの深い方たちにも多数ゲストとして登場してもらおうと思っています。また、さっそくすごいタイアップ企画なんかも進んでいて見逃せませんよ!

生放送された番組のダイジェストがUstreamでオンエア終了後に即日配信されるなど、ぼくがこだわった<これからのテレビ番組>というエッセンスも番組スタッフや局上層部の方々、スポンサーのご理解で実現していただきました。ほんとうに感謝です。

なにより地元での大きな仕事、そして初めての生番組のMC……と、ぼくにとって新しいことづくめのチャレンジであり、期待より不安のほうが今は強いのですが、精いっぱいがんばりますので、なにとぞミズモトアキラと「Eよかんッ!」を末永くよろしくお願いいたします!

平成23年4月1日 ミズモトアキラ

<写真:リハーサル中のスタジオにて。緊張で顔がこわばっている?!(笑)>

2011-01-07

[] アキラミズモトのとりとめない話(=桂雀々スタイル)。

f:id:dateo:20110108000228j:image:left年末からああでもないこうでもないそうでもないせこでもない……といじくり続けていたAKIRAMIZUMOTO.COMのリニューアル作業がようやく落ち着きました。結局のところ、行きついたのはつとめてシンプルなデザインでした。かあさん、Web2.0っていったいなんだったんでしょうね?

いわゆる身辺雑記やノンテーマの書きものなんかはこちらで、あちらは告知や報告、プロフィールといった業務関係……という風に切り分けていたのですが、今後はどちらの機能もAKIRAMIZUMOTO.COMの方に集約させていこうかな、と考えてます。

昨年の11月末にちょこっと書いたように、はてなでブログを書き始めてから丸五年が経ったんですよ。モーニング娘。ならまちがいなく卒業の声が聞こえてきそうなキリのよさ(亀井ちゃんの卒業は哀しかったです)ですか。ほんとうは2011年の元旦を以て……とすればスマートだったかもしれませんけど、ともあれせっかく狙ってたような方向性で「整いました」AKIRAMIZUMOTO.COMの中に<MEMO>という項目を作ったので、ここで書いてたような内容のエントリーもひきつづき書いていくつもりです。

そういえば。昨年末に静岡へ行った時の話をしますね。HALFBY高橋くんやセカンドロイヤル小山内くん、イヴェントを主催したキヨちゃん&ユミニョン、そして一夜の宿を提供してくれたコーナーショップ三輪さんと共に、毎回お昼を食べに行く「つむらや」でチョイ早めの年越しそばをいただいた後、みんなと別れ、これまたいつも世話になっているDJオキチュと連れ立って「D&DEPARTMENT静岡店」の中にあるカフェでお茶をしたんです。

実のところ、この場所でお茶した……という話のディティールは、このあとの内容にまったく結びつかないので忘れてもらってもいいのですが、書きかけてしまったのでそのまま書いてしまいました。ひょっとしたらなにか最後のほうではひとつの線を結ぶかもしれません。結びつかないかもしれません。おそらくは結びつかないでしょう。だいたいこういうブログを書くときは、書き始めた時には最終的にどんな結論へたどり着くのか、まったく戦略も立てずに書いていることがほとんどなので致し方ないのです。

ということで、巨大な赤い三角ポールの折り返し地点をグルッと回って、話を元の流れに戻しますけど、その「D&DEPARTMENT静岡店」の中にあるカフェで(しつこい)アイスチャイラテをストローでズルズルとノドの奥へと送り込みながら、いったいどういう話の流れだったか、はてなで書いているこのブログとD&DEPARTMENT……ではなくAKIRAMIZUMOTO.COMを統合しようと考えてる……というアイディアをオキチュくんにふったところ、即座に「いいんじゃないですか」と彼は答えたのです。ニベもなく。

送り手側が情報を都合よく整理してから発信するのではなく、混沌とした情報のなかから受け手が効率よく取捨し、整理していくことが当然の時代じゃないか……と。これは元グーグルのCEOが講演で話してたことを引き合いにして説明してくれたのですが、たしかにブックマーク頼りで徘徊していた時代はとっくのとうに過去のもの。ウェブから取得しているほとんどの情報はRSSリーダーなどで整理し、処理をまかなっている。Twitterのタイムラインに溢れてる情報に至っては、数時間チェックできなければ自分へのリプライ以外はほぼ読んでない───つまり仕切りの壊れた重箱の中に鮮度の落ちた料理がスカスカに詰め込まれたおせちをわざわざネットで買う時代ではないのです。自分でも書いていてよくわからないのですが、今こういうことを書いておけば、何年か経って、味わい深く読み返せることでしょう。

で、再々度、話を戻しますが、ぼくがそのサジェストを通して一番おもしろいなって思ったのは、自分のブログをどうしようか考えている……というぼくの些細なフリから、バースデイケーキのロウソクに火をつけるようななにげなさで、オキチュくんが元グーグルのCEOの話をひっぱってきたことでした。高い参加料を払って、直接元CEOの話を傾聴した人たちは、きっとそこから自分の会社の経営戦略とか他社へのプレゼンテーションの武器としてそのエピソードを流用するわけですよね。しかしぼくはオキチュくんというぼくにとって超ローカルなフィルターを通して、自分がブログや手仕事で更新しているウェブについての有意義な助言として同じ話を聞く───そこにはぼくがもっとも過剰反応してしまうタイプのマヌケさがさりげなく含まれている。ちなみにこの種のマヌケさに過剰反応するきっかけになったのはたぶん十年以上前のこと。誰かがテレビで歌っていた小室哲哉の歌詞をなにげなく字幕で追ってると、世界平和がどうしたみたいな歌い出しで始まる曲が、コンビニの前で恋人とキスして嬉しかった、みたいなサビに着地して、ぼくはひっくりかえるほど笑ってしまったんです。もちろんTKはユーモアとしてではなく、ある種の真摯さに基づいてその詞を書いたはずなのですが。

……ちゃんと伝わってなかったらごめんなさいね。

このあいだ「プリウスの中にどうしても梅干の種を原料にしないと作れない部品が入ってる」と、会話の中の冗談というか、自分としてはかなり会心の比喩として話に織り込んだつもりが、その部分に過剰反応され、それはウソだけど、とあわてて打ち消したらすごく怒られました。あれ納得いかなかったなあ……。

えーっと、まあそういうことなのでよろしくおねがいします。でも、ひょっとしたらやっぱり不都合があって、こちらに戻ってくるかもしれないので、ブックマークなどはしばらく残しておいてください。もちろんデータもこのままにしておきます。ひとつよしなに。最後までとりとめなくて申し訳ありません。すいません。ごめんなさい。

2011-01-04

[] 明けましておめでとうございます。

f:id:dateo:20110104092041j:image:left明けましておめでとうございます。届いた年賀メールがたった二通だったミズモトアキラです。しかもそのうち一通は「おせちで吊るし上げられてる例のカフェ社長ってオマエの家の近所に住んでるらしいぜ」というのが話題のメインでした。今年もよろしくお願いします。

昨年末から長く引いていた風邪をこじらせ、大晦日から三が日までほとんど臥せっておりました。元旦こそ実家の母から届いたおせちでしのぎましたが、すぐさま食糧危機になり、近くのスーパーやコンビニまで険しい顔して這っていく。すれちがう人たちの晴れやかな表情に対し、伸び放題の髪はネットリ、ヒゲももちろん不精のレベルを超えたぼくの顔つきは井上雄彦タッチと言えなくもないけれど、他人に見えているのは単なる「正月に風邪を引いたダメな中年男」でしょう。こうなると正月らしい完璧な青空がただただ恨めしい。

自宅の目の前にある神社は無病息災の初売り。祈祷のために集う人々でごったがえしている。かたや病・息・災の三拍子で詣でる気力も体力も失っていて、不幸と筆書きされた札をおでこに貼られたかのようなアイ・アム・キョンシー。うなだれた気分。ただただ惨めでした。汗くさいし。

今朝ようやく復調し、遅ればせながらの御年賀としてこの文章をしたためているのですが、ちょっとした風邪もナメてはいけない年齢になったと思いましたね。なんつーかこう、今までなら少々無理をしても通常営業しながら、バックヤードで治せたレベルの軽い不調が、自分のインサイドアウトサイドをがっつり損なってしまうというのは、あきらかに寄る年波の影響ではないか、と。外出時より厚着し、湯たんぽに生命維持を託しながらベッドに入っているとき、そんな考えがちらとよぎりました。

健康であれたら死んでもいい…とは言いませんが、二〇一一年の計をこの正月に立てるなら、やはりそういう方向性の決意が適当なのかな。昨年で無事に大厄も脱出しましたし、今年は過去最高の健康体(二歳の頃よりも!)になって、過去最高に暴れたい(二歳児のように!)と思います。

[] そして今年も新春放談。

例年よりも若干ユルめの内容でしたが、1月2日に放送された山下達郎サンデーソングブックの新春放談、楽しかったですね。パート2が来週放送されたところで、以前好評だった超要約をやってみようかなと考えております。3月にはロンバケ三十周年記念盤ナイアガラボックスの発売が決まってますね。今回の放送でもその話題がメインでしたけど、ボックスはともかくロンバケはもうちょっと安く出せなかったもんかなあ〜。いや、よろこんで買いますけどね!

2010-12-30

[] From Bookshelf To Everywhere

f:id:dateo:20101230113747g:image

一年の中で最も大好きな一日…つまり大晦日を明日に控えて、浮かれ気分が抑えられません。

さておき、今年読んだ本…ワニブックのコメント書きのために読んだ本とか読みなおした本、雑誌やコミックなどは省き、なおかつ読書録がわりに使っているiPhoneアプリ(itemshelf)に記録を残してるものだけで、七十四冊でした。

その六割くらいが海外作家のフィクションで、五日に一冊くらいのペースならまあまあいい感じではないでしょうか。

英米文学ではやはり大好きなコーマック・マッカーシーの『ブラッド・メリディアン』には圧倒されました。このエントリーにも書きましたけど、いまだに"ブラッド・メリディアン"領にされているエリアが頭の中にあって、そこが時々ズキズキ痛むほどです。関連作として読んだジェイムズ・ディッキー『白の海へ』も理性の奥歯をガタガタ言わされるようなトゥー・アウトレイジャスな小説だったなあ。

あと映画がラジー賞レベルの出来で大いに落胆した『ラブリー・ボーン』(鑑賞当日の怒りっぷりはここ参照)は一読の価値ありだと思いました(特に女性)。

日本の小説はほとんど紹介してこなかったんですけど、尾崎一雄の『暢気眼鏡』は「えっ、こんなこと書いても小説になるんだ!」とビックリしました。百年以上前に生まれた作家が八十年前に書いた小説なのにね。「これが小説なら俺はもうすでに小説を書いているのかもしれない」と考えて、興奮しながら読んだ記憶があります。

パワフルな物語に身を委ねたくなる時もあるけれど、やはり文体のチカラを感じさせてくれる本かどうか、というのがぼくにとっていちばん大切な要素。来年もすぐれた文章とたくさん出会って、身も心もガンガン削られたいと思います。

パタッ(本を閉じる音)。

2010-12-17

[][] もうしわけナイト。

本家(AMWWW)のリニューアル作業を気まぐれに始めてしまったせいで、こっちの更新が滞ってしまい申し訳ないです。

さて今夜はモナ・レコードにて「真夜中の前園直樹グループ」が開催されます。選曲には素晴らしく定評のあるDJ陣、小西さんや前園くん、そして元ボールルームのスタッフ、白井くんがやっているプロムナード・レコーズとぼくのワニブックが揃い踏みする物販コーナー、そして前園直樹グループは一晩でツー・セットのライヴ・パフォーマンスを披露します。ぜひ深夜の下北沢へお集まりください!

2010-11-29

[] 大人になりましょう

昨晩の"PAS DE DEUX"への多数のご来場ありがとうございました! ハウス、テクノ、ジャズ、ヒップホップ、レゲエ、スカ、ロック…と、出演メンバー数に比例して、バラエティに富んだカラフルな音楽が次から次へと繰り出され───めかしたオトナたちがカラダを揺らし、グイグイと酒をあおる姿は当世のヤングたちが忘れてしまった夜遊びの真髄を見るようでしたね。BACK TO BASICっつーの? 良い意味で。

これはひとえに獰猛なDJたちやお客さんをしっかりと束ねた美しきオーガナイザー伊藤エリカさん(お誕生日おめでとうございます)の手腕でしょう。さっそく彼女と第二回開催に向けて相談をしておりますので、今回いらっしゃれなかった方もぜひぜひ次回は遊びに来てくださいね。一緒に楽しみましょう。


f:id:dateo:20101129005118j:image


そしてそして、今週末はこれです!

2010年12月3日(金) CATCHY! 年末ジャンボスペシャル @浜松・SECOND

Special Guest DJ:ミズモトアキラ、西寺郷太(NONA REEVES)
DJs:ハレンチDJs(リサ,ミナコ), KILI-5, DJ♥ネグリジェ
Additional DJ:MURANAO(Biscotti)

Open:PM9:00
Charge:3,000 yen with 1drink
Information : SECOND (053-455-3530 )


今や、うなぎか餃子かネグリジェか…と言われているとかいないとか〜浜松の名物男、ポンチレコード本舗主宰、特殊DJ大統領ことDJ♥ネグリジェさんがオーガナイズする、毎度おなじみ全天候型お祭りイヴェント”CATCHY!”。

通算で何度ゲストで呼んでいただいたのか、忘れようにも思い出せないような状態なんですけど、ここ数年はCATCHY!からスピンオフしたイヴェント”FANTASISTA”に参加していたため、CATCHY!本隊にはひさびさの参戦となりました。

本来は今年八月にこの組み合わせで出演を予定していたのですよ。しかしイヴェント前日にゲストツートップの一角、西寺郷太くん(NONA REEVES)が盲腸〜緊急入院してしまった、と。で、浜松サイドから打診されたのは岡村隆史さんの入院期間に匹敵する四ヶ月という長期の順延。当日いらっしゃる予定にしてくださっていたお客さん、他にもこのトラブルに巻き込んでしまった友人&関係者各位にかけた多大な迷惑なども考えれば、正直、唖然呆然としたんですが、これまで長い付き合いのなかでいろいろお世話になってきたネグリジェ翁からの頼み。思うところはいろいろあれどグッとこらえてその決定を受け入れた次第です。

しかし何たる偶然か、キリンジの浜松公演と順延したCATCHY!がたまたま同日開催になるというミラクル発生。おまけにわれわれゲスト+レギュラーメンバーに加えて、名古屋が誇る美人/実力派DJのMURANAOちゃんも参戦が決定。これはもう異様な盛り上がり((c)デッツ松田)まちがいなし。ぜひともこの貴重な一日を西から東から、たくさんの方々に体験していただきたいと思ってます。

2010-11-26

[][][] Thanksgiving To Me & Me

f:id:dateo:20101109163945p:image

明日土曜日は"PAS DE DEUX"@三宿ウェブ。信じられないくらいバラエティに富んだメンバーが集結しているので、いったいどんなパーティになるのか楽しみにしていた方も多いと思います。本日タイムテーブルを公開しましたので、ぜひこちらをチェックしてみてくださいね。


さて本日、当ブログはめでたく更新開始から五周年を迎えました! そしてなんとも絶妙なタイミングなのですが、アクセス数も777777ヒットという非常にキリのイイ数字がカウントされました(いつの間にか)。いえーい、パチパチ。

───とはいえ、コメントもめったにつかないのが自慢のブログですから、ぼくの拍手は今日もまた小さく渇いた音を孤独な世界に響かせている。振り返ってみれば、こうやってそれなりに長い月日にわたって更新を続けてこれたのは、誰でもないぼくのがんばりのおかげ。いや……ひとえにぼくのおかげでしょう。ありがとう、ぼくのやる気!

しかし、こんな調子でこの記念すべきエントリーをシメてしまうと、ジャニス・イアンの歌声のようにセンチメンタルすぎるので、がんばるぼくを傍観してくださった皆様に感謝のおすそ分けをしたいと思います。


f:id:dateo:20101126011232j:image

AKIRA MIZUMOTO / HOTSOUND MEGAMIX -VOL.3
[TOTAL 18:31 / INCLUDES OVER 200 SAMPLES / LIMITED 50 DOWNLOADS / FOR PROMOTIONAL ONLY]

2005年11月26日にこのブログをスタートさせたことにちなみ、2005年に製作した幻のミックスをプレゼントとして用意しました。

当時、ぼくはフジテレビで放送されていたF1の番組のために短いDJミックスを毎週提供していました。ぼくの選曲にのせて、前週のレースダイジェストがPV風に編集されて流れていたのですが、三分ほどの短いコーナーだったので、使われずに溜まっていくネタもたくさんありました。そこで番組が終わったあと、新たにサンプルしたネタと合わせ、全部で200パーツ以上のパーツを作り直し、それを二十分足らずの尺にギッシリと詰め込んで、完成させたメガミックス作品です。

最初のイメージは2many DJ'sのようなマッシュアップ作品の集合体……みたいな感じでしたけど、いざできあがったものはまったくそれとは違いますね。でも今聞き直しても、結構ユニークで面白いミックスになっていると思います。

当時、限られた友人だけにこっそり聴いてもらったっきり、ずっと秘蔵していたんですが、五周年にちなんで先着50ダウンロード(※+30ダウンロード追加しました 11/26 PM19:02)とさせていただきます。

ダウンロードはこちらから。※終了しました!(11/26 PM19:37)

これからも流行りのつぶやきに負けぬよう、ブログもできるだけ更新していくつもりです。今後ともよろしくお願いしますね。

ミズモトアキラ

2010年11月26日