いち在日朝鮮人kinchanのかなり不定期更新日記

2011-08-26

在特会界隈の連中が民事訴訟で負けたら、損害賠償金を連中は払うのか?

私がいつも楽しく読ませていただいておりますbubkaさんのブログ、「ここが変だよ在特会(仮)」で、このような話題があがりました。http://ameblo.jp/korea-one/entry-10994906225.html

在特会界隈の連中に次々と提起されている民事訴訟で、多額の損害賠償が確定したとき、界隈の連中の処遇がどうなるのか、ということです。

一応某三流大学の法学部を出たもので、十数年前にその辺の知識は得たのですが、ほとんど忘れてますね。やっぱり知識とは使わないとどんどん劣化するものですね。

とはいえ、少ない知識から掘り出して、まとめてみました。誤りがあれば指摘をお願いします。



1.連中が問われているのは、名誉棄損、業務妨害等の不法行為に対する損害賠償責任の有無である。

2.連中の不法行為が認定されれば、当然に不法行為の損害賠償という金銭債務が発生する。

  不法行為を被ったほうには金銭債権が発生する。

3.債権なので、債務者が履行しない場合は、強制力を用いて行使することができる。

  執行官に強制執行してもらうということ。

ここで暴れれば強制執行妨害です。当然刑法犯です。「ゴキブリ朝鮮人云々」といういつもの調子は通用しません。いずれ手錠をはめられます。

4.執行の対象は、債務者の財産であり、預金や給料の差し押さえ、動産不動産の強制競売による換金等で行われる。

すなわち、件の連中に財力が無ければ、彼らの命よりも大切なパソコンが競売にかけられちゃうかも。

5.請求し続ける限り時効消滅はない。不法行為による損害賠償債務は、破産による免除は適用されない。

6.なお、強制執行を免れる目的で財産を隠匿したり、仮装譲渡(名義変更)したりというのも、当然に強制執行妨害なので、刑法犯罪となる。

現在進行中の民事訴訟において、不法行為認定によって確定される債権を保全する為、保全手続(仮差し押さえ等)はなされていると思われ、保全されているのにその執行を免れるべくして行った行為はその効果は無効であり、甚だしくは刑事告発の対象になり得ます。(これについてはその保全の有無及びこの辺の法理については少し自信がないですが)

7.債務者が無資力の場合、「踏み倒す」ことは可能。これに対して労役を課すとかはできない。労役は刑事罰たる罰金刑が回収できない時に科すものであるので。また行方をくらましたとしても、刑事的な責任は無い。

連中が金を払いたくないから、ニートへの道を突き進む可能性は残ります。連中ならやりかねません。


以上を踏まえての、連中を追い詰めるポイントは、

・彼らへの損害賠償請求を起こせるだけ起こしてより多額の確定判決、つまり債権を得ること

・獲得した債権は行使し続けること

・払わない場合強制執行を請求し続けること

だと考えます。

もっとも、連中は自分達に振る袖がないことをよくわかっているので、このような悪態をついて開き直っているのですが、付き合わされる被害者にも訴訟費用がかかりますので、「いい迷惑」であることに変わりは無いわけです。

しかし連中を訴訟の場に引きずり出したことで、連中の言動が支離滅裂で理念も理屈もないことが公判の場で白日に晒されたわけです。まさに連中の主義主張を断罪する場であると言えるでしょう。一時期持て囃された連中も、今では絶対的大多数から鼻つまみ者です。連中を追い込み、このようなレイシズム恥さらし団体に歴史的な評価を下す意味でも、心ある人々によって、これら一連の民事訴訟への支援を行っていかなくてはならないと思います。

良識の元で集まり、寛容と連帯で理解しあい、お金がある人はお金を出して、この民事訴訟が支えられなければならないと思っています。

駄馬駄馬 2011/09/04 22:33 はじめまして。在特会の連中は見ててホントに恥ずかしいですね。
ただ心配しなくても連中はもうじき社会的にも淘汰されますよ。
というよりはすでに淘汰の最終段階に入っていると思います。

ちなみに私はやや異なる視点から問題意識を持っている者です。
私の観点からすれば、日本人VS在日(主にコリアン、中国人)といった
対決の図式をやってるのは非常にばかげているしあまりに程度が低いと思っています。
日本人だ在日だなどといってるより、もっと巨大な問題が迫っていることになぜ
彼ら在特会ら一派は気づかないのか、どうして、日本人も在日も協調していこうよ
とできないのか、と残念です。

dattarakinchandattarakinchan 2011/09/05 21:43 駄馬さま

ようこそです。
確かにおっしゃるとおり、界隈の連中はその過激さと支離滅裂さゆえに、誰からも相手されなくなってるのに身内で醜悪さを競い合っている痛々しい状況ですが、日本社会において「朝鮮人=困った人たち」という固定観念は、偏見と先入観で相変わらずです。確かに中には困った人も居なくはないですが、それは日本人でも中国人でも一定割合居るわけで、「困った人たちだけ」を取り出してきてものを言う発想こそを、本質的な問題として考えねばならんと思っています。界隈の連中の立ち位置は日本社会のマジョリティーの潜在意識の上であることは忘れてはいかんのです。
日本人と在日は対立項ではないんです。ともに同じ日本社会で生きているんです。

駄馬駄馬 2011/09/05 21:55 kinchanさん

そうですね。
>連中の立ち位置は日本社会のマジョリティーの潜在意識の上である
という一節は深い話ですね。ご指摘のとおりだと思います。
ただこれは私の個人的印象ですが、ネットや匿名掲示板が発達してネトウヨなる連中が
いわゆるバーチャルな世界のなかでネット弁慶的な勇ましい主張をしています。
これらの連中から在特会らが派生しているものですから非常にタチが悪い。
しかし現実世界のなかでは、あくまで圧倒的多数の一般社会的な通念からすれば、
ネトウヨ連中の主義主張が支持されることは有り得ないことです。
あくまでネットの世界で息まいて遠吠えしているだけなのでさほど心配はいらないと思います。

ただ、連中に傷つけられた方の気持ちを慮ることは欠かせないですが・・

駄馬駄馬 2011/09/06 23:34 ところで、かなり角度がズレる話になりますが
わたしは在日コリアンの方からの視点で、日本で共に暮らす良き隣人として
日本の社会経済政策をどのように感じられているのかについて非常に興味をもっております。
たとえば、建築基準法の耐震基準の厳格化や消費者金融などの
総量規制などの影響による規制問題や
派遣制度などの労働問題、少年法や死刑制度、医療・福祉などの社会保障
そして世代間格差の問題など・・
もし機会があればそれ専門のトピックがあればご意見を拝聴したく思っています。

dattarakinchandattarakinchan 2011/09/07 02:32 駄馬さま

在特会界隈の連中の言説というのは、マジョリティの立場をにこごりのように極端にしたものと考えています。
極端に短絡・二極的・独善的というものでしょうか?非常にタテマエ感が強いですね。
このタテマエというのは、現在政治やテレビでは他人を責める道具として持て囃されていますが、
責めるときは多数者に立てるからやたらに強いが、責められるときはサンドバック状態なんですね。
在日コリアンへの攻撃は、本当にセコくくだらないことを鬼の首でも取ったかのように言いふらしまわって責めますが、
じゃあ自分はどうなん?っていう自省のベクトルは全く持ち合わせていない。能力が無いとも言えます。
いろんな人がいて、いろんな考えがあって、お互いの価値がぶつかる場合も、まずは互いを尊重する、価値を認め合う、
という考えの下では、タテマエ感が支配することは無いですが、横に倣え的風土の強い日本では、他人にやたらと
タテマエを強いるので、非常に厄介です。
まぁ、界隈の連中は特別ですけどね。取り合うだけ無駄です。理解しようとしない者に何を説いても無駄です。

日本の種々の社会経済政策の見解についてお尋ねですが、自分が朝鮮人として生きるうえでの考察を、
このブログのメインテーマにしたいので、なかなか難しいですね。分からないこと多いですし。
でもいくつかは、在日問題と絡めて論考する価値がありそうなので、機会を設けたいと思います。
気長にお待ちください。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証