Hatena::ブログ(Diary)

davsの日記

2016-03-25

コミンテルン最強伝説〜『真実の朝鮮史【1868-2014】』

真実の朝鮮史【1868-2014】
今回、取り上げるのは、『真実の朝鮮史【1868-2014】』(宮脇 淳子・倉山 満著)だ。倉山満氏については、その著作を以下の記事で取り上げた。
『帝国憲法の真実』〜人生において何の役にも立たないことだけは約束します。 - davsの日記
『帝国憲法の真実』その2 - davsの日記

 彼が朝鮮史について書くのだから、ひどい内容だろうと想像していたが、想像していた以上にひどかった。共著者の宮脇淳子氏は東洋史学者だが、彼女のことは後で言及する。本書はこのふたりの対談形式で進行するが、関東大震災の時に発生した、朝鮮人虐殺について、倉山氏はこんなことを言う。

倉山 超重要な話で言うと、関東大震災の時の朝鮮人虐殺ってありますね。工藤美代子さんが書いているように、あれは明確にコミンテルンです。コミンテルンに躍らされた不逞鮮人が暴動を起こすんです。(後略)(p.102)

「不逞鮮人」という戦前の治安当局者が憑依したような物言いもひどいが、当時の流言をそのまま信じてしまっている。「工藤美代子さんが書いているように」というのは、『関東大震災朝鮮人虐殺」の真実』かどういうわけか加藤康男名義になっている『関東大震災朝鮮人虐殺」はなかった! 』のことだろう。工藤美代子加藤康男の著作についてはサイト「「朝鮮人虐殺はなかった」はなぜデタラメか」のなかで検証されている。
工藤美代子/加藤康男「虐殺否定本」を検証する: はじめに
 上記の記事を読めば、倉山氏が根拠にしている本の質が分かるだろう。下の評価が全てを物語っている。
そもそも、9月1日に地震が発生したときに、それ以前からテロ暴動を計画していた人々が急遽予定変更して混乱に乗じて各地でテロを行った―などという話をどうしてまともに信じられるのだろうか。火災が予想もつかないほどに拡大し、誰も彼もが逃げ惑っているときに、彼らはどうやって互いに連絡を取り、どうやって集まり、激変する状況に応じた新しい作戦を立て、指揮命令を伝達していたのか。当時でさえ、そんな話はばかばかしいと笑った人は大勢いたのに、90年後の今、それを真顔で主張し、それを本にして出す新聞社(産経新聞出版工藤美代子による「旧版」の版元)があり、それを読んで信じる人々がいるとは、それこそ信じられない話である。


 ところで、倉山満氏は「工藤美代子さんが書いているように、あれは明確にコミンテルンです。」と言っているが、工藤美代子氏が謀略の主犯として名指ししているのは、朝鮮人抗日テロリストであって、ソ連や日本の社会主義者たちはそれを支援していたと言いたいようだ。言いたいようだ、とは、我ながら奥歯に物が挟まった言い方だが、工藤美代子氏の文が何が言いたいか分からないほど、明晰さを欠いているのだ。少なくとも、コミンテルンが謀略の主犯だと言ってはいない。工藤美代子氏は、他の場所でコミンテルン暴動を扇動したと書いているのかも知れない。あるいは、倉山満氏は資料の引用に関して、池田信夫氏の弟子だという可能性もある。

宮脇氏も倉山氏に負けずに、こんな事を言う。
宮脇 ただ、謀略を説明するのは難しいです。謀略というのは最後まで証拠が出るわけがないから謀略なので、結果から類推したり、状況証拠で判断したり、誰が得をしたかを指摘する以外方法はありません。それを歴史と言われたら困るけれど、「こういうことが起こって、これは誰の得になりました」ということで説明するしかない。(p.103)

 こんな論法が認められるのならば、全てをコミンテルンの謀略で説明できてしまう。この本に出てくるコミンテルンは、日本の大学をのっとったり、日米を戦争に導いたり、無敵だ。こんなコミンテルンを擁していたソビエト連邦が、独ソ戦の当初、あんな無様な敗走をしたのか、理解に苦しむ。
 宮脇氏は謀略は最後まで露見しないと思っているようだが、実際は違う。関東軍が、満州事変を起こした時や、ドイツポーランドと開戦した時の謀略は、あきらかになっている。ソビエト連邦が送り込んだ暗殺者が警察に自首したこともあった。

およそ歴史学者らしくないことを書く、宮脇氏だが、彼女の本を私も愛読していたことがある。

『最後の遊牧帝国―ジューンガル部の興亡 (講談社選書メチエ)』は、17、18世紀にかけて、栄えたジュンガル帝国の歴史をあつかったものだが、モンゴル帝国後のモンゴル帝国の後裔たちの歴史、モンゴルチベット清帝国との関係を知ることのできる一般向けの書籍となるとこの本をまず挙げことになる。かように優れた本を書いた人間が、先のようなことを放言するとは、年月の経過が悪い方向に作用したということだろうか。