daily dayflower

2007-04-16

ClearSilver を Apache のフィルタモジュールとしてインプリメントしてみた

これまでもちらほらと ClearSilver という名前を聞いたことがあったんですが,YAPC::Asia での ikebe さんの発表でさらに興味を持ちました。

mod_livedoor_page.so

Inside Livedoor 2006-2007 - PDFへのリンクなので注意

興味を持ちましたというか,キーくやしい(←何が?)となったので,自分でも ClearSilver を使った Apache モジュールを書いてみました。ソースはこちら

実はググったら id:bonar さんがとっくに mod_clearsilver なるものを作ってたんで一瞬戦意が萎えかけたんですが,id:bonar さんはテンプレートファイルにたいする content handler として作ってらっしゃったので,filter として作ってみよう,と。

filter として作ると何がうれしいか,ですが,一言でいうと他のコンテンツハンドラと競合しないことです。つまり HDF コンテンツ自体は静的ファイルなり CGI なり PHP なりなんなりで出力して,それをテンプレートにあてはめることができる。ぶっちゃけ,X-SendFile みたいな使い方ができます*1

<Location /cs_test>
    Options +ExecCGI
    AddHandler cgi-script cgi
    SetOutputFilter CLEARSILVER
</Location>

みたいな設定をしといて,

<html><body>
<p>My name is <?cs var:html_escape(MYNAME) ?></p>
</body></html>

のようなテンプレートを用意しつつ

#!/usr/bin/perl

print {*STDOUT} <<'END_DATA';
Content-Type: text/html
X-CSF-Template: test.tmpl

MYNAME = dayflower
END_DATA

なる CGI を実行すると,

<html><body>
<p>My name is dayflower</p>
</body></html>

のように返ります。「X-CSF-Template」というカスタムヘッダを返すと BODY を HDF として解釈し,テンプレートに当てはめて出力するんだけど,そのカスタムヘッダがないと内容をそのままパススルーするです。

そんな仕様だと static なコンテンツが用意できないじゃんという奴は mod_asis と併用してください。というのはあんまりにむごいので「CSF_DefaultTemplate」という Apache 用設定ディレクティブも用意してあります。

filter として作ったといいつつ実はテンプレートハンドラ / HDF ハンドラとして使えるようにも作ってあります。わかる人ならソースを読めばわかる,と書いて突き放しておきます。

TODO は CGI Kit compatible な GET / POST DATA 等からの HDF Auto Generation あたりかなぁ。環境変数だけは ENV という HDF 変数に渡されるようにしてます。

参考になった URL

まとめ


Fedora とかだと clearsilver-devel は静的ライブラリを提供してるくらい軽量ライブラリで,まるで Lua みたいだなとか思いながら作ってました。HDF の構造って Lua のテーブルに似てるし。

あと,ClearSilver じゃないけど Apache モジュールまわりでちょっと作ってみたいものとか思いついたんで,とっかかりとしてはよかったかな,と。

*1:X-SendFile の代わりになるわけではないですよ

*2:Powered by gaku.net

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証