daily dayflower

2010-11-19

羽田空港から台北いってきた - 風景編

台北市内

日本ともそう遠くは変わらない風景*1

路地裏, 台北市内

路地裏。表の顔と裏の顔の分離。奥のトラックはギリギリじゃないか。


芸術の街?

街の各地にオブジェとか結構あった。たぶん花博は関係ない。

巨大オブジェ, 台北市内

市街地中心でもないのに,こんな巨大オブジェがそびえたってたりする。

ベンチ, 台北市内

事情があっていいアングルでとれなかったけど,このベンチかわいい。


選挙

行った時がたまたま選挙シーズンだったのか,選挙ののぼりとか各所にあった。

選挙

選挙, 迪化街

日本と違うなと思ったところ。

  1. 名前の前に番号がついてる。この番号でも投票できるのかな?
  2. (政治家として) 若手の女性はルックス重視っぽい
  3. 巨大な広告もうてるみたい
    • 下の写真ではそんなに大きくないけど,結構巨大なビル広告とかもあった
    • あと CHANGE とか広告に書いてる候補者もいたww

日本的もの

グラフィティ, 路地裏, 台北市内

日本的ってわけじゃないけど,あちらにもこういう落書き?グラフティ?ありました。どこの国もかわらんなー。

悪人

日本で公開中の映画が,上映予告とかでてると不思議。

麻布茶房

麻布茶房。こんなポップな雰囲気だっけ?ともかく,台湾滞在中に2店舗くらい見かけた気がする。

和民

あと,和民ね。広告の雰囲気とかもおんなじ気がする。料金は日本と同じくらいなんだけど,これはつまり台湾の物価からすると高い部類ですね。


エラー

街中の端末のエラー画面に惹かれてしまうのはなぜでしょうか。

MRT自販機の故障

これは MRT の券売機のエラー。エラー内容はよくわかんないや。

エラー, チェックインマシン, エバー航空

こちらはエバー航空の自動チェックインマシン。エラーってわけじゃないけど,ふつーの Windows の画面になっちゃってる。


その他

カレンダー

あるお店に入ったときにあった電子カレンダー。珍しいのでお願いして撮らせてもらった。左側は旧暦かな?


人工進化女神

整形の看板。「人工進化女神」というフレーズにひかれて撮った。


迪化街

迪化街 (という問屋街) の光景なんだけど,おばちゃんの自転車のうしろかごにヨウムが止まってる!よく逃げないな!

*1:ここは別に繁華街ではないです。繁華街はもっともっとちゃんと栄えてます。

2010-11-18

羽田空港から台北いってきた - 食事編

食事は全般的に日本人の舌に合ってると思う。ただ八角 (スターアニス) が苦手だとつらいかも。といっても小籠包は八角の香りはしないので大丈夫。

明月湯包

たぶん支店のほうに行ったのかな。そっちのほうが広くて賑わってる印象だったんで。

タクシー移動に飽きたというのもあり,MRT で移動。MRT 六張犁駅の近くに放射路があるんだけど,その信号をいくつか渡っていかないといけないのね。んで夜ということもあり見事にいくべき道を間違えて難儀しました。MRT からいくなら,すくなくとも駅でて放射路を渡り切るとこまでの詳細な地図はもってたほうがいいかも。


キムチ小籠包, 明月湯包

キムチ入小籠包。

こういう亜流はあんまりおいしくないかなと想像してたけど,普通の小籠包に飽きた舌には新鮮で,ノーマルよりおいしく感じた。


清燉牛肉麺, 明月湯包

別に牛肉麺の名店ってことはないんだけど,清燉牛肉麺たのんだら珍しくスープと麺がべつべつにでてきた。やさしい味で美味だった。


店入って右手のワゴンに惣菜の入った小皿がならんでた。台北ナビのクーポンでもらえる野菜一品というのは,この惣菜です。クーポン適用には500元以上注文する必要あり。軽食つまむ感覚だとなかなか500元までいかないです。


阜杭豆漿

台北の食事処としては珍しく,フードコートに入ってるお店。華山市場の2F。市場といっても小規模デパートみたいな感じだけど。かなり混んでいるので,フードコートの空き席はなくはないけど大人数の場合覚悟が必要かも。


阜杭豆漿

こんな感じで地元の人がすんごい並んでる。観光客もいるけどあんまりいない。んで次々に注文がさばかれていくので,日本人としては料理の名前を書いて見せるのが一番トラブルが少ないんじゃないかと思う。


阜杭豆漿

伝統のあるお店なんだけど,小奇麗なガラス張りの厨房


鹹豆漿と油條, 阜杭豆漿

鹹豆漿と油條を注文。油條は選択ミスだった気がする。鹹豆漿にもともと少し入ってるなんて知らなかったんだもん。油條の代わりに厚餅夾蛋を注文したかった。

鹹豆漿は味の濃い茶碗蒸しのような手作り豆腐のような (豆乳が凝固してるんだから当たり前か) 優しい味。


度小月

日本語メニューありで安心。

店内はすごく綺麗で日本のおしゃれ居酒屋的内装 (メニューもそんな感じ)。だけど,料理の値段はとても安い。

度小月

入口はいってすぐのところでおっさんが座って担仔麺をひたすら作ってる (これは2階から撮った)。


担仔麺, 度小月

担仔麺の汁なし,コリアンダー (パクチー) なし。

あと汁ありコリアンダーありの担仔麺も頼んだんだけど,コリアンダーの味がすごく支配的でまるでベトナムのブンのようだった。汁ありなしにかかわらず,コリアンダーなしで注文したほうが料理そのものの味をきちんと味わえていいかも。


丸林魯肉飯

ホテルからとても近かったんでいっただけ。ということであんまり期待してなかったけど,今回の旅行で一番のアタリだったかも。

お昼時にいったら1階は地元の人たちで芋洗い状態。

1階はビュッフェ形式で小皿に盛ってくれる。なので見た目から判断して身振り手振りで何皿か盛ってもらう。んで最後の会計のところで魯肉飯と絶叫してたら2階にいけといわれた。なので小皿料理をもって2階へ。2階は1階と違ってすいていて,ある程度の日本語が通じるおばちゃんがいた。観光客だと2階に通されるのかな。


魯肉飯, 丸林魯肉飯

ここの魯肉飯は大と小の2種類があるんだけど,この写真は「大」。「大」でも小ぶりの茶碗サイズなので「小」を頼む必要はないかと思われる。

味は,個人的にはカレーヌードルにご飯をつっこんだときのような味のように感じた。別にカレー粉は入ってないと思うけど,ジャンクな味って意味で。店員には「そぼろごはん」といわれたけど,そぼろほども肉々しくない。


ハマグリのスープ, 丸林魯肉飯

蛤のスープ。想像通りの味だけど,とても胃に優しい味でほっとする。しょうがが入っているのがまたおいしい。


百果園

カウンター後ろの黒板にはメニューが綺麗な日本語でも書いてある。なので日本人びいきの店かとおもいきや,あたる店員によってはかなり無愛想。

ハズレの店員にあたったらしく,マンゴーかき氷を指さすも NO の返事 (たしかに季節的に NG だった)。じゃあってんでフルーツ盛り合わせかき氷指さすも NO。じゃあジェラートならいいかなと,店員と相談しながらマンゴーとドラゴンフルーツを選択。


フルーツかき氷, 百果園

どーんとおっきいのが来た (ピントがあってなくてすいません)。結果的にフルーツ盛り合わせかき氷+ジェラート盛り合わせを注文したことになってたらしい。無愛想なのはネガティブじゃなくて言葉が全然通じないからだったのね。反省。

これ写真じゃ大きさはわかんないかもだけど,小ぶりのボウルくらいの器に,これでもかっ,てくらいフルーツが詰め込まれてた。親子3人だと食べきるのにも一苦労。


脆皮鮮奶甜甜圈

ドーナツ屋さん。

もともと晴光市場 (雙城夜市の開かれるあたり) に出来た店なんだけど,ホームページによると台北車站店もできたみたい。台北車站と中山駅のあいだくらい。

ホテルが近かったので晴光店で買った。ので台北車站店が実在するかはわかんない。

ドーナツ, 雙城街夜市

ドーナツ自体の写真を撮るの忘れたー。ドーナツはかなり大きいです。ミスドとかの2倍位の大きさはあるんじゃないかな。味は,皮サクサクで,まぁ普通においしいです。

台北市街東エリア (市政府のほうとか) に宿泊してる人がわざわざ晴光市場まで出張って買う価値があるかどうかまではわかんないですが,台北車站店が存在してるなら,なにかのついでにそこで買うというのはありかも。

2010-11-17

羽田空港から台北いってきた - ホテル編

台北ナビ経由でも予約できるんだけど,Hotels.com 経由で予約した。というのは,

この 10% OFF というのはかなり大きい。

Hotels.com だと予約したあと,リアクションがほとんどない (確認のメールが1通くるだけ) ので不安だけど,少しでも安くしたいならおすすめ。

あと,実際は Hotels.com で直接探したんじゃなくて,トリップアドバイザー経由最安値を検索した。あそこはクチコミももちろんのことながら,各販売サイトの値段を横断的に検索できるので便利。エクスペディアとかもよくクーポンだしてるのでいちどトリップアドバイザーを経由したほうがいいと思う。


ホテルの感想だけど,高級ホテルというよりちょっと規模の大きいプチホテルといった趣。フロントも超こじんまりしてるので。従業員のホスピタリティは抜群。わりと日本語も通じる (英語のほうが意志の疎通がちゃんとできるけど)。

トリップアドバイザーの評判がとてもいいんだけど,たしかにお年を召した西欧人にはたまらんだろうなぁ。ただ各種内装はクラッシックな雰囲気で,先進的だったり清潔感にあふれているわけではないので,若者にはつまらないかも。都心からちょっと離れているので便もやや悪いし (とはいえタクシーだけで都心まで10分くらいでいける)。

空港からタクシーで15分くらいかな。帰る日に気づいたけど,このホテル,花博会場から非常に近いので,(花博開催期間なら) 松山空港からの無料バスでこれる気もする。


リビング, 欧華酒店

で,デラックススイートに宿泊。このときで1泊あたり14,000円くらい - クーポン割引 10% + 税,といった感じ。もちろん部屋あたりの値段。

天井が低いので高級感はないけど,やっぱり日本に比べてお得。あと,写真がないけど,トイレ+バスルームが一番高級な感じだった。


欧華酒店

スイートだからか,部屋のいたるところにお花がいっぱいあった。10個くらいはあったような (上の写真にも2つ写ってるよね)。ひょっとすると花博期間だからかもしれない。

右下に写っているクッキー,期待せずにたべたらかなりおいしかった。


パイナップルケーキ

お菓子群のなかにあったパイナップルケーキ。台湾の名産らしいです。味は,まぁふーんという感じだった。


欧華酒店

廊下はこんな感じで,真ん中は最上階まで吹き抜けになってる。この吹き抜けのまわりに部屋が配置されていることになる。


テレビ, 欧華酒店

古めかしい雰囲気のホテルだけど,テレビのシステムがやや先進的だった。なぜか SANYO 製。


無線LAN, 欧華酒店

あと,宿泊客は無料でインターネットできる。無線 LAN も無料でできるんだけど,そのへんの情報は部屋にまったくないので,フロントにいうべし。いうとこんなパスワード等を書いた紙をもらえる。無線 LANアクセスポイントは館内にたくさんあるみたいで,全部「Riviera〜」という ESS ID になってる。


ガスマスク, 欧華酒店

部屋のドアのとこに簡易ガスマスクが貼りつけてあった。写真が怖い。

2010-11-16

羽田空港から台北いってきた - 交通編

羽田空港

羽田は都心からそれなりに時間がかかる*1のでそんなに便利になったという気はしないけど,でも羽田から外国にいけるというのはなんだか不思議な感覚だった。たしかにもともと国際線ターミナルもおまけみたいにあったけどさ。


羽田空港

明るい雰囲気。成田ほど大きくなく,でも十分広い。その後の報道で見るほど混雑してなかったのは朝だったからか平日だったからか。


出国, 羽田空港

出国ゲートを抜けるとこんな感じ。搭乗口は10箇所かな。結構広い。でもゲートから搭乗口まではわりとすぐ。成田みたいにモノレール?みたいなのに乗る必要ないし,たぶん飛行機までバスでいくとかもないんじゃないかな。


免税店, 羽田空港

免税店は,まるで街中のブランドショップ?ってくらい堂々としてる。つーか,ブランドショップ以外ももっと充実させてくれ。


ちなみに新国際ターミナルからだからか,離陸までのタクシングにすっごい時間がかかったです。20分ちかく移動していた気がする。


到着, 羽田空港

こちらは到着ロビー。やっぱり綺麗。


飛行機

利用したのはエバー航空。

コンソール, エバー航空機内

最近の飛行機によくあるエンターティメントシステム。

前乗った飛行機はゲームが結構充実してたけど,今回のは「キッズワールド」というのに3個くらいあるだけで全部つまんなそうだったのでパス。

そのかわり映画は量的にはすごく充実してた。あくまで「量的に」はね。画質悪いし中国語字幕だしって感じで (音声は日本語のものもあるのでご安心を)。


フライト状況, コンソール, エバー航空機内

エンターティメントシステムで飛行行程も見ることができる。結構これ好きなんで自分の好きなときに見られて嬉しい。


3D フライト状況, コンソール, エバー航空機内

こんな感じの 3D View にもできるところが風変わり。誰得。視点は固定だと思う。


色々忙しかったからか往復の時間をかけてもインセプションを観終わることができなくて残念。

インセプション Blu-ray & DVDセット (初回限定生産)
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-12-07)
売り上げランキング: 40


行きの羽田空港では,ありがちなカウンターでの人力チェックインだったんだけど (ANA とのコードシェアだったからかな)*2

チェックインマシン, エバー航空

帰りはこんなマッシーンでチェックインをすることに。航空会社の職員がかわりに操作してくれた*3のでちょっと残念。


おまけ。

人形, エバー航空

エバー航空機内で娘にくれたおもちゃ*4。着せ替え人形なんだけどクオリティはともかく,怖い。


松山空港

花博マスコット, 松山空港

到着ロビーに人形がいました。たぶん台北花博のキャラクター。


この松山空港,台北市街にあって本当に便利。東京でいえば上野に空港があるようなもの?

成田と羽田だと便利さは人それぞれってか,羽田も結構都心から遠いよねって感じだけど,台北の松山空港と桃園空港だと便利さは雲泥の差。羽田-松山便が開通してほんとよかった。


花博マスコット, 松山空港

出発ロビーにも人形いた。増えてるし。

てか,到着ロビーの2体とあわせて全部で5人なんだねきっと ⇒ 2010taipeiexpo.tw

バックの飛行機の模型が気になる。


飛行機模型, 松山空港

気になる。


フライトシミュレーター, 松山空港

どうせ飛行機の風景ビデオでも流れてるのかな,と思ったら,フライトシミュレーターがおいてあった*5

ひまつぶしにやってみっか,と思ったら,左のスロットルは効くものの右の操縦桿が効かないので断念。マウスで操作できたんだけど,それじゃおもしろくないし。左右のモニタは切れてるし,いいかげんだなー。


MRT

MRT は建設が進められている路線もあってガイドブックの情報じゃ古かったりするので要注意。

新荘線ができててリビエラホテル利用者にとってはちょっとだけ便利になってた。

切符, MRT

切符はこんなトークン。カジノのチップみたい。2泊3日とかだと悠遊カード買うより都度買いしたほうが面倒が少ないと思う。

構内, MRT

けっこう多くの人が利用する MRT。この駅は下層がホーム階になってる。ホームドアが見える?


線路, MRT

MRT は地下鉄とは限らなくって,路線によってはこういう高架もある。


改札, MRT

自動改札にあるピクト。

これはなにか。自動改札のドアは結構低い位置についてる。2歳の娘でもひっかかるくらい低いんだけど,そういう小児の場合,大人の前に先行させてねっていう図案です。


信号機

歩行者用信号

歩行者用信号はたいていこのようなドット絵のものだった。こちらは赤信号 (これも結構かわいい)。


歩行者用信号

青信号だと,このように上部に残り時間が表示されて,下に歩行中の人ドット絵アニメーションで表現される。なかなかかわいい。というかゲーム的表現?。うまく撮影できなかったけど現物はもっとハッキリしてます。

*1:ウチからはリムジンバスで1時間かかった。

*2:羽田新国際ターミナル開業まもなくだったんで,カウンター業務がかなりもたもただった。

*3:いちおう写真のように日本語ガイダンスも出るんだけど,トラブル対策のためか極力職員が代行で手続きしてた。

*4:もちろんおもちゃは (在庫があれば) 選択可です。

*5:後ろのほうの座席はインターネットブースになってます。