Hatena::ブログ(Diary)

Stay Gold, Ponyboy

2012-03-14

移転しました

8年強利用してきたはてなダイアリーから新しい地へ。

http://flatage.com/

お手数かけますが、RSS,ブックマーク等の変更よろしくお願いします。

D

2012-02-23

雨の街を - 「Gemini Rue」

ゲーム会社「Wadjet Eye Games」の名を知っているだろうか。DaveとJanetのGilbert夫妻、従業員がこの夫婦二人だけの小さい会社ながら、2006年設立されて以来、小規模だが良質なADVを作り続けている。その作風や夫婦ゲームを作っていることから、現代のSierra Entertainmentと評される*1気鋭の会社だ。

最近遊んでいるのは、そのWadjet Eye Gamesがディストロした「Gemini Rue」(2011/PC)。

f:id:deadman:20120223235405j:image:w500

舞台惑星Barracus。主人公Azriel Odinはこの惑星を牛耳る"Boryokudan"(!)の元暗殺者で現刑事。謎の"リハビリ"施設「センター7」に弟を救うため、巨大なBoryokudanを相手に、雨とゴミが降り積もるBarracusを駆け回る。そして謎の収容施設で目を覚まし、目に見えない"監督"の命令の下、不可解な訓練を強制される記憶を失ったもう一人の主人公"Delta 6"。

ゲームはこの二人の主人公を交互に操作し、Azrielは弟を、Delta 6は施設の脱出と己の過去を、それぞれの謎を追っていく。

f:id:deadman:20120223235407j:image:w500

この「Gemini Rue」、例によってオーソドックスポイント&クリック式のADVではあるんだけど、そのビジュアルと世界観BGM。抑えに抑えたトーンの上品な作りがたまらない。そして何よりシナリオ。「一人で十分ですよ!」なんて事はなく、このまったく目的も境遇も違う二人の主人公の運命の糸が絡み合う様相は最高にすばらしい。この薄汚れたスラム街、雨、近未来。この怒濤の3連コンボに抗える野郎が果たしてこの世にいるだろうか?

f:id:deadman:20120223235408j:image:w300f:id:deadman:20120223235409j:image:w300f:id:deadman:20120223235410j:image:w300

おまけ:どこかで見た有名人カメオ出演

f:id:deadman:20120223235406j:image:w500

Gemini Rue (PC) (輸入版)

Gemini Rue (PC) (輸入版)

*1:たぶん言ってるの僕だけだけど

2012-02-14

全てのオールドスクーラーに捧ぐ - 「Heaven Variant」

かつてシューティングゲームを愛していた者、今でも愛する者、まずは下の動画を観てほしい。

これを観たとき、思いっきり笑ったのと同時に、ちょっと泣いてしまった。

このゲームの名前は「Heaven Variant」。テキサス州ダラス、ごく小さなインディーデベロッパZanrai Interactiveが開発中のSTGだ。開発ツールはUDKを使用し、弾や敵の視認性を二の次にした、過剰すぎるライティングや画面演出がフィロソマやアインハンダーを彷彿とさせる。

このゲームのコンセプトについては公式サイトのFAQに詳細に書かれている。"Who is this game developed for? Is this some kind of casual game or are you targeting the hardcore shmup audience?"という問いに対する答えがまた読んでいてハートを揺さぶってくれる。現在のシューティングゲーム海外ではShmup'sと呼ばれている)の緩やかな衰退と、ニッチユーザーしか享受できない所謂"段幕ゲー"(文中では"bullet hell")に特化してしまったジャンルへの愛と危惧。ベテランプレイヤーのためだけではなく、新しいプレイヤーSTGというジャンルを楽しみ、ひいてはジャンルそのものが再び活性化することを望んでいること。そのために、non bullet hellでありつつも、骨太ゲームを目指そうとしていること。

何より、動画の全てからビンッビンに匂ってくるオールドスクールSTGへの愛!滑走路の扉が開いているのに壁をブチ破る大見得!いちいちカッコつけて喋りまくる主人公!最初屋外かと思いきや、ビルの倒壊とともに空一面にエラー表示、空だったソレが全天候ドームだった的な演出!BGMごとビリビリと揺れて崩れるビル!このたった2分弱の動画だけで、開発陣がどれだけSTGを愛し、どれだけ楽しんで作っているかが目に見える。本当にコイツら最高だよ。

プログラマー:Simon Inch、アーティスト:John Etheridge、そしてディレクター:Jason Koohi。僕はこのたった三人の開発メンバーからなるチームZanrai Interactiveに、心からの敬意を表したい。リリース日はまだ未定だけれど、全力で応援していこうと思っている。

Let's Rock!!!!!!!!!!!!!!!!!

LINK