Hatena::ブログ(Diary)

deadman 2 〈訃報系blog〉 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 

wrote on 20 Jan, 2014

2014-01-16 音楽家・音楽プロデューサー 佐久間正英さん 61歳

70年代からプログレッシブロックバンド「四人囃子」、ニューウェイブバンド「プラスチックス」といった日本ロック史上のエポックメイキングなバンドのベーシストとして活躍し、80年代からはBOØWYTHE BLUE HEARTSJUDY AND MARYGLAYなど多くのロックバンドのプロデュースを手がけ、日本のロックの音を作った佐久間正英さんが1月16日、亡くなられました。61歳でした。

佐久間さんは2013年8月、末期のスキル胃癌であることと脳腫瘍の手術を受けたことを公表。闘病中でありながら音楽活動を継続し、自らのブログFacebookアカウントなどWebの個人メディアを通じてその様子を伝えるとともに、音楽系ニュースサイト等のインタビューにも精力的に応えられていました。そういった記事で、テクノロジーの進化によって音楽制作のあり方が変わることを語っていた氏の闘病の形はまた、テクノロジーの進化によって人の生活やつながりがどう変わっていくかを意識したものだったようにおもえます。ご冥福をお祈りいたします。

wrote on 02 Aug, 2008

2008-08-02 漫画家 天才 赤塚不二夫氏 逝去 72歳

日本が生んだ偉大なるギャグ漫画オリジネイター。十分に大衆的であるうえに限りなく前衛。日本のギャグ漫画が常に時代の先頭を走るべくイノベートし続けなければいけないという現在に続く道筋は、おそらくこの方が引いたのでしょう。バカボンのパパをはじめとする数限りないキャラクター。現在なお新鮮さを失わない「シェー!」などあまたあるギャグを生み出した天才漫画家赤塚不二夫氏が長い闘病生活の末に亡くなられました。

98年に食道がんの手術を受けたが、その後も療養のための入退院を繰り返しながら週刊誌の連載、絵本の制作など精力的に創作活動を続けた。

2002年4月、検査のための入院中に脳内出血で緊急手術、闘病生活が続いていた。妻真知子さんは献身的な看護をしたが、06年7月くも膜下出血のため急死した。

漫画家 赤塚不二夫さん死去:社会:スポーツ報知

この春放送されたNHKの特番「赤塚不二夫なのだ!!」(BSでは3月、そのあと地上波ETVプレミアム10でも5月に放送)が、まるで追悼番組のように、しかし実際の死後には決して作れないであろう悪ふざけにあふれたあまりにも赤塚的にすばらしい追悼番組のようでした。NHKには再放送をのぞみたいです。そしてこの秋には電気グルーヴ×スチャダラパーECD曽我部恵一BAND矢野顕子といった豪華すぎるトリビュート盤ナタリー)の発売も決定しています。それにしても昭和がまた終わりました。さびしい。あまりにさびしいのでこのブログはもう更新しないつもりでしたがつい書いてしまいました。謹んでご冥福をお祈りいたします。

関連リンク

D

wrote on 15 Feb, 2008

2008-01-13 映画監督 市川崑さんが死去 92歳

大往生と言えるのではないでしょうか。ご冥福をお祈りいたします。

ビルマの竪琴」「東京オリンピック」などで知られ、戦後の日本映画界をリードしてきた映画監督市川崑(本名・市川儀一)さんが13日午前1時55分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。92歳だった。

市川さんは大正4年11月20日、三重県宇治山田市(現伊勢市)で生まれた。幼いころは画家志望だったが、伊丹作監督の「国士無双」(昭和7年)に感動。映画の世界で働くことを決意する。8年に入社したスタジオでアニメの企画、脚本、作画、撮影などを一人で担当したことがその後の監督生活に大きく役立ったという。

23年に「花ひらく」でデビュー。「三百六十五夜」(23年)、「夜来香」(26年)などのメロドラマから、「足にさわった女」(26年)、「プーサン」(28年)などの風刺コメディーまで幅広いジャンルをこなした。

名作「ビルマの竪琴」(31年)では、水島上等兵の生き方が人々の共感を呼び、60年には再映画化。「29年前には成し得なかった海外ロケとカラーで撮りたい」という市川さんの強い希望があった。同作品でベネチア国際映画祭サン・ジョルジュ賞受賞。米アカデミー賞外国語映画賞候補にもなった。

大映に転じた30年代も「鍵」(34年)、「黒い十人の女」(36年)など秀作を世に送り、初のドキュメンタリー東京オリンピック」(40年)で市川の名は日本中に親しまれた。150台のカメラで選手の表情や動作を追い、五輪を人間賛歌ととらえて「記録か芸術か」の論争も巻き起こした。映画は空前の大ヒットとなり、その後の五輪映画に大きな影響を与えた。ミュンヘン五輪の記録映画「時よとまれ、君は美しい」(48年)でも世界10監督の一人に選ばれ、陸上男子百メートルを担当した。

横溝正史原作の「犬神家の一族」(51年)では金田一耕助ブームを起こし、その後も多くの監督によって製作されたが、シリーズ最高傑作の呼び声が高い。「細雪」(58年)など文芸作品でも独特の映像美とカット割りを見せた。

90歳を迎えた平成18年には石坂浩二金田一耕助で再度「犬神家の一族」をリメーク。健在をアピールしていた。

私生活では、脚本家和田夏十(本名・市川由美子)さんとおしどり夫婦として有名だったが、和田さんを昭和58年に亡くしていた。ヘビースモークがトレードマークだったが、晩年は「あと1、2本は映画を撮りたいから」とたばこをやめていた。

映画監督の市川崑さんが死去 戦後の日本映画界をリード(産経新聞) - Yahoo!ニュース

このダイアリーについて

更新頻度が落ち過ぎててちょっとブログとしての呈をなしてないので今後どうするかちょっと考えます

wrote on 18 Dec, 2007

2007-12-18 ICEのギタリスト 宮内和之さん 逝去 43歳

まだ訃報などは流れていないようですが、FM NORTH WAVEの今日のエントリに

本日午前9時30分、ギター・宮内和之さんが、耳下腺癌のため、お亡くなりになりました。

http://825.fm/blog/spice.php?itemid=8208

という付記があります。驚きますが……ご冥福をお祈りします。

関連リンク

ウルフルズの『大阪ストラット』の歌詞の中に登場する「お〜い、宮内クン」とは、当時、東京で遊び仲間だった宮内和之のことを指しており、……

宮内和之 - Wikipedia

あの歌詞はそういうことだったのかー

MUSIC FOR THE BEAUTIFUL DAYS 1993/2007(DVD付)

MUSIC FOR THE BEAUTIFUL DAYS 1993/2007(DVD付)

wrote on 10 Dec, 2007

2007-12-04 サウスヒップホップのビッグネーム ピンプCさん急死 33歳

1980年代後半から活動するサザンラップの重鎮「UGK」のメンバーとして知られる、ラッパーのピンプC(Pinm C)さんが、滞在先のハリウッドのホテルで亡くなられたそうです。事故や事件(薬物を含めて)ではないとの報道がありました。ご冥福をおいのりします。

Pimpalation

Pimpalation

訃報

wrote on 09 Dec, 2007

2007-12-07 テクノDJ・ミュージシャン SUBHEADのフィル・ウェルズさん死去

NO FUTURE系のテクノユニットSUBHEADのメンバーでありDJ SUEMEとしても活動していたPhil Wellsさんが亡くなられたそうです。詳しくはQ'heyさんのブログをご覧ください。たしかフィルは一時期日本に住んでいたんじゃなかったでしょうか。マニアックラブのフロアで騒いでいる姿を覚えている方も多いことでしょう。SUBHEADのサウンドすごく好きでした。変なんだけど妙に温かみがあって。残念です。ご冥福をお祈りします。

FLYING COW - DJ Q’HEY blog: フィルが逝った

Neon Roka

Neon Roka

関連リンク

訃報にたいして

↑の英語のほうのスレッドには、2週間前に自宅で意識を失って倒れているところを発見されたというようなことが書かれているようです。

wrote on 13 Nov, 2007

2007-11-13 鉄腕 稲尾和久氏逝去 70歳

昭和30年代に全盛期の西鉄ライオンズの絶対的なエースとして活躍し、伝説の日本シリーズ4連投にシリーズ史上初サヨナラホームランや、シーズン42勝(1961)など記憶にも記録にも残る活躍で「鉄腕」「神様仏様稲尾様」と地元ファンに信奉され、現役14年で通算276勝137敗の聖跡を残した元日プロ野球ピッチャーで、野球評論家の稲尾和久氏が、悪性の腫瘍福岡市内の病院で死去されたそうです。ご冥福をおいのりいたします。

神様でも死ぬのか…

D

YouTube - 稲尾和久ピッチング - http://jp.youtube.com/watch?v=31mprHQI1pA

訃報

 
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
カテゴリー
about this site

deadman2

deadman2

訃報 死去 追悼

テクノラティプロフィール