Hatena::ブログ(Diary)

deadman 2 〈訃報系blog〉 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

wrote on 25 Apr, 2005

2005-04-25? 最後の瞽女 小林ハルさん 105歳

MSN-Mainichi INTERACTIVE 訃報によると

1900(明治33)年、新潟県井栗村(現三条市)の農家に生まれた。白内障のため生後約100日で両目を失明、5歳で瞽女師匠に入門。自立のため三味線瞽女唄の厳しい訓練を受けた。9歳から師匠らと旅に出て、新潟県下越地方をはじめ、福島山形両県などを巡り、芸で糧を得た。

26歳で弟子を取ることが認められて独立。73歳で老人ホームに入所するまで、各地で瞽女唄を歌い続けた。

1978年、瞽女唄の伝承者として、国から「記録作成等の措置を講ずべき無形文化財」に認定され、翌年には黄綬褒章を受章した。新潟県新発田市教委の面接調査によれば、96歳の時点で500曲近い瞽女唄を覚えていた。

64年間たいへんな思いをして門付けに回り、辞めてから重要無形文化財保持者すなわち人間国宝になり、そして27年間。人生の起伏の激しさの前には黙さざるをえません。ご冥福をお祈りいたします。

越後の瞽女唄
この資料の中「音源コレクション」にハルさんのCDがありました。これはいまでも入手できるのでしょうか? できるのなら聴いてみたいものだと思いました。
次回の知ってるつもり?!
小林さんの生涯を説明したウェブページはいくつもありましたが、たいていはこの番組の感想・紹介であったり*1、小林さんに取材した何冊かの本の抜粋だったりするようで、いづれも同じような表現が取られていました。
鋼の女―最後の瞽女・小林ハル (集英社文庫)

鋼の女―最後の瞽女・小林ハル (集英社文庫)

余談

瞽女」という言葉で思い出すのが、中学校のときに日本の風土に根ざした悲劇を常に題材に取りあげている演劇部の先生がいて、『橋のない川』や『はなれ瞽女おりん』を文化祭にかけていました。まあ中坊がそんな辛気臭いハナシをちゃんと見てるわけないのですが、たまたま大道具を手伝っていたこともあって、舞台袖から見ていた「おりん」役の三年生の熱演は今でも記憶に残っています。ドライアイスと照明の効果の美しさも。井上先生はいまお元気なのでしょうか。

*1:このページの文章を丸コピーしたサイトがあったのには驚きました

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

 | 
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
カテゴリー
about this site

deadman2

deadman2

訃報 死去 追悼

テクノラティプロフィール

Connection: close