それでもハンニバルは進む このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-03-28

[]君命に受けざる所あり

 栃木県の雪崩災害の件、クローズアップ2017:雪崩8人死亡 訓練続行判断、なぜ - 毎日新聞によれば、



 委員長の教職員は山岳部で23年の顧問歴があるという。会見した県高体連の橋本健一会長によると、事故当時、委員長は「現地登山本部」の町内の旅館にいたという。



との情報がある。このことが現場の判断力を奪い、危険だと感じても「あのベテランの先生が決断したことだから」と訓練を続行させてしまったのではないか。そうならばベテランがいたことが安全ではなく、危険をもたらしている。

 現場の情報が一番多いのだから独自に判断して訓練を中止したり、コースを変えてもいいと、最初に指示がしてあったのかなぁ。むしろ、そういう判断の訓練こそするべきだったんじゃないか。

 ベテランの教職員にとっても現場にいない方がリスクが大きい結果になってしまった。66人もの大部隊だったので陣頭に立つほうが非効率だったのかもしれない。合同訓練と言ってもそのあたりの指揮系統がしっかり構築されてはいなかったのではないか。

 真実はどうあれ、自分はそれを踏まえて出来るだけ注意するようにしたい。安全バイアスで死ぬタイプなので……。

2017-03-25

[]恐怖の列車

 3両編成の暗黒列車。3両目は外国人観光客が乗っていた。それはいいのだが、乗客の間でいさかいが起きまくっており、2両目の寝台の間では水をぶっかけあっていたり。自分は突っかかってきたチンピラをオートマチック拳銃で射殺して、寝ているように偽装していた。

 いつのまにか1両目と3両目から人がいなくなっていて、1両目の先頭部に死体が安置されていた。ゾンビになって動き出しそうで1両目を閉鎖した。3両目の後部にお宝があるとかで拳銃で取り出そうとしたが、時間が間に合わず、電車から飛び降りた。電車はいきなり駅の向こうにある崖に落ちていった。

 寝汗びっしょり。

2017-03-20

[]籠池氏証人喚問は失敗だったと言う人がいるが

 その「籠池氏で失敗したら問題自体が終わってしまう発想が怖い。

 寄付金がどうであろうとも、土地問題などに関しては今後も追求が続けられて行くべきである。日本人だからすぐに関心を失ってしまうと自己定義して実際にそうしていることのバカバカしさを省みるべき。

 もしも、終わった話を蒸し返すな的な態度を見せてくるやつがいたら、徹底的に釘を刺したい。

2017-03-14

[]東郷平八郎第二次世界大戦で戦う火葬戦記

 変なものを夢の中で読んだ。年齢的に絶対生きていないだろうと夢の中でも突っ込んでいたはず。戦う相手は海賊上がりみたいなロシア人の中将で、元手下三人の水兵と荒々しい会話をしていた。

 びっくりしたのが秘密兵器で40センチ主砲から人間魚雷(体当たり兵器ではない)を発射して敵艦を攻撃していた。

「Gで死ぬわ!その発想はなかった」とゲラゲラ笑っていたが、夢なので間違いなく自分の脳から出た発想である……。

2017-02-27

[]動物が人間化するサンドストーンがあるならば

 人間が他の動物になるサンドストーンがあってもいいはず。そして、虎になるサンドストーンを浴びたのが李徴である。犬になるサンドストーンを浴びたのがアニメホームズに出てくる犬の人々である。

 こう考えれば、合う、ツジツマが!!


けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)