Hatena::ブログ(Diary)

メモのページ - チラシの裏メモ 別紙

2018-09-22

[] Android端末でgitやれるようになるまで

githubのアカウントを持っている、JSONで何か書く為のエディタがインストールされている、Androidタブレット用の物理キーボードも有る...という事で、PCと同じようにgitでcloneやaddを実行する為の準備をした。

実行環境
端末:Google Nexus7 (2012)
Androidバージョン:5.0.1
物理キーボード:MAGREX Bluetooth Keyboard MK5000

1. Google Play Storeでターミナルツールをインストール。
自分の環境ではTermuxをインストールした。
2. Termuxを開き、sshとgitをインストール。

pkg add openssh git

3..sshディレクトリが作成されている事を確認。

ls -la
.ssh

4. 新しいSSH Keyを作成。

  ssh-keygen -t rsa -C "メールアドレス"
  Enter passphrase (empty for no passphrase): と聞かれたら、任意の文字列(パスワード)を入力
  Enter same passphrase again: と聞かれたら、同じ文字列を入力

5. SSH Key(.pubファイル)が作成された事を確認。

ls .ssh
id_rsa.pub

6 .id_rsa.pubの内容をコピー。
表示される内容を指で触れて選択。指で選択範囲を広げ、copyを選択。

cat .ssh/id_rsa.pub

7. テキストエディタにid_rsa.pubの内容を貼り付けて保存。
自分の場合、QuickEditに貼り付け。
8. 上記7で作成されたファイルをAndroid端末からPCにコピー。
9. githubにログインし「Personal settings」の「SSH and GPG keys」に移り、「New SSH key」ボタンをクリック。
10. 「SSH keys / Add new」のKey欄に上記7で作成されたファイルの内容を貼り付け、「Add SSH key」をクリック。
11. 再びAndroid端末に戻り、Termuxにて以下のコマンドを打ちgithubに正常に登録された事を確認。
正常に登録されると、「SSH and GPG keys」ウインドウ内のgithubのSSHキーアイコンが緑色に変わる。

ssh -T git@github.com

12. git --versionを打ち、gitが動作出来る事を確認。
13. SSHの認証。
カレントディレクトリにて作業用ディレクトリを作成。ここではmkdir tmpを打ちtmpディレクトリを作成した。
cd tmpを打ちtmpディレクトリに移り、以下を入力。

git clone https://github.com/hechtia/xxxxxxxxxx.git

SSH keyのパスワード入力を求められたら、上記4にて入力したパスワードを打つ。

Hi xxxx! You're successfully authenticated, but Github does not provide shell access.

と出力されたら、登録したSSH keyでの認証が成功した事を示す。

2018-09-18

[]今日の農作業_20180917

今日は、千葉県は匝瑳市にて"Sosa Project"で借りている水田にて脱穀と籾摺り。

今年は台風や強風で倒れる事が殆ど無く無効分げつも昨年より少なかった為、昨年の75kgを超える収穫が見込めた。
脱穀の結果、20kgの袋が5袋だった為、この段階では目標の100kgを超える見込み。
脱穀前の段階で水分量が16%を下回っていた為、天日干しをする事無くそのまま籾摺りに。

f:id:debslink:20180918212050j:image:w360

脱穀はSosa Projectと提携してる農家さんにて実施。
最終結果は25kgの米袋が4袋と少しだった為、目標達成。

f:id:debslink:20180918212310j:image:w360

早速白米に精米し、今年一番の新米を食べた。
やはり新米は美味い。

2018-09-15

[] MacBook (Late 2007)の導入

サブマシンとしてだが、PowerBook G3以来18年ぶりにMACを導入してみた。
ヤフオクでMacBook(Late2007)を安く落札。何とか使えるところまで漕ぎ着けた。

スペック:
MacBook Late2017
CPU: Intel Core2 Duo 2.2GHz
Memory: 4GB
OS: Mac OSX Lion 10.7.5

目的:サブマシン
Microsoft Azure Portalで仮想マシンの操作
Azure Resource Manager(ARM)テンプレの作成
メモはEvernoteでメインマシンとの間で共有
MS Officeは無し
iCloudは使わない

AWSではなくAzure。これまでに何度かAWSネタを書いてきたが今後の更新は無いだろう。
業務でAWSを扱っていた為に操作習得用として個人で契約したが、案件を離れる事になった為に元々家庭用ストレージとして使っていたAzureをそのまま残し、AWSはさっさと解約した。

メモリー(PC2-5300)は2GBが1枚と512MBが1枚ささっていた為、2GBをもう1枚用意し、4GBにした。
バッテリーは懐かし(?)のROWAだったが問題無さそうで、今のところ約3時間のバッテリー駆動が出来る状態。

OS X 10.7.5は既にサポート終了につき、WebブラウザとJSONエディタを探す事に苦労した。
Webブラウザは旧バージョンのGoogle ChromeやFirefoxを入れまくったが、Azure Portalサイトが正常に表示されないものばかりだった為、正常に表示されるChronium 51.0.2666.0(OS X 10.7.5対応最終バージョン)の導入で落ち着いた。
しかし何故かQiitaを正常に見る事が出来ない。

ARMテンプレ編集用エディタは10.7.5対応の物がApp Storeに有ったものの正常にインストールする事が出来なかった為、Sublime Textの最新版をSublime Textのサイトから直接ダウンロードし、インストール。
メンテツールのOnyXと懐かしのStuffit Expanderは、OLDAppsからダウンロードしインストール。
EvernoteとDropboxはアプリではなくwebブラウザからアクセス。
gitは最新版は動作しない為、Google Code Archiveのgit-osx-installからバージョン1.8.4.2をインストール。

2018-09-08

[]今日の農作業_20180908

今日は、千葉県は匝瑳市にて"Sosa Project"で借りている水田にて稲刈り。

先週の土日で8割程刈り取った為、今回は14:00には稲刈りを終える事が出来た。

今年は台風で倒れた稲は殆ど無い上、無効分げつも昨年より少ない為、
収穫量は昨年より多くなりそう。

脱穀は来週の予定。

f:id:debslink:20180908204406p:image:w320

[] 都市伝説の類かと思ってた

不謹慎厨の追跡の案件か。
下記のリンク先との関連は分からないけど、非常に興味あるなぁ...

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180907-00000017-jct-ent

2018-09-02

[]今日の農作業_20180902

今日は、千葉県は匝瑳市にて"Sosa Project"で借りている水田にて稲刈り。

今週半ばに関東地域に接近するという台風による被害を最小限に留める為、例年より1週間程早いが稲刈りを実施。
先週組み立てたオダは倒れないよう、強風対策として三角形に組み立てた。

昨日の午前中に稲刈りを開始。
昨日の午後は気温が下がり涼しくなった為に稲刈りがスムーズに進んだ。
田んぼの近くで1泊し、降雨の為に今日は午前中で切り上げた。
進捗状況は想定以上に捗り、8割程稲刈りを終えた状態。

f:id:debslink:20180902134303j:image:w320

f:id:debslink:20180902134334j:image:w320