Hatena::ブログ(Diary)

メモのページ - チラシの裏メモ 別紙

2018-09-22

[] Android端末でgitやれるようになるまで

githubのアカウントを持っている、JSONで何か書く為のエディタがインストールされている、Androidタブレット用の物理キーボードも有る...という事で、以下はPCと同じようにAndroidのタブレット端末でgitでcloneやaddを実行する為の準備をした時のメモ。

実行環境
端末:Google Nexus7 (2012)
Androidバージョン:5.0.1
物理キーボード:MAGREX Bluetooth Keyboard MK5000

1. Google Play Storeでターミナルツールをインストール。
自分の環境ではTermuxをインストールした。
2. Termuxを開き、sshとgitをインストール。

pkg add openssh git

3..sshディレクトリが作成されている事を確認。

ls -la
.ssh

4. 新しいSSH Keyを作成。

  ssh-keygen -t rsa -C "メールアドレス"
  Enter passphrase (empty for no passphrase): と聞かれたら、任意の文字列(パスワード)を入力
  Enter same passphrase again: と聞かれたら、同じ文字列を入力

5. SSH Key(.pubファイル)が作成された事を確認。

ls .ssh
id_rsa.pub

6 .id_rsa.pubの内容をコピー。
表示される内容を指で触れて選択。指で選択範囲を広げ、copyを選択。

cat .ssh/id_rsa.pub

7. テキストエディタにid_rsa.pubの内容を貼り付けて保存。
自分の場合、QuickEditに貼り付け。
8. 上記7で作成されたファイルをAndroid端末からPCにコピー。
9. githubにログインし「Personal settings」の「SSH and GPG keys」に移り、「New SSH key」ボタンをクリック。
10. 「SSH keys / Add new」のKey欄に上記7で作成されたファイルの内容を貼り付け、「Add SSH key」をクリック。
11. 再びAndroid端末に戻り、Termuxにて以下のコマンドを打ちgithubに正常に登録された事を確認。
正常に登録されると、「SSH and GPG keys」ウインドウ内のgithubのSSHキーアイコンが緑色に変わる。

ssh -T git@github.com

12. git --versionを打ち、gitが動作出来る事を確認。
13. SSHの認証。
カレントディレクトリにて作業用ディレクトリを作成。ここではmkdir tmpを打ちtmpディレクトリを作成した。
cd tmpを打ちtmpディレクトリに移り、以下を入力。

git clone https://github.com/hechtia/xxxxxxxxxx.git

SSH keyのパスワード入力を求められたら、上記4にて入力したパスワードを打つ。

Hi xxxx! You're successfully authenticated, but Github does not provide shell access.

と出力されたら、登録したSSH keyでの認証が成功した事を示す。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/debslink/20180922/1537573651