Imaginary Lines このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-09-28

「手をつないで一斉にゴール」が全国各地で大流行している!?

昨日のエントリに関しまして、高市氏の公式サイトの中にある「手をつないでゴールインする徒競争が全国各地の運動会で大流行」という文章に反応をいただきましたので、ちょっとググってみました。


「徒競走 ゴール 平等」や「徒競走 順位」などで検索をかけたところ大量に引っかかったのですが、その多くは「らしい」「そうだ」「と聞いた」など、伝聞をもとにしたもので、それらの前後に「うちの学校は違うけど」といった言葉がついているものも多くありました。一方、そういう事実が「ある」という前提で書かれている文章も多くあったのですが、実際に自分が見たとか、具体的な自治体名が挙げられているということはなく、伝聞を鵜呑みにして書かれているのではないかという感は否めませんでした。


では、そういう事実が「まったく」ないのかというと、そうでもないらしい。

こちらの掲示板では「こういう説があるが、実際にみた人はいませんか」という質問があり、「地元の幼稚園の運動会で実際にやっている」という回答があります。とはいえ、他の回答はいずれも「リレーの選手を足の速い順に選ばない」といったもので、「手をつないで一斉にゴール」目撃談は上の1件だけでした。

それからこちらのブログブログ主さんの母校で実際になされていたという話もありました。けれども、ブログ主さんのご卒業後の話のようで、直接に目撃したということではないようです。

こちらのブログのコメント欄では子どもをも持つ親御さんに取材したところ実際にあった、というコメントがあります。


というわけで、実際にないわけではない、が、いわれているほど行われているわけでもない、という感じではないでしょうか。


ではなぜこれほどまことしやかにこの話が広まったのか、なのですが、数年間に読売が記事にしているようです。読売のサイトではもう当該記事を読むことはできないので、こちらのブログで一部の引用を知ることができるだけなのですが、

実は、運動会でリボンなどを与えて順位を明確にする学校は少数派だ。東京都小学校体育連盟の調査(1997年)では、都内の小学校の約8割は、運動会で子どもたちの順位をつけないようにしている。ゴール前で手をつないで一緒にテープを切らせたり、足の遅い子には距離の短いコースを走らせるなどの工夫もしている。

ということです。東京都の8割も!と一瞬ビックリするのですが、これは「順位を明確に示すことをしていない小学校が8割」ということだと思われ、その多くはリボンを与えたり等旗の前に座らせることをしない、という程度なのではないかという気がします。例えばこちらの市議さんは等旗を使わないことを「行き過ぎた平等教育」と批判しているようです。

けれども順位を明確にしない、というのは走り終わった後まで誰が一番で誰がビリだったかを分からないようにする、ということであって、ゴールした時点では順位は明確につくわけですよね。個人的にはそれで別にいいじゃん、と思うのですが。


というわけで、「手をつないで一斉にゴール」という現象は、事実としてないわけではない。けれども「大流行」というほど広まっているわけではない。というか実数としてはかなり少ないのではないか、まあこれが「大流行」といえるのならば、「邪神デビューボが世界中で大ブレイク!!」といってもいいんじゃね?という程度ではないか、というのが調べてみての印象です。それがこれほどまでに広がったのは、前のエントリのコメント欄でid:kmizusawaさんが書いておられたように、これが多くの場合左翼批判、平等教育批判に用いられることによるのではないかと思われます。「行き過ぎた平等」とやらを批判するために最も極端な事例を挙げる、それが「リボンを配らない」「等旗をつかわない」といったより一般的な事例とゴッチャになって、「全国各地で大流行!(でも目撃談は少ないよ)」ってなことになったのではないかと推測します。あくまでも推測ですが。


ところで、「行き過ぎた平等教育」の事例として「手をつないで一斉にゴール」と並んでよく言及され、また批判されているものに「タイムが近い生徒を一緒に走らせ差がつきにくいようにする」というのがありました。「遅い子が目立たないようにする」という理由づけがいわれている通りならば個人的は「なんだかなー」と思いますが、タイムの近いもの同士走らせるってそんなに悪いことですか? 力の拮抗したもの同士で走った方が子ども達もより競争心を燃やすと思うんですが…。


余談ですが、うちの小学校は等旗もリボンもありましたが、トラックを半周するのにスタートラインとゴールラインは一緒(つまりアウトコースの人は不利)でした。これは子ども心に「不平等だ」と思ったものです。あと体力テストの斜懸垂も(背が高いので)。


追記:あ、もしかして「手をつないでゴールインする徒競争が全国各地の運動会で大流行」って「30人31脚」のことだったりして。いや、あれは肩を組むのか。

ろころころころこ 2006/09/28 16:50 私が小学生のころにも「タイムが近い生徒を一緒に走らせる」ことをやってました〜
でも、これは差がつきにくいようにすると言うよりは
おっしゃるように、このほうが各々のタイムがあがるからでした。
私の通っていた小学校は運動に厳しくて、水泳も陸上ももも上げがらバタ足までみっちりしごかれ、とても平等教育とは縁遠いところでしたが(勉強のできる子より運動のできる子の方が権力がありました、男女とも)

タイムの近いもの同士だと、ほとんど横並びで走る事になりますね。
自分より少し前に誰かがいる状況は、ひっぱられてタイムが伸びるのでしょう。
でも逆に「速い子のチーム」「遅い子のチーム」に明確に別れるので、そんな平等でもなかったと思うけど・・・
知らない人がのぞいたら分からないだろうけれど、子ども同士だと、どの子の足が速いか遅いかなんて知ってますものね。

debyu-bodebyu-bo 2006/09/29 09:48 >ろころこさん
あまりにも力が違う子同士だと、速い子は手を抜き、遅い子はあきらめ、という感じになりそうですものね。小学校低学年ぐらいなら1着になる方が嬉しいかもしれないけど、それより上になると「アイツに勝つ!」ということの方が重要になってくる子も多いんじゃないかと思うので、本気で競争させたいのならむしろ「タイムの近いもの同士」だと思うし、おっしゃる通り、このシステムだと「真のビリ」が決定されてしまうので遅い子にとってはより過酷ですよね。なので「平等」を嫌う人がこのシステムを批判するのが結構不思議でした。

BarBar 2006/09/30 01:44 >「地元の幼稚園の運動会で実際にやっている」

幼稚園や保育園レベルでは、実はまだ発達が低くて競争にならなかったりします。2,3歳児のクラスでは全員ゴールまでまっすぐ走らないことも多いです。で、こういう場合は当然順位はつけられません。

そもそも、この時期は早生まれ・遅生まれの差が顕著でホントにレースにならないですし(学校と違いクラスの人数も少ない)。

したがって幼稚園レベルで「みんなでゴール」をやってることに目くじら立てている人がいたら、子どものことをわかってない人だと思います。現実を見ていない。「男女同室着替え」と同じで“進歩主義の害毒”とは無関係なものをあげつらってるんだと思いますよ。

言いたかないですが、高市氏はお子さんいらっしゃらないですから現場のことは知らなくても不思議じゃないと思います。

macskamacska 2006/09/30 04:14 えっ、邪神デビューボは余裕で世界中で大ブレイクしてませんか?

debyu-bodebyu-bo 2006/10/02 14:01 >Barさん
うちの子どもの保育園や近所の幼稚園でもやはり小さい子は「とりあえず走る」だけでした。おっしゃるとおり月齢で差がありすぎますし、子どもたちが「競争」の意味を分かってなかったりしますしね。「みんなでゴール」の実例から幼稚園の事例を引いたらさらに少なくなりそうですね。
子どもがいてもいなくても、現場のことを知る努力をしてくれればいいんですけどね…。とはいえこういう方には見たいものしか見えないのかもしれませんが。

debyu-bodebyu-bo 2006/10/02 14:03 >macskaさん
はっ!し、失礼しました! デビューボ大行進を失念していました。では「火星で邪神デビューボ生息の痕跡発見」ぐらいということで(ウソ)。

cavoritecavorite 2006/10/06 07:50 この話自体は、もっと前、90年代はじめか、もっと前からあったものですよね。
いじめ防止のコンテクストで、極端な例としてあげられていたような記憶があります。
Googleでネットニュースを検索してみると、たしかに「最近では〜もあるとか」が次第に「最近は〜だそうです」に変わって行っていますね。
勝ちクラスを毎年かわりばんこに割り振っている地域もあるという話を見付けて目を点にしてしまった。

debyu-bodebyu-bo 2006/10/06 11:26 >cavoriteさん
http://d.hatena.ne.jp/debyu-bo/20060927/1159333951
↑こちらにいただいたコメントによると、70年代からあったかもしれないみたいです。
>勝ちクラスを毎年かわりばんこに割り振っている
これ、本当にやられてるんだったら本当に目が点ですね。でも、学校ってクラス替えがあるから、この方式だと勝ちが回ってこない子が出そうだなあ…。

abeabe 2006/10/06 14:20 ハッキリ言って順番を明確にしてくれた方が嬉しいですよ。特に努力して運動会に臨んで、頑張った成果が報われた時はたまらないものがあります。
運動系の子供が目立つ一番の機会が運動会でありますから、運動音痴に配慮して順位すら明確にしないのであれば、勉強型が目立つテストの結果や成績すらうやむやにすればいいんじゃないでしょうか。誰も伸びないでしょうけどね。

debyu-bodebyu-bo 2006/10/06 14:37 >abeさん
このあたりは運動が得意か否かで考えが分かれそうですね。私自身は「手をつないでゴール」はバカバカしいけど、等旗やリボンはなくていいんじゃね?という考えです。あと「勉強型が目立つテストの結果や成績すらうやむやにすればいい」という意見は割と聞くのですが、公立の小学校ってテストの成績を大っぴらに発表してたりするんですかね?

ユウユウ 2006/10/07 13:13 どうでもいいことですが、私の学校ではトラックを使う時は外側が前に出るように斜めにスタートラインが引いてありました。

ペッシペッシ 2006/10/08 00:36 …教員の皆さんには、体育祭でしかヒーローになれない子の事も時々でいいから思い出してほしい。

αα 2006/10/08 04:05 くだらない世の中になったなぁ、とか思う

いわゆるいわゆる 2006/10/08 12:20 マスコミの印象操作というやつですね。
このように書いてあたかもどの学校でも行われているように誤解させるわけです。
まさか天下の読売で嘘を書いていると思う人はいないでしょうから。

asdasd 2006/10/08 17:39 8割が「何らかの工夫をしている」というところが既に末期的だと思いますがね・・・
何でそんな余計な気をつかうんでしょうな?

debyu-bodebyu-bo 2006/10/09 15:48 >ユウさん
あー、うちの学校もそれやって欲しかったですー。
>ペッシさん
でも小学校ぐらいだと運動のできる子って普段からヒーローというか人気者が多くないですかね?(私の学校ではそうだったんですけど)
>αさん
うーん、「いわれているほど行われてないんじゃないか」というエントリを書いたつもりなんですけど…。
>いわゆるさん
故意ではないかもしれないけれど、誤解を招きやすい書き方ではありますよね。
>asdさん
「工夫もしている」というのは少数事例で大半はリボンを与えない程度じゃないかと私は思ったんですが、この記事のこの引用からだけでは何とも分かりませんね。

ハマチハマチ 2006/10/10 16:38 勉強(テスト)ではどうやっても差がつくでしょう。
運動だけ差をつけないとはこれなんぞ?
勉強は苦手だけど運動だけは!って子に対して失礼じゃないか?

自分も足は決して速くはなかったけど、
今年こそは●色のリボンを!な目標があって良かったのになぁ( ´ω`)

debyu-bodebyu-bo 2006/10/10 23:18 んー、でも勉強ではリボンをもらったり、保護者や全校生徒に順位が知らされるということはないですよね(少なくとも公立小学校では)。だから私は「同時にゴール」はバカバカしいけれども、リボンをださないとか旗を使わないというのは逆に(勉強との)バランスが取れてるんじゃないかとも思うんですけどね。

あおねあおね 2006/10/11 23:07 2chだったか、「笑ってはいけない画像」(ちゃんとしたスレタイが思い出せないです。まったく違う可能性があります)だったかでアップされていたのを見ました。正直いろんな意味で笑えなかったなあ。ああでも、目くじら立てて煽るのもなあ。

potekoropotekoro 2006/10/12 12:18 勉強は点数を見れば、自ずと自分の位置が分かるでしょう。
それに、受験前になって模試を受ければ、嫌でも自分の実力を思い知らされるでしょう。
それに、社会に出れば能力の有無は、採用や給与、昇級にも反映されますね。そんなときに、能力のあるひとは手を抜いてくれるのでしょうか? そして、能力が足りないからといって諦めていいのでしょうか?

debyu-bodebyu-bo 2006/10/12 12:34 >あおねさん
「手をつないでゴール」はバカバカしいと思いますが、それが蔓延しているかのように騒いじゃうのもまた滑稽ですよね。
>potekoroさん
すみませんが、ご質問の意味が分かりません。

putekoroputekoro 2006/10/12 20:27 実力が同じくらいの人とでないと真面目に競争する気にならない子を育てるような教育が正しいのか、ということですよ。社会に出れば実力がまったく違う人と競争しなければならない状況が多々あるわけで、そのときに、実力が違うからと言って手を抜いたり、諦めてしまっていては話にならないでしょう?
手を繋いでゴールインも、実力の近い者同士の競争も、いずれも事前の調整が施されているという点では同じではないですか? 人によって能力に差があり、勝つこともあれば負けることもあるということを教えずにいることが、それほど子供のためにいいのでしょうかね?

debyu-bodebyu-bo 2006/10/12 20:38 ええっと、ではランダムに走らせれば常に真剣に競争する子が育つんですかね? 誤解しておられるようですが、別に私は実力別の徒競走を「推奨」してはいないですよ。とはいえ実力別の編成は勉強の方でも行われてますよね。一方で運動会以外にも競争の機会なんてたくさんありますし。

kirikokiriko 2006/11/16 06:32 実力別の徒競走=平等主義のため という見方は勘違い、というよりコジツケでしょう(「行きすぎた平等主義」批判したいがための)。
「差を目立たなくするために実力別にした」って、実際言っている学校や教員がいるのでしょうか。聞いたことないですがねえ。
私の小学校のとき、高学年は実力別でした。それで順位旗に並び、3着以上は景品までもらえました。差を見せたくないからのわけないでしょう。←1960年代の話です。
この学校では日の丸の小旗振って「ああ美しい日本の国は」ってダンスやらせましたから、左翼教員の巣窟ではありません(笑)

kirikokiriko 2006/11/16 06:51 間違えました。
「ああ美しい日本の旗は」
でした。
「美しい国」にだいぶ洗脳されているようです。

debyu-bodebyu-bo 2006/11/16 13:38 >「ああ美しい日本の旗は」
ど、どんな曲とダンスなんだろう…。
実力別徒競走をさせているところには、kirikoさんの学校のように平等主義とまったく関係ないところもあるだろうし,差を目立たなくさせるためにがあるとしても保護者の要望(とかごり押しとか)なんかもあるかもしれないのに、こういう方々は文脈をザックリ落として語るのがお好きですもんねえ…。

annntonioannntonio 2006/11/22 10:22 はじめまして。教基法関連の運動屋、annntonioです。きょう(11/22)参院「教基法に関する特別委員会」で安倍首相が「手をつないでゴールということが実際行なわれていた」と答弁していました。いま、伊吹文科相も、この観念に基づいた答弁を繰りかえいしています。この観念の脱プログラムは、やっておかなぁ…と思ったら、貴ページを思い出したのでカキコさせていただきました。▼野党議員がざわついたらしいので、「それはおかしい」との思いも広がっているかもですが。

debyu-bodebyu-bo 2006/11/23 08:45 >anntonioさん
はじめまして。いつもブログ拝見しております。
ほほほほ本当に「手をつないでゴール」をもとにした答弁が行われているのですか! 仮に暴力的手法で愛国心教育をしている教員が何人かいたら,「愛国心教育がけしからん」ということになるのでしょうかねえ(ならないでしょうけどorz)。野党議員のざわつきが「そんな行き過ぎた平等教育が行われているのか!」というざわつきでなければいいのですが…。

annntonioannntonio 2006/11/23 16:56 http://d.hatena.ne.jp/sava95/20061123/p2 sava95さんが、朝日新聞、高橋庄太郎による記事を写経してくださっています。「手をつないでゴール」観念の脱プログラム化の燃料にできるといいのですが(そうですね…野党も一枚岩でないですからね…超右巻きな人も野党にいるでしょうし…)。▼拙ブログご高覧戴いているよし、ありがとうございます。<(_ _)> どうぞご厚誼の程、宜しくお願いいたします。

debyu-bodebyu-bo 2006/11/23 21:22 >annntonioさん
こちらこそどうぞ今後ともよろしくお願いいたします。
sava95さんのエントリ見てきました。いっそのこと性教育のように全国調査してみればいいのに、と思いました。性教育の場合はとても批判には使えないような結果が出ましたしね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証