Hatena::ブログ(Diary)

縁の下の目立ちたがり屋な日々 Twitter

2012-03-23

京都マラソン2012 体験記(4):本番編

 

 京都マラソン体験記の4回目は、当日の模様を。

 当日、前回記したような準備を行った後、7:10に河原町を出る阪急線でスタート会場となる西京極競技場に向かう。

 始発駅なので楽々座れたが、Twitter四条での混雑を知り奥に移動しておくことに。

予想通り、四条を過ぎたら車内はラッシュアワーのような混雑。結局、西京極までの電車は遅れた上、ホームに電車が入るも外に出ることができない状態になり、スタート地点の西京極競技場への到着は7時半過ぎに。


 すぐさま荷物を預けた後はトイレに向かう。手前のトイレは大混雑していたものの、奥のトイレは比較的空いていたために無事に入ることができた。

 その後、スタート開始20分前に整列場所に向かう。その後、開会式が始まる途中から、スタート地点のメイン競技場に向けて歩き出す。そこで再度トイレに向かう。(結果として、途中トイレに立ち寄らないで済んだのでこの判断は正解だった。)

 そして、午前8時半にスタートの号砲がなり、その後約7分(性格には6分46秒だった模様)過ぎてスタート。

走り始めてからの印象は、少し体が重くてスピードが出ないというもの。実際2km地点でのタイム(1キロ地点は見逃しました)は13:50で、予定より1分近く遅いタイム。「残り後40km」という沿道のプラカードに苦笑させられつつ、少しペースをあげようとする。

しかし、混雑もあり、それ程ペースを上げられず3kmで20:40、5キロ地点も33:45で通過することに。予定では5キロ32分で入ろうと思っていたので、2分近いロス。

過ぎたことは仕方ないと思いつつ、次の5キロでは想定ペースとなるように少しペースを上げる。ところが、スタートから52分、約8キロ地点でアクシデントが。

ランナーストップで、前に進めなくなる。

 周りの人が言うには、どうやら緊急車両が通るとのこと。脇からすり抜けていこうとしている人や、「走らせてもらえるだけで感謝せな!」といっている森脇健児を横目に「仕方がない」と、ストレッチして待つことに。

 結局、ランナーストップは5,6分した後に解除。誰かが言った「気を取り直そう!」という言葉に歓声を上げつつ、再度走りだす。

その結果、5-10キロのラップタイムは38:09を刻む結果となる。(ちなみに、このマラソンで一番悪いラップ)

 その後の10-15km地点では沿道にいる妻と昔の上司を探しつつ走る。途中、仁和寺前のお坊さんの応援に驚きつつ、龍安寺手前で応援にきていた妻と一言話し

その後、きぬかけの路を右折、13キロ付近で沿道に応援にきていくれているという昔の上司(現在、京都勤務)を探す。(…残念ながら、こちらは見つからなかった)。結局、この5kmは31:35。予定の31:30とほぼ同じペースとなる。

(残念ながら、見当たらず)5kmで31分強のペースで走る。

15km-20kmでは沿道で801ちゃんの姿を見かけ苦笑したり、賀茂川近くで先行するランナーの走りを見ながらペースを守ることに専念。結果、5kmを31:12でまとめる。

20kmを過ぎ、賀茂川から離れ、京都マラソン最大の難所である狐坂に向かう。狐坂まで下り坂ということでゆっくり足を蓄えて進む。途中ですれ違うランナーのフォーム等を勉強しながらいざ、坂へ。

狐坂は予想以上の勾配。地元での練習で比較的坂に慣れていたので勾配はまだよかったのだが、想像していなかった道の傾斜が足の負担となる。「これは…」と一瞬めげそうになる。と同時に、「山の神じゃなくても、(箱根駅伝の)山を走っているだけで神だろう。東農大の彼、すごかったんだな。」等と思いつつ、

淡々と走ることに。あきらめモードで歩くランナーがかなりいたので、ここで順位を上げることに成功する。

その後、国際会館で折り返した後、24kmのエイドで八つ橋が配られているのを発見。受け取ろうかと悩んだものの、受け取らずに進む。トンネルを過ぎ、下り坂に向かう途中で25kmのポイントに。この5kmも31:27程度。ここでは32:30位まで落ちることを想定してので、少し早すぎた計算。

 25kmからの5kmは下り坂から始まる。ここはゆっくり下らないと足に来るだろうなと思い、意識してペースを落とす。「初マラソンで歩き始めてしまったのはこの5km位からだ」と思い、無理をせずただ走り続けるように意識をする。

 そして、この5kmで初めて体に痛みが。それは「目」。他のランナーが沿道の私設エイドから借りていたエアーサロンパスが目に。少しめげそうになる。と、同時に少しずつ右膝に痛みを生じはじめる。結果、この区間は31:19と想定とほぼ同タイムで通過。

 この時点でタイムは約3時間20分程。

 目標としていた4時間半は難しそうだけれども、最低ラインとしていたグロスタイムで5時間以内、ネットタイムで4時間45分以内はなんとかなるかなあと考え、引き続きする無理せずを心がけることに。

 痛みが増してきた32km地点でアクシデントが。その原因は疲労回復を目的としたブドウ糖キャンディー。欲張って2つ同時に口に入れたらむせることむせること。お陰で余計な体力を消耗する。吐き出すわけにも行かないので次のエイドの給水の紙コップに入れまとめて捨てることに。

 そんな32km地点から36kmの手前までは鴨川の河原。膝が痛い身としては土で助かったなあと思いつつ、無理をしないように走り続ける。

35kmまでも一度も立ち止まることなく、32:45のラップで通過。想定より45秒は遅れたものの、この時点で4時間45分はいけるものと期待。あとは体力次第で4時間40分になるかも等と考える。

期待する。

 そして、前回のマラソンで43分かかってしまった35-40kmへ。この時点で膝の痛みはかばっていた左足にも発生。痛いものは仕方ないので、前回の反省を生かし、中途半端に歩くことはせず、止まる場合は膝をマッサージするために止まるか走るかのメリハリをつけていこうと方針を決める。

 そして、ここで痛みと疲れを紛らわすために最終兵器を取り出す。それは、ランナーとしてテンションが上がりそうな曲、もしくは自分が特に好きな楽曲を収めたおいたiPod Shuffle。電源を入れまず流れてきた一曲目は「浪漫飛行」。懐かしいなあと思いつつ、心が静まる。そして、この作戦は成功だと内心ほくそ笑む。

 しかし、好事魔多し。次に流れてきたのは布袋寅泰の「スリル」

自らタイツを履いていることもあり、思わず気が高ぶり、心拍数が上がる。結果、無駄にペースを乱し足が痛くなる。正直、選曲を間違えたと思い、途中で次の曲に移る。

 3曲目に流れてきたのは爆風スランプ「旅人よ」。猿岩石の応援歌。数年ぶりに聞くこの歌が心にしみ、少し泣きそうになる。正直、ゴールよりなりよりこの曲に感動していた。「彼らが旅していたことから比べると自分も倍の年齢になったんだ」としみじみ考えつつ走ったり止まったりする。

 続けて流れてきたのは、「Runner」。これまたテンションがあがるも足がついていかない。

 そうこうしているうちに気がついたら37−38キロ地点。出町柳の手前の京都大学周辺までたどり着く。そこで、すれ違うランナーをみると京大で若い女性が何人もハイタッチしてくれるゾーンを発見。「羨ましいと思いつつ、これをせがんだらどうなんだろう」等と、むっつりすけべなことを考えて気を紛らわせながら

ほぼ1kmを7分ペースで進む。(結局、照れくさくてできず仕舞い…。)

 後半、ストレッチが長くなり時間をロスしたけれども、鬼門だったこの5kmはなんとか35:40程度でまとめることに成功。4時間40分は難しいが、45分はクリアできることが確実な状況になる。

 ただ、最後の2km強は足は限界。気力が試されると思いつつも、数度歩いてしまう結果に。そして、ゴール地点の平安神宮にたどり着く。ゴール直前にあった「足の痛みは気のせいだ」の垂れ幕に「気のせいじゃないし!」等と心の中で突っ込みつつ、くるりの「ワールズ・エンド・スーパーノヴァ」をBGMにゴール。

手元の時計では4時間41分40秒、正式タイムでは4時間41分38秒で人生2度目のフルマラソンを終えました。


(参考:記録)

Start 00:06:46

5km 00:40:31 0:33:45

10km 01:18:40 0:38:09←ランナーストップ

15km 01:50:15 0:31:35

20km 02:21:27 0:31:12←最速ラップ

中間点 02:28:07 0:06:40

25km 02:52:54 0:24:47

(20-25km) 0:31:27

30km 03:24:13 0:31:19

35km 03:56:58 0:32:45

40km 04:32:38 0:35:40

Finish 04:48:24 0:15:46

2012-03-19

京都マラソン2012 体験記 (3):事前準備編

 京都マラソン体験記の第三回は前日・当日の準備について。

 

1.宿泊場所

 今回、(1)スタート地点が阪急沿線の西京極競技場だということ、(2)マラソンの疲れを癒すことができる浴場があること、に加え、テレビ番組で特集されていて気になっていたことがあったのでスーパーホテル四条河原町を選択。

 始発駅から電車に乗れたため、結果的に大混雑の阪急線でも座席に座って移動することができたことや、当日朝6時から焼きたてパンの朝食があったこと、前日と当日に温泉に入ってゆっくりできたこと等から結果としてこの選択は成功でした。(もっとも、京都駅からの便はそれほどよくありませんが)

 宿泊者の中でもかなりの数ランナーがいて満室になっておりましたが、来年以降、京都マラソンが継続的に開催されるのであれば前泊の場所として人気がでるのではないでしょうか?

2.当日の食事

 当日の食事は前述の焼きたてパンの他、

 を摂取しました。さらに、水分補給として

・同じく完走セットに入っていたドリンクに溶かすパウダーと前日にもらったVAAMの試供品を溶かした経口補水液OS-1

 を飲んでいきました。

食べ過ぎたせいか、スタート当初は体が重かったですが、後半体力的に厳しくはならなかったので、それなりに効果はあったものと思います。

(走行中トイレに行きたくならなかったのは、このOS-1の効果があったからかもしれません)

3.走行中の携行品

 今回のマラソンでの携行品は、「非常識マラソンマネジメント レース直前24時間で30分速くなる!」を参考に、

  • 目標タイムとラップを記した紙
  • アミノバイタルの一日セット(パウダー×2,ゼリー×2)
  • ショッツエナジージェル×3
  • 試供品のVAAMプロテイン
  • ブドウ糖のキャンディーと錠剤
  • iPhone
  • iPod Shuffle

 といったものを準備しました。ポイントとしては、10kmを過ぎた後に5kmごとにエネルギーを補給できるようにしたことと、

疲れたときに疲労感を取り除いたり、気を紛らわすためのものを準備したこと。前者については体力維持に間違いなく役に立ったと思います。

後者についても逆効果になる部分もありましたが、なかなか効果があったものと思います。

 そして、次回こそは、実際のフルマラソンの体験記にうつりたいと思います。

2012-03-15 京都マラソン2012 体験記 (2):トレーニング編

 11月25日京都マラソンの当選発表があってから約3ヶ月半で行ったトレーニングは以下の通り。

11月-12月 走行距離 98.4km 走行回数 11回 平均走行距離:8.9km 平均走行時間:62分 平均速度 8.5km/h

1月     走行距離 101.8km 走行回数 9回 平均走行距離:11.3km 平均走行時間:69分 平均速度 9.8km/h

2月     走行距離 111.3km 走行回数 10回 平均走行距離:11.1km 平均走行時間:78分 平均速度 8.6km/h

3月    走行距離  28.5km 走行距離 3回 平均走行距離:9.5km 平均走行時間:60分 平均速度 9.5km/h

合計走行距離:340km(約フルマラソン8回分)

 基本的には平日の夜に1回短い距離を、土日のいずれかに長い距離を走るというペースでトレーニングを行いました。

また、2月の最初の日曜日に現状把握の目的でハーフマラソン(第34回神奈川マラソン)に出場しました。(結果は2:05:34)

  まず、11月から12月のあいだは体力をつけることを主眼とし、短い距離でも定期的に走ることにしました。

結果、当初は5kmでも辛いという状況だったのが、10km程度は安定して走れるようになってきました。

 1月は、走り初めで元旦に15km程度走った後、平日は週に1回7km程度、週末は90-120分程度走るように心がけました。

結果、走行距離は微増に留まったものの、当初より1kmあたり1分ほど速いペースで走れるようになりました。

 2月はまず、トレーニングの中間テストとしてハーフマラソンを走ることから始まりました。その後は、スタミナとスピード不足を補うことを重点とし、週末は基本的にLSDで120分前後走るようにしました。また、可能な場合は週に3日走るようにした上で、短い時間のトレーニングの場合にはビルドアップの考えを取り入れて体を追い込むようにしました。(これは、「マラソンは毎日走っても完走できない―「ゆっくり」「速く」「長く」で目指す42.195キロ」の考えを取り入れたものです)

 そして、直前の3月の3度の練習は、本番で目標としていた4時間半のペースを体に覚えさせる意識で走りました。

結果、目安としていたフルマラソン10回分までの走りこみとはいかなかったですが、特に大きな怪我とかもなく練習を続けることができました。

 次回は、前日から当日までの準備について記すようにします。

2012-03-14

京都マラソン2012 体験記 (1):ツール編

 京都マラソン体験記の第一回は事前に参考にしたツールををまとめることに。

 まずは参考書

 今回、フルマラソンに当選した後に最終的に購入した本は以下の5冊でした。

 で、トレーニングメニューについては、「金哲彦のマラソン練習法がわかる本」をベースとし、「マラソンは毎日走っても完走できない―「ゆっくり」「速く」「長く」で目指す42.195キロ」のエッセンスを加えました。また、ストレッチや体調管理等の方法は「3時間台で完走するマラソン まずはウォーキングから」を参考に、直前の準備については「非常識マラソンマネジメント レース直前24時間で30分速くなる!」を活用しました。

 次はグッズ関連。靴は2年前に購入し、あまり利用していなかったadizeroのBostonを利用しました。(こちらは1キロ6分程度のランナー向けだということで、安定感もあり膝に優しい印象でした。)また、心拍計や手袋などは過去のものを流用し、まネックウォーマーはユニクロフリース製のものを利用しました。

 それ以外で、今回購入したのは以下のグッズ

 アディダスのTシャツは靴と合わせるためでしたが、その他のギアはいずれもレースやトレーニングに非常に役立ちました。中でもCW-Xがなければ、膝が痛くて走りきれなかったでしょう。PUMAのバッグも体に密着しやすい上に容量も大きかったので、当日、ジェルやアミノバイタルなどを入れて走るのにも役立ちました。NIKEのジャケットはレース一ヶ月前にアウトレットNIKEストアで購入したものですが、店員さんのおすすめだけあり、軽い上に通気性もよく使い勝手がいいものでした。

 活用したツール関連でもう一つ、トレーニングに活用したアプリを。今回、トレーニングにあたってはIPhoneアプリで距離や時間を計測しようと考え、アプリを活用しました。まず、当初はフリーのJogNoteを使っていましたが、機能が限られていた上に精度も甘い印象があったので、高度も計測できるRunmeterを導入しました。正直、同じ出発点とゴール地点での高度が異なるなど、高度測定の精度は微妙でしたが、時間・距離ごとのペース等が自分の見たい内容にアレンジができる点で重宝しました。

 次回は、本番までのトレーニングについて記しておきたいと思います。

2012-03-13 京都マラソン 2012

 3月11日に開催された京都マラソン2012に参加してきました。

結果はグロスタイムで4時間48分24秒、ネットタイムはまだ公式には発表されていませんが、手元のストップウォッチで測ったところでは4時間41分40秒位でした。

 コースがハードだったことに加え、途中の広沢池付近でのランナーストップがあったのにも関わらず、目標としていた5年前の第一回の東京マラソンの時のタイムは更新でき、また、

応募時に申請していたタイムもクリアできたので、満足できる結果でした。

 そして、マラソンから二日経った今の段階で足の痛みもほぼなく、結果的にレース後の体調管理が上手くいったのも個人的には好材料。

 具体的なコースの感想やマラソンまでのトレーニング内容などは別途忘れないうちに記そうと思いますが、とりあえずは無事に完走できたことを記しておこうと思います。