Hatena::ブログ(Diary)

130単位

2013-03-01

モダンなRails開発をしてみての振り返り

Rails3.2/GitHub/Pivotalという割とモダンな環境で2ヶ月間開発してました。その契約期間が終了したので、振り返ってみます。

Gems

自分の担当で、初めて(本格的に)使ったGemたち

日に日にテスト実行時間が長くなっていて、どうにかしたいと思って最終日に探してすぐ導入したParallel testsが印象的です。

Retrospection

  • ひとり開発でやっていたことが活かせた
    • Railsは経験の蓄積がでかい
  • 複数人開発でいろいろ吸収できた
    • 参考になる書き方や知らなかったGemは今後に役立ちそう
  • 最初から実装:テストが1:1で進められた
    • 設計はテスタビリティを意識できたし、開発進んでも安心感あった
  • テスト増加による全テスト通すまでの待ち時間の問題に当たった
    • テストの速度、網羅性、可読性、保守性をバランスよく維持することを意識したい
  • DB設計(特に命名)を早めにレビューするとよかった
    • 統一性大事
  • GitHub プライベートリポジトリでの開発
  • 毎日メンバーのcommit(diff)をみるといい
  • PivotalTrackerを経験できた
    • とりあえず慣れただけ
  • Railsの深み
  • Contribution
  • DRYランチ(by @さん*2 )ができた

Next thing

某full-stack developerに面白い環境に身を置くにはどうすればいいかをたずねたところ、"Social Codingで刺すか刺されるかの応酬をするといい"と言っていたので、そんなようなことをできればと思います。


4774155071
WEB+DB PRESS Vol.73

camelmasacamelmasa 2013/03/10 18:44 某full-stack developer... N氏かな。

deeekideeeki 2013/03/10 19:01 するどいですね!!

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/deeeki/20130301/modern_rails_dev