Hatena::ブログ(Diary)

130単位

2013-07-06

フィリピンでMinaの開発者と会いました

Mina

約1年前にデプロイツールCapistranoの対抗として登場したMina。自分も少しだけ使ったことがありました。ただ最近は開発がアクティブでなかったため、Capistranoでいいじゃんとツイートしたこともありました。そんなMinaフィリピン発なんですね。

で、自分が今フィリピンにきていて、Minaを現地エンジニアとの話のきっかけにしたりも何度かしました。そして開発者の GitHub followers が500超なのを見るに、Nadareiというチームはおそらくフィリピンで一番いけてるエンジニア集団なのではないかと勝手に想像してました。そんないけてる開発者と、あわよくば会えたりしたらいいなあと思っていました。

Manila.js meetup

Mina開発者が発起人でもあるManila.jsというコミュニティ。月イチでミートアップを開いていて*1、たまたま当日の開始1時間前に気づくことになったんですね。

Manila.js JavaScript meetup 016

チケットはSOLD OUTだったんですが、インターンの縁を利用して参加可能か確認して、勢いで参加してみました。バスとジプニーを計4台乗り継いでなんとか辿り着いたときには既にイベント終了間際でした。発起人 @rstacruzJSクイズを出してノベルティをプレゼントしてました(jQueryの最新バージョンは?とかEmber.jsの開発者は?とか)。

f:id:deeeki:20130705045610j:image

Recorded videos

Talking w/ authors

イベント終了後、これまたありがたいことにインターンエンジニア仲介してもらって、@rstacruz 、そしてチームメンバーでMinaメイン開発者である @mikong と話すことができました。

  • 忙しかっただけで開発意欲はあって、つい最近Issue処理を再開したこと
    • "please be patient" といわれた
  • submodule対応のpull reqを送ったことがあること
  • 本番環境で使っているか?と聞かれて、いや趣味でだと答えたこと*2
  • チームでは基本的にRailsアプリを開発していること
    • でも最近はアプリの8割くらいJSを扱ってたりすること
  • どうやってインターン先を見つけたのかということ

衝撃だったのは、"マイナ"だと思っていた読み方が実際は"ミーナ"だったことでした。

それにしても、先にプロダクトの利用、PRがあったのちに、こうしてリアルに海外のエンジニアと会って話せるというのは感慨深いものですね。もっとこういう体験をしてみたいと強く思いました。できればプロダクト提供側としても、というのと、技術的な深い話もできるよう英語力を上げていきたいですね。

JSConf.asia

今年の11/28-29にマニラで開催予定だそうです。興味のある方は行ってみるといいんではないでしょうか!(スピーカーも募集しているみたいです)

関連記事

*1:今月で4回目

*2:実際は既にCapistranoに置き換えたのだけど