泥府湾日誌

2006-12-13

[]著作権期間延長

著作権保護期間、死後50年から70年への延長を巡って賛成・反対両派が議論

「先人のご遺族から涙ながらに『私の主人の著作権はあと数年で切れます』と訴えかけられた時に、どんな気持ちだと思いますか」といわれても、「50年も前に死んだ人」に金銭的に覆い被さるような考え方というのはどうかと思う。*1

アメリカで議論されていたように、権利者が自分で更新することで追加の何年間か著作権期間を延長できるシステムというのが一番生産的と思われるのだが。(権利者の所在が確認されることで、コンテンツ利用に際して権利者が見つからないという問題も防げるし。)

それとは全く逆に、「文芸家協会には著作権管理部があり、アーカイブに収録したいという申し出があれば協力できる。」という発言があるが、これが解決にならないことは文芸家協会が管理するような著作物以外のあらゆる著作物にも著作権が存在することから論証できる。何しろ、今私が書いているこの文章にすら著作権が存在するのだ。

*1:孫よりもさらに遠い遺族だよなぁ・・・

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/deep_one/20061213/copyright