[[ ist ]] mac,windows,ipod パソコン周辺機器 etc... このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-09-06

MacBookでBootCamp利用するならおすすめのパーティション設定

| MacBookでBootCamp利用するならおすすめのパーティション設定を含むブックマーク MacBookでBootCamp利用するならおすすめのパーティション設定のブックマークコメント

MacOS 10.6 Snow Leopard から、BootCampバージョン3.0となり、新機能も加えられました。


新機能の中で注目していたのが、BootCampで起動したWindowsから、Macボリュームを読み込めるというもの。これができるとかなり便利ですね。…ですが、検証したところ、ボリュームを読み込めるものの、できるのは「読み」のみ。しかも、MacボリュームのUserフォルダ以下などは、フォルダは開いても中身は何も表示されません。

f:id:deepskyblue:20090906182114p:image

実用するには、少々力不足でしたので、今日は、BootCampMacOSの共存環境における超便利なパーティション設定をためしてみました。

MacOSからもBootCampからも読み込めるドライブフォーマットといえば、FATフォーマットです。しかしFATフォーマットにはいくつかの問題点があります。

BootCampでは、FAT32形式のフォーマットも可能ですが、VistaWindows7を利用する場合や、32GB以上のエリアを確保したい場合FAT32ではなく、NTFS形式に限られます。しかし、NTFS形式でBootCampパーティションを作成すると、Macから「読み」はできても「書き込み」はできなくなります。

ここで、外付けHDDUSBメモリを常用していたり、MacPro等の機種でHDDを複数内蔵しているのならば、MacWindows(BootCamp)共用のHDD(またはUSBメモリ等)をFAT32でフォーマットすれば、双方のOSより読み書き可能になるので大変便利です。

面倒なのが、MacBookHDDを一つしか内蔵していない場合です。パーティションを区切ってWindowsBootCamp)用にNTFSパーティションMac用のパーティション、共用のFAT32パーティションと作成できればよいのですが、BootCampアシスタントは複数のパーティションに対応していないため、通常の方法ではこの方法はできないことになります。

「通常の」と書きましたが、今回試した手順ですれば、上記の3つのフォーマットが混在するパーティションを、1つの内蔵HDDに共存することができたので、ここにまとめます。

ただし、もともとBootCampアシスタントが想定していないであろう設定ですし、この手順を踏むときにMacOSより警告も表示されますので、あくまでご自分責任の範疇でお試しください。当ブログは、これによって生じたいかなる不具合や損失にも責任をもちません。


  1. BootCampアシスタントを利用して、Windows領域を作成します。
    そのままWindowsインストールをするのではなく、いったんアシスタントを終了します。

  2. ディスクユーティリティを利用して、Mac用のパーティションを分割して、FATフォーマットパーティションを作成します。
    f:id:deepskyblue:20090906223511p:image

    このときに、警告がでますが、「パーティション」を押して進みます。
    f:id:deepskyblue:20090902013801j:image
    (パーティションの追加方法)

  3. Windowsインストールディスクをセットし、起動ディスクをそれに設定して再起動します。

  4. Windowsインストールの時にインストールするディスクを選択しますが、くれぐれもBootCamp以外の領域にインストールしないでください。
    f:id:deepskyblue:20090902180923j:image
    パーティションを区切ったため、いろいろ選択できる箇所がでてきます。

  5. Windowsインストールして無事完了です。
    f:id:deepskyblue:20090906223510p:image
    Windowsから、FATフォーマットディスクが見えています。
    f:id:deepskyblue:20090906223513p:image
    当然、Macからも、FATフォーマットディスクが見えます。

以上です。

これで、Windowsからも、Macからも双方に読み書きできるスペースの出来上がりです。よくOSを切り替えて使うときに便利ですし、データ管理もとても楽になります。

chudoc2011chudoc2011 2012/10/15 13:53 OS X 10.8がやってきたところですが,BOOTCAMPの領域確保の仕様が直感で全然わからなかったです.
早速OS X及び修復領域からの起動が出来ない状態に陥ってしまいました :-(

上記大変参考になりました,ありがとうございます.

deepskybluedeepskyblue 2012/10/15 15:53 chudoc2011 さま

わざわざ、ご報告ありがとうございます。
10.8でも使用できたのですね?まだ、10.8を導入していなかったので、参考になります。ありがとうございました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/deepskyblue/20090906/p1