でこぽんの読書日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-02-28

[]3月新刊備忘録 12:57 3月新刊備忘録を含むブックマーク 3月新刊備忘録のブックマークコメント

  • 3/05 櫛木理宇「赤と白」集英社/ISBN: 9784087715019*7

  • 3/15 川中大樹「ラストボール(仮)」光文社/ISBN: 9784334928773【楽天HMV*53
  • 3/21 ダナ・フレズデイ「ザ・ゾンビ・ハンター・アシュリー・パーカー」竹書房文庫/ISBN: 9784812493892【楽天HMV
  • 3/26 逢坂剛「大迷走」集英社/ ISBN: 9784087715040*94
  • 3/29 小山田浩子「工場」新潮社/ISBN: 9784103336419*101

*1:『ピンクとグレー』を超えた、NEWS加藤シゲアキが紡ぐ“渋谷サーガ”第2弾夜7時、渋谷スクランブル交差点。女性アイドルパパラッチ――心に傷を負った者同士が、本当の居場所を求め踏み出す一歩から始まる愛と再生の物語。公式より

*2:大正時代に刊行された、稀覯本の数々をセレクト。マニア垂涎のレア本から、怪談実話を厳選。明治に息吹、大正時代に花開いた怪談実話作品の数々を収録。明治後期に始まった空前の怪談ブームは、大正期に入ると熟成の度を増し、さまざまな分野へと波及していった……。第一次世界大戦から関東大震災カタストロフにいたる「ぼんやりした不安」の時代に絢爛と咲き誇った、怪談実話の妖しき花々を一巻に結集。幻の名著として知られる『妖怪実話』と『怪異草紙』を中心に、講談師や心理学研究者、外国文学者の手になる珍本奇書を、豊富なヴィジュアルを交えて収録、紹介する。大好評の『昭和の怪談実話ヴィンテージ・コレクション』に続く待望の第2弾、〈幽クラシックス〉からいよいよ登場!公式より

*3:人間の男の子:ロード・ランダル、少女の姿をした歩行型人間模倣タイプコンピューター:イニアール、類人猿アクセルザルの少年:アクセル。選ばれた三人が参加する実験とはなんなのか? そして世界を支配するカンガルーたちが怖れる「蛇の卵」の正体とは?想像力の作家ラファティが送る奇想天外な長編、本邦初訳!公式より

*4:高校二年生の安藤小麦は学校に馴染めず休みがちの日々。そんな中、余命を宣告された祖父から「初恋の人」への届け物を託されて……。e-honより

*5:アッコちゃんの家にやってきた仔犬、リトル。その日からアッコちゃんの家族に小さな変化が生まれた――。犬と家族の絆を描いた感動作。e-honより

*6:『ミミズクの夜と王』の著者が選んだ物語のフロンティア! 堂々、開演。 不完全であれ。未熟であれ。不自由であれ――スポットライトと拍手が、彼女達のすべて。あまたの憧れと挫折の果てに、選ばれた人間だけが舞台へと躍り出る少女サーカス。そこは、一瞬に命をかける少女達が集う舞台。【著訳者紹介】1984年、石川県金沢市出身。金沢大学文学部卒業。『ミミズクと夜の王』で第13回電撃小説大賞・大賞を受賞し、デビュー。その後も、逆境を跳ね返し、我がものとしていく少女たちを描き、強固な支持を得ている。e-honより

*7:雪国で暮らす女子高校生達の虚無と殺人 新潟の雪深い町で暮らす、高校生の小柚子と弥子。明るく振る舞う陰で、二人はそれぞれの事情を抱えていた。そんな折、小学生の頃に転校していった友人の京香が現れ・・・。少女たちの閉塞感と悲劇を描く。e-honより

*8:世界一の純情は、彼女に届くのか?俺とマコトは小学校時代からの腐れ縁だ。マコトは昔からドッキリを仕掛けるのが生甲斐で、社長となった今も変わらない。そんなヤツが、史上最大の「プロポーズ大作戦」を実行すると言い出した e-honより

*9:想像すれば、聴こえるはず??。文学にしかできないことがある。「文藝」掲載時より口コミで話題を呼び、かつてない大反響を呼んだ、鎮魂と再生の物語。著者16年の沈黙がついに破られる。e-honより

*10:小学3年生、母を亡くした夜に父がつくってくれた“わが家"のトン汁を、避難所の炊き出しでつくった僕。東京でもどかしい思いを抱え、二カ月後に縁のあった被災地を訪れた主婦マチ子さん。あの日に同級生を喪った高校1年生の早苗さん。ふるさとを穢され、避難指示の中で開かれたお盆の夏祭りで逡巡するノブさん。かつての教え子が亡くなったことを知り、仮設住宅に遺族を訪ねていく先生。行方不明の両親の死亡届を出せないまま、自分の運命を引き受けていこうとする洋行――。Amazonより

*11:AAR(オールアバウトロマンス)ベスト・パラノーマル賞受賞! 大人気パラノーマル・ロマンス〈超能力者(サイ)=動物に変身する種族(チェンジリング)〉シリーズ第6弾! 豹チェンジリング〈ダークリバー〉の近衛マーシーは、次々と仲間が“伴侶"を見つけてゆくことにあせりを感じていた。しかし、支配的で強いタイプの女性であるマーシーにとって、男性に屈服するような恋愛などできるはずもない。それなのに今、彼女を熱く惹きつけてやまないのは、保護欲の塊のような男ライリー。しかもよりによって彼は狼チェンジリング〈スノーダンサー〉の副官なのだ……巻末には特別短編を収録!Amazonより

*12:アニカ・リビアは最近知り合ったセクシーな美青年ジャスパー・デインズに心をときめかしていた。ある晩、いよいよ今夜という雰囲気になったものの、図らずも彼の軽薄で女たらしの一面を知ってしまう。アニカは思わずかっとなり手持ちの杖を一振り。直後、ジャスパーは黒猫に変身していた。彼女は現代に生きる魔女のひとりなのだ。だが、肝心の彼を元に戻す方法がわからない。困った彼女は密かに魔術の解除法を探し回るが……。都会の片隅で展開されるコミカルでエロティックなラブ・ロマンス! Amazonより

*13:大学生の望月良夫は愛車のデミオ運転中に、偶然会った女優の翠を目的地へ送り届けることに。だが翌日、翠は事故死する。本当に事故だったのか? 良夫とその弟で大人びた小学5年生の亨は、翠を追いかけ回していた芸能記者・玉田と知り合い、事件に首を突っ込み始める。姉、母まで望月一家が巻き込まれて、謎は広がるばかり――。朝日新聞夕刊の人気連載が待望の単行本化。物語の語り手はなんと本邦初!?の「車」。町を走る様々な車たちの楽しいおしゃべりが全編にさんざめく、前代未聞のユーモアミステリーにして、のんきな長男・大人びた弟…と個性的なキャラが揃った家族の暖かいエピソードに溢れた、チャーミングで愛すべき長編家族小説!e-honより

*14寺田克也 meets 伊坂幸太郎!奇跡のコラボレーションが待望の書籍化。伊坂幸太郎氏による朝日新聞夕刊小説連載「ガソリン生活」。本連載の挿絵約300点を漫画のコマの雰囲気で再構成して1冊にまとめる。寺田氏の卓抜したクールな絵を余すことなく鑑賞できると同時に、「ガソリン生活」の世界観・物語をコミックふうに新たに楽しめるお得な一冊。巻末には小説のエピローグを8頁漫画として描きおろして収録!e-honより

*15:山間の町、古くから鷺沼で製材業を営む新羽家の先代、新羽堂市が、療養していた自宅で死去。司法からは自殺と判断された堂市の死因に、新羽家に訪れた親戚の医師、桂木雄二は疑念を抱く。不穏な空気が新羽家に渦巻く中、こんどは新羽家の当主に嫁いだ佳織が失踪、そして佳織の妹の夫、滝見が死亡する。桂木は、アメリカに暮らす研究者トーマ・セラに事態の真相究明を依頼する。Amazonより

*16:夢見の力を次第に失ってゆくソニンは、〈沙維〉の末王子・イウォルとともに、国境付近隣で捕らえられた“森の民”を救うため、北の隣国〈巨山〉へと向かうことに。新たな国でソニンが出会ったのは、孤独で懸命な王女・イェラだった――。飛翔する王宮ファンタジー、第3弾!Amazonより

*17:フランスのとある田舎町の元領主ゴラーズ家に嫁いできた女。彼女には「ある目的」があってゴラーズ家に入ったのだが、いっぽうの夫も、「ある目的」があって彼女を迎え入れていた――。再読必至、目を瞠る逆転劇!e-honより

*18:13世紀フランス、“天啓”を受けた羊飼いの少年の下に集った数多の少年少女。その目的は聖地エルサレムの奪還。直木賞作家の新境地。e-honより

*19:本年度、第16回日本ミステリー文学大賞受賞の著者の幻の未刊行作を含め、収録作全て文庫未収録作のみ集めた比類なき豪華傑作選、刊行開始!モトクロスに熱狂する若者たちの群像劇を描いた青春ミステリーの表題作ほか13篇収録。Amazonより

*20:本年度「日本ラブストーリー大賞」大賞受賞作!! 30歳の美人獣医師・桜小路美姫は、仕事も、年下のセフレ・友弥との関係も順調な毎日を過ごしていたが、友人の結婚や母の病気をきっかけに、「結婚」の二文字を意識し始める。そんななか、中学時代の同級生、三谷とお見合いで再会し、徐々に惹かれていく……。動物に関する豆知識もたくさん盛り込まれた、ラブ&エンターテインメント小説です。e-honより

*21:日本最強の獣《羆》と森林保護官、望まざる死闘の果ては。元自衛隊の小説現代新人賞作家が、自然と人間を描き切った渾身作!e-honより

*22:暗黒街の底辺からどん底へ。そこから再びのし上がる青年の波乱万丈の生きざま。家族、友情、闘争、そして裏切りを描き出す超大作 e-honより

*23:名門大学の英文科に通うマデリンと、同級生の男子ふたりとのこじれた三角関係を描く、王道の恋愛小説。e-honより

*24ブラッド・ピット主演映画化 4月26日(金)より全国公開 凄腕の殺し屋コーガンが、賭博場強盗事件の黒幕を暴くために送りこまれてきた。壮絶な暴力と死の嵐の最後に待つものは? 伝説の巨匠の未知の傑作が、ついにベールを脱ぐ。e-honより

*25:世界的人気の警察ドラマついに市政の中枢におよぶ捜査。だが事件は予想外の方向に展開する。全4巻(毎月刊行) e-honより

*26:惹かれあう公爵令嬢と男爵――お互いの正体を知らないまま 公爵令嬢ソフィーは雪の夜、赤ん坊を預けて消えた使用人のせいで途方にくれていた。なんといってもオムツさえ替えたことがないのだ。そんな時、偶然にも子供の扱いに慣れた男性ヴィムと出逢い、世話の仕方を教えてもらった。雪に閉じ込められた公爵邸で、ふたりは惹かれあう。ただしヴィムはソフィーを家政婦だと、ソフィーはヴィムをただの『ミスター』だと勘違いしたまま・・・・・・ 公式より

*27:ゴシップ記者の正体は伯爵令嬢!?秘密のはずが、放蕩者の伯爵から怪しまれてしまい・・・・・・ 伯爵令嬢ミリアントは、叔母から自分の代わりにトゥルーフィット卿という名前でゴシップ欄に記事を書いてほしいと頼まれる。引き受けたミリアントだったが、舞踏会でカードに仕入れた情報をこっそり書いているところを、放蕩伯爵として有名なチャンドラーに見つかってしまう。その場は切り抜けたミリアントだったが、伯爵は家宝を盗んだ犯人を捜していて、ミリアントを不審がる――。公式より

*28:「あなたは誰?」と問いかけたベストセラー『ソフィーの世界』から18年。大人になった読者の為にヨースタイン・ゴルデルが仕掛ける壮大なミステリー。果たして魂は存在するのか、意識は肉体を超えるのか。e-honより

*29:結婚・妊娠・出産……作家・川上未映子に起きた心と体の大変化。果敢に創作と育児の両立に挑む日々を綴った日記的エッセイ最新刊。e-honより

*30:著者・山下澄人は北海道などを拠点に活動を続けてきた劇作家、演出家、兼俳優。その劇を観に通っていた編集者のすすめで書いた小説『緑のさる』(平凡社)で昨年末に野間文芸新人賞を受賞した注目の書き手です。今回の作品集の表題作「ギッちょん」は第147回芥川賞候補作にもなりました。「ギッちょん」は、ある男の一生が、時系列をシャッフルして語られます。腕白な少年時代、荒れた十代、放浪の青春時代、ホームレスになった四十代、清掃業に就き静かに死を待つ晩年の情景が次々にたちあがってきて、次第に胸がしめつけられるような心持になります。「水の音しかしない」は、サラリーマンの不条理劇のようにはじまりながら、やがて読者は大震災後の混沌とした世界に連れて行かれていることに気付きます。「トゥンブクトゥ」では、街の雑踏で交差していた老若男女さまざまな人々の思惑が、やがて暴力的なものに変容し、決着をつけるかのように、皆が海辺へと向かいます。読むたびに変貌をとげるこの作品群は、小説の新たな地平を切り拓くことになるでしょう。e-honより

*31:「命をかけてた恋が、終わっちゃったの!」失恋して自殺未遂したと噂される女友達。見舞いに行った私に、彼女が語った恋の真相とは!? 綿矢りさの新たな魅力あふれる初の連作短篇集。e-honより

*32:天に向かって走る。ただ一途に光を求め――かけがえのないものを失った人々が集う牧場。少女と馬と大人たちとが織りなす感動の物語!e-honより

*33:19世紀初頭のロンドン。上流階級の婦人たちの宝石を狙う盗賊「レックスホールの生霊」の追跡を任じられた腕利きのスパイ、セワード。「悪魔のジャック」と恐れられ、どんな時も冷静さを失わない彼の罠にかかったその盗賊は、なんと女だった。セワードは彼女の巧みな色仕掛けに混乱させられ、ついに取り逃がしてしまう。以来彼は、女盗賊が憎き敵とわかっていながらも、その時感じた狂おしい熱情をなぜか忘れられずにいた……。ある夜、セワードは捜査のために訪れた舞踏会で、美しく憂いをまとうアンと出逢い、一目で恋に落ちるが――。華やかな社交界と、その裏で繰り広げられる禁じられた愛の行方は? e-honより

*34:「砂糖に殺される!」と書かれたビラが大量にまかれ、クッキー用品店のオリヴィアは大慌て。隣にできた自然食品店のせいで、お菓子が町から追放される非常事態に陥り、おまけに殺人事件まで!事件の鍵は、被害者の手に握られていたクッキー型だけ!? e-honより

*35:映画公開の世界的名作を美しい文章で翻訳! カンザス州の広大な平原のまんなかに叔父さん夫婦と住んでいた少女ドロシー・ゲイルは、ある日大きな竜巻に襲われ、自分の家や愛犬のトトとともに見知らぬ土地へと運ばれてしまう。そこは4人の魔女がいるマンチキンの国。そのうちの1人、北の魔女は、「この国の中心にあるエメラルドの街にオズという魔法使いがいて、オズならドロシーを助けてくれるだろう」、とドロシーに語る。エメラルドの街へ続く黄色いレンガ道を歩き出したドロシーとトトは、途中、脳みそのないかかしや心臓のないブリキのきこり、臆病なライオンを道連れにして魔法使いのオズに会いに行く旅を続けるのだった。3月9日から全世界同時公開される映画『オズ はじまりの戦い』の原作ともなったL・フランク・ボウムの名作を、作家の江國香織氏が香り高い美しい文章で翻訳した。公式より

*36あさのあつこが等身大のアラフォー主婦を描く“お仕事小説”。e-honより

*37:うねる文体、はじける口語が、衝撃の結末になだれこむ。書かれていることの鮮烈さと、書かれていない謎の深みが、読者を戦慄させる。小説の「次(ネクスト)」を告げる、新鋭の最新刊。e-honより

*38:ポオをはじめカーや横溝など古今東西の推理作家はもちろん、ミステリ・ファンをも魅了してやまない密室。七つの短編全編が密室殺人という、ファンには堪えられないデビュー短編集。新装版。e-honより

*39有栖川有栖氏が、「ファン」と公言した実力派・若手本格ミステリ作家が描く、不可思議な世界。e-honより

*40:鳥は世界をどう見て、何を感じ取っているのか? 食べ物を味わい、死を悲しむのか? 紫外線も見える眼や磁気感覚など、その驚嘆すべき感覚と秘められた感情生活を科学で読み解く!e-honより

*41:三流大学の講師になった陽子に課せられた使命は、学生達を率い「ソーラーカーレース」で優勝すること。熱い感動がこみ上げる青春物語。e-honより

*42:学生との確執、教え子の自殺――ウツを発症した夏目金之助の耳に、猫の声が……。史実を元に、文豪漱石の誕生に迫った異色の長編小説。e-honより

*43:語り手である少年の目に映るパリの社交風俗が描かれる第二篇「花咲く乙女たちのかげにI」の第一部 スワン夫人をめぐって。実は、オデットと結婚することで上流階級との交際を断ったスワン。語り手である「私」は、そのスワン家に出入りするようになり、夫妻の娘ジルベルトへの想いを募らせるが、すれ違いから恋は冷めていく。一方、夫人のサロンである日、憧れの作家ベルゴットと同席するのだが……。e-honより

*44:読者の立ち位置を危うくする超感覚ミステリ この5年間ヒット作もなく、書き下ろし作品を執筆しても出版の見通しが微妙な小説家・伊豆浜亮平は、女性誌でライター稼業をして食いつないでいた。ライターとして天才ピアニスト荻須晶に取材したのをきっかけに、小説家は軽井沢にある晶の別荘に招かれたが、別荘近くを散策中にこの世の者とは思えない女性と遭遇する。彼女は言った。「社宅にヒきに行っている人とその恋人の方ですね。ラクゴはミています」。社宅にヒく? ラクゴは落語か落伍か? だめだ、まるで意味がわからない――。森の中を一人でさまよい、独特の話法で言葉を操る彼女との出会いから、やがて小説家は執筆中の作品にも似た“もうひとつの世界”に迷い込んでゆく。言葉の迷宮に読者の世界も歪む超感覚ミステリ。公式より

*45:?直木賞受賞作?『花まんま』や、?涙腺崩壊?のキャッチフレーズ『かたみ歌』で、読者の涙を誘った短編の名手・朱川湊人が、家族と写真にまつわるちょっぴり不思議で哀しいお話をお贈りします。二〇一二年秋に、三十九年の長期連載が幕を閉じたミステリ界の巨人・佐野洋氏の連載「推理日記」で、設定の妙を大絶賛された、UFOをでっち上げた同級生の美人の女の子の身の上話「飛行物体ルルー」、とある事故をきっかけにして、優しかった近所のおねえさんの意外な一面を見てしまった少年の淡い慕情の?末「コスモス書簡」、ぶっきらぼうで、口より手が先に出る不器用な父と、その父に寄り添うように暮らす聡い男の子、そして同じボロアパートに、とある事情で身を隠すように暮らすことになった?私?との心の交流を描いた「スズメ鈴松」、ほのかな想いを寄せながら亡くなった同級生の想いが、不思議なカメラに乗り移ってもたらされた写真にまつわる奇妙な出来事「黄昏アルバム」、同級生四人の男の子がつくった秘密基地にまつわる哀しい過去を巡る表題作「サクラ秘密基地」など、夕焼けを見るような郷愁と、乾いた心に切ない涙を誘う、短編を六本を収録。e-honより

*46:大戦中、英独仏の男たちに愛されたココ・シャネル。ココが、二人の“マドモアゼル”のために針と糸を操った近代秘史サスペンス。e-honより

*47:タイトルから想像できる通りの怪異譚のアンソロジー。物語の背景は近代現代のザンジバル社会。e-honより

*48:ワケあって等々力高校にやってきたアフロな黒人転校生、クリスは、弱小野球部の救世主に!? 第7回小説現代長編新人賞奨励賞受賞作 e-honより

*49:五頭の龍が眠るといわれる五龍大陸が舞台の中華風ファンタジーシリーズ。師匠が修行をした八華山に赴いたユギは、思いがけない光景を見る……。e-honより

*50:「Welcome Trouble」を掲げた鵜飼杜夫探偵事務所は今日も大騒ぎ。「烏賊さま」と親しまれる神社の当主一族・烏賊神家の中で起こる不可解な殺人事件に、全力疾走でビルの外壁に突撃する謎の負傷事件、不審死の直後に起きた人魂騒動……。推理だけは明晰、それ以外は勝手気ままな鵜飼に、事務所のある雑居ビルのオーナーである二宮朱美はやきもき。毎度毎度、なぜか探偵の助手として捜査に一役買うはめに──。ファン大満足の短篇集。東川篤哉の大人気「烏賊川市シリーズ」待望の最新作が早くも登場!e-honより

*51:悪と正義の交差する金融詐欺劇を、軽妙な筆致で描く人気シリーズ、待望の第2弾。e-honより

*52:周囲は「名探偵マコちゃん」と呼ぶけれど、実は、女子高校生が謎解きをしているなんていえぬ。れっきとした日本男児の刑事として対峙する五つの不可能犯罪。ユーモア連作集。公式より

*53スポーツライターの島野圭一は元高校球児だ。三年時の神奈川県大会決勝、逆転勝利の願いを背負った最後の打席で、ライバル校のエース・紀田遼平のスライダーを空振りし、夢は途絶えた。当時“二軸スライダー”と呼ばれた決め球を武器に、紀田は甲子園でも活躍。ドラフト1位でプロになった――。時は流れ、島野は各都道府県予選の球史に残る名勝負を一冊の本にまとめることになった。神奈川県からは自身最後の試合が選ばれたため、当時の資料集めや関係者へのインタビューを続けている。その一環で、若くして事故死した相手校の正捕手・中尾の母親から、彼の高校時代の日記を預かった。しかしその夜、何者かに襲撃され日記を奪われてしまう――。いったい誰が、何のために? 日記には何が書かれていたのか?高校野球をこよなく愛する著者が描く、傑作野球ミステリー!!e-honより

*54:「週刊文春」の大好評連載エッセイの単行本、最新刊の登場です。二〇一二年の林さんは、震災を受けての東北でのボランティア活動はもちろんのこと、写真集撮影(!)のためにドバイや砂漠のリゾートに行ったり、盛岡の文士劇に初出演してその美声を披露したりと、いつにも増してアクティブでパワフル。臨場感あふれる筆さばきが、読者の胸を踊らせます。皇太子御成婚二十年に際しての特別寄稿「雅子さま、この二十年、お幸せだったのでしょうか?」と、雅子さん御婚約の時の“予言”に満ちた原稿も特別掲載します。(SE)e-honより

*55:いまのミステリー界のブームのひとつである「日常の謎」。その“創始者"ともいえる直木賞作家・北村薫氏のファンブックがついに文庫で登場します。幻の本格ミステリー・パロディ小説「早稲田殺人事件」の完全復刻のほかにも、創作の秘話や自著の解説をしたスペシャルインタビュー、作品キャラクター解説、作品徹底解説などファンにとってはたまらない内容の一冊になります。Amazonより

*56:孤独に暮らす老婆と出会った、総司。家族と片目の視力を失い、貧しい生活を送る老婆は、将来を約束していた人とのことを語り始める。e-honより

*57:最初の悲劇の32年前。ある夏の朝、中国地方の寒村・夜鳴村で黒い封筒が見つかった。そこには「王様」と名乗るものからの命令が−−。e-honより

*58:夢破れ、叔父の結婚相談所で働く活人。そんな活人の前に、外国の傭兵が現れる。一方活人の叔父は、なにやら怪しい仕事に手を出し−−。e-honより

*59:謎のゲーム、βl@ck★OUTに巻き込まれた渋谷和也、古手川仁、進藤美紗。3人を待ち受けるのは”死”なのか、それとも……。e-honより

*60:不眠・安定剤〈デパス〉につい依存してしまう団塊の世代の日常生活……中高年の置かれた精神的・肉体的不安定感を見事に描いた、文學界新人賞受賞作家による短篇集。e-honより

*61:亡くなったはずの伯父が36年ぶりに現れた。大物実業家所蔵のピカソが盗品であると証明したいという。MWA最優秀賞の美術ミステリ e-honより

*62:そのピカソには贋作疑惑までも浮上。ロンドン・ダブリンなどを舞台に、真実を探るうちに明らかになる政治的陰謀。S・キング大絶賛! e-honより

*63:赤毛のおてんば娘、ジェシー。二十歳を迎えたものの結婚にまったく興味を持てず、乗馬に明け暮れる毎日。そんな彼女が突然始めての恋におち……。レガシーシリーズ完結作!原題:The Valentine Legacy // Amazonより

*64:サンフランシスコで幼い弟と暮らすグラフィック・デザイナーのアレクサンドリア。彼女は一種の予知能力を持っていた。有名ゲーム会社社長との会食中に弟が邪悪な存在に襲われるイメージが浮かび、弟を助けようと飛び出すが、姉弟はヴァンパイアによって洞窟へ攫われてしまう。絶望的な状況のなか、金髪に金色の瞳を持つ美貌の見知らぬ男性に救われて…カルパチアン・シリーズ待望の第三弾! 原題:Dark Gold // Amazonより

*65:結婚する気は皆無で、自由気ままな独身生活を謳歌する美貌のブレイクウェル公爵。そんな彼がある日突然、自分を「呪われた身」だと信じる19歳の美しい娘の後見人になることになって……アメリア・グレイ初邦訳! 原題:A Duke to Die For// Amazoより

*66:僕は祖母から歴史に翻弄された愛の物語を聞かされ、解けなかった暗号の恋文を手にする。鹿児島、北朝鮮、シベリアを舞台に、夫婦愛、親子、そして孫へとつながる壮大な涙のラブストーリー。e-honより

*67:少年・シュンスケが駆け抜けた動乱の幕末。持ち前の明るさと好奇心で、武士になる希望を抱いたシュンスケは、「宰相」を夢見て長州の田舎から世界へと飛び出す。幕末、攘夷か開国かで揺れた青春の日々。遠くハルビンへと向かう元老は懐かしく回想する・・・。公式より

*68:神よ、この殺戮をお赦しください――!カクレキリシタンの風習を色濃く残す九州某所。堂林暦は地元の名士・堂林家で、14年前に起きた連続惨殺事件の生き残りだ。彼の帰還を機に再び繰り返される陰惨な見立て殺人の真相は? 傑作ミステリー誕生!!公式より

*69:厄介な同心と、裏稼業人を襲い天誅を叫ぶ「閻魔組」。表は堅気、裏は悪党の「善人長屋」に、二つの敵が迫る。シリーズ第二弾長編。e-honより

*70:子どもは育つ。こんな、終わりかけた世界でも。戦前生まれの晶子と若いカメラマンの真菜、二つの人生が震災の夜に交差する感動長編。e-honより

*71:累計580万部を超える人気「しゃばけ」シリーズ第1弾が新装版で登場。全て描き下ろしのイラストでお届けするファン悶絶の一冊。e-honより

*72:二八歳、初めての恋。小さな心はすぐに溢れ、周りを巻き込んで溺れていく――R−18文学賞受賞第一作、静かで激しい救済の物語。e-honより

*73フォロワー数3万3000人を超える、エッセイスト辛酸なめ子さんのツイッター本。彼女がこれまでにつぶやいたツイッターを選りすぐり、また描きおろしの漫画&イラストも加えました。e-honより

*74:『天冥の標』を展開中の著者が21世紀と23世紀を“つないで”描く、異色の時間SF長篇 e-honより

*75:海軍中尉になったピーターが愛妻アイリスと久々のデート。ところが軍服の盗難に始まって、とうとう殺人の容疑者に。逃避行兼真相究明行の果ては……。パズルシリーズ第3作。e-honより

*76:濃霧に包まれたロンドンに暗躍するメフィスト殺人犯と警視庁きっての知恵者マクドナルド主席警部の対決。クリスティに比肩される英国女流作家の最高傑作、満を持して登場。e-honより

*77:嵐の直撃で交通が途絶したフェア島で殺人が発生。故郷である島に偶然帰っていたペレス警部の捜査が始まる。現代英国ミステリの至宝〈シェトランド四重奏〉堂々の最終章。e-honより

*78:アイルランドには、以前アークライトとぼくが退治したケルトの魔女の、おそろしい復讐が待ち構えていた。危うしトム。緑の島アイルランドで一行を待つおそろしい運命とは?大人気シリーズ、第8弾!e-honより

*79:凍てついた雪野原に立つ木の枝からぶら下がる、血だらけの死体。古代の異教の神々への生贄のような異常な現場。英仏でも話題沸騰、スウェーデン・ミステリの新しい才能登場!e-honより

*80:次第に明らかになる被害者の悲惨な境遇、凄惨な過去。複雑に絡まりもつれ合う家族の愛憎。一つまた一つと明るみに出る過去の出来事。モーリーン・フォシュ・シリーズ開幕。e-honより

*81:皇帝の結婚式を目前に慌ただしいマイルズ。だか彼自身も、コマールで出会った未亡人エカテリンに求婚しようとしていた。複雑なヴォルの駆け引きも絡み、果たしてその行方は? e-honより

*82:ヴォル一族の相続問題に巻き込まれ、マイルズ自身に火の粉が。マイルズは苦境を乗り切り愛する人と結婚できるのか? 後日譚「冬の市の贈り物」も収録。ファン必読の一冊。 e-honより

*83:凄腕の暗殺者が引き受けた仕事の裏に驚愕の陰謀が。『パーフェクト・ハンター』の続篇 e-honより

*84オールスター超大作映画化 5月3日(金)より全国公開! 1949年ロスアンジェルス。恐怖で街を支配するギャングの帝王に、果敢に挑んだロス市警の男たちがいた! 過酷な闘いとその結末を余すところなく描き上げた、真実の物語。e-honより

*85:初めての仕事、新しい出会い.発達障害をもつ17歳の少年の、ひと夏の成長を描いた、さわやかな青春小説。e-honより

*86:異形の天才芸術家VS美貌の青年美術家、白熱のシリーズ第3弾!異形の天才芸術家にして父・黒形上との二度の対決を経て、ついに自分に起きた忌まわしい過去を思い出してしまった影。さらに、父と自分にまつわる、ある血の因縁の存在を知り――。シリーズ最高潮の第3弾!公式より

*87:故人の想いを解き明かすゴシック・エンタメ第2弾!遺品を"鑑賞"することで死者の想いを読み取ることができる青年・和泉。好奇心旺盛な写真家の卵・彩乃や皮肉屋な葬儀社員・透吾に振り回され遺品をめぐる謎に関わる日々だが、さらに絵画収集のライバルが現われ……。公式より

*88:あの「粘膜」シリーズを超える不条理とカタルシス!学校の不良と母親が付き合い出し家に入り浸るようになったため生きる希望を失った高校生の正矢。記憶を失い独房に監禁されたうえに拷問を繰り返される謎の兵士。二人の意識がリンクした時、凄絶な運命の幕が開く!公式より

*89:謎が響きあう九つの物語。日常の風景に潜む不条理を描き、著者の新境地を示すスタイリッシュでミステリアスな連作短篇集。e-honより

*90:誕生から、ロシア革命スターリンへの抵抗、亡命、メキシコでの暗殺までを追う。「20世紀の社会主義」に一石を投じた大作。e-honより

*91:フランス革命前夜、ルイ15世治世下のパリ。不吉な天文現象がパリに災いが起きることを予告するなか、飢饉の波が押し寄せ、財務総監の無策に怒った民衆による反乱が勃発する。その時、突如巨大な鰐の姿をした怪物が姿を現し、瞬時のうちに反乱軍と正規軍を呑み込んでしまう。暴徒を操る怪物に対し、異能の才の持ち主エレアザールは、超自然的存在の助けを借り、超能力を駆使して、怪物と配下の精霊に戦いを挑む。怪物の正体とは? 怪物の目的とは? 魔術、笑劇、SF的発想をふんだんにちりばめながら、世界中の海、陸、地下、天上、そして古代ギリシアへのタイムトラベルまで、時空を超越する物語によって西洋近代批判を展開した、18世紀フランス最大の神秘思想家による奇書中の奇書。Amazonより

*92: 終わりも答えもない恋愛の真実9歳年下の鯖崎と付き合う桃。母の和枝を急に亡くした桃の親友の響子。桃がいながらも響子に接近していく鯖崎……。”誰かを求める”思いに、あまりに素直な男女たち=”はだかんぼうたち”のたどり着く地とは――。e-honより

*93本格ミステリとSFの美しき「融合」がここにある。上海大学のユアンは国家科学局からの呼び出しを受ける。彼の論文の内容を確認したいというのだ。そのテーマとはロナルド・ノックスが発表した探偵小説のルール「ノックスの十戒」でだった…。異形の奇想ミステリ集!公式より

*94:大人気〈御茶ノ水署シリーズ〉初の長編! 幼馴染で御茶ノ水署の迷コンビ、斉木係長と梢田巡査長。所轄の大学内で、学生が覚醒剤を吸引しているとの情報に捜査を始めるが、証拠がつかめない。一方、警視庁も密かに捜査を進めていて…!? e-honより

*95:「この世に生を受けたすべてのものが放つ喜びを愛する人間。それが、アンリ・マティスという芸術家なのです」(うつくしい墓)。「これを、次の印象派展に?」ドガは黙ってうなずいた。「闘いなんだよ。私の。――そして、あの子の」(エトワール)。「ポール・セザンヌは誰にも似ていない。ほんとうに特別なんです。いつか必ず、世間が彼に追いつく日がくる」(タンギー爺さん)。「太陽が、この世界を照らし続ける限り。モネという画家は、描き続けるはずだ。呼吸し、命に満ちあふれる風景を」(ジヴェルニーの食卓)。モネ、マティス、ドガ、セザンヌ。時に異端視され、時に嘲笑されながらも新時代を切り拓いた四人の美の巨匠たちが、今、鮮やかに蘇る。語り手は、彼らの人生と交わった女性たち。助手、ライバル、画材屋の娘、義理の娘――彼女たちが目にした、美と愛を求める闘いとは。『楽園のカンヴァス』で注目を集める著者が贈る、珠玉のアートストーリー四編。e-honより

*96:40万部のベストセラー『つくもがみ』が帰ってきた! 深川の古道具宇屋「出雲屋」には、百年以上の時を経て妖となったつくもがみたちがたくさん!清次とお紅の息子・十夜は、様々な怪事件に関わりつつも、幼なじみやつくもがみに囲まれて、健やかに成長していく…… e-honより

*97:悪魔や魑魅魍魎が跋扈するノーベル賞作家の傑作短篇を精選。怪奇と超自然、エロスとタナトス渦巻く濃密な世界が、めくるめくようなストーリーで展開される。イディッシュ語原典から初邦訳。e-honより

*98:あの大泥棒が、復活! 待望の最新刊、2冊同時発売!! 謎の私刑集団の取材を進めていた雑誌記者・勝村が、絶体絶命の窮地に!? そんな中、あの男が動き出す――神出鬼没の大泥棒”山猫”の爽快な活躍を描く、ピカレスク・アクション・ミステリー最新作、ついに登場!e-honより

*99:あの大泥棒が帰ってきた! 待望の最新刊、2冊同時発売!! 悪党から金を盗み、その悪事を暴く窃盗犯がいる――山猫呼ばれる神出鬼没の謎の男をめぐる、様々な悩みを抱える者たちの人間模様。爽快ピカレスク・アクションミステリー、珠玉の短編集。公式より

*100:その日、〈さきちゃん〉にささやかな奇跡が訪れた。きつい世の中を元気に生き抜く女性たちに贈る、物語のエール。待望の短篇集。e-honより

*101:何を作っているのかわからない巨大な工場。敷地に棲む、謎の動物達。労働と生活の不条理を途方もなく奇妙な想像力で乗り越える三篇。e-honより

*102:心惹かれる土地の来歴を知りたい。飛ぶ鳥や雲の様を眺めつつ旅して、地名に召喚される土地の記憶を物語る、滋養に充ちた葉篇随筆。e-honより

*103:『ヘヴン』『すべて真夜中の恋人たち』と一作ごとに新境地を開拓する川上未映子の多彩にきらめく魅力が一冊に。待望の小説集。e-honより

*104ホロコーストがまた起こったら彼はあなたを匿ってくれる? 無邪気なゲームが照らす夫婦の亀裂。フランク・オコナー賞受賞の短篇集。e-honより

*105:金になることなら何でも手を出し、5億は下らない財産を貯め込んだ矢坂。彼が死病に倒れたとき、財産を狙う者が次々と病室を訪れる。e-honより

*106:最初の会社をパワハラで退社した芥川賞作家と、150社以上就職活動と転職活動をした経験をもつコラムニストが、世間知らず・不器用・KYなままでも、なんとか社会で生き延びていくための「ダメを磨く」技術について語り尽くす。世の中をすいすい渡っていけないことに悩む、すべての悩める女性のための処方箋。e-honより

maguritmagurit 2013/03/19 17:49 こんにちは。今月もありがとうございます。といっても、随分遅くなりました。/2月半ばから今まで、ちょっと心身が苦しかったものですから。/ようやく川上弘美さんの『なめらかで熱くて甘苦しくて』を読み終えました。日記にも少し書きましたが、川上さんらしい文章です。もう少し体調がよくなってからもう一度読み直したいと思います。//クトゥルー小説情報、ちょっと遅くなりましたが、朝松健さんの『邪神帝国』と菊地秀行さんの『妖神グルメ』が創土社から復刊されました。前者は特にオススメです。//すっかり暖かい日が増えてきましたが、寒暖の差が激しい日もあるようです。ご自愛ください。

でこぽんでこぽん 2013/03/21 20:21 マグリットさん
こんにちは。トラックバックとコメントをありがとうございます。
川上弘美さんの「なめらかで熱くて甘苦しくて」は良さそうですね。楽しみです。
マグリットさんオススメの朝松健さんの「邪神帝国」に興味津々です。ちょっと気持ち悪そうにも思えるんですがすごく面白いんでしょうね。一度読んでみたいと思います。最近はケルスティン・ギアの「紅玉は終わりにして始まり 時間旅行者の系譜」というタイムトラベラーの話を読みました。同じような話だったらコニー・ウィリスの「ブラック・アウト」のほうが話の密度が濃くて断然面白いんですが、これはこれでゆるい感じが結構楽しめました。年取ってくるとのんびり読めるものも必要ですね。