dekorin日記でした



カテゴリサーチ
読書マンガアニメゲームRO模型イベントバイクアウトドア
同人PCwebnetworkオークション音楽デジモノ衣類WoT

主にエロゲ関連のプレイ感想、ライブレポ、同人イベント、読書その他日常で出来ています。
カテゴリだと色々引っかかる場合には「日記の検索」からキーワードで検索することをお勧めします。
同人イベントは[同人][イベント]、ライブは[音楽][イベント]等で検索を。
結構同じネタで後日に書いてたりします。なので近くの日付を見るのも有効かな。

常設リンク
めすか日記 睦月堂 かぷち〜のさん 地底変動 ネオネオ・バカバナシ つぶらさん
電柱もけん  木村バナナ農園
榊原ゆいWiki(Pass付) dekorin@Wiki(バイクとかまとめ)

最新イベント予定(随時)
2008年ライブまとめ(未)
2007年ライブまとめ(未)
2006年ライブまとめ
2005年ライブまとめ

「こころリスタ!」2015年10月30日発売!

2016-09-03

[]高水三山

靴買って足慣らしにまだ行ったことのなかった高水三山を回ってみることにした。あまり早くいく必要がないのでホリデー快速の最後ので。

天気は悪いような予報だったが晴れていて最後まで崩れることはなかった。台風が何度も通った後だからか路面はあまり良くなかった。概ね奥多摩っていう感じの道だった。山域が近いので棒ノ嶺の下りに近い印象。登り始めから体調が悪くてペースは全く上がらず、コースタイムで何とか踏破って感じだった。沢登り以来膝の調子は良くない。

全体的には展望はあまりなかったが、岩茸石山の山頂は秩父方面が良く見えた。あとはトンボが増えて虻はいなくなったけどスズメバチが飛んでいた。キノコは少し生えてたけど気候条件があっていないのか生えそうなところに生えていない。

とりあえず慎重に歩いてじっくり靴を鳴らしてみたが、大きな問題はなさそうだった。底の硬さを直に感じるのでクッション性の強めのインソールがほしいかな。テーピングしてたので足首の不安は感じず。いつもの靴よりかなり蒸れるがびしょ濡れってほどではないし仕方のないところ。足首はテーピングのおかげで安定しているものの膝が痛くて困る。

[][]えろっくないと 2回戦

えろっくないとの2回目。場所は変わらず新宿ヘッドパワー、というか新宿とは認めたくないくらい新大久保。東新宿は近いんだっけか。山を登ったその足でライブを回すという暴挙再び。1回目の思い出は何と言っても前日のエロゲバンオフからの流れで2日回した人たちのインフルエンザが大流行したこと。みんな揃って翌日熱が出たって言って数日寝込んだ人が多数という何とも言えない結果を招いた。今回はエロゲバンド界隈の人は少ない。

サーモンピンクグランスはまた変化球の選曲で嬉しいことこの上ない。気分は大発明から始まるバンドがこれまであっただろうか、本家ワンスト除いて。自分の高まりに反して周りの盛り上がりはいまいち。ルシエドさんとさいころさんはさすがに分かってるけど。ラブラブウォーズ、ラグナロックと結構盛り上がるところで攻めてくる。Be loudはちゃんと聞いてないというかDEARDROPSはOP以外はライブで聞いたきりだな。希望のウタは定番なのかな、それなりに頑張った。演奏はまとまってて音もちゃんと作っててコピバンとしては上々の部類だと思う。歌はキャラ薄いけどどの曲も声出てたし特に問題はなかったと思う。可愛い系の声の方が良く歌えていたかな、太さのいるのはちょっと弱かった。でも選曲的にも演奏のバランス的にもまた見たいバンド。

STARDROPSはOVERDRIVEのカバーバンド。といいつつGROOVERも混ざってるよね。TFTNTYTDは分かったけどキラキラは後からどんどん曲が増えてもう知らないのばかり。ツアー回ってゲーム出た当時の曲は全部聞きこんでたのに、なぜこんなにも知らない曲ばかりになったのか。モノクロームはよくやりがちな入りのテンポ間違えてずっと走りっぱなしだった。あとリズム隊が安定してなくてものすごく乱れてた。スクールバスのコール入れられる人はもういなくなってたのか。2番からは付いてきてくれたので良かった、でもどうも客で一人だけはしゃいでた気がしてならない。ラジオd2bは辛うじてわかったよ…。ボーカルはアッパーボイスもちゃんと出てて頑張ってたけど、演奏は曲によっては乱れが目立ってた。まあノリで押し切れる曲が多かったしこれはこれでいいのか。

心の穴を埋める会はゆずソフトバンドらしい。久々に見た男性ボーカルバンド、ためらいなく女性ボーカル曲も歌うあたりとても評価したい。斬戯さん以来かもしれん。Girl meets loveはいきなり盛り上がるところだけどゆずバンドじゃないのか。村正は普通に男性ボーカル曲だし。Babyは予想外の選曲でこれもかなり良かった。ライブでちゃんと盛り上がる曲だしね。Einsatzは聞きあきた…。演奏超頑張ってた。ラストは恋せよ乙女でやっとゆずだった。ライブバージョンじゃなかったわ。音作りも良くて演奏はかなり良かった。比べるとボーカルは歌えてるけど少し落ちるかなと思ったけど、男声だから無理があるだけで高音も結構伸びてて良かったと思う。選曲も演奏もツボをついててこれもまた見たいバンド。

Ducaバンドはメンバーがほぼ入れ替わったらしい。選曲は新しいのを取り入れてよかったと思う。本人もこういうセトリならいいのに。でも最後は観覧車だと思ったよ、ちょっと聞き飽きてきた。演奏は良かった。ボーカルも声の出てるところは良かったと思うのだけど、歌い出しで声が出てなかったり自信なさげなところで声が小さくなるのがダメだった。あし天と観覧車は速いからか安定してなかった気もするなぁ。あと僕の個人的な思い入れがあり余ってるがゆえに歌詞の間違いに気づいてしまうのが辛い。あし天もアマオトも間違えてたが、観覧車が間違いまくっててどうしたもんか。最後の「もう回らない観覧車」の部分がなかったぞ。ボーカルはDuca好きでもない人を適当に拾ってきただろう、これは。まあDuca本人も歌詞間違えるけどね。周りの反応みても概ね曲が好きっていう割に歌詞間違ってても気付いていないみたいだし、いつも温度差を感じる。

残念な僕らの金銭事情は前回に続いて参加の主催バンド。ごった煮系だけどサーモンピンクよりはだいぶメジャー志向。水戸愛とバンド名からチュアブル押しなのかと思ったけど今回は全くそんな気配もないセトリだった。夏恋は良い曲だけど客のノリはちょっと半端になるかなぁ。あまり隙がないんだよね。ウォブルも似たような感じ。Scarletはまあ慣れたもんだよね。白日夢は車輪の移植OPか。ボーカルの明日葉さんのコスが車輪だったらしいけど、ちょっと違ったデザインの上にワッペンなしだったので認めがたい。Sacrifice loveはそんな好きでもないのは思い入れが特にないからか狙ってる感じが嫌なのか。客のノリは難しい。演奏もボーカルも良かった。ボーカル的にはダメ系のボーカルでは良い方かな、カラオケの上手い人よりちょっと踏み出したくらいの位置にはいると思う。

milktubはメイン扱いする感じでもなかったのに順番というか扱いが悩ましい感じ。最後に持ってくるのに見合わないと思う。アコースティックでコミックバンド的なノリで面白かったけど、やっぱり最後に持って来られてもなという印象は拭えなかった。エロゲソングじゃなかったし、イベント主旨にもそぐわないと思ったがなぜ呼んだのか。パフォーマンスそのものに文句があるわけではないのだが。

イベントとしてはごった煮系の良いバンドが多く、楽しいライブだったのでこのまま続けて開催してほしい。ゲストはもうちょい考えてほしかったかな、それで客が増えるとも思えないし。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dekorin/20160903

2016-08-30

[]靴サイズメモと買ってしまった靴

秀山荘で特価品を試着してみたのでざっくりメモ。モデルによっても違うとは思うので参考までに。

ザンバラン ジョラスはEU43だと通常28cm相当だと思うが全体に小さくもう2サイズ上げたほうがよさそう。ザンバランは小さめの作りで2サイズアップくらいで見ておいた方が良いとのことだった。確かに換算表を見てもザンバランは小さいみたいだし、EU46で28?相当になっていた。他は44で28cmくらいなのに。LOWAのチベットもサイズがいくらかあったので履いてみたが、なかなか良かった。少し幅広かもしれない。靴ひもの緩み防止のI-LOCKとベロのずれを防止するX-LACINGは良い。重さは履いている限りそんなに感じなかった。割引率がもう少し高ければ決めていたかも。

結局旧モデルのスカルパ クリスタロGTXが半額だったのでサイズの残ってたEU45を買ってしまったが、幅はわずかに大きく爪先は1cmくらい長く感じた。現行の44で合わせたらジャストサイズだったのだけど、中敷きを変えてもらったら甲が当たってしまったし、靴下をもう少し厚手にした場合にきつくなるかなと思ったのでEU45でいいやと。サイズ換算的には28.5cmくらいになるようだし、このくらいまでは許容範囲だと思う。最終的には長時間歩いてみないと分からないところもあるしね。レベルGTXは履き口がすごく良くなって軽くておすすめって言われたけど、3シーズン登山靴としてクラスは同程度のものに5万はちょっと。冬靴買うときにまた悩むよ。2014にモデルチェンジしてるので3年前というのはどうだろうという気もするのだけど、さすがにすぐ壊れたら店でどうにかしてくれるだろ。特に何も言っていなかったので大丈夫ということだと思うし、旧モデルでソールはがれたとかいうレポも見ていないので。ナイロンの部分の強度が上がったのとターンインが弱くなったというのは聞いた。ソールはビブラム・モレーンからビブラム・ペンタックストレックに変更されてクライミングゾーンがなくなったりパターンが深くなったりで厚みが増して耐久性を上げる方向になってる模様。その分重量もわずかに増えてるし。自分の用途ではソールがなくなるまで使い切るのは無理かなと思うので気にしない。カラーリングは現行モデルの方が好みだけど気にすることでもなし。高い山に履いていく前に足慣らしに出かけないとなぁ。

家でミズノの厚手ウールソックスで履いてみたらかなりぴったりだった。靴下で調整できるならそれでいいや。とりあえずはインソールそのままで試して、不満があれば替えればいいかな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dekorin/20160830

2016-08-21

[]沢登り体験会

沢登りの体験会で奥多摩に。ishitetsuさんと一緒に初めての体験だったがとても楽しかった。台風の影響で危ぶまれたが、天気は快晴と恵まれたので水辺遊びには非常に良かった。

序盤からちょっとした滝や岩は何事もない感じで登ってねという進行だった。クライミングの遊びでハーネスやロープは触った程度だったので心配だったが、ちゃんと保持すれば意外と登れるものだった。危ういところではロープを出したり懸垂下降したりする部分もあったが、おおむねロープなしでも登れて楽しめた。歩いた距離は3?にも満たない程度で、帰りはあっという間に戻れてしまったが、短いながらも充実した経験だった。

また行きたいなというのと自分でもやりたいと思うのだけど、まずはクライミングの技術を学ぶ必要がありハードルは高い。ボルダリングジムとか通うべきなんだろうか。

[]Princeton Tec Sync 40th Anniversary

プリンストンテックのシンクの40周年記念モデルがさかいやで3000円と安かったので買ってしまった。シンクは2015のバックパッカーのエディターズチョイスにも選ばれていたので使いやすいのかなと。

http://www.backpacker.com/gear/essentials/lighting/category-headlamp/2015-editors-choice-princeton-tec-sync/

まあその割には海外でもレビュー評価はそんなに高くないのだけど。単4乾電池3本と標準的な仕様で、光量の多いスポットと周辺を照らすフラッド、暗所用の赤色LEDをボタンではなくトグルスイッチで選ぶ形式。オフから下に回してフラッド、スポットと切り替わり、上に回すと赤色、ホールドと切り替わる。暗い状態から白色を経由せずに赤色を選べるのは良い。また、ホールド位置にすると本体の角度を変えていない限りはスイッチを誤って回すことがないような作りになっている。ホールドからも赤色がまず来るので暗所に目が慣れているときには目に優しい。重さは単4電池3本なので標準的。使用時間と明るさはまだよくわからない。おそらくだらだらと暗くなるタイプなので一晩使うのが精いっぱいだとは思うが。予備電池は持つべきだろう。

さて、そんなシンクだけど防水性能はどこにも書かれていない。構造的にちょっと水がかかるくらいには耐えそうであるが、BDでもモンベルでも3000円程度の価格帯のものはどれも防沫程度の性能になっている。ちょっとくらいは耐えるだろうしと沢登りのザックのポケットの中に入れておいたが、終わってみて家に帰ると点灯したままになっていた。スイッチをオフにしていてもその状態だったのでどこか浸水してショートしてしまうのだろう。電池を抜いて乾かしたら正常な動作に戻ったが、これは雨の中では使えないかもしれない。まあ、ショートしても壊れるのではなく点灯した状態というのなら使えないということもないのだろうけど。なんにせよ予備のヘッドランプがあったほうが無難という気がするので、評価としていまいちというのはわからなくもないなと思った。モンベルは赤色LEDがないし、BDはありきたりで嫌っていうときの選択肢に入れるにはいいかも。安いしね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dekorin/20160821

2016-08-12

[][]コミックマーケット90 1日目

朝起きるのきつかったのでソフマップの台物販会に行ってからビッグサイトに。台物販はAMS館に並んだが20人いなかった。こっちでなら余裕で買えたものも多かったかな、キャベツソフトとかクロシェットのタペストリーとか。クロシェットのセットとナナウインドのセット、WhirlpoolのCDは売り切れてたので、戯画セットとウィザーズコンプレックスマキシだけ買った。

コミケはすでにフリー入場、クロシェットの列は短かったのでさっくり並んで買えた。HOOKも戯画も列短かったし、通販の必要なかったか。最終的にぱれっとに並ぶ以外の選択肢はなく、諦めて並んだら思ったよりも短くて回転もよかった。1時間半くらいでオトメドメインサントラ、アリスグラムのセット、Whirlpoolボーカルコンプリートをゲット、@渦巻きディスクももらえた。Tinkerbellは通販したのでスルー、HARUKAZEとまどソフトセットを買っておしまい。CDばかり随分と買ったものだ。

YoGANさんところのアニメOPレビューに今回も参加したので、本をもらって移動。ディファ有明に。

[][]トラベリングオーガスト2016

毎年の恒例になりつつあるオーガストの音楽コンサート。今年はディファ有明でオルスタライブ形式。ボーカルとBGMメドレーが交互に入り、和楽器中心のアレンジで楽しめた。3列目あたりにいたのでDVDになったら映ってるかも。

声優による前ナレやアンコール、中の人ネタなどわかりやすい振り。基本はゲーム映像とステージ映像をスクリーンに映すなど、演出構成も定番のもの。演奏は良かったが一部音源は同期だったし、ノリの良い曲をアレンジで乗りにくくしてしまっていたりと、ライブ形式にしようということや音へのこだわりの点ではこれまでのライブに明らかに劣るものだったのが残念。客は呼べなかったんだろうけど、好みとしては2回目のオペラシティのが一番良かったなぁ。

トラベリングオーガストは今回さらにバージョンアップしてEternalに。最後にエタデス追加で合唱するという残念極まりないアレンジになっていた。scorpioが一番良かったと思うんだ。明日もあってセトリ少し変わるらしいけど、雰囲気は掴めたし大きく変わることはないだろうからこれでOK。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dekorin/20160812

2016-08-09

[]Olympus OM-D E-M10

E-PM1を買って早速だけど、使っていて不満な点などがわかってきてしまったのでもう少し使いやすいのを買おうと思い立ってしまった。で、PL7でもよかったのだけど、ダブルズームがなかなか下がらないし、レンズはすでにあるといえばあるのでどうせならとファインダーのついて高機能なE-M10を買うことにした。大体状態の良い中古が32000円前後で難ありで3万を切るあたりだったので、キタムラで中古3万はまあ安い部類かなと。ボディのスレは使ってれば仕方ないので気にせず、撮影機能周りは問題ないとのこと。

E-M1は高いしそこまではいらないので却下、E-M5は性能的な不満はないけどソフトウェアが古いのでそこで損をしている部分が多いかなと。E-M5 Mk2が一番欲しいものに近かったけどまだ高い。E-M10 Mk2は半端でちょっと高い。一番半端なところではあるけどソフトウェアは最新で機能的にもほしいところは十分に押さえているのでこれで慣れればいいかと。

一応選択理由としてはライブコンポジット、ライブバルブとLVバーストで暗所撮影周りの機能は十分にあること、手ぶれ補正は段数的に今まで使っているのよりは優れていておそらく不満はないだろうこと、Fnキーとダイヤルが多く操作性が良いこと。レンズの対応も比較的新しいこともあって色々なレンズで十分な性能が出ると期待できる。色収差も撮って出しで問題ないレベルらしいし。暗所性能はソニー製センサーになってかなり向上しているみたい。

実際に使ってみないことにはまだわからないけど、E-PM1で感じた不満はおおむね解消されると期待している。暗所性能の低さ、ソフトウェアが古いことによる撮影機能の不足、レンズ対応の悪さ、モード切替の面倒さ、明るい場所での液晶の見にくさは問題だった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dekorin/20160809

2016-08-07

[]大型ザック選び

大型ザックが欲しいけど何を買ったらいいのか迷っているのであれこれと背負ってみることにした。一応候補はグレゴリーのバルトロ、スタウト、オスプレーのアトモスAG、イーサーあたり。海外から買えばケストレル68なんてのもあるみたいでちょっと迷う。

スタウトはサイズ的にはLでちょうどよい。縦長で好みではあるのだけど、サイドポケットはとても使いにくそうだった。あと下側にコンプレッションベルトがないので、荷物をいっぱいに詰めない時に下に重心が偏りそうだし不格好になりそう。そこを廃する理由はいまいちわからん。バルトロは背中との間に空間ができて、密着感が薄かった。それでもあまり振られる感じはなくどこかに偏って荷重がかかるという風でもないのでよく出来ているのだろう。Mサイズで問題なかった。Lだとウエストベルトも大きすぎるだろう。特に不満はないけどすごくフィットしているという感じでもなかったので、これでいいのだろうかと漠然とした不安がある。何となく幅も厚みもあってぼってりとした感じなのは好みではないので悩ましい。アトモスAGはLサイズだとウエストベルトが長すぎるのでMかなと思う。しかし背面のメッシュパネルのせいだろうが、20kg近く入れると後ろに振られる感じで安定しない。リフターを引いても密着しないのでこういう構造とのこと。イーサーはMで十分な大きさ。アトモスに比べると背中に密着して安定感がある。重さの差も感じないし、これでいいかなって思える程度の満足度。バルトロに比べるとすっきりしてて好みだが、バルトロの方が荷重のかかり方は良いのか、楽な気がした。背中と背面にそれなりに重さがかかるので、腰で支えるバルトロよりも疲れを感じるのが速いかも。ケストレルは48しかなかったが、タロンみたいにペラペラではなくそれなりにしっかりしていた。58はもう少し肩と腰のベルトの厚みがあるという話だったので、68で20kgくらいは問題なく背負えるのかもしれない。密着度はイーサーに近いのかな。MLサイズなのは分かっているので迷いは少ない。

さて、こんなものなんだけど、ドイターのエアコンタクトも良いとか言われてまだ迷いが。気持ち的にはケストレル68を試したいのが大きい。ダメだったらイーサーかなぁ。イーサーは買うとしたら秀山荘のおんぼろ市狙いだな。多分今月中には決断してると思う。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dekorin/20160807

2016-07-31

[]木曽駒ケ岳テント泊 2日目

3時ごろにelekichi君にテントを叩かれて目覚める。大体起きる予定の時間近くで眠りも浅かったから多分自分で目覚ましで起きただろうけど。前夜の雨は消えてなくなり、見事に満天の星空。東の空には細い月がある程度で十分な暗さだった。星が多すぎて目印になる星が見えないくらい。ざっくりと三脚で固定して星空撮影してみたものの、ライブビューが暗くてどこが範囲になっているか分からず難しかった。魚眼9mmでなお60秒では流れてしまったが、暗い星まで十分に移そうと思うとそのくらいの開放時間は必要だな。設定詰めてもう少し慣らしたいところ。何枚か一応納得できるくらいに移ってたので良しとしよう。起きた時間が遅かったのであまり夏の星空って星座はなかった。

日の出の時間を確認して、空が白み始めたのを見つつ出発の準備。アタックザックに適当に詰め込みつつ三脚も持って行ったけど、三脚は要らなかったな。登ってる途中でかなり明るくなり、ヘッドランプは要らなくなった。山頂で日の出を待ち、出る前の空を撮影したり、なかなか待っている時間も楽しかった。ちょうど八ヶ岳の真ん中あたりから日の出。日が昇ると雲海も光って綺麗だったし、駒ヶ岳の影が逆の雲海に映ったりとかなりの絶景だった。本当に晴れてよかった。十分に堪能した後はテント場まで下り、テントのフライをめくったり乾かしつつ朝食の準備。

朝食はペンネを茹でつつ、ゆで汁でマッシュポテトの素を戻したり、スープを作ったりと再利用しながらペンネとポテトとスパムを合わせてもくもくと食べた。炭水化物多すぎだしパスタのゆで時間かかりすぎ。前夜にジップロックに水とパスタ入れてふやかしておくべきだった。次回への反省点。食後にテントを撤収して出発準備を整えて帰路に。宝剣山荘の前にザックを置いて、貴重品だけアタックザックに入れて宝剣岳に。鎖場が最後にあり、山頂は狭いので完全に詰まってしまった。宝剣岳を抜けて先に行く人はそんなに多くないのでほとんどがピストンで、最後の鎖場がすれ違えないから山頂の人数を確認しながら行き来する状態。かなり時間がかかった。宝剣岳からの眺めは駒ケ岳からの眺めとそんなに変わらないから、岩場や鎖場を楽しむにはまあよかったのかな。

乗越浄土から先もちょうど日帰りで登る人と宿泊した人の下りとがぶつかって、登りも下りも大渋滞って感じだった。急いでもどうにもならないのでちんたらと歩く。千畳敷カールの遊歩道を一周して猿やら植物を見つつ、ロープウェイの乗り場に並ぶ。乗り場は大行列になっていて、整理券が配布された。並んだ中ではまだ前の方だったのかな。ロープウェイで下りるともう真夏って感じの熱気で、バスの中も日当たりが良く暑かった。帰りの中央道は事故渋滞と自然渋滞で都内まで6時間かかる有様。帰りは辛かったけど山登り的には天気も良くテント泊と山の景色は楽しめたので非常に満足な内容だった。45Lのざっくだとテント泊には少しぎりぎりになってしまうので、もうワンサイズ大きいのを買うべきだったかもしれない。今15L、22L、33L、45Lという構成だけど、45Lはもう少し軽量ザックにして1クラス上をしっかりした構造のものにしたらよかったな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dekorin/20160731

mirai『ハナヒメ*アブソリュート!』5月27日発売!
【サクラノ詩】応援中!