日々の読書を糧にして-備忘録と駄文感想 このページをアンテナに追加 RSSフィード

deku_decさんの読書メーター

2012-11-22 怪笑小説

怪笑小説

| 00:42 | 怪笑小説 - 日々の読書を糧にして-備忘録と駄文感想 を含むブックマーク 怪笑小説 - 日々の読書を糧にして-備忘録と駄文感想 のブックマークコメント

怪笑小説 (集英社文庫)

怪笑小説 (集英社文庫)


内容(「BOOK」データベースより)

年金暮らしの老女が芸能人の“おっかけ”にハマり、乏しい財産を使い果たしていく「おつかけバアさん」、“タヌキには超能力がある、UFOの正体は文福茶釜である”という説に命を賭ける男の「超たぬき理論」、周りの人間たちが人間以外の動物に見えてしまう中学生の悲劇「動物家族」…etc.ちょっとブラックで、怖くて、なんともおかしい人間たち!多彩な味つけの傑作短篇集。

 一番初めの短編「鬱積電車」を読んでまず最初に思ったことは、星新一ショートショートみたい、ということ、まあ、つまり、好みじゃないということですが。うーん、なんで星新一ショートショート、嫌なんだろうと考えたら、人間の心理の嫌な部分を露にすることが多く、人のやさしさとかが描かれることが少ないからかな。そして、ハッピーエンド好きだが、そういう結末もほとんど期待できないというのも苦手な理由に含まれると思う。

 個人的には、語り手に感情移入して読み進めることが多い(長編だと、読み進めるうちにその度合いが低くなることも多いが、短い作品だとどうしてもそうすることが多い)ので、その語り手が嫌なやつだったり、語り手が責められているような内容だと辛いので、読んでいて面白いとはどうしても思えんのだ。

 「しかばね台分譲住宅」、未来にその風習が残ったというオチだが、この作品の時代が発祥だとすると、発生の経緯は残されていると思うがな。あんなことやっていて、死体が見つからないとはとても思えない。まあ、その未来のレポーターが勉強不足だといわれれば、ああ、そう、としかいいようがないが。

 「動物家族」、今まで我慢していたことが、他人には大したことのないことで、今までのと合わせて沸点に到達して、キレてしまうというのがうまく描かれている。直前のキレる契機になった出来事だけ見ただけ、それをとってキレやすい若者云々と理解不能な存在として片付けるの、ではわからないことがあるというのがよくわかる。

2010-11-05 神の裁きと訣別するため

神の裁きと訣別するため

| 00:09 | 神の裁きと訣別するため - 日々の読書を糧にして-備忘録と駄文感想 を含むブックマーク 神の裁きと訣別するため - 日々の読書を糧にして-備忘録と駄文感想 のブックマークコメント

内容紹介

器官なき身体」をうたうアルトー最後の、そして究極の叫びである表題作、自身の試練のすべてを賭けて「ゴッホは狂人ではなかった」と論じる三十五年目の新訳による「ヴァン・ゴッホ」。激烈な思考を凝縮した二篇。

河出書房新社サイト 文庫・新書 > 河出文庫/海外の作品

より)

詩と書簡。糞便性とか結構汚い言葉が多いのがちょっと。やっぱり、僕は詩の良さが分からないのなあ。解説の、著者の精神病院の9年にわたる監禁から退院した後の1年10ヶ月の活動を評価した文である『これらは文学の歴史であれ、なんであれ、歴史上ほとんど誰も経験したことのない、信じがたいような「出来事」であったといえる』(P177)とか『アルトーという「謎」は、精神医学精神病理学、文学、哲学社会学、等等という学問の専門領域の存立と境界を、それらの条件を無に帰せしめ、嘲笑い、爆破してしまうほど、本質的でむき出しの歴史的にして超歴史的な「事例」だったのである』(P181)なんて言うのを見るとすばらしく面白そうに見えるのだけど。

2010-07-09 ベリーベリー(クロベタハート)エンジェルス 理事長閣下の特務機関!?

ベリーベリー(クロベタハート)エンジェルス 理事長閣下の特務機関!?

| 00:05 | ベリーベリー(クロベタハート)エンジェルス 理事長閣下の特務機関!?  - 日々の読書を糧にして-備忘録と駄文感想 を含むブックマーク ベリーベリー(クロベタハート)エンジェルス 理事長閣下の特務機関!?  - 日々の読書を糧にして-備忘録と駄文感想 のブックマークコメント

内容(「BOOK」データベースより)

高校に復学した僕を待ってたのは、理事長の従姉さんが設立したスパイ部部長の座!?聞けば、学園は今、校長をも凌ぐ権力を持つ生徒会によって、やりたい放題にされているらしい。その生徒会に対抗すべく、従姉さんが設立したのが、15番目の文化系部を隠れ蓑にしたスパイ部―通称“壱伍機関”だ。だけど所属の部員は全員美少女なのに性格も行動も、激しくヘン!従姉さん、こんな変人たちを率いさせて、いったい僕にどうしろと…。

読んでいて疲れないのはいいけど、それだけという感じ。『楽園』の人たち、ファンタジーなら好みはしないけど許容できるけど、一応現代を舞台にしているのに定型的なうえに薄いキャラはどうも苦手だ。おかしな学園の、おかしさの理由についてこの巻で説明がされていないのは説明不足のような。1巻で事の大小を問わず、ハートマークのあざの秘密とか『楽園』についてとかの解決にまで至っていないのがちょっと。キャラクターと展開されているラブ(エロ)コメを楽しむべきものなんだろうけどそれも個人的にはちょっとあわなかった。

2010-04-09 お釈迦様もみてる 自分応援団

お釈迦様もみてる 自分応援団

| 00:05 | お釈迦様もみてる 自分応援団 - 日々の読書を糧にして-備忘録と駄文感想 を含むブックマーク お釈迦様もみてる 自分応援団 - 日々の読書を糧にして-備忘録と駄文感想 のブックマークコメント

お釈迦様もみてる―自分応援団 (コバルト文庫)

お釈迦様もみてる―自分応援団 (コバルト文庫)

内容紹介(BOOKNAVIより)

「マリア様がみてる」姉弟編! 男だらけの体育祭!!

二学期、ホームルームでは体育祭の代表選手を決めていた。イベント好きの祐麒はクラス対抗をがんばろうと思うが、周りは何故かさめている。実は、花寺の体育祭には、祐麒の知らない秘密が…!?

なんで祐麒だけが暗黙の了解を知らないんだろう、そこが少し納得いかない感じ。

小林と微妙な雰囲気になったままでモヤモヤが残ったまま話が進んでいくのが、個人的に好みでないのですっきりと話に入り込めない。

表の枠組みから外れて、裏の枠組みでの点の取り合いにこだわるのが多数派になる状況はなんだか異様だ。

まだ祐美も生徒会に入っていないから、もうこのシリーズ4冊目だというのに本編の1巻の時間にも追いついてないので、もう一寸時間の流れを速めてほしい。

2010-01-22 1×10 藤宮十貴子は懐かない2

1×10 藤宮十貴子は懐かない2

| 00:03 | 1×10 藤宮十貴子は懐かない2 - 日々の読書を糧にして-備忘録と駄文感想 を含むブックマーク 1×10 藤宮十貴子は懐かない2 - 日々の読書を糧にして-備忘録と駄文感想 のブックマークコメント

1×10  藤宮十貴子は懐かない2 (富士見ファンタジア文庫)

1×10 藤宮十貴子は懐かない2 (富士見ファンタジア文庫)

内容(「BOOK」データベースより)

「藤宮、ひょっとしておれのこと好き?」一条天馬は、恐る恐る訊いてみた。いつもツンケンしていた藤宮十貴子が、あのコレットとの一戦以来なんか変だった。その、なんだか自分に対し妙に優しい。だから訊いてみた…のだが、「あなたはひょっとして頭が悪いのですか?」勇気を出して口にしてみたのに、結果はこのありさま。そのうえ、十貴子のファンクラブにボコられるわ、彼女の友達に呼び出されてスゴまれるわで、天馬の日常はどんどんメチャクチャになっていく。その事態を脱するため、彼が案じた作戦とは?迷宮に入りこむ学園ハード・ラブコメディー、加速。

今回は山田さんの視点が多め。

まだ2巻と序盤なのに、特に新しく明かされる事情があるわけでもなく新しくキャラクターが増えるでもなくて、ストーリーの起伏が乏しいように感じる。最後の引きでようやく新しい展開。