日々の読書を糧にして-備忘録と駄文感想 このページをアンテナに追加 RSSフィード

deku_decさんの読書メーター

2011-04-30 変態王子と笑わない猫。 2

変態王子と笑わない猫。 2

| 01:51 | 変態王子と笑わない猫。 2 - 日々の読書を糧にして-備忘録と駄文感想 を含むブックマーク 変態王子と笑わない猫。 2 - 日々の読書を糧にして-備忘録と駄文感想 のブックマークコメント

変態王子と笑わない猫。2 (MF文庫J)

変態王子と笑わない猫。2 (MF文庫J)


内容(「BOOK」データベースより)

夏が終わる。十六歳のたった一度きりの夏が。いったいぼくは何をして過ごしたというのだろう?大いに焦る横寺陽人は、今日も今日とて空回り。月子に振られ、小豆に振られ、ポン太に振られ―自宅までも消滅した。なんで?どうして?どういうこと!?雷雨のなかにひとり、なにもかも喪って、どこに行くあてすらもない。「それなら先輩。今夜は、わたしの家に泊まるですか」「あ、うん。うん?」…夏の終わりの台風日和。最後の最後に、最高のホームランイベントが待っていた。風呂場の裸。縛られる布団。落ちる手錠。破られる衣服。そして―土蔵に潜む猫?早くも人気沸騰の爽やか系変態青春ラブコメ第二弾。バイバイ、ぼくの初めて―。

『ぼくの人生が詰まされかけたり』(P20)、そういう自覚がありながら、あのような態度を取り続けることができたというのはすごいよ。やっぱ大物だね横寺、変態だけど。

陸上部副部長、また変なキャラ出てきたなあ。

『ぼくの命も光年単位で長持ち!』(P138)光年は時間の単位じゃない、間違いなのか、わざとそう書いているのかわからんな。

猫神、本家本元は家で奉り若死にする、という呪いみたいな条件だが、その家の人間ではない横寺と小豆の願いまでかなえたのは何でだ、この2人も若死にしないかちょっとだけ不安になるよ。

鋼鉄の王、変なキャラクターだな。本気で心配になるほど騙されやすい。そしてラスト、なんでそうなる。このままハーレム展開で進むのならいまいち趣味ではないかも。

2011-04-29 変態王子と笑わない猫。

変態王子と笑わない猫。

| 00:22 | 変態王子と笑わない猫。 - 日々の読書を糧にして-備忘録と駄文感想 を含むブックマーク 変態王子と笑わない猫。 - 日々の読書を糧にして-備忘録と駄文感想 のブックマークコメント

変態王子と笑わない猫。 (MF文庫J)

変態王子と笑わない猫。 (MF文庫J)


内容(「BOOK」データベースより)

横寺陽人は頭の中身が煩悩まみれな高校二年生。ひょんなことで“笑わない猫像”に祈ったら、心で思ったことがいつでもどこでも垂れ流しになってしまった!人生の大ピンチを救ったくれたのは、クールでキュートな無表情娘、筒隠月子―「頭の先から尻尾の終わりまで撫でまわしたくなる感じの子だなあ」「変態さんですね」「ち、違っ、褒め言葉の一種だよ!?」「裁判沙汰の多そうな変態さんですね」「!!??」とにもかくにも猫像のせいで喪われた本音と建前を奪還しようと、ふたりは協力してアニマル喫茶に行ったり水着を買いに行ったりお嬢様のペットになったり―ん?第6回新人賞“最優秀賞”受賞、爽やか変態×冷ややか少女の青春迷走ラブコメ!

「好きラノ」と「ラノツイ杯」両方で新規一位の作品

『ジャージを忘れちゃったのね、君ったら仕方ないなあもう、わたしのジャージを貸してあげるわ、でも一枚しかないから二人で着るのよ、ふふ』(P25)うん、この妄想の意味が分からない。理解を超越しているねえ、さすが変態王子

横寺、本音が隠せないようになって、周囲の環境も悪化したというのに、いっさいへこまない精神力はものすごいな、尊敬に値するよ。小豆梓への調査(ストーキング)をして本人にその内容を脚色を交えながら話すって考えてみるとかなり気持ち悪いが、そのあとの会話には声を出して笑った。

筒隠が横寺のどこらへんにほれたのか本気で分からん。

鋼鉄の王、最後でイメージが変わるなあ、最初はもっと完璧超人タイプのキャラだと思っていたよ。鋼鉄の王の人格矯正力やばい。