Hatena::ブログ(Diary)

diary

2014-02-08

ありがとうございました!

南沢コーラス・新宿vocal ensemble演奏会

無事(?)終了いたしました。


20年ぶりという大雪の中

聴きにいらして下さった皆様

本当にありがとうございました。

客席に誰もいないことを覚悟していましたが

こんな天気でもいらしてくださる方がいる、という事実に

身が引き締まるおもいでした。

そしてこれは、何も今日に限ったことではなく

いつもの天気のよい日の演奏会でも

いらして下さる方おもいは同じだということを

忘れてはいけないと思いました。


また出演して下さった所沢混声

そしてvocal ensembleの皆さん

本当にありがとうございました。

無事に帰りつけましたでしょうか…

所沢混声はまた五月に、

今度はフォーレのレクイエムと「土の歌」をやります。

そのときは今日の経験の上に

さらに内容を表現できるようにしたいですね!


vocal ensembleは練習期間も短い中

あれだけのマニアックな難曲を

よくぞ歌って下さいました。本当にありがとうございます。

いつかやりたいと思いながら

なかなか手を出せないでいた曲…

それをやりたい人でパッとやってみよう、という試みでしたが

また次も挑戦してみたいと思います!


1月のドヴォルザークと今日の演奏会を終えて

40代の自分としてまた新たにやっていく課題や目標が

見えてきた気がします。

今年から十年も日記つけ始めましたし(笑)

これからもがんばっていきます!

今後ともよろしくお願いいたします。

2014-02-07

平和への祈り

明日,新宿文化センターで14時から

「近代音楽・平和への祈り」と題した演奏会があります。

プログラム

武満徹「死んだ男の残したものは」

佐藤眞「土の歌」

デュリュフレ「レクイエム」

などです。

明日は天気が悪いそうですが

新宿にお越しの際には

ぜひお立ち寄り下さい。

ごく限られた方のためだけの特別な演奏会になるかも(笑)

お待ちしております。

2014-02-05

ニュースでは必ず「暦の上では春ですが…」というくらい

この時期はまだまだ寒いものですが

南沢コーラス「四季」の練習も、立春の日にはじまりました。


まずは第2番「来たれ!うるわしい春よ」

午後からは雪の降る寒い日でしたが、

朝夜合わせて100名近い方がご参加くださいました。

これから秋の本番に向けて

ちょうど季節を先取りしながら練習していきます。

それぞれ、その季節を迎える頃には

ハイドンの描いた四季の美しさが口ずさめるようになっている…ように

楽しんで練習していきましょう。


参加申込み受付中ですので

興味のある方は一度見学にいらしてください!

では。

2014-01-26

南沢コーラス第9回定期演奏会

たくさんの方にご来場いただき

本当にありがとうございました。

これまでの定期演奏会の中で

最も多い来場者数でした。


「第9回」定期演奏会と言っても、

毎回曲ごとに集まっては解散するシステムなので

このカウントに意味があるのか?とも思いますが

私自身がこれまでを思い返す意味でも

もうしばらくは記しながらいきたい。


今回、ドヴォルザークという大曲に挑戦したことで

得られたものは大きいと思う。

演奏の課題は本番にむけてくっきり浮き彫りになるので

今後どうやってそれを克服していこうか

楽しみにしている。


でも、それ以上に音楽のエネルギーや喜びが

昨日の演奏にはあったと思う。

そこだけになっては、アマチュアのよくない典型だが

それがないアマチュアの演奏はもっとつまらないだろう。

その喜びをより大きくするためにも

一つ一つの山をこれからも越えていきたい。


聴きにいらして下さった方々

オーケストラの皆さま、

素晴らしい演奏を聴かせて下さったソリストの方々

演奏会を支えて下さったスタッフ、

そして、この大曲に一緒に挑んで下さった

合唱団の皆さまに心から感謝しています。

ありがとうございました。

2013-06-18

音楽

音楽に関わるを仕事していると

ときどきそれが辛くなることもある。

でも、また音楽に慰められ力をもらう。

「ああ、毎日音楽ができて本当に幸せだと思う。