赤旗海賊版

 | 

24/06/03 (Tue)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/19240603

24/06/02 (Mon) 不逞鮮人に關する基礎的研究 朝鮮軍司令部 (2)

3. 不逞朝鮮人なる用語の意義

不逞鮮人なる語は万歳騒擾後の呼稱に係る韓國の晩年統監政治時代在野の有識者及兩班儒生聲望家中政治を談し不平を唱ふる者之を警察上要視察人と稱し之か言動の監察は警務官憲の最も力を注きたる所なり其の後韓國軍隊の解散に伴ひ不平を鳴し武器を執りて集團横行し武力的に施政に反抗せしもの之を暴徒と名つけ警務官憲の力及はすして軍隊の威力に依り討伐鎮定せり如斯等しく施政に不平を抱くも其の行動外形の如何に依りて其の名稱を異にせり又暴徒平定後に於ける一般的不良分子は多く耶蘇教傳道師の袖下に隠れて陰然排日行動に熱中する不平黨なり其の行動たる武器を執るにあらす主として言論に依りて事を爲し間接に所謂直接行動を助成せんとするものなるか故に之を暴徒と呼ふことなく警務上要視察人又は要注意人と稱へたり而し海外に遁竄[*1]妄動するもの之を海外不良鮮人と稱し共に朝鮮施政に反對し韓國復興獨立を叫ふこと現今と異なをす


是等數種の不良輩多數の妄動は遂年一般的に民心上に擴大し更に外人宣教師の後援漸次顯著となり益々排日思想の高潮するものありし折柄 民族自決主義に刺戟せられて茲に孫■熙[き]等の陰謀を生し大正8年萬歳騒擾勃發するや前期數種の不平輩は忽ち制令の制裁を受くるに至り以て一律に不逞鮮人と唱ふるに至れり最近に於ては不逞者なる語義の範圍更に擴大して苟も[*2]國權恢復韓國獨立又は義軍義兵を標榜するものは其の實質上に於て單なる強盗 草賊の類と雖も尚之を不逞鮮人と稱へつつあり對岸地區に蟠[*3]居する不平分子亦其の種類の如何を問はす悉く之を不逞鮮人と稱し最近に至りて武器を携へて江岸地區に直接行動を逞ふする一部分を目して朝鮮馬賊又は鮮匪と名つくるものあるも不逞鮮人と稱して敢て不可あることなし


右の如く論すれは各種不平不良の徒輩は總て之を不逞鮮人と稱すへきか如くも吾人は之に對する對策上左の如き定義の下に不逞者を觀察しつつあり即ち不逞鮮人とは日本の統治に不滿を有し何等かの形式に於て之か實行を策し又は實行しつつあるもの及獨立光復を標榜する一般匪賊を謂ふ

4. 不逞鮮人の種類

不逞鮮人の意義前述の如くなるも之か分類は或は原因の方面より又は表面的行動の相違より更に計畫及主義若くは 言論的なると武力的なる等種々雑多に分類し得へしと雖も彼等の實体を大觀して左の數種に區分せは比較的其の正体を知るに便なるへく其の一其の二は有主義的にして其の他は無主義的不逞者と見ることを得


(1) 民族主義的不逞鮮人


(2) 共産主義的不逞鮮人


(3) 職業的不逞鮮人(鮮匪)


(4) 附和雷同的不逞鮮人


(5) 被強制的不逞鮮人


(1) 民族主義的不逞鮮人


舊韓國晩年に於ける弊政に乗し政治的野望を抱ける者極めて多かりしか其の主張容れられすして海外に亡命せるもの亦其の數尠からす而して現今不逞鮮人中此の部に屬するもの即ち自己を忘れ愛國の至誠上國家乃至民族的に不逞行動を持續するもの鮮外に於ては其の數必すしも多からす強いて之を數へんか各團体の首領竝に幹部の一部に止まるへく又鮮内に隠忍幽居して天災時變其の他政治的機會に乗せんとするもの亦此の部に加へらるへし


(2) 共産主義的不逞鮮人


此の部に屬する不逞者とは文昌範・安■■・李東輝の如く朝鮮獨立を達成せんか爲赤露共産主義を利用するものを謂ふ従て是等一味即ち所謂共産黨臭味の不逞鮮人は暫く此の部類の者なりとして取扱ふを得へく或る見方に依りては露國赤派の走狗たるか如きも彼等としては疑ひなく露國赤派乃至共産主義を利用しつつあるものと謂ふことを得へし事實上眞に主義を理解しあるもの又は主義に共鳴しあるもの其の數多からさるも鮮内特に青年に及ほす影響に至りては蓋し輕視を許ささるものあり


(3) 職業的不逞鮮人(鮮匪)


此の種に屬するものは現今其の數最も多く所謂純然たる不逞無頼の徒にして彼の朝鮮馬賊又は鮮匪と稱する者是なり彼等は往々にして朝鮮獨立を標榜し堂々たる看板を掲くと雖も本來衣食を目的とするものかなるか故に其の實行全然標榜に合せす或は軍資金募集と稱して住民の膏血を絞り其の肯んせさるや之を殺戮す彼の國境對岸より鮮内に侵入するもの概して此の徒の行動に外ならす


此の前二項に掲けたる各首領幹部連と雖も財政窮乏し同志衣食の資に窮するや堕して此の群に投するもの比比皆然らさるなし


(4) 附和雷同的不逞鮮人


必すしも政治乃至思想の如何を理解しあらす唯不逞者首脳連の宣傳皷吹に眩惑して自ら之に雷同し遂に足を抜くに至らさる者之を雷同的不逞鮮人と名つく由來朝鮮人は附和雷同の通有性を有する民族なるか故に是等雷同的不逞者の數亦相當多數を算するは事實なり然れとも最初の動機雷同にありたる者と雖も其の環境に餘儀なくせられ寧ろ不逞行動に専念するの外なきに至り遂に職業的不逞鮮人の群に入れる者亦尠からす而して生業を有する鮮外移住鮮人と雖も時至らは容易に此の種不逞鮮人に轉化する可能性あるを以て一朝戰時事變に際しては此の種不逞鮮人の相當多數に上ることあるへきは豫め之を覺悟しあらさるへからす


(5) 被強制的不逞鮮人


移住鮮人中不逞者の脅迫に依り止むなく彼等の圏内に投するもの尠からす蓋し其の強制に應せさらんか即ち非國民として暴行傷害等所有迫害を蒙るを以て自己の生命及家族の爲之に應するの餘儀なきに至る亦止むを得さるものあるを以てなり

5. 綜合觀察

以上其1乃至其5に於て之か種類を述へ來りなり今其の比率に付き觀察を下せは素より的確ならさるへきも概ね左の如く推測せらる


1.民族主義的不逞鮮人 5%


2.共産主義的不逞鮮人 10%


3.職業的不逞鮮人(鮮匪) 50%


4.附和雷同的不逞鮮人 25%


5.被強制的不逞鮮人 10%

*1:遁竄 とんざん 逃げ隠れる

*2:苟も いやしくも

*3:蟠 ばん わだかまる 蛇などがとぐろをまく

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/19240602

24/06/01 (Sun)

出典 朝鮮軍司令部 不逞鮮人に關する基礎的研究


あじあ問題研究所 朴慶植『朝鮮問題資料叢書(6) 1920〜30年代 民族運動』発売 三一書房,1982/11/10 p.5-p.65



【秘】 不逞鮮人に關する基礎的研究



大正13年6月1日
朝鮮軍司令部調製



第I章. 緒論



朝鮮軍の國防上に於ける任務は極めて重大なり即ち軍は一方二千萬新附民の獨立不逞の行動を未然に防遇し他方大陸作戰發生の場合に於て至難なる戰略目的を達成せさるへからす


如上平戰兩時に於ける重大なる任務を沮滞なく遂行するの前提条件は實に平時に於て鮮内外の實情を根本的且統計的に査覈攻究し依て以て諸般の施設計畫をして根據あらしむるにあり



第II.章 不逞鮮人に關する一般的觀察

第1節 併合前後の政情と鮮匪の發生

舊韓國時代は政治の紊亂其の極に達し殊に司法行政弛緩廢の結果草賊野盗の類随所に出沒し就中火賊と稱するもの公然銃器を携帯し數人之至數十人集團して韓國全土に横行し掠奪殺傷暴虐の限りを盡せるも爲政當局之を戮定するの能力なく只袖手傍觀せり又軍隊は兵員の多寡及武器の精否火賊に比し同日の論にあらさるも其の實質に至りては地方無頼の徒か衣食の爲兵営に投せるものにして何等の訓練なく其の能力火賊と大差を見す兵員の大部分は常に兵器を悪用し或は財貨を強請し或は婦女を姦する等醜陋言語に絶し寧ろ良民の蠧毒[*1]たりき翻て警察方面を見るに警吏は悉く權門暴吏の手足にして何等の節制なく利に走りて平然悪事を敢てし誅求羅柄の具に過きす文武大小の官吏亦誠意君國を思ふ者稀にして官職を以て一種の営業と心得あら爲に私腹を肥やすに是れ汲々とし唯其の榮達を求め誅求の勢力圏を擴大せんことに努力する者比々皆然らさるはなく殖産興業の途茲[ここ]に杜絶し文物日を趁ふて退廢し遂年衰亡の因を深くするの實況を示せり


政情斯の如きか故に此の間政治的不良分子の釀生せらるる亦自然の勢なりと謂はさるへからす斯くの如くして舊韓國の末期は半島實に賊徒乃至不良分子を以て充滿し全土到る處紛糾騒亂の巷たるの觀あり因りて韓國の外交權日本に移りて保護國となり主權に一大變革を見たる以来宮中を淵源とする排日陰謀は在野の識者及兩班儒生輩の煽動に依りて絶へす熾に畫策せられ各地に小擾亂は幾何もなくして我軍隊の爲鎮定せられ爾来庶政着々改善せらるるものありと雖尚ほ各地に不良分子の盲動を見たるや勿論なり


又弊政の結果政見を異にし容れられすして海外に亡命せる者亦其の數を知らす然るに韓皇は權謀術數を以て成功の秘訣なりと信し諸種の陰謀を講して日韓關係の破壊を企て曩に外交の一切を擧けて日本に委任せるに拘らす明治40年7月密に使臣を海牙に送りて日本の施政を誣ひ列國の同情を求めて其の覇絆を脱せんと欲し之を萬國平和會議に哀訴せんとして暴露し遂に韓皇の讓位及内閣の交迭となるや物情騒然、流言百出、政治上志を得さる者亦此の機に乗して熾に民心を煽動し遂に京城市街戰の流血を見たり而して同年7月24日更に新協約の調印を了し8月1日韓國軍隊の解散實施せらるるや鎮衛歩兵第一聯隊第一大隊長の自殺に誘起せられて暴動兵營に發し兵營受領の任務を有する我軍隊に反抗して小戰鬪を惹起したるも直に鎮定せられたり然るに本暴動の報は誇大に全土に誤傳せられ各地に遁竄せる解散軍隊大部の将士を主幹とし茲に京畿,江原,忠清,黄海,慶尚,全羅各道に暴徒の蜂起を見るに到れり今當時に於ける暴徒を其の起源に因りて類別すれは


(1) 軍隊解散に不満を抱きて反乱を起し又は解散後恩賜金を蕩盡して衣食に窮したる将校下士官を首領として之に附和雷同し其の配下に集まりしもの


(2) 地方名望家たる兩班儒生中頑冥不靈新政を懌[*2]はす徒黨を召集して蜂起せるもの


(3) 政治的野心に依り萬一を僥倖すへく他の擾亂に乗して事を爲すへく起れるもの


(4) 火賊中時勢を利用して所謂義兵を標榜し蜂起せるもの


以上暴徒の騒擾は表面上施政の缺陥と不平分子の盲動なるか如しと雖 該暴動の裏面には耶蘇教信徒の頗る有力なりしこと及該信徒の背後に彼等の不平と事大思想とを巧みに利用し甘言以て之を操縦し自家勢力の拡張を圖れる外國宣教師の存在したるは實に蔽ふへからさる事實なり


而して暴徒の類別前掲の如しと雖其の眞の目的に至りては名利何れかを得んとするに過きす又其の配下に集まれる者は何れも蒙昧無頼の徒にして衣食を得んか爲雷同せるもの又は脅迫に依り止むなく一時附和せるに過きすして眼中素より君國なし故に彼等は自ら義兵と稱し忠君愛國を標榜し國權恢復の美名の下に各地を横行するも僅かに一二回の小衝突に依り多少の損害を蒙るや忽ち戰意を消失して専念我軍の鋭鋒を避け集散常なく時に利なきを見れは良民に紛して踪跡を晦まし更に復起て賊となるか如き有様なりき

2. 鮮外不逞鮮人發生の経緯

由來朝鮮民族は水草を追ふ浮遊性を有する民にして生活の安きに就かんとして去來常なく殊に辺境地區に於ては定住土着のもの甚た多からす爲に古來境を越へて滿洲・西伯利に移住し國家施政威力の稀薄なる地區に居を構へて原始的生活を營み人跡稀なる未墾地を開拓して生活の安定を求め遂には歸化せるものさへあり性來斯の如くなるに加へて當時韓國の庶政無秩序となり官吏の誅求其の度を加ふるに於て益々越境移住の機運を促進し俄に接壤國外への移住者を増加し日韓併合當時に於ては遠く南米にすら朝鮮部落を見るに至り主として農業に依りて生活の安定を得んとするもの遂年其の數を増し海外移住者は無慮50萬と稱する盛況を爲せり是等移住者中には政治上志を得すして反對派に追はれ又は不満の結果海外に走れるもの等亦■からす而して其の有識者は該地方の有力者として移住鮮人の牛耳を執りしものとす


一方朝鮮に於ては併合問題解決を告け大勢の歸する所自ら定まり政綱革新して庶民漸く其の堵に安んし守備隊・警務機關等具さに備はり復匪徒の蠢動を許さす茲に於て頑冥不良の徒黨は殆と相率いて國境外に亡命するに至る而して鮮内に殘留し國外亡命者と気脈を通して亊を起さんとせしもの往々之れ無きに非らすと雖も我官憲の監視嚴なる爲如何とも術の施すへきなく僅かに餘喘を保ちて山間に幽居せしに過きす即ち彼の黄海道に於ける賊魁金貞安・韓貞萬・蔡應彦の類是なり而して金韓の兩名は我官憲の爲日ならすして討滅せられ蔡は一旦間島に遁入したるも更に歸來して■南・平南・黄海・江原道邊境に出沒し最後の暴勇を振ひたるも是亦遂に我官憲に逮捕せられ部下雜輩は悉く討滅せらるるに至れり


然るに他面漸進的不良徒輩は耶蘇教會の保護下に隠れて陰に排日不逞の爪牙を磨き教徒の間に不逞思想の宣伝傳を逞ふし遂に総督暗殺事件を惹起して多数の兇徒を出したり


鮮人の移住先は接境露領及間島・南北滿洲・布■・上海・南米等にして排日的不良危險の思想を抱ける有力者此の間に介在し所謂不逞排日思想の普傳に任したり即ち彼等は外國の保護乃至其の統治權内に在りて直接我政權の及はさるを奇貨とし公然結社團体を組織し言論文章の自在に任せて熾に一般無智の移住鮮人を煽動説破し義捐金を集めて銃器彈藥を購入し校舎教育會堂を建設して教育■勧業武技の演練を行ひ時に暴動暗殺の擧を■議し或は激烈なる言論を公開して輿論の同情を喚起せんとし又は第三國の援助を■■せんと策し國權恢復韓國再興を標榜して頻りに策動に努めたり


當時亡命鮮人の主なるもの米國に李承晩あり布■朴容萬あり上海に

*1:蠧毒 とどく:虫が物を食害する転じて物事を内部から損ない破る 『岩波新漢語辞典(第3版)』p.1172

*2:懌 えき よろこ-ぶ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/19240601
 | 
0000 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 |
0001 | 01 |
0002 | 09 |
0010 | 03 |
0014 | 01 | 04 | 08 |
0016 | 11 |
0100 | 11 |
0114 | 04 | 05 |
0214 | 04 |
0984 | 05 |
1013 | 08 | 09 |
1014 | 01 |
1114 | 01 |
1889 | 10 |
1915 | 03 |
1923 | 04 | 08 | 09 |
1924 | 06 |
1925 | 06 |
1927 | 08 |
1928 | 09 | 10 | 12 |
1929 | 02 |
1930 | 02 |
1931 | 09 | 12 |
1932 | 02 | 09 | 12 |
1933 | 01 | 03 | 06 | 08 |
1935 | 09 | 10 | 12 |
1936 | 10 |
1937 | 09 | 10 | 11 |
1938 | 02 | 04 | 05 | 06 |
1939 | 04 | 06 |
1941 | 04 |
1942 | 03 | 08 |
1943 | 05 | 06 | 11 | 12 |
1944 | 01 | 11 |
1945 | 01 | 08 | 09 | 11 |
1946 | 04 | 06 | 10 | 11 | 12 |
1947 | 04 | 06 | 11 |
1948 | 03 | 04 | 05 | 11 |
1949 | 01 | 06 | 07 | 09 | 12 |
1950 | 02 | 08 | 10 |
1952 | 04 |
1953 | 06 |
1954 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1955 | 08 | 12 |
1956 | 10 |
1957 | 01 | 02 | 08 |
1958 | 03 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
1959 | 08 |
1960 | 07 | 10 |
1963 | 12 |
1964 | 01 | 05 | 08 |
1965 | 01 | 08 | 11 |
1966 | 08 | 09 | 10 |
1967 | 11 |
1968 | 01 | 02 | 06 | 09 |
1969 | 04 | 11 |
1970 | 01 | 09 |
1971 | 06 | 10 |
1972 | 01 | 04 | 08 | 09 | 11 |
1973 | 07 | 09 | 10 |
1975 | 02 |
1976 | 09 |
1977 | 04 | 09 | 10 |
1978 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 11 |
1980 | 04 |
1981 | 03 | 04 |
1982 | 05 |
1983 | 01 | 03 | 06 | 11 | 12 |
1984 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
1985 | 01 | 07 | 08 |
1986 | 04 | 08 | 09 |
1987 | 03 |
1988 | 09 | 10 |
1989 | 08 |
1990 | 04 | 08 |
1991 | 07 |
1992 | 01 | 03 | 05 | 07 | 12 |
1993 | 08 |
1994 | 12 |
1995 | 08 | 12 |
1997 | 01 | 02 | 11 |
2001 | 02 |
2003 | 01 |
2004 | 03 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 00 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 |
2011 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 | 11 |
2052 | 11 |
2053 | 11 |
2054 | 11 |
2058 | 07 |
2091 | 04 |
2092 | 03 |
2114 | 06 | 07 |
2158 | 07 |
2214 | 05 | 06 |
2216 | 11 |
2258 | 07 |
2358 | 07 |
2518 | 07 |
2558 | 07 |
2658 | 07 |
2758 | 07 |
2858 | 07 |
2958 | 07 |
2968 | 09 |
2973 | 09 |
3013 | 07 |
3014 | 04 |
3015 | 06 |
3016 | 10 | 11 |
3213 | 07 | 08 |
3358 | 07 |
3958 | 07 |
4000 | 02 |
4013 | 08 | 10 |
4358 | 07 |
4958 | 07 |
5358 | 07 |
5958 | 07 |
9013 | 10 |
9017 | 01 |
9018 | 06 |
9913 | 07 | 10 |

-*-