赤旗海賊版

 | 

32/12/24 (Sat) 【資料】赤旗号外 1932.12.24 をめぐる『赤旗』記事

=目次=


【1】『赤旗[せっき]号外』1932/12/24 「檄!!全国の労働者農民失業者兵士諸君!」


【2】『赤旗』No.114(1933/1/20)「若干の敗北主義的分子に対する決定と宣言」⇒id:dempax:19330120


【3】『赤旗』No.127(1933/3/20)「同志××同志□□に関する処分を解除す」⇒id:dempax:19330320


【4】『赤旗』No.131(1933/4/1)「処分解除に関する決定」

赤旗号外 国際共産党日本支部 日本共産党中央委員会 1932.12.24


赤旗号外
国際共産党日本支部
日本共産党中央委員会


1932.12.24
定価一銭


[謄写版刷り(通常は活版), 「赤旗」LOGO 背景が無地(通常は「鎌とハンマーの旗」等の絵がある)]



    檄!!!


全国の労働者農民失業者兵士諸君!



[A5横長用紙に縦書き…以上の見出の左に本文…本文は3段(1行15文字, 1段26行)]



我が党中央委員会が再三再四指摘した如く軍事的=警察的天皇制は恐慌によつて爆発点まで推し進められた凡ゆる矛盾をソヴェート同盟攻撃・新帝国主義戦争によつて即ち幾百万大衆の犠牲によつて解決せんとしている. 天皇を先頭とせるブルジョア地主は新たなる戦争が日本及植民地大衆の決死的反戦闘争を暴力によつて抑圧する事なしには断じて遂行されない事を知つている. 事実日本及植民地の英雄的反戦闘争は世界プロレタリアートの最先端に立ちこれに対する世界プロレタリアートの信頼と支持は絶大なるものだ. そして其の先頭に立つて決死的に戦ひ現在戦つた日本共産党の正しき英雄的行動は天皇制の戦争を遅延せしめ奴等の土台を強力にゆり動かしている


全国の労働者農民失業者並に兵士諸君!


10月30日来の我が党に下された弾圧はこの観点によつてのみ理解されるのであり我々は此の点から闘争を推し進めて行かねばならない


我々は残念にも編輯局の有能な同志を奪はれ印刷局は将に敵の手に使用されんとしている. 我が党中央委員会は断乎として編輯局の残余の部分及び印刷局に解散を命ずる. 然し乍我々は労働者農民の血と汗で建設された印刷所を敵の手に渡す事は出来ない. 我々はあく迄其の奪還の為に戦ふであらう. 然し乍ら我が光輝ある赤旗を一時たりとも停止する事は出来ない. 吾吾はこの巨大な歴史的瞬間にこそ大工場大経営の労働者の手によつてプロレタリアート農民の革命的闘争の先頭に立ち指導者であり組織者であり煽動者である赤旗を発行し天皇を先頭とせるブルジョア地主の牙城に幾百万大衆を動員しなければならない


そして我が光輝ある中央機関紙赤旗を守り成長させるものは実に労働者農民の工場経営に於ける我が党の政策の下に推し進められて行く英雄的闘争であり其の闘争の中で集められて行く労働者農民の血と汗の結晶たる基金だ


全国の労働者農民失業者並に兵士諸君!


戦争と餓死とテロルの天皇制そして恐慌と幾百万大衆の闘争によつて打ち砕かれんとする天皇制に最後の一撃を加へるものは大工場大経営兵営に於ける諸君の執拗な非妥協的なボリセビーキ的闘争だ. 凡ゆる工場経営で兵営で日常闘争を激発せよ. 個々の闘争を反戦闘争, 政治的自由の闘争に推し進めよ. 共産党員の即時釈放を要求せよ. 労働者農民を戦争と餓死から救ふものは, 軍事的警察的天皇制打倒の為に戦う.我が日本共産党に指導された幾百万大衆の大衆的行動のみだ



【続く】『赤旗』No.114(1933/1/20)「若干の敗北主義的分子に対する決定と宣言」⇒id:dempax:19330120




32/12/20 (Tue) 下書

11月末の弾圧に脅え, 党の一部腐敗分子が一切の同志の誰彼となく, プロヴァカートル呼ばはりをし「赤旗」の配布を妨害し, 中央委員会のボルシェヴィキ的指導に対して許すべからざる分派的行動を為し, 組織を破壊せんと試みている. 斬かる裏切者に対してわが中央委員会は断乎として闘争を開始した. わが全農全会中央フラクションは万場一致中央委員会のこの方針を支持し, 党の規律を■乱し支配階級と協力して党を破壊せんとする裏切者を徹底的に放逐し党ボルシェヴィキ化に協力することを決議す

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/19321220

32/12/01 (Thu) 内務省警保局『社会運動の状況 4 昭和7年』日本共産党中央委員会(抄)

内務省警保局の年報『社会運動の状況』の日本共産党に関する章から婦人部と飯島喜美に関する記述を漁ってみる[原文片仮名表記を平仮名に改めた]

昭和6年[1931年] 婦人部

【昭和6年版51頁】


■10. 婦人部


(1) 運動方針 政治テーゼ草案の婦人運動の戦術要旨左の如し


□a. プロレタリアートの勝利は生産に於て重要なる地位を占めつつある労働婦人を広汎に階級闘争へ組織することなくしては不可能なり


□b. 労働婦人層を組織内に獲得する為に闘争すること


□c. 労働婦人を男子と同一の組合に同等権利を以て加入させ党の側に獲得すると共に婦人の特殊地位を正当に評価し特別の委員会に組織する為に闘争すること


□d. 労働婦人中より積極的活動分子を養成すること


□e. 婦人参政権運動を曝露すること


赤旗第45号附録「婦人労働者間の活動に就て」に於ては, 組織形態として, 婦人世話役団, 婦人委員会, 婦人代表者会議, 婦人労働者大会等を挙げて居れり


(2) 運動状況 中央部其の婦人の組織に付ては詳ならざるも, 未だ整ひ居れるとは思われず, 目下専ら婦人の組織に努めつつあるものの如く, 赤旗に度々婦人運動の記事を掲載しつつあり


而して, 赤旗第48号, 第52号は党,共青等の各地方組織内に即時婦人部責任者の決定, 全協婦人部, 革命的反対派婦人部の組織, 全農婦人部独立反対等を強調し, 又,赤旗第49号, 第52号は党, 共青, 全協, 革命的反対派の各機関誌に婦人欄を創設すべきを説き, 赤旗第50号はソヴェート同盟への労働者使節中に婦人労働者を参加すべきを提唱する等, 婦人労働者の組織と獲得に力を注ぎ居れり


11.財政


[略]


第3. 地方の状況


[略]


第4. 日本共産党満州地方事務局


[略]


第5. 解党派

昭和7年(1932年)


■第5. 国際関係


□1. コミンテルンとの連絡


(1)昭和6年1月20日の中央委員会にて, 保釈党員野坂参三を党代表として「モスクワ」に派遣することを決定し, 尚, モップル代表として同人妻龍子を, 婦人部代表として丹野セツを, 報告員として市川義雄を,モップル報告員として関マツ(山本懸蔵内妻)をも派遣する事を決定したり


(2)風間は, 2月中旬頃西下し, 某温泉にて野坂参三に会見し右決定を伝えて承諾を得, 3月15日頃入露せしむる事となし, 3月8日の中央委員会にて野坂夫妻の「マンダード」として旅行案内中に□□□にて


(A)


(B)

 | 
0000 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 |
0001 | 01 |
0002 | 09 |
0010 | 03 |
0014 | 01 | 04 | 08 |
0016 | 11 |
0100 | 11 |
0114 | 04 | 05 |
0214 | 04 |
0984 | 05 |
1013 | 08 | 09 |
1014 | 01 |
1114 | 01 |
1889 | 10 |
1915 | 03 |
1923 | 04 | 08 | 09 |
1924 | 06 |
1925 | 06 |
1927 | 08 |
1928 | 09 | 10 | 12 |
1929 | 02 |
1930 | 02 |
1931 | 09 | 12 |
1932 | 02 | 09 | 12 |
1933 | 01 | 03 | 06 | 08 |
1935 | 09 | 10 | 12 |
1936 | 10 |
1937 | 09 | 10 | 11 |
1938 | 02 | 04 | 05 | 06 |
1939 | 04 | 06 |
1941 | 04 |
1942 | 03 | 08 |
1943 | 05 | 06 | 11 | 12 |
1944 | 01 | 11 |
1945 | 01 | 08 | 09 | 11 |
1946 | 04 | 06 | 10 | 11 | 12 |
1947 | 04 | 06 | 11 |
1948 | 03 | 04 | 05 | 11 |
1949 | 01 | 06 | 07 | 09 | 12 |
1950 | 02 | 08 | 10 |
1952 | 04 |
1953 | 06 |
1954 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1955 | 08 | 12 |
1956 | 10 |
1957 | 01 | 02 | 08 |
1958 | 03 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
1959 | 08 |
1960 | 07 | 10 |
1963 | 12 |
1964 | 01 | 05 | 08 |
1965 | 01 | 08 | 11 |
1966 | 08 | 09 | 10 |
1967 | 11 |
1968 | 01 | 02 | 06 | 09 |
1969 | 04 | 11 |
1970 | 01 | 09 |
1971 | 06 | 10 |
1972 | 01 | 04 | 08 | 09 | 11 |
1973 | 07 | 09 | 10 |
1975 | 02 |
1976 | 09 |
1977 | 04 | 09 | 10 |
1978 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 11 |
1980 | 04 |
1981 | 03 | 04 |
1982 | 05 |
1983 | 01 | 03 | 06 | 11 | 12 |
1984 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
1985 | 01 | 07 | 08 |
1986 | 04 | 08 | 09 |
1987 | 03 |
1988 | 09 | 10 |
1989 | 08 |
1990 | 04 | 08 |
1991 | 07 |
1992 | 01 | 03 | 05 | 07 | 12 |
1993 | 08 |
1994 | 12 |
1995 | 08 | 12 |
1997 | 01 | 02 | 11 |
2001 | 02 |
2003 | 01 |
2004 | 03 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 00 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 |
2011 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 | 11 | 12 |
2052 | 11 |
2053 | 11 |
2054 | 11 |
2058 | 07 |
2091 | 04 |
2092 | 03 |
2114 | 06 | 07 |
2158 | 07 |
2214 | 05 | 06 |
2216 | 11 |
2258 | 07 |
2358 | 07 |
2518 | 07 |
2558 | 07 |
2658 | 07 |
2758 | 07 |
2858 | 07 |
2958 | 07 |
2968 | 09 |
2973 | 09 |
3013 | 07 |
3014 | 04 |
3015 | 06 |
3016 | 10 | 11 |
3213 | 07 | 08 |
3358 | 07 |
3958 | 07 |
4000 | 02 |
4013 | 08 | 10 |
4358 | 07 |
4958 | 07 |
5358 | 07 |
5958 | 07 |
9013 | 10 |
9017 | 01 |
9018 | 06 |
9913 | 07 | 10 |

-*-