赤旗海賊版

 | 

49/07/02 (Sat) 下書き

今から35年の昔にさかのぼるが第一次世界大戦で連合国側に加わった日本は,ドイツ領のマーシャル群島の奪取を企てた. 日本の旧海軍がサイパン島に上陸しこれを占領したのが大正3年10月のことであった


無聊にくるしんだ水兵が島の女を探したが言葉が通じないので椰子の木かげで手をパンパンたたくとチャムロ族の女がやって来たのである. 水兵は彼女たちの好む品物をやってその黒い体を自由にすることが出来た. 日本人は神社に礼拝するときや,料理屋で女中を呼ぶときや,池の鯉を集めるときに手をパンパンたたく習慣を持っているが,このパンパンという音が,サイパン島で売笑婦の異名になろうとはまったく想像もつかなかったことであろう

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/19490702

49/07/01 (Fri) 【海賊版】神崎清「パンパン語源考」

入力途中です


【初出】『座談』 3 (5)文藝春秋社,1949/07/


【出典】礫川全次編『歴史民俗学資料叢書第3期第3巻/性愛の民俗学』批評社,2007/07/10 p.225-236


性愛の民俗学 歴史民俗学資料叢書 第3期 3 (3)


神崎清『売春/決定版・神崎レポート』現代史出版会,徳間書店,1974/12/15 p.8-16

『性愛の民俗学』解説: 礫川全次


神崎清の「パンパン語源考」は『座談』第3巻第5号所載. パンパンといっても今日その意味を知らない読者も多いかもしれないが,戦後,日本の各地に出現した進駐軍相手の売春婦の通称である. この言葉の語源についてはいくつか説があるようだが,ここで神崎はサイパン島起源説を唱えている. 同説の当否については今判断を保留する


「パンパン語源考」というタイトルを掲げてはいるが,この文章の主題は別のところにある. すなわち,サイパン島の陥落にともなって生じた日本人社会の変化,特にこの島にいた女性たちの生活の変化である


ここで神崎は「パンパンの存在によって一般の日本婦人の情操が守られる」という命題を,事実によって否定している. これはなかなか重要な指摘ではないだろうか. そのほか日本人手芸商会の話など,あまり知られていない情報も多く,短いが有益な読み物といえる


神崎清は売春廃止論者として知られたジャーナリストで,著書多数



パンパン語源考

    神崎清

字引にない言葉

敗戦日本の混乱は,言葉の上でも色々新造語をうみだしたが,昭和20年の8月下旬,アメリカ軍が上陸をはじめてからパンパンという言葉を耳にしたとき,日本人はその意味がわからなくてみなちょっと首をかしげたものであった


やがて日本人は,兵営や停車場のあたりをうろついている毒たけのように派手な化粧をした女が,パンパンという言葉の実態であることに気がついた. しかし,英語の字引をひいてもないし,むろん日本の字引にもない. 英語でもなければ日本語でもないこのパンパンという言葉は,いったいどこの言葉であろうか. 色々詮索がおこなわれたが,パンパンの語源を明らかにした者は誰もなかった. 数多くあらわれた新語辞典のなかで,パンパンの語源にまでふれたのは,自由国民の『現代用語の基礎知識』(時局月報社)が一冊あるきりである. その1949年版の「パンパン」という項目をかかげてみよう


終戦後街頭に現れた私娼をパンパンと云つている. 語源には定説がない. 終戦後の流行語だが,海軍復員者はみんな戦争中から使つていた. 語源の一. 軍港に停泊し上陸許可が出で早速慰安街に駆けつけるがもうあたりは寝しずまつている. 「こら起きろ」と表戸をぱんぱんと叩いて女を起した. その戸を叩く音から出たというその二. 仏印のある街で食料不足から物乞いが氾濫していた. 上陸した日本兵を見ると若い女たちが手をさしのべて「パンパン」と哀願した. パンは彼女等にとつては麺麭であつた. ちょうど終戦後の日本娘もパンのためにこれと同じような哀願を男性に示したのと同様である[*1]


表戸をパンパンたたく音や,食物のパンをねだる声に結びつけた右の語源考は当たらずといえども遠からずといった程度の回答でけっして的を射たものではない. 諸説粉々として真偽を定めかねていたとき,パンパンの語源を筆者に教えてくれたのが,子供文化社の篠崎吉太郎君であった. 彼は南洋在住12年の経歴を持つ文化人で『南洋開拓15年誌』の編集にも加わっている. この篠崎君の説によれば, パンパンという言葉の発祥地は南洋のサイパン島だ, というのである

ガラパンの料理屋

軍専用のパンパン

プリーズ・ケーキ

ラクチョウ型ノガミ型

パンパンをなくする方法




*1:特集雑誌 自由國民 創刊廿周年・特別號『現代用語の基礎知識1949年版 新しい社会の動きを理解するために』時局月報社,1949/08/10 全文⇒id:dempax:20141101

 | 
0000 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 |
0001 | 01 |
0002 | 09 |
0010 | 03 |
0014 | 01 | 04 | 08 |
0016 | 11 |
0100 | 11 |
0114 | 04 | 05 |
0214 | 04 |
0984 | 05 |
1013 | 08 | 09 |
1014 | 01 |
1114 | 01 |
1889 | 10 |
1915 | 03 |
1923 | 04 | 08 | 09 |
1924 | 06 |
1925 | 06 |
1927 | 08 |
1928 | 09 | 10 | 12 |
1929 | 02 |
1930 | 02 |
1931 | 09 | 12 |
1932 | 02 | 09 | 12 |
1933 | 01 | 03 | 06 | 08 |
1935 | 09 | 10 | 12 |
1936 | 10 |
1937 | 09 | 10 | 11 |
1938 | 02 | 04 | 05 | 06 |
1939 | 04 | 06 |
1941 | 04 |
1942 | 03 | 08 |
1943 | 05 | 06 | 11 | 12 |
1944 | 01 | 11 |
1945 | 01 | 08 | 09 | 11 |
1946 | 04 | 06 | 10 | 11 | 12 |
1947 | 04 | 06 | 11 |
1948 | 03 | 04 | 05 | 11 |
1949 | 01 | 06 | 07 | 09 | 12 |
1950 | 02 | 08 | 10 |
1952 | 04 |
1953 | 06 |
1954 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1955 | 08 | 12 |
1956 | 10 |
1957 | 01 | 02 | 08 |
1958 | 03 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
1959 | 08 |
1960 | 07 | 10 |
1963 | 12 |
1964 | 01 | 05 | 08 |
1965 | 01 | 08 | 11 |
1966 | 08 | 09 | 10 |
1967 | 11 |
1968 | 01 | 02 | 06 | 09 |
1969 | 04 | 11 |
1970 | 01 | 09 |
1971 | 06 | 10 |
1972 | 01 | 04 | 08 | 09 | 11 |
1973 | 07 | 09 | 10 |
1975 | 02 |
1976 | 09 |
1977 | 04 | 09 | 10 |
1978 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 11 |
1980 | 04 |
1981 | 03 | 04 |
1982 | 05 |
1983 | 01 | 03 | 06 | 11 | 12 |
1984 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
1985 | 01 | 07 | 08 |
1986 | 04 | 08 | 09 |
1987 | 03 |
1988 | 09 | 10 |
1989 | 08 |
1990 | 04 | 08 |
1991 | 07 |
1992 | 01 | 03 | 05 | 07 | 12 |
1993 | 08 |
1994 | 12 |
1995 | 08 | 12 |
1997 | 01 | 02 | 11 |
2001 | 02 |
2003 | 01 |
2004 | 03 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 00 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 |
2011 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 | 11 |
2052 | 11 |
2053 | 11 |
2054 | 11 |
2058 | 07 |
2091 | 04 |
2092 | 03 |
2114 | 06 | 07 |
2158 | 07 |
2214 | 05 | 06 |
2216 | 11 |
2258 | 07 |
2358 | 07 |
2518 | 07 |
2558 | 07 |
2658 | 07 |
2758 | 07 |
2858 | 07 |
2958 | 07 |
2968 | 09 |
2973 | 09 |
3013 | 07 |
3014 | 04 |
3015 | 06 |
3016 | 10 | 11 |
3213 | 07 | 08 |
3358 | 07 |
3958 | 07 |
4000 | 02 |
4013 | 08 | 10 |
4358 | 07 |
4958 | 07 |
5358 | 07 |
5958 | 07 |
9013 | 10 |
9017 | 01 |
9018 | 06 |
9913 | 07 | 10 |

-*-