赤旗海賊版

 | 

66/09/21 (Wed) 国府台陸軍病院在職軍医(精神専攻)名簿

出典

■浅井利勇(東金浅井病院)『うずもれた大戦の犠牲者/國府台陸軍病院の貴重な病歴分析と資料』国府台陸軍病院精神科病歴分析資料・文献論集記念刊行委員会,1993/08/ 459p.(非売品) [*1]


p.430 - p.432


国府台陸軍病院在職者名簿/軍医から精神専攻を抜粋し,あいうえお順に並べ直した


在職期間は昭和(元号)標記(使いたくないが)


論文,雑文の標題,書誌情報は以下に拠る


■『十五年戦争極秘資料集補巻28(4分冊)/戦争と障害者』


■諏訪敬三郎/国立国府台病院/創立20周年誌『第二次世界大戦における精神神経学的経験/国府台陸軍病院を中心として』国立国府台病院[市川],1966/09/01[*2]


■浅井利勇『うずもれた大戦の犠牲者/国府台陸軍病院の貴重な病歴分析と資料』上記




國府台陸軍病院在職軍医(精神専攻)名簿

青木義治


陸軍軍医中尉 13.5 - 16.3


■『十五年戦争極秘資料集補巻28-4』


p.99『軍医団雑誌』No.341【1941/10】上野陽三と連名 「マラリア」の精神障礙について

浅井利勇(としお)


陸軍軍医少佐,国府台陸軍病院,浅井病院長 12.7 - .


■国立国府台病院創立20周年誌


□p.121-171 軍隊に於ける集団知能検査について(五十嵐衡と連名)


□p.189-213 教化隊の精神医学的調査


□p.214-219 精神薄弱者及び精神病質者対策(友成淑夫と連名)

新井尚賢


18.2 - .

有泉信


19.4 - .

五十嵐衡


20.8 - .

生方光弥


16.3 - .

池田克明


20.8 - .

池見猛


19.3 - .

石井正明


18.3 - .

石橋俊実


13.10 - 15.1

井田道三郎


12.12 - .

一井泰


20.8 - .

上野陽三


陸軍軍医中尉 13.5 - 16.3


『十五年戦争極秘資料集補巻28-4』p.99『軍医団雑誌』No.341【1941/10】青木義治と連名 「マラリア」の精神障礙について

上村安一郎


14.4 - 14.4

江副勉


14.5 - 16.8

小沢信夫


14.5 - 18.3

笠松彰


陸軍軍医中尉 16.8 - 17.5


『十五年戦争極秘資料集補巻28-4』p.177 軍医団雑誌特輯2,3【1944/1,5】戦時神経症の発呈と病像推移

梶山進


17.12 - .

加藤正明


東京帝国大学精神病学教室(主任内村教授),國府台陸軍病院(諏訪敬三郎院長) 13.5 - 16.3


『十五年戦争極秘資料集補巻28-4』p.155『精神神経学雑誌』46(2)【1942/02】一頭部戦傷患者に於ける視床性症候

加藤義男


15.2 - 16.9

川村高信


20.8 - .

木村直樹


18.2 - 18.4

古明地勝也


13. - 17.2

巧刀潔


陸軍軍医少尉 13.5 - 16.3


『十五年戦争極秘資料集補巻28-4』p.99『軍医団雑誌』No.325【1940/6】精神分裂病の「カルデアゾール□□療法」について

小坂太郎


14.5 - 18.3

小柳寅雄


12.12 - 13.3

齋藤進


14.10 - 15.4

斉藤茂太


19.2 - .

桜井図南男


陸軍軍医中尉 13.5 - 16.3


■『十五年戦争極秘資料集補巻28-4』


p.69『軍医団雑誌』No.316【1939】軍隊に於ける自殺竝に自殺企図の医学的考察


p.115『軍医団雑誌』No.343,345,349,351【1941/12 - 1942/8】戦時神経症の精神病理学的考察



■国立国府台病院創立20周年誌


2-2 創設当時の第五内科【1945/04/23】


3-2 竹田陸軍病院小史


資料-2 第五内科回顧録【1945/05/05】

清水寿


20.8 - .

鈴木定夫


16.4 - .

須田和夫


19.4 - .

諏訪敬三郎


陸軍一等軍医 13.1 - .


■『十五年戦争極秘資料集補巻28-4』


p.9『軍医団雑誌』No.258【1934/11】頭部戦傷者の脳描写に就て

諏訪望


陸軍軍医中尉,北海道大学教授(精神神経科) 14.5 - 18.3


■国立国府台病院創立20周年誌


2-3 第一外科(頭部戦傷病室)の思い出

高臣武史


20.8 - .

高山道雄


14.5 - 14.12

田島重太郎


13.5 - 16.3

田中正


15.3 - .


■国立国府台病院創立20周年誌


2-4 精神科の伝染病室について

塚田安男


13.12 - 14.6

豊泉太郎


18.4 - .

中川秀三


17.4 - 19.12

西田俊彰


17.4 - 18.3

仁科義純


13.5 - 17.2

野崎真澄


16.7 - 19.5

早尾乕雄


13. - 14.


早尾乕雄の仕事⇒id:dempax:20141028

広瀬克己


14.5 - 18.3

細越正一


15.2 - .

牧田清志


14.7 - .

三宅寿夫


17.4 - 17.9

森勝雄


15.8 - 15.11

安村太郎


15.8 - 15.11

山下実六


14.3 - 15.4



*1:■市川市図書館(千葉県立図書館県内横断検索結果による 現品未確認) ■千葉県文書館2F行政資料室開架7[受入番号80120] ■千葉市中央図書館2F地域行政資料室開架[禁帯出][C498.1]

*2:■県文書館2F行政資料室書庫[受入番号41724] ■船橋西図書館郷土資料

66/09/20 (Tue) 国立国府台病院創立20年誌 目次

出典

■浅井利勇(東金浅井病院)『うずもれた大戦の犠牲者/国府台陸軍病院の貴重な病歴分析と資料』国府台陸軍病院精神科病歴分析資料・文献論集記念刊行委員会,1993/08/15 459p.(非売品) [*1]


id:dempax:19930815


p.426 - p.432


これは中川四郎国立国府台病院副院長が担当して出来上がったもので,内容が国府台以外の資料も多く,戦時中の陸軍における精神神経科全般をうかがえるものと言える. 従って題名も意見があり最初はドイツ語の'Handbuch der arztlichen Erfahrungen in Weltkriege'等を念頭において構想を練ったが結局は「題名も「第二次大戦における精神神経学的経験」としたものである. なお本書には「目次」及び「在職者名簿」のみを掲載する




諏訪敬三郎/国立国府台病院『第二次世界大戦における精神神経学的経験/国府台陸軍病院を中心として』

国立国府台病院[市川],1966/09/01[*2] p.286[*3]



目次



註記


(1)『第二次世界大戦における精神神経学的経験』の目次には頁の記載あるが『うずもれた大戦の犠牲者』に引用された目次では省略されている


(2)「国府台のことども」「語句の説明」の短文は2章と4章に分散している…実際の位置に【】で記した


(3)筆者の略歴は各記事の脚註にある…執筆者のあとの【】内に示した

序[*4]

□厚生省医務局長 若松栄一


□国立国府台病院長 宮崎達

第1章 日華事変,第二次大戦時代の概況 諏訪敬三郎【元陸軍軍医大佐,元国府台陸軍病院長,初代国立国府台病院長】


1. 陸軍全般について


2. 国府台病院の概況


-1. 陸軍全般について


-2. 国府台陸軍病院の概況


--I. はじめに


--II. 特殊病院としての発足


--III. 業務の概要


--IV. 病院機構の変遷


--V. 終戦を迎えて


--VI. 業績


-3. 国府台陸軍病院の沿革並びに教導団について

第2章 国府台陸軍病院の業績


-1.


-2.


-3.


-4.


-5.


-6.


-7.


-8.


-9.


-10.


-11.


-12.


-13.

第3章 国府台以外の陸軍病院における精神科の概要


-1. 京都第二陸軍病院について 野崎直澄【元陸軍軍医中佐,元京都第二陸軍病院院長】p.72


-2. 竹田陸軍病院小史 桜井図南男【元陸軍軍医中尉,九州大学教授】p.74


-3. 大阪陸軍病院の精神科について 森勝雄【元陸軍軍医大尉】p.80


-4. 大阪陸軍病院精神科終戦前後の状況 阪井英男【元陸軍軍医大尉,和歌山阪井医院長】p.88


-5. 南方陸軍病院における経験 仁科義純【元陸軍軍医少佐,兵庫県立光風寮病院長】p.89

第4章 軍事保護院の精神及び頭部戦傷療養所


-1.


-2.

第5章 研究業績


-1.


-2.


-3.


-4.


-5.


-6.


-7.

国府台のことども


小泉親彦先生の思い出……諏訪敬三郎


国府台陸軍病院の思い出……上野陽三


国府台陸軍病院の想い出……篠田倫三


想い出……早尾乕雄

資料


-1.


-2.


-3.


-4.


-5.


-6.


-7.


-8.


-9.


-10.

附図


-1.


-2.


-3.


-4.


-5.




語句の説明



あとがき…諏訪敬三郎




*1:■市川市図書館, ■千葉市中央図書館郷土資料室開架[禁帯出][C498.1]

*2:序文の日付を発行日と見なした

*3:所蔵館…■船橋市西図書館 ■千葉県文書館二階行政資料室書庫[室内閲読のみ] 受入番号41724 分類394 図書記号5 書庫一般(7)献辞「謹呈 諏訪敬三郎」がある

*4:個人名は無いが本文から補った

 | 
0000 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 |
0001 | 01 |
0002 | 09 |
0010 | 03 |
0014 | 01 | 04 | 08 |
0016 | 11 |
0100 | 11 |
0114 | 04 | 05 |
0214 | 04 |
0984 | 05 |
1013 | 08 | 09 |
1014 | 01 |
1114 | 01 |
1889 | 10 |
1915 | 03 |
1923 | 04 | 08 | 09 |
1924 | 06 |
1925 | 06 |
1927 | 08 |
1928 | 09 | 10 | 12 |
1929 | 02 |
1930 | 02 |
1931 | 09 | 12 |
1932 | 02 | 09 | 12 |
1933 | 01 | 03 | 06 | 08 |
1935 | 09 | 10 | 12 |
1936 | 10 |
1937 | 09 | 10 | 11 |
1938 | 02 | 04 | 05 | 06 |
1939 | 04 | 06 |
1941 | 04 |
1942 | 03 | 08 |
1943 | 05 | 06 | 11 | 12 |
1944 | 01 | 11 |
1945 | 01 | 08 | 09 | 11 |
1946 | 04 | 06 | 10 | 11 | 12 |
1947 | 04 | 06 | 11 |
1948 | 03 | 04 | 05 | 11 |
1949 | 01 | 06 | 07 | 09 | 12 |
1950 | 02 | 08 | 10 |
1952 | 04 |
1953 | 06 |
1954 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1955 | 08 | 12 |
1956 | 10 |
1957 | 01 | 02 | 08 |
1958 | 03 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
1959 | 08 |
1960 | 07 | 10 |
1963 | 12 |
1964 | 01 | 05 | 08 |
1965 | 01 | 08 | 11 |
1966 | 08 | 09 | 10 |
1967 | 11 |
1968 | 01 | 02 | 06 | 09 |
1969 | 04 | 11 |
1970 | 01 | 09 |
1971 | 06 | 10 |
1972 | 01 | 04 | 08 | 09 | 11 |
1973 | 07 | 09 | 10 |
1975 | 02 |
1976 | 09 |
1977 | 04 | 09 | 10 |
1978 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 11 |
1980 | 04 |
1981 | 03 | 04 |
1982 | 05 |
1983 | 01 | 03 | 06 | 11 | 12 |
1984 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
1985 | 01 | 07 | 08 |
1986 | 04 | 08 | 09 |
1987 | 03 |
1988 | 09 | 10 |
1989 | 08 |
1990 | 04 | 08 |
1991 | 07 |
1992 | 01 | 03 | 05 | 07 | 12 |
1993 | 08 |
1994 | 12 |
1995 | 08 | 12 |
1997 | 01 | 02 | 11 |
2001 | 02 |
2003 | 01 |
2004 | 03 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 00 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 |
2011 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 | 11 | 12 |
2052 | 11 |
2053 | 11 |
2054 | 11 |
2058 | 07 |
2091 | 04 |
2092 | 03 |
2114 | 06 | 07 |
2158 | 07 |
2214 | 05 | 06 |
2216 | 11 |
2258 | 07 |
2358 | 07 |
2518 | 07 |
2558 | 07 |
2658 | 07 |
2758 | 07 |
2858 | 07 |
2958 | 07 |
2968 | 09 |
2973 | 09 |
3013 | 07 |
3014 | 04 |
3015 | 06 |
3016 | 10 | 11 |
3213 | 07 | 08 |
3358 | 07 |
3958 | 07 |
4000 | 02 |
4013 | 08 | 10 |
4358 | 07 |
4958 | 07 |
5358 | 07 |
5958 | 07 |
9013 | 10 |
9017 | 01 |
9018 | 06 |
9913 | 07 | 10 |

-*-