赤旗海賊版

 | 

68/09/25 (Wed)

『朝日新聞』1968/09/22(日曜日) 1-12【天声人語

広津和郎氏は明治の文士広津柳浪の子である.柳浪は硯友社の異才といわれ,尾崎紅葉が弟子を多数持ったのと対照的に,そういうことを嫌ったという▼和郎氏の戦前の作品で広く読まれたのは『女給』である.「わたしゃ夜咲く酒場の花よ…」のメロディを覚えている人も多いだろう.柔和な目をして,来る人を拒まず,会う人を楽しくさせる人柄だったが,戦後,うちこんだのは松川事件の真実探究だった▼10年以上も松川事件と取り組んで,裁判批判をつづけた. 文士に裁判のことがわかるはずがないという批評や,裁判を侮辱するものだといった非難が広津氏に向けられたこともあるが,広津氏の努力はこうした中傷を堂々と乗り越えた.この人の探究は,裁判に協力して,裁判の威信失墜を大きく防いだといえよう▼「ぼくとしては裁判所の権威にたてつく気は全然ないんだな.大体,裁判所による以外に被告たちを無罪にする道はないでしょう.次の裁判でわかってもらいたいから批判するんだ.裁判所を信頼していなければ,誰がこんなことをするもんですか」去る9月12日の読売新聞のインタビューで広津氏はこう語っている.ヒューマニストの広津氏には,無実の人が死刑になるような理不尽はみすごしに出来なかった▼松川裁判は,裁判の本質についての大きな関心を呼び起こした.各裁判所の判決が5回にわたって出され,最後は「全員無罪」となった.第2審以後,被告たちの無実を証明するために,広津氏は努力したが,その間の記録を『松川事件と裁判』(岩波書店)にまとめている.広津氏にとって,裁判批判もまた文学と同じく,人間の真実を追うためのものだった▼老人性の白内障で視力が減退し,裁判記録を読むのがつらいと言いながら,八海事件にも納得のゆかぬものを感じて,調べ続けていたそうだが,76歳とはいえ,広津氏の死は惜しい.「無私の目」をもったこの人につづく裁判批判者は現れないか

68/09/24 (Tue) 下書

広津先生の突然の死で,心の中に永久に埋められることのない大きな穴が開いてしまった感じだ. 先生は二つの目を持っておられた人だ. その一つは,不正を憎む非常に厳しい目で,もう一つは松川事件の無実の家族や被告への,暖かい思いやりの目だ. 私たち弁護団や松川事件対策協議会関係者に対しても,何時も謙虚な態度で暖かい言葉をかけ,励ましてくれたし,被告団にも物心両面で支援を惜しまなかった.


文学者は,私たちと別の次元に住んでいるのが普通だが,先生はそうではなかった. 松川事件の弁護では,弁護団も驚く専門的に立派な仕事をされた. 「広津特別弁護人」と呼び,中央公論に発表された労作を正式の専門書類にして,提出したほどだ. 先生の事実の見方,人間の見方は,なるほどと感心させるものがあった. 松川から始まって青梅・八海と,それぞれ全力を尽くされたが,裁判と国民を結びつける大仕事をしたかけがいのない存在だった

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/19680924

68/09/23 (Mon) 廣津和郎追悼文集【文芸誌・論壇誌篇】

『群像』

『群像』1968/11 10()

『群像』1968/12 特集 広津和郎 ()


『中央公論』

『中央公論』/ ()


『世界』

『世界』/ ()

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/19680923

68/09/22 (Sun) 廣津和郎訃報・追悼文集【新聞篇(五十音順)】

『赤旗』

『赤旗』1968/09/22 7面-1段 広津和郎氏が死去 共産党 袴田常任幹部会員ら弔問

[写真説明]広津さん宅を弔問した袴田常任幹部会員


松川事件に心血をそそぎ,松川運動の父と慕われた作家の広津和郎氏(静岡県熱海市清水町**-**)が21日午前2時10分,静岡県熱海市の国立熱海病院で腎不全のため死去しました. 76歳


葬儀と告別式は25日午後1時から3時まで東京・港区の青山葬儀所で日本文芸家協会葬(丹羽文雄葬儀委員長)でおこなわれます. 喪主は長女・桃子さん. 通夜は24日午後6時から8時まで同葬儀所でおこなわれます


広津和郎氏は明治24年12月5日東京生まれ. 麻布中学から早稲田大学英文科を卒業. 在学中に谷崎精二,相馬泰三,葛西善蔵等と同人雑誌『奇蹟』を創刊. 卒業後東京毎夕新聞に就職し,半年で退社. その時の経験が出世作『神経病時代』となり,その後『風雨強かるべし』『泉への道』等を発表,また多くの文芸評論や自伝的回想『年月のあしあと』『続・年月のあしあと』があります


同氏はまた,松川事件をはじめ,青梅事件,八海事件等にとりくみ,真実を明らかにするためにその後半生をそそぎました


松川裁判では『中央公論』誌上に『松川裁判』を執筆,親友の作家宇野浩二氏とともに松川運動を文化人などのなかに広げる大きな役割を果たしました. また,同氏は,被告団への募金活動や講演で全国をかけめぐり,無罪判決を勝ち取る大きな力となりました


その後,青梅事件でも,口頭弁論の傍聴記録を執筆,みずから嘆願書をかいて裁判所に提出するなど被告の無罪をかちとるために奮闘しました. 最近では,八海事件にとりくみ,老体をおして口頭弁論を傍聴,『世界』10月号に「八海事件について」の第6回を発表したばかりでした


日本共産党中央委員会袴田里見常任幹部会員,同岡林辰雄中央委員(松川事件主任弁護人)が同日午前,弔問にかけつけたほか,松川事件元被告の本田昇氏,佐藤一氏や青梅事件元被告の野崎邦夫氏,八海事件関係者,各弁護士などがつめかけ,また同夜,自宅でおこなわれた通夜には共産党林百郎代議士がかけつけました

『赤旗』1968/09/22 7-6 松川の真実を追求 岡林辰雄弁護士の話

広津さんは松川事件で無実の労働者が死刑にされようとした裁判の誤りをただすため全力をつくし,膨大な裁判資料を作家の鋭い目でとらえて書き続けただけでなく痛風に悩みながら全国を訴え歩きました. こうした活動は世界でも例がないと思います


いまの日本には権力の政治的野望や検察,警察の職業的利益のための冤罪があまりにも多いことから,広津さんはその後も青梅事件や八海事件などの真実をあかすため最後までつくされました. 偉大な,惜しい人をなくしました

『赤旗』1968/09/23 6-1 広津和郎氏の死を悼む

●▲江口渙 深い敬意をこめて


●▲阿部知二 とむらうものの責任⇒id:dempax:29680922


●▲鈴木信(松川元被告) 真実に生きた人

『赤旗』1968/09/23 7-1 故広津和郎氏宅を弔問 日本共産党宮本書記長

(略)

『赤旗』1968/09/26 7-1 野坂議長らが参列 故広津和郎氏の文芸家協会葬

21日死去した故広津和郎氏の日本文芸家協会葬(丹羽文雄葬儀委員長)が25日午後1時から2時まで,東京港区の青山葬儀所でしめやかにおこなわれ,日本共産党中央委員会の野坂参三議長,藤原惟人幹部会員,竹内七郎書記局員,戒谷春松書記局員などが参列しました


葬儀には,作家の阿部知二,伊藤整,尾崎一雄,井上靖,松本清張各氏をはじめ,故人が後半生をささげた裁判関係者の岡林辰雄共産党中央委員(松川事件主任弁護人),植木敬夫弁護士(青梅事件主任弁護人),佐々木哲蔵弁護士(八海事件主任弁護人)と三事件の被告たち,難波英夫日本国民救援会会長など,約450人が列席,高橋誠一郎日本芸術院会長らが弔辞をささげ,真実を追究した作家としての生涯をたたえました. 杉浦三郎松川事件元被告団長は,故広津氏が亡くなるまで,松川をはじめ青梅・八海の裁判につくしたことをふりかえり「いまこそ力を集めて故人の意思を継ぐために努力する」と誓いました. また,日本共産党宮本顕治書記長,美濃部亮吉都知事など各地からの弔電が紹介されました


このあと喪主の桃子さんの焼香につづいて,列席者がつぎつぎに焼香しました


2時から,一般告別式がおこなわれ焼香者がつづきました

『赤旗』1968/09/28 6-1 故広津和郎氏の絶筆『宮本百合子選集』への推薦文

このほど『宮本百合子選集』(全巻,新日本出版社)が刊行されることになり,その第一回配本が28日に発売されますが広津和郎氏が,この選集の推薦文として執筆された「清潔な作家」が,さる21日に死去された同氏の絶筆となりました. 遺族の方の了承を得て,ここにその全文を紹介します


清潔な作家

    広津和郎


18歳の宮本百合子が大作『貧しき人々の群』を書いて大正文壇を驚倒させたのは今でも有名な話である. その後大正から昭和にかけての日本社会の変動期に,彼女がどういう役割を演じ,どういう活躍をしたかについては,他に説く人があるであろう. それよりも私は彼女が長い作家生活で一貫してわれわれに示して来たその清潔さを挙げたい. その稀に見る清潔さ故に私は作家宮本百合子に敬愛の念を持っている

『赤旗日曜版』1968/09/29 - 江口渙 亡き広津和郎のこと

id:dempax:29680923


『朝日新聞』

『朝日新聞』1968/09/21(夕刊) 11-1【訃報】広津和郎氏が死去 熱海の病院でひっそり

『朝日新聞』1968/09/22(日曜日) 1-12【天声人語

id:dempax:19680925

『朝日新聞』1968/09/24(夕刊) 8-6 中村光夫 広津氏を思う 貫いた批評精神 松川事件で花開く

『朝日新聞』1968/09/27 5-12【声(読者投稿)】安藤善紀(いわき市 土木工事 59) 広津さんを悼む

広津さんの訃にいくつかの新聞をひろげてみた.朝日新聞「天声人語」で「わたしゃ夜咲く酒場の花よ…」が広津さんの作品「女給」によるものであることを,うかつにも初めて知った


「熱海の病院でひっそり」亡くなったという見出も悲しい. 淡々として,しかも超人的な精力で松川裁判に取組んだ広津さん,デモ隊に入って行進したこともあった. この初夏からは八海事件にまた新たな闘志を沸き立たせていた広津さん. その広津さんはもういない


この人の一生を顧みて,派手なポーズは決して見られなかったけれども,人間が生きてゆくということは,どういうことか,正義とは何かに,深い示唆を与えられてきた私であったように思う. この人に文化勲章をついに贈り得なかったことは,一つの悔恨ではなかろうか. もっとも贈らずじまいであったことに,もっと意味があるかもしれない



日本経済新聞

『日本経済新聞』1968/09/21(夕刊) 11-9【訃報】広津和郎氏(作家・芸術院会員) 日午前時分熱海市の国立熱海病院で腎不全のため死去. 自宅は熱海市清水町**-* 告別式は日午後時から東京・青山葬儀所で日本文芸家協会葬 喪主は長女桃子さん


作家広津柳浪氏の二男. 早稲田英文科卒. 大正6年中央公論に「神経病時代」を発表して認められた. おもな著作は「女給」「風雨強かるべし」「同時代の作家」など.


1951年(昭和26年),松川事件の被告が無実を訴えた手記を読んで「偽りでこんな素直な文章が書けるはずがない」と確信,1953年10月の中央公論に「真実を訴える」を発表して裁判批判を4年半にわたって書き続けた. 1958年,全国松川事件対策協議会会長に推され,1963年9月,被告全員の無罪が確定するまでに全国で126回の講演会を開き被告たちの無罪を訴えた


1966年からは「八海事件を救う会」の発起人の一人として無罪論に取り組んでいた


『毎日新聞』

『毎日新聞』1968/09/21(夕刊) 10-1 平野謙「広津さんを悼む」

『毎日新聞』1968/09/21(夕刊) 11-5【訃報】広津和郎氏が死去

『毎日新聞』1968/09/21(夕刊) 11-6 元松川事件主任弁護人・大塚一雄弁護士の話 松川事件「無罪」に情熱

広津先生の突然の死で,心の中に永久に埋められることのない大きな穴が開いてしまった感じだ. 先生は二つの目を持っておられた人だ. その一つは,不正を憎む非常に厳しい目で,もう一つは松川事件の無実の家族や被告への,暖かい思いやりの目だ. 私たち弁護団や松川事件対策協議会関係者に対しても,何時も謙虚な態度で暖かい言葉をかけ,励ましてくれたし,被告団にも物心両面で支援を惜しまなかった.


文学者は,私たちと別の次元に住んでいるのが普通だが,先生はそうではなかった. 松川事件の弁護では,弁護団も驚く専門的に立派な仕事をされた. 「広津特別弁護人」と呼び,中央公論に発表された労作を正式の専門書類にして,提出したほどだ. 先生の事実の見方,人間の見方は,なるほどと感心させるものがあった. 松川から始まって青梅・八海と,それぞれ全力を尽くされたが,裁判と国民を結びつける大仕事をしたかけがいのない存在だった

『毎日新聞』1968/09/21(夕刊) 11-8 丹羽文雄氏の話 人間尊重の人



『讀賣新聞』

『夕刊讀賣新聞』1968/09/21 9-1 伊藤整「広津さんのこと」

『夕刊讀賣新聞』1968/09/21 10-5 裁判に傾けた情熱 大きい広津氏の業績

『夕刊讀賣新聞』1968/09/21 10-6 志賀直哉氏 談 人一倍強かった「愛」

健康状態の悪いことは知っていたが,がっかりした. 広津君は自分のためになることは,少しもしない人だった. 他人のためだけに没頭したその情熱は非常なものです. ぼくは松川事件の入り組んだ話を聞かされても,ぼくの頭ではさばき切れなかったが,広津君のいうことだからこそ信用していた. 裁判にさわるといけないと思ったんでしょう『面白いことをやっているだけだ』なんて,とぼけていたが,そこが偉いところだ


不自由なからだで裁判にでかけながら,自分では偉いことをしていると思われるのを極度にきらった. だから,何事も軽くいい流す,そんな人でした. ところが人を愛することは人一倍強く,この人柄にわたしは強く敬服していたのです. 早晩,どちらかが先だとは思っていたがさびしいことです

『夕刊讀賣新聞』1968/09/21 11-6【訃報】広津和郎氏




トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/19680922
 | 
0000 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 |
0001 | 01 |
0002 | 09 |
0010 | 03 |
0014 | 01 | 04 | 08 |
0016 | 11 |
0100 | 11 |
0114 | 04 | 05 |
0214 | 04 |
0984 | 05 |
1013 | 08 | 09 |
1014 | 01 |
1114 | 01 |
1889 | 10 |
1915 | 03 |
1923 | 04 | 08 | 09 |
1924 | 06 |
1925 | 06 |
1927 | 08 |
1928 | 09 | 10 | 12 |
1929 | 02 |
1930 | 02 |
1931 | 09 | 12 |
1932 | 02 | 09 | 12 |
1933 | 01 | 03 | 06 | 08 |
1935 | 09 | 10 | 12 |
1936 | 10 |
1937 | 09 | 10 | 11 |
1938 | 02 | 04 | 05 | 06 |
1939 | 04 | 06 |
1941 | 04 |
1942 | 03 | 08 |
1943 | 05 | 06 | 11 | 12 |
1944 | 01 | 11 |
1945 | 01 | 08 | 09 | 11 |
1946 | 04 | 06 | 10 | 11 | 12 |
1947 | 04 | 06 | 11 |
1948 | 03 | 04 | 05 | 11 |
1949 | 01 | 06 | 07 | 09 | 12 |
1950 | 02 | 08 | 10 |
1952 | 04 |
1953 | 06 |
1954 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1955 | 08 | 12 |
1956 | 10 |
1957 | 01 | 02 | 08 |
1958 | 03 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
1959 | 08 |
1960 | 07 | 10 |
1963 | 12 |
1964 | 01 | 05 | 08 |
1965 | 01 | 08 | 11 |
1966 | 08 | 09 | 10 |
1967 | 11 |
1968 | 01 | 02 | 06 | 09 |
1969 | 04 | 11 |
1970 | 01 | 09 |
1971 | 06 | 10 |
1972 | 01 | 04 | 08 | 09 | 11 |
1973 | 07 | 09 | 10 |
1975 | 02 |
1976 | 09 |
1977 | 04 | 09 | 10 |
1978 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 11 |
1980 | 04 |
1981 | 03 | 04 |
1982 | 05 |
1983 | 01 | 03 | 06 | 11 | 12 |
1984 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
1985 | 01 | 07 | 08 |
1986 | 04 | 08 | 09 |
1987 | 03 |
1988 | 09 | 10 |
1989 | 08 |
1990 | 04 | 08 |
1991 | 07 |
1992 | 01 | 03 | 05 | 07 | 12 |
1993 | 08 |
1994 | 12 |
1995 | 08 | 12 |
1997 | 01 | 02 | 11 |
2001 | 02 |
2003 | 01 |
2004 | 03 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 00 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 |
2011 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 | 11 | 12 |
2052 | 11 |
2053 | 11 |
2054 | 11 |
2058 | 07 |
2091 | 04 |
2092 | 03 |
2114 | 06 | 07 |
2158 | 07 |
2214 | 05 | 06 |
2216 | 11 |
2258 | 07 |
2358 | 07 |
2518 | 07 |
2558 | 07 |
2658 | 07 |
2758 | 07 |
2858 | 07 |
2958 | 07 |
2968 | 09 |
2973 | 09 |
3013 | 07 |
3014 | 04 |
3015 | 06 |
3016 | 10 | 11 |
3213 | 07 | 08 |
3358 | 07 |
3958 | 07 |
4000 | 02 |
4013 | 08 | 10 |
4358 | 07 |
4958 | 07 |
5358 | 07 |
5958 | 07 |
9013 | 10 |
9017 | 01 |
9018 | 06 |
9913 | 07 | 10 |

-*-