赤旗海賊版

 | 

72/08/05 (Sat) 三里塚現地闘争本部共同論文「三里塚空港闘争の中間的総括と教訓」

土地守る農民の闘いと「団結と統一」に力つくす共産党 闘いに分裂を持ち込み 挑発を繰り返すにせ「左翼」暴力集団 三里塚空港闘争の中間的総括と教訓



空港反対闘争の経過



【1. 空港建設に反対する共闘の発展】

1(1)政府の空港建設計画とわが党の活動方針


1966年7月、政府が三里塚に新東京国際空港建設を決定してから6年になる。空港建設は現在滑走路・ターミナルビルなど第一期工事の大半が完了した。しかし開港は当初計画より大幅に遅れ来春の予定となっている


政府が「世界の航空界の大型化・高速化にみあった空港が必要であり羽田が狭くなった」ことを理由に、新国際空港建設の計画を決定したのは1962年である。政府の当初計画は羽田空港の約7倍、総敷地面積で2300haという大規模なものであった。以後政府は茨城県谷田部町、千葉県浦安沖の東京湾上などの12の候補地をえらび検討を始めたが、予定地に選ばれたいずれにおいても「米軍専用管制空域」があり東側には航空自衛隊百里基地の軍用空域の関係や強い反対運動など空港計画の実現を阻んできた。その中で政府は1965年11月18日千葉県富里・八街地域を予定地にすると閣議『内定』を公表した


この不意打ちの内定は、現地農民、住民の激しい怒りを引き起こし、翌年月日には周辺2市11カ町村の新空港反対総決起大会が開かれ、現地農民によってつくられた反対同盟は、共産党・社会党を中心にした民主勢力との共同闘争を発展させた。また、空港建設絶対反対をかかげ、署名・陳情・集会・デモなど多様な方法をもって政府にむけ、激しくたたかい「地元情勢から考え、まったく建設不可能」(友納千葉県知事の佐藤栄作首相への進言)というところに追い込み、ついに政府に富里・八街計画を断念させた


それ以降、空港建設反対闘争は富里村のとなりの行政区、成田市三里塚と芝山町・多古町にかかる地域に移されてきた。政府が富里・八街の次に三里塚を空港予定地に選び地元住民に何の相談もなく一方的に空港建設を決定したのは、第一に日米安保条約による米軍専用の空域の関係から、東京周辺で空いている空域が千葉県北総方面だけになっており、これが三里塚を選んだ最大の理由である。第二に三里塚が空港建設の大前提となる用地収容が比較的容易と見たからである


政府は三里塚の空港用地として収容される面積1065haには243haの国有地・下総御料牧場・153haの公有地があることを理由に地元の犠牲を少なくすることができると見せかけてきた。しかし、この空港建設のため移転を必要とする農家は敷地内325戸、騒音地域でも442戸(空港公団発表)とされている


日本共産党千葉県委員会は年月日に空港建設反対闘争方針「」を発表、この膨大な土地収奪と生活破壊をもたらす「」は「」と本質的に変わるものではない。それは


(1)


(2)


(3)


であると位置付けたたかいの方向を第一に空港建設絶対反対を旗印にしながら、要求を基礎に反対同盟と地域農民・住民が団結をひろげさまざまな行動を発展させること、第二に地元農民の団結した闘争を中心に共産党・社会党・労働組合をはじめ、広範な民主勢力との団結と共同闘争をすすめることなどを明らかにした


日本共産党千葉県委員会は年月日政府が「」を修正して「」を指示したことに対し、ただちに県委員長談話をもって大抗議運動をよびかけ、月日には三里塚空港案撤回を政府に申し入れるよう県知事に要請した。また当時、地元の共産党組織は弱体で成田市をはじめ周辺自治体の富里村や芝山町にも党細胞はあったが、党議席はなく、ビラひとつ配布するにも党北部地区を中心に全県全域からの動員をはからねばならなかった。そんな中で千葉県党を中心に党中央を含め現地にオルグを送り農民の反対闘争を積極的に援助した。空港建設絶対反対を掲げた党の方針と取り組みは空港建設に反対する農民に強い支持をうけ、当初の反対闘争の発展に重要な役割をはたした

1(2) 反対同盟の結成と共闘の発展

三里塚空港反対同盟は年月日空港建設に反対する現地農民約一千人が参加、成田市遠山中学校で空港反対総決起集会を開き、その場で反対同盟の結成をきめ委員長に戸村一作を選出した。集会後各部落の有力者が戸村宅に集まり、四人の副委員長と事務局長に石井幸次(党支部長)を決めて反対同盟を正式に発足させた。しかし同盟の規約・運動方針などについては決められなかった


反対同盟は結成直後の月日には県庁に約一千人を動員して県知事に抗議し、同日成田市議会では500人の農民が見守る中で空港反対の決議が可決させた。また街頭での署名や政府・県・市当局への反対陳情などをすすめながら婦人行動隊・老人行動隊の組織化、周辺住民への働きかけ、さらに共社を中心に民主勢力と団結してたたかった富里・八街空港反対同盟の教訓をいかし、現地農民が共社両党本部、総評および中央全国両実行委員会を歴訪し、また千葉県下の民主団体をたずね自分たちの闘争を報告し反対闘争の支援をひろげていった


年月日、三里塚・芝山連合反対同盟主催で「」が開かれ、現地農民と県内東京などの労働組合民主団体代表5000人が参加した


わが党は「『10.23三里塚新国際空港撤回総決起大会』を成功させ全民主勢力の共闘の支援をつよめよう」(『赤旗』主張)で、現地農民の自覚的・自主的団結を部落を基礎にうちかため、全民主勢力との結合を一段とおしすすめる方向でたたかいを協力に発展させるならば闘争を勝利させることが出来ることを明らかにし、総決起大会を契機に、すべての民主勢力は団結して空港反対の闘争の勝利をめざして奮闘することを呼びかけた


一坪用地の共有登記・空港予定地への団結小屋の建設も年末から年はじめにかけて進められた


年月日空港反対同盟戸村一作委員長のよびかけで県下の民主勢力を結集した「」が千葉市で開かれ人が参加し空港絶対反対を決議した。また安保破棄千葉県実行委員会・自由法曹団などによる現地調査・現地農民との交流会などもひらき現地農民の闘争支援をつよめた。反対同盟もまた年月日の「アメリカのベトナム侵略戦争反対立川基地拡張阻止砂川集会」、第13回日本母親大会、日本共産党創立周年千葉県集会など各地の闘争と民主団体の行事に代表団を派遣し共闘を訴えた


こうして月日の安保破棄諸要求貫徹千葉県実行委員会と空港反対同盟の共催による新国際空港強制外郭測量阻止三里塚緊急集会には県内外から団体代表が参加するほど民主団体の共闘と支援は広がった。しかし、行動は空港建設絶対反対にかたより、自民党農政のもとではやっていけない貧困農民も多く、これを機会に営農に見切りをつけたいと思っているような農民にも心を寄せて団結をすすめる点では不十分であった



【2. トロツキスト暴力集団の「介入」と反対闘争の分裂】

2(1) 反対闘争の弱化をねらった政府の攻撃

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/19720805
 | 
0000 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 |
0001 | 01 |
0002 | 09 |
0010 | 03 |
0014 | 01 | 04 | 08 |
0016 | 11 |
0100 | 11 |
0114 | 04 | 05 |
0214 | 04 |
0984 | 05 |
1013 | 08 | 09 |
1014 | 01 |
1114 | 01 |
1889 | 10 |
1915 | 03 |
1923 | 04 | 08 | 09 |
1924 | 06 |
1925 | 06 |
1927 | 08 |
1928 | 09 | 10 | 12 |
1929 | 02 |
1930 | 02 |
1931 | 09 | 12 |
1932 | 02 | 09 | 12 |
1933 | 01 | 03 | 06 | 08 |
1935 | 09 | 10 | 12 |
1936 | 10 |
1937 | 09 | 10 | 11 |
1938 | 02 | 04 | 05 | 06 |
1939 | 04 | 06 |
1941 | 04 |
1942 | 03 | 08 |
1943 | 05 | 06 | 11 | 12 |
1944 | 01 | 11 |
1945 | 01 | 08 | 09 | 11 |
1946 | 04 | 06 | 10 | 11 | 12 |
1947 | 04 | 06 | 11 |
1948 | 03 | 04 | 05 | 11 |
1949 | 01 | 06 | 07 | 09 | 12 |
1950 | 02 | 08 | 10 |
1952 | 04 |
1953 | 06 |
1954 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1955 | 08 | 12 |
1956 | 10 |
1957 | 01 | 02 | 08 |
1958 | 03 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
1959 | 08 |
1960 | 07 | 10 |
1963 | 12 |
1964 | 01 | 05 | 08 |
1965 | 01 | 08 | 11 |
1966 | 08 | 09 | 10 |
1967 | 11 |
1968 | 01 | 02 | 06 | 09 |
1969 | 04 | 11 |
1970 | 01 | 09 |
1971 | 06 | 10 |
1972 | 01 | 04 | 08 | 09 | 11 |
1973 | 07 | 09 | 10 |
1975 | 02 |
1976 | 09 |
1977 | 04 | 09 | 10 |
1978 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 11 |
1980 | 04 |
1981 | 03 | 04 |
1982 | 05 |
1983 | 01 | 03 | 06 | 11 | 12 |
1984 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
1985 | 01 | 07 | 08 |
1986 | 04 | 08 | 09 |
1987 | 03 |
1988 | 09 | 10 |
1989 | 08 |
1990 | 04 | 08 |
1991 | 07 |
1992 | 01 | 03 | 05 | 07 | 12 |
1993 | 08 |
1994 | 12 |
1995 | 08 | 12 |
1997 | 01 | 02 | 11 |
2001 | 02 |
2003 | 01 |
2004 | 03 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 00 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 |
2011 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 | 11 | 12 |
2052 | 11 |
2053 | 11 |
2054 | 11 |
2058 | 07 |
2091 | 04 |
2092 | 03 |
2114 | 06 | 07 |
2158 | 07 |
2214 | 05 | 06 |
2216 | 11 |
2258 | 07 |
2358 | 07 |
2518 | 07 |
2558 | 07 |
2658 | 07 |
2758 | 07 |
2858 | 07 |
2958 | 07 |
2968 | 09 |
2973 | 09 |
3013 | 07 |
3014 | 04 |
3015 | 06 |
3016 | 10 | 11 |
3213 | 07 | 08 |
3358 | 07 |
3958 | 07 |
4000 | 02 |
4013 | 08 | 10 |
4358 | 07 |
4958 | 07 |
5358 | 07 |
5958 | 07 |
9013 | 10 |
9017 | 01 |
9018 | 06 |
9913 | 07 | 10 |

-*-