赤旗海賊版

 | 

84/06/29 (Fri) 『赤旗』

【3面/大衆運動】原水協全国理事会での赤松事務局長の報告〈要旨〉


28日,東京で開かれた日本原水協第53回全国理事会で冒頭,赤松宏一事務局長は要旨次の報告をおこないました


--


まず全国理事会招集の妨害問題について,日本原水協は6月28,29日の両日に第53回全国理事会開催の案内を出したが,草野信男氏ら一部の代表委員から,この全国理事会の開催は無効であるという文書が全国理事の皆さんに郵送されたことです. 正常の場合はともかく,重要な問題で意見の一致がない場合は,全国理事会で決していくのが民主的な組織のあり方であり,不一致ということで議論を避けると,機関は有効に処する力を失ってしまう. 会則では「代表委員が本会を代表する」とあり,原水協の機関決定に従うことが前提であります. 全国理事会が代表委員によって招集となっていますが,それは代表委員の固有の権限ではなく義務であるわけです. もし権限と勘違いして会議を開かないなら民主主義の組織が破壊されてしまいます. 全国常任理事会という全国理事会に次ぐ機関で招集が決議されたわけですから,事務局は当然,執行しなければならない. 当然,慣例に従ってやるわけであります


次に平和行進の団体旗自粛の問題です. 昨年,大阪でおきた団体旗問題で,非常に深い反省を原水協執行部としてやっていて,ことしは絶対に旗をおろさない決意で準備してきたわけです. 第52回全国理事会の基本文書にも'旗の自由を守る'と明記されています. 同じような状況が出た経過はいろいろありますが,5月28日の準備委員会運営委員会に向けて,団体旗自粛は撤回すべきである,という意見が集約されたわけですが,これを当日,正式に発言したのは新婦人,婦団連,全商連で,原水協,平和委員会の代表は撤回をいわなかったわけです


次に「持続的共闘」と「反トマホーク行動デー」について, われわれは70年代初めから国民的統一組織の実現をかかげ,77年「合意」でも国民的大統一組織をきちんとうたい,組織統一の実現によって国民的な総力を結集するという方針を堅持してきた. 総評,「禁」の側はこの合意を裏切り,分裂を固定化して「共同行動」のつみあげをいっているが,結果として総評,「禁」の認める範囲内の運動しかできないし,真の組織統一はできない. かれらの分裂路線を国民的世論で包囲し,組織統一をするという方法しかない. これが真の国民的力を結集させる方法なんだ. これが原水協の考え方です. しかし,77年「合意」の実現が拒まれているという遺憾な事態が今日あるわけです


反トマホークデーでは社会党一党支持で一体化している総評「禁」が80年代を境に安保自衛隊容認路線に入り込んでいることはすでに知られています その社会党の石橋委員長はアメリカを訪問したがトマホークのことにはまったくふれていない つまり現在の総評との団結ということでは非核三原則を真に守らせることはできない したがって総評の右転落にたいし賢明な対応をもたなければならない この方向から現在の持続的共闘反トマホーク行動の問題で対応していることを広範な国民に理解してもらうことが大事だと思う


--


このあと赤松氏は,日本原水協国際部招集責任者佐藤行通氏が主宰する「反核平和戦略研究会」問題について,その「提唱」で,全国的に国際活動家のネットワークをつくっていく構想になっていることをあげ,分派的活動になっていることを報告しました

84/06/16 (Sat) 『赤旗』2面【内政】

【資料】日本生協連の通達文〈全文〉

平和行進の団体旗'自粛'の口頭了解についてのいきさつをのべた日本生協連の各都道府県専務理事宛の通達文書(5月12日付)全文は次のとおりです


--


日生協組発94・16


1984年5月12日


各都道府県専務理事殿


日本生活協同組合連合会

常務理事…坪井俊(印)



平和行進のすすめ方でのご注意について



組織活動情報No.3でおしらせした実施要綱での補足をいたします


準備委員会で公式にきめられた'平和行進のすすめ方'は1ページ右下の(1)〜(11)であるが,特に昨年トラブルの原因となった団体旗の扱いについては(4)のような表現になっており判りにくい. 準備委員会各団体は団体旗の扱いは'自粛を徹底'することを口頭了解として合意しました


その真意は,団体旗を制限する明文化した申し合わせをすることは,社会常識としても通用しない,民主的権利侵害ととられるおそれのあることであり,さりとてトラブルを呼んでいる特定の団体旗を差別制限することはなおできないことである


'自粛を徹底'する口頭了解事項は市民団体(生協が中心)による全体をまとめるための提案によって合意されたものであるので,各県の県連会員生協の平和大行進参加にあたっては大型の通常使用しているにじの団体旗は用いず,のぼり,ふきながし,たすき,腕章,ゼッケンなどで生協であることを表明されたい


なお,にじの小旗は使用自由である. またそれらのものに文言を加える場合は準備委員会の提起しているスローガン等,平和行進の目的を達成するにふさわしい表現とすることをお願いいたします


以上




84/06/15 (Fri) 『赤旗』4面【大衆運動】

【論文】真の原水禁運動の前進のために/総評の党略的横車とそれに同調する誤り


「持続共闘」論は統一を装った分裂固定化の路線



古くて,しかも,新しい今日的問題



'ひさし借りて母屋を取る'



無原則的な誤りの根源を正す道

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/19840615

84/06/01 (Fri) 『赤旗』原水爆禁止運動関連記事【1984/6月分】

4月,5月,6月,7月

1984/06/01

【4面/大衆運動】分裂・排除の「指示」撤回せよ/国民平和大行進中央実行委員会/総評に強く抗議


【4面/大衆運動】【解説】分裂と排除をおしつけ/うそにうそを重ねる総評

1984/06/02

【2面/内政】皮相にも届かない「深層」記事/障害は「共産党系」という『朝日』/原水協記事の不公正なくりかえし

1984/06/03

【4面/大衆運動】(論文)団体旗'自粛'の経過と'口頭了解'のカラクリに秘められた真意(I)

1984/06/06

【4面/大衆運動】平和運動の新しい脱皮への一歩平和委員会大会論議にみる


【目次】


平和運動での二つの立場


重大な誤りの克服へ


この場合の'人情'論は


1984/06/13

【4面/大衆運動】【東京→広島同行ルポ】団体旗に核兵器廃絶の願い託し/'自粛'の策動乗り越えて平和大行進は進む/静岡-愛知 【写真】団体旗を高らかに掲げ,静岡県内をいく84平和大行進

1984/06/14

【4面/大衆運動】団体旗'自粛'破棄を確認/世界大会準備委員会提唱「反トマホークデー」は不一致/原水協が全国担当常任理事会

1984/06/16

【2面/内政】『朝日』の原水協記事二題/共闘の原則のイロハもねじまげる不公正な記事/団体旗自粛論のねらいの「深層」


【2面/内政】【資料】日生協の通達文(1984/05/12)id:dempax:19840616


【4面/大衆運動】(論文)真の原水禁運動の前進のために/総評の党略的横車とそれに同調する誤り(丸)

1984/06/17

【2面/内政】団体旗自粛問題/世界大会準備委員会におけるやりとり

1984/06/19

【4面/大衆運動】総評の分裂路線批判/東京原水協が総会ひらく

1984/06/20

【4面/大衆運動】(論文)平和行進1ヶ月の教訓/自由の「旗」高くかかげて

1984/06/22

【3面/総合】原水協の真の強化めざし/全国理事会開催を決定/日本原水協常任理事会/吉田氏の責任問題論議

1984/06/26

【2面/内政】妨害のりこえ全国理事会の成功を/日本原水協/赤松事務局長が談話

1984/06/27

【4面/大衆運動】妨害のりこえ全国理事会の成功を/原水協加盟各団体,組織が見解

1984/06/28

【4面/大衆運動】田中里子世界大会準備委員会運営委員会責任者に/日本原水協が公開質問状/「総評見解」の吉田発言等で


【4面/大衆運動】妨害のりこえ全国理事会の成功を/原水協加盟各団体,組織が見解〈続報〉

1984/06/29

【4面/大衆運動】原水協全国理事会での赤松事務局長の報告〈要旨〉id:dempax:19840629

1984/06/30

【4面/大衆運動】(資料)原水爆禁止運動の真の前進をめざし日本原水協は国民の皆さんに訴えます


【4面/大衆運動】日ソ両党会談と志賀一派の遠吠え/核兵器全面禁止の事業への恥知らずな妨害




 | 
0000 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 |
0001 | 01 |
0002 | 09 |
0010 | 03 |
0014 | 01 | 04 | 08 |
0016 | 11 |
0100 | 11 |
0114 | 04 | 05 |
0214 | 04 |
0984 | 05 |
1013 | 08 | 09 |
1014 | 01 |
1114 | 01 |
1889 | 10 |
1915 | 03 |
1923 | 04 | 08 | 09 |
1924 | 06 |
1925 | 06 |
1927 | 08 |
1928 | 09 | 10 | 12 |
1929 | 02 |
1930 | 02 |
1931 | 09 | 12 |
1932 | 02 | 09 | 12 |
1933 | 01 | 03 | 06 | 08 |
1935 | 09 | 10 | 12 |
1936 | 10 |
1937 | 09 | 10 | 11 |
1938 | 02 | 04 | 05 | 06 |
1939 | 04 | 06 |
1941 | 04 |
1942 | 03 | 08 |
1943 | 05 | 06 | 11 | 12 |
1944 | 01 | 11 |
1945 | 01 | 08 | 09 | 11 |
1946 | 04 | 06 | 10 | 11 | 12 |
1947 | 04 | 06 | 11 |
1948 | 03 | 04 | 05 | 11 |
1949 | 01 | 06 | 07 | 09 | 12 |
1950 | 02 | 08 | 10 |
1952 | 04 |
1953 | 06 |
1954 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1955 | 08 | 12 |
1956 | 10 |
1957 | 01 | 02 | 08 |
1958 | 03 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
1959 | 08 |
1960 | 07 | 10 |
1963 | 12 |
1964 | 01 | 05 | 08 |
1965 | 01 | 08 | 11 |
1966 | 08 | 09 | 10 |
1967 | 11 |
1968 | 01 | 02 | 06 | 09 |
1969 | 04 | 11 |
1970 | 01 | 09 |
1971 | 06 | 10 |
1972 | 01 | 04 | 08 | 09 | 11 |
1973 | 07 | 09 | 10 |
1975 | 02 |
1976 | 09 |
1977 | 04 | 09 | 10 |
1978 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 11 |
1980 | 04 |
1981 | 03 | 04 |
1982 | 05 |
1983 | 01 | 03 | 06 | 11 | 12 |
1984 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
1985 | 01 | 07 | 08 |
1986 | 04 | 08 | 09 |
1987 | 03 |
1988 | 09 | 10 |
1989 | 08 |
1990 | 04 | 08 |
1991 | 07 |
1992 | 01 | 03 | 05 | 07 | 12 |
1993 | 08 |
1994 | 12 |
1995 | 08 | 12 |
1997 | 01 | 02 | 11 |
2001 | 02 |
2003 | 01 |
2004 | 03 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 00 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 |
2011 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 | 11 | 12 |
2052 | 11 |
2053 | 11 |
2054 | 11 |
2058 | 07 |
2091 | 04 |
2092 | 03 |
2114 | 06 | 07 |
2158 | 07 |
2214 | 05 | 06 |
2216 | 11 |
2258 | 07 |
2358 | 07 |
2518 | 07 |
2558 | 07 |
2658 | 07 |
2758 | 07 |
2858 | 07 |
2958 | 07 |
2968 | 09 |
2973 | 09 |
3013 | 07 |
3014 | 04 |
3015 | 06 |
3016 | 10 | 11 |
3213 | 07 | 08 |
3358 | 07 |
3958 | 07 |
4000 | 02 |
4013 | 08 | 10 |
4358 | 07 |
4958 | 07 |
5358 | 07 |
5958 | 07 |
9013 | 10 |
9017 | 01 |
9018 | 06 |
9913 | 07 | 10 |

-*-