赤旗海賊版

 | 

85/07/03 (Wed) 被爆者運動と党の先駆的役割

【出典】日本共産党中央委員会理論政治誌『前衛』1985/7月号 p.45


被爆者運動と党の先駆的役割


斉藤義雄

【問題の所在】


今年は第二次世界大戦終結40年,被爆40周年である. 当時三発しかなかった米軍の原爆が広島,長崎に投下されてから40年を経過したが,世界では核兵器保有が五万発という超核軍拡(広島型原爆の100万倍)となっている



核兵器保有国もアメリカ一国から社会主義国ソ連を含め5ヵ国になった. 世界的に小規模の紛争戦争が多発しており第三次世界大戦=核戦争への火種の危険は全地球的規模で存在している



この危機を未然に防ぐためには核兵器全面禁止・廃絶を緊急かつ重要な課題として明確に位置付けた昨年暮れの日ソ両共産党共同声明がさし示す方向での世論の結集と「ヒロシマ・ナガサキからのアピール署名」「被爆体験の普及」等の運動を壮大な規模で展開することが重要となっている



日本共産党は,戦前から一貫して反戦平和のために生命をかけてたたかいぬき,戦後もこれまで核戦争阻止,核兵器全面禁止・廃絶の旗を掲げて運動の先頭に立っている. そして被爆者援護についても真正面から被爆者支援をつづけている



その日本共産党の先駆的役割と「ふたたび被爆者をつくるな」という被爆体験者の根源的立場をもとにする「核戦争起こすな核兵器なくせ」「原爆被爆者援護法の即時制定」の二大基本要求を掲げ被爆体験の国内外への普及に奮闘している被爆者運動とのかかわりを,一端ではあるが歴史的にふりかえってみたい

被爆者としての自覚確立へ


第二次世界大戦後の1945年9月,アメリカ占領軍はすかさずプレス・コードをしき,原爆被爆の実相と被爆者の実情についての報道をはじめ,原爆症の治療研究や原爆にかかわる文学作品にいたるまでその発表を禁止した. また大統領命令による米国原爆傷害調査委員会(ABCC)を1947,1948年に広島,長崎に設置し,被爆者にたいする治療を除外し,モルモット扱いの調査研究,資料収集,果ては死亡した被爆者の臓器をアメリカ本国の軍研究所に送付するなど被爆の実相が日本国民の目にふれるのをおそれ,徹底した事実そのものの隠蔽をはかった. これらは,次の核戦争の準備にも通ずるものであった



1950年6月,朝鮮への侵略戦争が始められたが,当時,日本共産党中国地方委員会は


日本ではじめて原爆被害者の写真を特集した機関紙を発行して,占領政策違反の名による弾圧のなかでこれを広め,核兵器反対運動を展開した……トルーマン大統領が朝鮮で原爆を使う可能性を示唆したとき,もっとも厳しい抗議に立ち上がったのも,日本共産党員であった. 宮本百合子は12月8日の東大での講演で強い怒りを込めてこれを告発し,被爆者であった峠三吉は,その憤りから『原爆詩集』を編んでこれにこたえた


『日本共産党の60年』


のである



また,全面占領下の1950年3月原子兵器禁止のストックホルム・アピールへの支持署名運動が開始され,日本では8ヶ月間に645万人,世界では5億を超える署名が集められた. その運動の中心を担ったのが共産党員であったことはいうまでもない. その結果,アメリカ軍の朝鮮での原爆使用計画は,運動と世論の高まりによって挫折した



そして全国的にみれば,ストックホルム署名にふれた被爆者たちは,はじめて「被爆者」としての認識をもつきっかけとなったのである

被団協結成,運動分裂のなかで



⇒id: dempax:19850704

入力中


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/19850703

85/07/02 (Tue) 【資料】村中好穂/原水禁運動の誕生と日本共産党 2/End

運動誕生のドラマは語る


40年前は口にすることさえ許されなかった民主主義という言葉が,戦後は当然のように使われるようになったのに原水禁運動の歩みは似ている. そうした前進のなかで,かつて敵視した民主主義の名で反共をこととする動きが生まれてきたのと同様に,かつて原水禁運動を妨害した勢力が原水爆禁止の看板で運動を変質させようとしているのである. こうした逆流を克服するうえで,今こそ先駆的で前衛的,原則的な党の奮闘が求められていることを原水禁運動誕生のドラマは教えている



たとえば「加害者論」とでもいうべき意見がある「原爆の被害を強調する前に侵略民族だったことを反省しろ」式の議論である. その原型が原爆投下から三ヶ月後に早くもあらわれている


原子爆弾の一撃は見事に軍部を地上より一掃した. この一撃は市民の軍国主義を根絶せしめるなにものにも勝った教訓だ


【『中国新聞』1945/11/11 社説】


もちろん占領軍のプレス・コードへの迎合だが,こうした見解をのりこえて原水禁運動を構築していくうえで共産党が負っていた責務の重大さはいうまでもない



戦前,侵略戦争反対を貫いた共産党が戦後戦争責任の追及の先頭に立ったのは周知の事実である. そして,戦争がもたらした国民の被害の責任も当然戦争遂行者に帰すべきものとしてたたかってきた. しかし原爆の使用とそれがもたらした惨害は,そうした論理の枠をこえるもので,その投下が許されるどんな理由もありえないことを明確にしたのも共産党だったのである. こうした科学的見地があったればこそ,さまざまな原爆にたいする「肯定論」「宿命論」を克服して原水禁運動の基礎を打ち固めることもできたのである



もう一つふれておきたい



被爆者の老齢化がすすむなかで,被爆者援護法の制定は文字通り焦眉の課題となっているが,この要求が原爆投下の違法性を前提としたものであることはいうまでもない. 原爆を投下したアメリカにたいする賠償請求権をサンフランシスコ条約で放棄した日本政府が,アメリカにかわって国家補償すべきであるという趣旨のたたかいは,原爆投下に何らかの肯定的評価を下してきた立場と相いれないものである. ここにも,占領下で広島市民とともに共産党が確立した原水禁運動の理念が厳然と生きている

不可欠な存在


ごく限られた形ではあるが広島での原水禁運動誕生の意味を探ってきた. これは誰が運動の先鞭をつけたかという詮索ではないし,過去の誤りの暴露的な揚げ足とりでもない. 現在の運動にあらわれているさまざまな動きを正確に評価するための一つの視点を提供できればと思っただけである



核兵器廃絶の運動が,思想・信条・社会体制の相違をこえた広範な人々の運動であることはいうまでもない. しかし,そうした広範な運動をつくっていくうえで,何ものにも惑わされず,犠牲を恐れず,ひたすら真実を追及する日本共産党の存在が不可欠なのであった



最近,党を裏切った連中が「あのころ自分はこんなことをした」とひけらかしているのを耳にすることがある. かつて党員であったころの行動を誇りうるのは,それが前衛党の意思にもとづくものであったからである. そのことを認めない放漫さが,市民運動の名による共産党排除の策動と結びついているのは決して偶然ではない



今年は被爆40周年,そして党創立63周年である. 党史の半分以上が原水爆禁止という人類史的課題とともにあったわけで,そこにおける党の役割を改めてふりかえることに深い感慨を覚えている



むらなか・よしほ

日本共産党広島県委員会




85/07/01 (Mon) 【資料】村中好穂/原水禁運動の誕生と日本共産党


【出典】日本共産党中央委員会理論政治誌『前衛』1985/7月号 p.36


原水禁運動の誕生と日本共産党


村中好穂

【問題の所在】


いまに始まったことではないが,市民あるいは市民運動の名で政党を誹謗排除する策動が執拗に繰り返されている. 原水禁運動の分野でそれはとくに目立つようだ. おそらく「思想・信条をこえた運動だから政治とは無縁」と言い張れるという底の浅い読みがあるからだろう


攻撃対象が政党一般でなく日本共産党に絞られているのも,あとで見るようにそれなりの理由はあるようだが,いずれにしろ非政治主義的装いで共産党攻撃をするこうした策動こそ,原水禁運動をねじ曲げる悪しき政治主義の見本のようなものである. それを証明するためには次の問いが必要であろう


そもそも,原水禁運動は政党の活動とは無関係な市民運動として始まり発展してきたのか? いいかえれば共産党が「市民」のやっている原水禁運動にわりこみ,干渉しようとしているのか?


答えは「否」である. そのことを書く

原爆投下をめぐる対立


最初に断っておくが「市民」の名で共産党を排除しようとしている勢力と同じ次元で論争しようというのではない. つまり,市民と政党を対立関係に置く誤りを明らかにし,その両者の正しいかかわりあいによって原水禁運動が生まれ発展したヒロシマの事実を語ろうというのである


政党排除を主張する意見の致命的欠陥は,こうした事実を率直に認めることができないところにある. すなわち,原水禁運動が政党の政策や行動と無関係に,自然発生的な市民運動として始まったという,事実に反する前提が論拠となっているのである. しかも,その誤った前提が善意の無知や錯覚によって生じたのでなく,否定しようのない歴史の事実を隠すことでつくられてきた. なぜかくすのか? いやなぜかくさざるをえないのか? 問題を解くカギはそこにひそんでいるのである


本題に入るにあたってふれておきたいことがある. それは,支配者たちが原爆投下の事実をどのように扱ってきたかということだ. 原爆という無差別大量殺人兵器の使用が,第二次世界大戦後の世界支配をめざすアメリカ帝国主義の「政治的行為」であったことはここで改めてくりかえさないが,投下直後から「政治的」に利用され,それが原爆反対の声の結集を妨げてきたことを見ておくのは決して無駄ではないからである


原爆投下の翌日8月7日に県知事が出した「諭告」はこうのべている「仇敵に報ゆる道は断固驕敵を撃砕するにあることを銘記せよ. 我等は飽迄も最後の戦勝を信じ,あらゆる艱苦を克服して大皇戦に挺身せむ」と


そして敗戦を迎えて一週間後の各新聞は「蚊一匹残さぬ残虐ぶり」「年間は生物の生息不能」「この世の生地獄」などと原爆批判キャンペーンをいっせいに展開した


それから数日後にアメリカ占領軍が進駐,9月にプレス・コードが出されると新聞は沈黙した. 6年余にわたる原爆批判弾圧時代の始まりである


この間の事情を,広島県発行の『原爆三十年』は次のように解説している「プレス・コードまでの一連の原爆報道の特徴は,原爆被害を大々的にとりあげることにより,終戦までにおいては報復心を煽り立て,終戦後においては,アメリカの戦争責任を追及することにあった. またそうすることによって,国内的には,日本の敗戦の責任を原子爆弾に転化し,対外的には,日本の戦争責任を不問に付すことにあったといえよう」と私もこの見解に大筋で同意できる


原爆の非人道性が,人類の未来への警告としてではなく「鬼畜米英撃滅」の戦意高揚に利用され,ついで戦争責任の回避や日本軍国主義の免罪に利用されたあげく,被爆の実相すら永久に闇に葬られようとしたのである


「こんな生地獄を二度とくりかえしてはならない」という民衆の願いの対極で,支配層が原爆を自己保存の手段にしてきた一ヵ月余にも,無数の人びとがつぎつぎに悶え死んでいったのである. ついでに言っておくと,アメリカ原爆調査団は9月上旬に「広島や長崎では死ぬべき者は死に,現在放射能の余塵のために苦しんでいる者は皆無」と発表している. プレス・コード指令の2週間も前のことだが,被爆40周年の現在も深刻な問題となっている原爆後遺症という「事実」すら強権的に消そうとしたのである


少し長くなったが,原爆をめぐってどのような対立が誰と誰にあったのか,そのなかで原爆反対の運動が形づくられていくにはどんな条件や活動が必要だったかが以上の事実によってもわかるであろう. つまり,こうした状況に誰が順応し,誰がこの状況打開のためたたかったか,そこが問題なのである

日本共産党と市民


米軍占領下の広島の原水禁運動については本誌一月号の拙稿「『ヒロシマ』と『東京宣言』」でふれたので,重複を避けて別の角度,共産党と市民のかかわりあいの面から見てみることにする


一見がんじがらめの弾圧体制下で,原爆反対の声がどのようにして結集され行動になっていったかはきわめて教訓的であり,少しくだけた言い方を許していただくなら実に興味深い問題である


数年前であるが,東京から来た知人に占領下の広島の運動について話したことがある. 被爆写真を街頭展示してストックホルム署名を集めたことなどを話しているとき,その人から二つの質問が出た. 一つは,あの時期に被爆写真がそれも四つ切りくらいに引き伸ばした写真がどのようにして手に入ったかというものであり,もう一つは,あの厳しい時代になぜ弾圧もされずそんなことができたのかということである. 私は一瞬,虚をつかれた思いがしたが,あれこれ記憶をたぐりながら話しているうちに,原水禁運動の成り立ち,そこでの共産党と大衆との関係などを改めて見直させてくれたその鋭い質問に感謝した


話はこうである. 写真はいろいろな経路で集まってきた. 共産党が原爆反対をいっているのであそこに持っていけば役立つのではないかというのもあったようだし,胸にたまっている原爆への怒りを共産党なら代弁してくれるのではという期待をこめたのもあった


朝早く党事務所の玄関に投げ込んであったこともあるし,党員がどこからかもらってきたものもある. 県北部の三次市では,ストックホルム署名を集めていた青年に「原爆がどんなものか見せてあげよう」といって提供してくれた写真館の主人もいた. いずれも,出所は絶対あかしてくれるなという条件つきであるが「共産党ならやってくれる」という信頼感,共産党が原爆反対の活動をしていることへの期待と支持が共通していたことはまちがいない. だからそれらの写真を活用しているとまたどこからともなく新しい写真や激励の手紙がよせられるのであった


1949年10月2日の平和擁護広島大会が緊急動議という形で「原爆禁止」を公然と決議したのもそうした空気の反映であるし寄せられた写真の何枚かが1950年6月9日付の共産党中国地方委員会機関紙『平和戦線』7号(4万部発行)に峠三吉の詩や「再び原子爆弾を繰り返すな全愛国者は平和戦線へ!!」という主張とともに掲載され,写真提供者の期待にこたえ原爆反対の世論を高めたのである


市民の願いを代表して党が決起し,党の決起を見て市民が結集するという循環が作り上げた力,それが占領下の広島での原水禁運動となったのである「なぜ弾圧されなかったか」というもう一つの質問への回答もここにある. 事実,街頭行動をやっていると何人かが自発的に防衛にあたってくれたことも珍しくない


共産党の活動と市民の感情を,自分が勝手にえがいた対立の図式にあてはめ,原水禁運動の生成を自然発生的な市民運動という神話にしようとする試みの虚偽をこれらの事実は鮮かにあばいている. この事実を直視することのできないものには,やはりそれなりの理由があるのである. 一例をあげよう


『国民の中の一部分子は『戦争反対,原爆反対』のまことしやかな美名のもとに,侵略者戦争挑発者に奉仕しようとしていることは誠に嘆かわしいことといわねばならぬ. 広島市警察本部がきょうの平和祭に名をかるこれら不純分子の不穏行動を察知して(筆者注…実際は占領軍の指令で)五日以降の集会,集団行動,示威運動を取り締まるの挙に出たのも,公共の秩序保持とその福祉のために誠に当然のことであり,反省と祈りに敬虔な一日を送ろうとする広島市民にとってもまた有意義な措置といえよう』


【『中国新聞』1950/08/06 社説】



この同じ8月6日,共産党は自覚的勢力を結集して二万枚のビラを全市でまき街頭集会を開いた. その中の一人として参加した共産党員詩人峠三吉の目にうつった8月6日は次のようなものであった



ひらひら ひらひら


夏雲をバックに


蔭になり 陽に光り


無数のビラが舞い


あお向けた顔の上


のばした手のなか


飢えた心の底に


ゆっくりと散りこむ


誰かがひろった


腕が叩き落とした


手が空中でつかんだ


眼が読んだ


労働者,商人,学生,娘


近郷近在の老人,子供


八月六日を命日にもつ全広島の


市民群衆そして警官



詩「1950年8月6日の広島」(傍点強調=太字は筆者)



傍点(太字)を警官のところまで引いたのは,当時の自治体警察のなかには,被爆者であったり家族に被爆者を持つ警官が多数おり,原爆反対の運動に表面はともかく内心では共感をよせる者が少なくなかったし,峠三吉もそうした目配りを忘れていないからである


ところで,同じ8月6日に同じ広島市民を口にしながらまったく異なる二つの立場があったことがここにはくっきり示されている. 市民と政党の対立でなく,原爆にきっぱり反対するか権力に順応するかの相違として. この相違こそ決定的であったし,真に革新的な政党の奮闘こそ広範な市民の結集を可能ならしめたことを歴史は証明しているのである


あれこれのやり方で原爆投下を是認させようとしてきた勢力と,そのもとでなお原爆反対を叫ばざるをえない市民のエネルギーに依拠して突破口を切り開いてきた前衛党,この対決軸を否定することは歴史の誤認というより犯罪的な偽造に通じている. 市民運動の名による政党排除の策動は,そうした偽造のうえにのみ存在するのである

運動誕生のドラマは語る



続き⇒id:dempax:19850702

 | 
0000 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 |
0001 | 01 |
0002 | 09 |
0010 | 03 |
0014 | 01 | 04 | 08 |
0016 | 11 |
0100 | 11 |
0114 | 04 | 05 |
0214 | 04 |
0984 | 05 |
1013 | 08 | 09 |
1014 | 01 |
1114 | 01 |
1889 | 10 |
1915 | 03 |
1923 | 04 | 08 | 09 |
1924 | 06 |
1925 | 06 |
1927 | 08 |
1928 | 09 | 10 | 12 |
1929 | 02 |
1930 | 02 |
1931 | 09 | 12 |
1932 | 02 | 09 | 12 |
1933 | 01 | 03 | 06 | 08 |
1935 | 09 | 10 | 12 |
1936 | 10 |
1937 | 09 | 10 | 11 |
1938 | 02 | 04 | 05 | 06 |
1939 | 04 | 06 |
1941 | 04 |
1942 | 03 | 08 |
1943 | 05 | 06 | 11 | 12 |
1944 | 01 | 11 |
1945 | 01 | 08 | 09 | 11 |
1946 | 04 | 06 | 10 | 11 | 12 |
1947 | 04 | 06 | 11 |
1948 | 03 | 04 | 05 | 11 |
1949 | 01 | 06 | 07 | 09 | 12 |
1950 | 02 | 08 | 10 |
1952 | 04 |
1953 | 06 |
1954 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1955 | 08 | 12 |
1956 | 10 |
1957 | 01 | 02 | 08 |
1958 | 03 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
1959 | 08 |
1960 | 07 | 10 |
1963 | 12 |
1964 | 01 | 05 | 08 |
1965 | 01 | 08 | 11 |
1966 | 08 | 09 | 10 |
1967 | 11 |
1968 | 01 | 02 | 06 | 09 |
1969 | 04 | 11 |
1970 | 01 | 09 |
1971 | 06 | 10 |
1972 | 01 | 04 | 08 | 09 | 11 |
1973 | 07 | 09 | 10 |
1975 | 02 |
1976 | 09 |
1977 | 04 | 09 | 10 |
1978 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 11 |
1980 | 04 |
1981 | 03 | 04 |
1982 | 05 |
1983 | 01 | 03 | 06 | 11 | 12 |
1984 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
1985 | 01 | 07 | 08 |
1986 | 04 | 08 | 09 |
1987 | 03 |
1988 | 09 | 10 |
1989 | 08 |
1990 | 04 | 08 |
1991 | 07 |
1992 | 01 | 03 | 05 | 07 | 12 |
1993 | 08 |
1994 | 12 |
1995 | 08 | 12 |
1997 | 01 | 02 | 11 |
2001 | 02 |
2003 | 01 |
2004 | 03 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 00 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 |
2011 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |
2052 | 11 |
2053 | 11 |
2054 | 11 |
2058 | 07 |
2091 | 04 |
2092 | 03 |
2114 | 06 | 07 |
2158 | 07 |
2214 | 05 | 06 |
2216 | 11 |
2258 | 07 |
2358 | 07 |
2518 | 07 |
2558 | 07 |
2658 | 07 |
2758 | 07 |
2858 | 07 |
2958 | 07 |
2968 | 09 |
2973 | 09 |
3013 | 07 |
3014 | 04 |
3015 | 06 |
3016 | 10 | 11 |
3213 | 07 | 08 |
3358 | 07 |
3958 | 07 |
4000 | 02 |
4013 | 08 | 10 |
4358 | 07 |
4958 | 07 |
5358 | 07 |
5958 | 07 |
9013 | 10 |
9017 | 01 |
9018 | 06 |
9913 | 07 | 10 |

-*-