赤旗海賊版

 | 

87/03/04 (Wed) 米軍機墜落事故横浜地裁判決関連記事

朝日新聞 1987/3/4 夕刊

(1頁-1段)米兵への裁判権認める/ファントム機墜落・横浜地裁判決/「公務中,責任は問えず」/国に4500万賠償命令

(15-1)安保の壁に小さな風穴/ファントム事故判決/勝訴!かみしめる一家/悦子さん火傷の体戻らぬが

【写真説明】ファントム機墜落事故裁判で入廷する原告の椎葉さん一家,左から夫の寅生さん,長男民生さん,妻悦子さん,長女かをりさん



夕刊 読売新聞 1987/3/4

(1-1)国に4880万円の賠償判決/米軍機墜落/米兵へも民事裁判権/個人責任負わず/横浜地裁


□(1-2) 制裁的損害論不採用

(2,3-1)基地の欠陥認めず/被害者救済を優先/米軍機墜落事故訴訟の判決要旨/原因はファントム機


□(3-1)1953年以降の米軍機自衛隊機の主な事故


□(3-5)着々増強される米軍基地/住民との間に新たな摩擦も


□(3-5)割り切れない思い/小林直樹専修大学教授(憲法)


□(3-6)椎葉さん一家時効寸前に提訴

(15-1)暗雲にやっと薄日が…/提訴6年半,報われた/椎葉さん示談話に反発して


【写真説明】(上)「勝訴」の垂れ幕を掲げる支援者 (下)むせび泣く長男をなぐさめる椎葉さん(右は妻悦子さん)


□(15-6)米兵の謝罪なく…和解した土志田さん/娘孫3人失い深い傷



毎日新聞 1987/3/4 夕刊

(1-4)米軍機墜落事故/公務の米兵に被告適格/横浜地裁判決 国家賠償4580万円認める


(1-7)制裁的賠償論はとらず

(1-8)米軍機墜落事故


1977年9月27日12時20分頃,米海軍ジェット戦闘機「RF-4Bファントム」が横浜市緑区荏田町2310の住宅造成地に墜落. 民家4棟が全半焼し,農業,林一久さんの長男裕一郎ちゃん(当時3歳),次男康弘ちゃん(当時1歳)が全身やけどで死亡. 林さんの妻和枝さんも1982年1月死亡,椎葉さんの妻悦子さんら6人が重軽傷を負った→関連記事id:dempax:19770927


(2-1)「閉ざされた門」開く/ファントム機墜落事故/米軍関係訴訟に手がかり


【解説】


日米安保条約に基づく,公務中の米兵の「裁判権」が問題になったのは1957年のジラード事件. 群馬県相馬ガ原演習場で米軍のジラード二等特技兵が薬莢を拾っていた日本人主婦を射殺した. 米軍は公務中と主張,日本側はそれに反論,結局,米側が裁判権を放棄し前橋地裁で執行猶予付きの判決が出た. この間米連邦地裁が「ジラードの身柄を日本に引き渡すべきではない」などと判断,日米間で裁判権をめぐり大きな騒ぎとなった


裁判で直接「公務中の米兵」の裁判権が争われたケースはない. しかし,米軍の活動が日本の司法当局の判断対象になった例としては,今回の訴訟の事故機が飛び立った厚木基地の騒音に悩む周辺住民が,国に米軍機飛行に対する差し止めを求めた「厚木基地爆音公害民事訴訟」がある


一審・横浜地裁は1982年10月差し止めについては協定によって「米軍への裁判権はない」と判断. 昨年4月の二審・東京高裁でも同じ理由で住民側の訴えが門前払いされた


今回の訴訟で問われたのは,米兵に対する民事裁判権


原告側は「最近の学説では外国人がその国の裁判権に完全に免除されるという考え方から,免除されるのは一部という考え方に移行しつつある」という解釈を紹介. その上で「地位協定では,米軍関係者が日本の裁判権に服さないとは言っていない. 大筋で国が処理すると決めてあるだけ」と米兵の被告適格を主張していた


もう一つの焦点は賠償額だった. 国は約1千4百万円を支払うとしている以上,判決の賠償額が,その額を下回ることは,これまでの裁判例ではあり得ないことだった. 国側は原告らの年齢などを基礎に,交通事故などの賠償金算定を根拠にこの額をはじき出した. 一方の原告側は物損,逸失利益などのほかに「平和的生存権」を侵されたことに対する制裁的賠償や精神的慰謝料を大幅に付け加えた. 換言すれば,交通事故での被害と同じととらえるのか,基地の特殊性に注目するのか---だった


今回は民事訴訟での司法判断で,ジラード事件のような刑事事件にそのまま適用できるとはいえないが,これまで「閉ざされた門」だった在日米軍関係者への訴訟に門を開けたといえそうだ


(横浜支局・浜田早代子)


(8-1)安保地位協定に「くさび」


(8-1)判決理由要旨


(8-6)椎葉さんの情熱に敬意/娘と孫失った土志田さん

(9-1)訴え通った「国は謝罪を」/米軍機墜落判決/画期的判決に笑顔/椎葉さん一家「平和考えてくれた」


【写真説明】勝訴後の記者会見で思わず涙をこぼす椎葉夫妻


(9-7)米兵と国の対応に反発し訴訟に


(9-9)4000万円の根拠検討/被告国側代理人の河村吉見法務省検事



日本共産党中央機関紙 赤旗 1987/03/05

万国の労働者団結せよ!!

万国の労働者と被抑圧民族団結せよ!!

独立・民主・平和・中立・繁栄の日本を!!

(1-1)米兵にも裁判権及ぶ/米軍機墜落事故で椎葉さん一家「勝訴」/横浜地裁判決/国は4580万円払え

(14-1)もっと運動広げて/基地被害なくすまで

□一応評価出来る 日下部長作弁護団長


□問題点も含む 厚木基地がある神奈川県大和市の平和委員会理事長 鈴木利男さん(共産党市議)


□今まで従属的 横田基地公害訴訟団 後藤充さん

(14-4)横浜地裁の判決(要旨)

(16-1)苦闘10年いま光が/米軍機墜落事故訴訟判決/国は被害者に謝罪を/椎葉さん一家に/勇気たたえ支援者歓声

【写真説明】「おめでとう」支援の人たちと喜びあう椎葉さん一家(4日,横浜市・弁護士会館)

(15-6)米軍犯罪・事故追及の足掛かり/原因究明では国の主張容認【解説】

(15-7)米軍機墜落事故

(15-9)訴訟支援共闘会議が声明

(15-9)6740万円を仮執行/弁護団





トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/19870304

87/03/01 (Sun) 下書き

夕刊 読売新聞 1987/3/4

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/19870301
 | 
0000 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 |
0001 | 01 |
0002 | 09 |
0010 | 03 |
0014 | 01 | 04 | 08 |
0016 | 11 |
0100 | 11 |
0114 | 04 | 05 |
0214 | 04 |
0984 | 05 |
1013 | 08 | 09 |
1014 | 01 |
1114 | 01 |
1889 | 10 |
1915 | 03 |
1923 | 04 | 08 | 09 |
1924 | 06 |
1925 | 06 |
1927 | 08 |
1928 | 09 | 10 | 12 |
1929 | 02 |
1930 | 02 |
1931 | 09 | 12 |
1932 | 02 | 09 | 12 |
1933 | 01 | 03 | 06 | 08 |
1935 | 09 | 10 | 12 |
1936 | 10 |
1937 | 09 | 10 | 11 |
1938 | 02 | 04 | 05 | 06 |
1939 | 04 | 06 |
1941 | 04 |
1942 | 03 | 08 |
1943 | 05 | 06 | 11 | 12 |
1944 | 01 | 11 |
1945 | 01 | 08 | 09 | 11 |
1946 | 04 | 06 | 10 | 11 | 12 |
1947 | 04 | 06 | 11 |
1948 | 03 | 04 | 05 | 11 |
1949 | 01 | 06 | 07 | 09 | 12 |
1950 | 02 | 08 | 10 |
1952 | 04 |
1953 | 06 |
1954 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1955 | 08 | 12 |
1956 | 10 |
1957 | 01 | 02 | 08 |
1958 | 03 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
1959 | 08 |
1960 | 07 | 10 |
1963 | 12 |
1964 | 01 | 05 | 08 |
1965 | 01 | 08 | 11 |
1966 | 08 | 09 | 10 |
1967 | 11 |
1968 | 01 | 02 | 06 | 09 |
1969 | 04 | 11 |
1970 | 01 | 09 |
1971 | 06 | 10 |
1972 | 01 | 04 | 08 | 09 | 11 |
1973 | 07 | 09 | 10 |
1975 | 02 |
1976 | 09 |
1977 | 04 | 09 | 10 |
1978 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 11 |
1980 | 04 |
1981 | 03 | 04 |
1982 | 05 |
1983 | 01 | 03 | 06 | 11 | 12 |
1984 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
1985 | 01 | 07 | 08 |
1986 | 04 | 08 | 09 |
1987 | 03 |
1988 | 09 | 10 |
1989 | 08 |
1990 | 04 | 08 |
1991 | 07 |
1992 | 01 | 03 | 05 | 07 | 12 |
1993 | 08 |
1994 | 12 |
1995 | 08 | 12 |
1997 | 01 | 02 | 11 |
2001 | 02 |
2003 | 01 |
2004 | 03 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 00 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 |
2011 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 | 11 | 12 |
2052 | 11 |
2053 | 11 |
2054 | 11 |
2058 | 07 |
2091 | 04 |
2092 | 03 |
2114 | 06 | 07 |
2158 | 07 |
2214 | 05 | 06 |
2216 | 11 |
2258 | 07 |
2358 | 07 |
2518 | 07 |
2558 | 07 |
2658 | 07 |
2758 | 07 |
2858 | 07 |
2958 | 07 |
2968 | 09 |
2973 | 09 |
3013 | 07 |
3014 | 04 |
3015 | 06 |
3016 | 10 | 11 |
3213 | 07 | 08 |
3358 | 07 |
3958 | 07 |
4000 | 02 |
4013 | 08 | 10 |
4358 | 07 |
4958 | 07 |
5358 | 07 |
5958 | 07 |
9013 | 10 |
9017 | 01 |
9018 | 06 |
9913 | 07 | 10 |

-*-