赤旗海賊版

 | 

06/06/24 (Sat) 今日の古本

[][]『戦ふ日本刀』広告

成瀬関次『実戦刀譚』[*1]奥付より転載

-

成瀬関次著『戦ふ日本刀』11版

木村荘八装幀/46判362頁/定価1円70銭/送料10銭


従軍記中の異色編!!刀人一如の日本刀精神を発揮せる『戦ふ軍刀修理班』の体験戦記!!



本書は『実戦刀譚』の姉妹編である. 著者は9ケ月の従軍中,大部分を白兵戦の第一線に働き,その間派遣を命ぜられた部隊数32修理軍刀数約2000,明けても暮れてもただ血刀泥刀の中に埋もれて恰度,軍医が戦傷兵を敵前に治療する気持で,損傷刀を手がけて来た人. 本書は日本刀は斯く戦へり」といふ貴い報告書である.



菊池寛氏評=『戦ふ日本刀』は雑誌で僕も愛読したものだが,一本になつて再読すると初めて読むように面白かつた. 日本刀の修理をしながら,その日本刀についての批評,その日本刀の戦歴を語つてゐるのだから,日本刀を通じての実戦譚である.



内容略目

  • 戦線物斬り譚
  • 台児荘戦話集
  • 刀人一如
  • 百刀鋸となる
  • 白兵戦の実相
  • 戦ふ日本刀
  • 戦死一歩前
  • 場違ひの正宗
  • 戦線の正宗
  • 斬る事戦ふ事
  • 黄河大背水陣中記
  • 血染めの作業服
  • 軍刀修理班
  • 据物斬りとねた刃
  • くの字への字の刀
  • 死か生か

--



海賊版『実戦刀譚』近日公開準備中乞う御期待



国会図書館所蔵 成瀬関次 著書 http://opac.ndl.go.jp/

『マルクス学を崩す』純日本社, 昭和9

『戦ふ日本刀』実業之日本社, 1940

『実戦刀譚』実業之日本社, 1941

『日本刀』二見書房, 1942

『日本刀の話』(共著)増進堂, 1942 -- (少国民選書)

『古伝鍛刀術』二見書房, 1943

『臨戦刀術』二見書房, 1944

『剣者のをしへ』増進堂, 1944 -- (小国民選書)



-

*1:実業乃日本社 1941/1/23印刷 1/27発行 2/21 9版

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20060624

06/06/23 (Fri) 反憲学連OB→統一協会??

[][]一歩前進/二歩後退==たたかふつくる会もしくは内部抗争/内ゲバ証言集


西尾幹二のインターネット日録

3月 http://www.google.com/url?sa=D&q=http://nishiokanji.com/blog/2006/03/

4月 http://www.google.com/url?sa=D&q=http://nishiokanji.com/blog/2006/04/

5月 http://www.google.com/url?sa=D&q=http://nishiokanji.com/blog/2006/05/

6月 http://www.google.com/url?sa=D&q=http://nishiokanji.com/blog/2006/06/


つくる会の体質を正す会

http://www.google.com/url?sa=D&q=http://tadasukai.blog58.fc2.com/


藤岡信勝ネット発信局

http://www.google.com/url?sa=D&q=http://blog.so-net.ne.jp/fujioka-nobukatsu


つくる会Webニュース

http://www.google.com/url?sa=D&q=http://www.tsukurukai.com/01_top_news/topnews_bn.html



友愛会と評議会*1については日本近代史の教科書を参照. 友愛会館地図 http://www.jam-union.or.jp/what_JAM/what_map.htm

大原クロニカ『社会・労働運動大年表』解説編 http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/khronika/index.html

友愛会: http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/khronika/1911-15/1912_08.html

評議会: http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/khronika/1921-25/1925_11.html



2006/06/10第91回理事会選出 新評議員(○印は新任) *2

浅野總一郎 大阪支部副支部長 大阪同盟OB会会長

○ 伊藤玲子 元鎌倉市会議員 建て直そう日本・女性塾幹事長

叡南覚範 滋賀県支部長 建立院住職

大津寄章三 愛媛県中学校社会科教師

河村ユリ子 日本の伝統と文化を語る会代表

清水誠一 北海道議会議員

竹田正 元東光電気会長

田下昌明 道北支部長 病院院長

長曽我部延昭 愛媛県支部長 椿神社宮司

土屋たかゆき 東京都議会議員

松本謙一 東京支部長

南木隆治 大阪支部事務局長 盲学校高校教師 南木隆治[『沖縄集団自決冤罪訴訟を支援する会』代表*3]

○ 光永俊介 宮城県支部副支部長

○ 渡辺眞(ただし) 西東京支部長 日野市議会議員

2006/06/20 第92回理事会選出 新しい歴史教科書をつくる会役員(○印は新任) *4

○ 会長 小林正 評論家 元参議院議員[「日本の教育改革」有識者懇談会=民間教育臨調 第四部会 教育制度部会 部会長*5]

副会長 高池勝彦 弁護士[本多勝一/柏書房名誉毀損裁判原告代理人 *6]

副会長 福地惇 大正大学教授

副会長 藤岡信勝 拓殖大学教授

○ 理事 石井昌浩 評論家 拓殖大学客員教授

○ 理事 上杉千年 歴史教科書研究家

理事 遠藤浩一 評論家

○ 理事 小川義男 狭山ヶ丘高校校長

理事 九里幾久雄 浦和大学理事長

○ 理事 桜井裕子 ジャーナリスト

○ 理事 杉原誠四郎 武蔵野大学教授

理事 高森明勅 日本文化総合研究所代表

○ 理事 濱野晃吉 コンサルタント会社社長

理事 福田逸 明治大学教授

理事 吉永潤 神戸大学助教授

監事 平野富國 元(株)藤沢小田急代表取締役社長

○ 監事 梅澤昇平 尚美学園大学教授

○ 顧問 井尻千男 拓殖大学日本文化研究所所長

○ 顧問 工藤美代子 ノンフィクション作家

○ 顧問 田久保忠衛 杏林大学客員教授

○ 顧問 芳賀徹 東京大学名誉教授

[]《安倍晋三、統一協会に祝電》キャンペーン

つくる会東京支部掲示板投稿[1907] http://www.e-towncom.jp/iasga/sv/eBBS_Main?uid=5428&aid=2&s=1280

--

RE:代わりに統一教会がやってきた!ヤァ!ヤァ!ヤァ! 投稿者情報 卯の花 2006-06-16 15:45

http://www.tongil.or.kr/main2/boarddata/boardcontent.html?&no=9018&code=WEBTV0411&listnum=15

上記サイトのその他の大会の来賓・祝電を調べてみました.

1:福岡大会 17:00 祝電:安倍普三(衆), 保岡興治(衆), よしたけたけと(第一薬科大学副学長), 高島よしまさ(九州大学名誉教授)

2:広島大会 16:00 祝電:安倍普三(衆), 中川秀直(衆), 増原義剛(衆)

3:高松大会 11:30 祝電:大野功統(衆), 木村義雄(衆), 福井照(衆), 山内俊夫(参), みきとしじ(元徳島市長), おかたみこ(徳島県芸術協会会長)

4:神戸大会 13:00 来賓:宇野ゆりこ(衆・宇野治夫人), さかのうえひろこ(宝塚市長夫人), 別所けいすけ(全日本神道青年会顧問) 祝電:平沼赳夫(衆), 鴻池祥肇(参), 大前繁雄(衆), 末松信介(衆), 山口壮(衆・民), 関芳弘(衆), さかのうえよしひで(宝塚市長), やだたつお(神戸市長)

5:大阪大会:??

6:名古屋大会 00:00 来賓:青山たかし(前衆), 大谷ただお(元衆), 島津やすお(名古屋大学名誉教授・桐朋短期大学元学長) 祝電:大村秀章(衆), 江崎鐵磨(衆), 馳浩(衆), 長瀬甚遠(衆), 鈴木政二(参), 野上浩太郎(参), 高木毅(衆), 木村隆秀(衆), 丹羽秀樹(衆)

7:長野大会:11:50 祝電:中曽根康弘(元首相), 羽田孜(元首相), 小坂憲次(衆), 高鳥修一(衆), 篠原孝(衆・民), 下条みつ(衆・民), 田中直紀(参), 若林正俊(参), 中曽根弘文(参), 森本なおたけ(信州大学前学長)

8:埼玉大会:12:00 祝電:上田清(埼玉県知事), 船田元(衆), 牧原秀樹(衆), 小宮山泰子(衆・民), 西川公也(衆), 神風英男(衆・民), 国井正幸(参)

9:仙台大会:11:30 来賓:中野正志(衆), こんのたかよし(宮城県議), 石川みつじろう(宮城県議), 今井えいき(山形県議) 祝電:村井よしひろ(宮城県知事), 田名部匡省(参・民), 金いるまん(韓国総領事), 森田みのる(青森大学元学長)

10:札幌大会:??

11:横浜大会:11:55 来賓:鈴木やすとも(前衆), なかもとたえい(元参), 小林正(元参)*7 祝電:小此木八郎(衆), 山際大志郎(衆), 笠浩史(衆・民), 小林温(参), 山口いわお(厚木市長), さかいあさお(神奈川県日華親善協会会長)

12:東京大会:??

安倍普三, 中川秀直, 平沼赳夫, 羽田孜, 船田元など与野党を問わず, 錚々たる顔ぶれの政治家・元政治家が名を連ねております. 統一協会が日本政界を支配していると短絡するか, 政治家は統一協会の大会の場を利用してまで名前を売らなければならないなんて, 大変だなぁ, と思うかは, 人それぞれですが.

--

ibid. 投稿[1909]

--

RE:代わりに統一教会がやってきた!ヤァ!ヤァ!ヤァ! 投稿者情報ゼンダマン 2006-06-16 16:16

統一教会集団結婚式 5月24日(水)東京大会の映像はこちらです。 mms://222.122.15.167/vod/20060524j_300k.wmv

祝電紹介は11分45秒以降

元内閣総理大臣 中曽根康弘(自民)

衆議院議員 平沢勝栄(自民、山崎派)

衆議院議員 松本文明(自民、森派)

衆議院議員 清水清一朗(自民、無派閥)

衆議院議員 高鳥修一(自民、森派)

東京都議会議員 樺山卓司(自民)

成蹊大学元学長 朝倉孝吉

-



薫のハムニダ日記 2006/06/05 より転載 「世界日報」韓国語版 2006/05/14

かなりキモイですが、全訳してみました。グレーの( )内は私が勝手につけた注釈です。それではどうぞ。http://hamnidak.exblog.jp/m2006-06-01


《♪ 転載・引用大歓迎 ♪》

「西欧社会のみに追従する日本、真の家族を回復すべし」UPF祖国郷土還元日本大会


◇13日、日本南部福岡県のマリンメッセ福岡で開かれた天宙平和連合(UPF)祖国郷土還元日本大会の全景。この大会は24日まで日本の12主要都市を巡回しながら開かれる。


民間レベルの世界平和運動を繰り広げてきた「天宙平和連合(UPF)」の「祖国郷土還元日本大会」が国際合同結婚式と共に13日、「マリンメッセ福岡」で開かれた。


日本天宙平和連合(ユ・デヘン会長)の主催で開かれたこの日の大会は、日本全国で民間平和運動を行っている2000人余りの平和活動家をはじめ、福岡地域の指導者やUPF会員など、8000人が集まった中で催された。また、日韓民間交流の主役となる両国の男女2500組の合同結婚式も同時に開催された。 UPFはこの日の福岡を起点として24日まで日本国内12都市を毎日一都市ずつ巡回する。


福岡大会では安倍晋三内閣官房長官や法務大臣の経歴を持つ保岡興治衆議院議員など、国会議員7名(他の5人は一体誰だ?)が祝電を送った。


宮島大典元衆議院議員(ちなみにコイツは元自民党で、今は民主党らしい。浪人中だけに公式HPがヘボい、というか各項目が開かない)をはじめ福岡や熊本地域の有力者、商工関連団体の代表など30余名も列席し、UPF平和運動への支持と参与の意を表した。地域の有力者6名も平和大使として新たに任命され、活動に踏み出した。


文鮮明総裁とのUPF共同創設者である韓鶴子(文ちゃんの3人目だか4人目の奥さん。花も恥らう16歳のときに当時40歳だった文ちゃんと結婚した)総裁は「天宙平和王国時代宣布のメッセージ」と題する特別講演を通じて「世界のすべての国家が力量を総動員し、大宇宙の主となられた神の望む平和理想世界の王国創建に全力で邁進するときが来た」とし、「このメッセージは天がこの時代に下した警告であり、祝福であり、心に刻まなければならないこと」だと言及した。


特別講演を行った文国進 (文ちゃんの四男)世界基督教統一神霊協会維持財団韓国側会長は、「文総裁の平和思想により、世界の火薬庫である中東でもユダヤ教、キリスト教、イスラム教の指導者が新たなレベルの平和的対話に進み出ており、朝鮮半島統一のための基盤も急激に進展している」とし、「国家・人種間の壁を撤廃し、万人が手を繋いで生きていける平和の理想世界を建設しよう」と力説した。


ユ・デヘン会長は「今日の日本は性的に堕落している西洋文化に追従している憂慮すべき状況」であると診断し、「今回、日本の南側の関門である福岡で善男善女の祝福行事を行うことは神の価値観に則した真の家庭と倫理を日本に伝える一歩であることを知らせる鐘の音」であると論じた(最後のシメは純潔宣言ですか)

福岡=ジョン・スンウク特派員



-

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20060623

06/06/22 (Thu) 訃報:近藤芳美

[][]いつの間に夜の省線に貼られたる軍のガリ版を青年が剥ぐ(近藤芳美『埃吹く街』1948年)

各新聞の訃報記事*1


日経新聞

-

近藤芳美氏が死去・戦後の代表的歌人 http://www.nikkei.co.jp/news/main/20060621AT1G2103C21062006.html


戦後の代表的歌人で文化功労者の近藤芳美(こんどう・よしみ, 本名=芽美=よしみ)氏が21日午前10時1分, 心不全のため東京都世田谷区の病院で死去した. 93歳だった. しのぶ会を行うが, 日取りなどは未定.


旧制高校時代に歌人の中村憲吉に出会い, 「アララギ」の同人になる. 上京後, 歌人の土屋文明に師事. 東工大建築学科卒業後, 建設会社に勤務する傍ら, 作歌活動を続けた.


1948年に刊行した歌集「早春歌」と「埃(ほこり)吹く街」で戦後歌壇の旗手として脚光を浴びた. 51年, 歌誌「未来」を創刊. 戦争体験を基に戦後の現実に鋭く向き合う歌を作り続けた. 岡井隆, 道浦母都子, 大島史洋の各氏ら現代を代表する歌人を数多く育てた.


代表歌に

    ものぐらく人行く上に降(ふ)りて居る
    鉄切断の音無き火花

-


讀賣新聞

-

戦後歌壇に指針, 歌人・文化功労者の近藤芳美氏死去 http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20060621i514.htm

戦後歌壇のリーダー的存在で文化功労者の近藤芳美(こんどう・よしみ, 本名・芽美=よしみ)氏が21日午前10時1分, 心不全で死去した.


93歳. 告別式は親族のみで行い後日, しのぶ会を開く. 喪主は妻で歌人のとし子(本名・年子)さん.


朝鮮半島生まれ. 土屋文明らに師事し1947年に新歌人集団を結成, 歌集「早春歌」などで注目された. 評論「新しき短歌の規定」の中で桑原武夫の「第二芸術論」など否定論に<新しい歌とは今日有用の歌の事>と, 戦後歌壇に指針を示した.


    いつの間に夜の省線にはられたる
    軍のガリ版を青年が剥ぐ

や恋愛歌

    たちまちに君の姿を霧とざし
    或る楽章をわれは思ひき

などが愛唱された. 朝鮮戦争への危機意識など社会詠, 思想詠も多い.


51年, 岡井隆氏らと歌誌「未来」を創刊. 2001年まで主宰を務めた. 55年から昨年まで「朝日歌壇」選者. 現代歌人協会理事長を長く務めた. 69年「黒豹」で迢空賞, 86年「祈念に」で詩歌文学館賞. 96年に文化功労者.(2006年6月21日23時14分 読売新聞)

-


東京新聞/共同

-

近藤芳美氏が死去 歌人, 文化功労者 http://www.tokyo-np.co.jp/flash/2006062101003731.html


戦後の代表的歌人で文化功労者の近藤芳美(本名芽美)氏が21日午前10時1分, 心不全のため東京都世田谷区の至誠会第二病院で死去した. 93歳. 旧朝鮮生まれ. 葬儀・告別式は故人の遺志により近親者のみの密葬で行う. 喪主は歌人の妻とし子さん. 後日, 未来短歌会の主催で「近藤芳美をしのぶ会」を開く予定.


東京工大卒. 旧制広島高校時代に「アララギ」に入り中村憲吉, 土屋文明に師事した. 1947年「新歌人集団」を結成. 51年に歌誌「未来」を創刊した.


代表歌に

    たちまちに君の姿を霧とざし
    或る楽章をわれは思ひき

    50年ついに国是とし戦わず
    人間の歴史に静かに思え

など.(共同)

-


産経新聞

-

近藤芳美氏が死去 戦後歌壇リード, 文化功労者 93歳 http://www.sankei.co.jp/news/060622/bun003.htm


戦後歌壇を牽引(けんいん)した歌人で文化功労者の近藤芳美(こんどう・よしみ, 本名・芽美=よしみ)氏が21日, 心不全のため死去した. 93歳. 故人の遺志により, 葬儀・告別式は親族のみで行い, 後日, 主宰していた未来短歌会主催で「しのぶ会」を開く予定. 喪主は妻で歌人, とし子さん.


旧制広島高校在学中に歌人の中村憲吉と出会い, 歌誌「アララギ」に入会する. 昭和23年に歌集「早春歌」「埃吹く街」を刊行, 戦後派の歌人として注目された. 26年には歌誌「未来」を創刊し, 主宰. 44年に歌集「黒豹」で迢空賞, 平成7年に「希求」で斎藤茂吉短歌文学賞を受賞した. 時代の制約の中でしか生きられない人間の良心と運命を主題に, 率直な言葉で新境地を開いた. 現代歌人協会理事長として歌壇の発展にも尽力し, 神奈川大教授も務めた. 8年に文化功労者. (06/22 01:29)

-


朝日新聞

-

平和への希求つらぬく 歌人の近藤芳美さん死去(2006年06月21日22時13分) http://book.asahi.com/news/TKY200606210525.html

戦後短歌を担い, 朝日歌壇選者を50年近く務めた, 文化功労者の近藤芳美(こんどう・よしみ, 本名・芽美=よしみ)さんが21日午前10時1分, 心不全で, 東京都内の病院で死去した. 93歳だった. 葬儀は親族で行い, 後日, しのぶ会を開く. 喪主は妻で歌人の年子さん.


旧制広島高校在学中に歌人中村憲吉に出会い, 「アララギ」に入会. 戦後, 「新歌人集団」に参加した. 48年刊行の第1歌集「早春歌」は暗い時代の清純な相聞が新鮮な感動を呼び, 同じ年の歌集「埃吹く街」とあわせて戦後派を代表する歌人として注目された.


51年, 歌誌「未来」を創刊し, 第一線で活躍する歌人を数多く育てた. 朝日歌壇で55年から半世紀目前の05年1月まで選者を務め, 庶民による「無名者の歌」を積極的に評価, 世の関心を高めた. 77〜91年, 現代歌人協会理事長.

-



毎日新聞

-

訃報:近藤芳美さん93歳=歌人 http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/fu/news/20060622k0000m060134000c.html

歴史と時代を問いつつ, 都市生活者の苦悩を歌い続けた戦後歌壇を代表する歌人, 近藤芳美(こんどう・よしみ<本名>芽美=よしみ)さんが21日午前10時1分, 前立腺がんのため病院で死去した. 93歳. 葬儀は遺志により近親者のみで行う. 後日, しのぶ会を開く予定. 自宅は非公表. 喪主は妻で歌人のとし子(トシコ)さん.


父の任地の旧朝鮮馬山(現韓国慶尚南道)で生まれ, 広島市で育った. 東京工大卒業後, 建築技師を務めた. 中学時代から短歌に親しみ1932年, 歌誌「アララギ」に入会し中村憲吉, 土屋文明に師事した. 戦時中は中国の前線に召集されたが47年, 加藤克巳, 宮柊二らの若手歌人と「新歌人集団」を結成するとともに, 評論「新しき短歌の規定」を発表し, 第二芸術論などで揺れる戦後歌壇に新風を吹き込んだ.


48年に歌集『早春歌』と『埃吹く街』を続けて刊行, 戦後派を代表する歌人として注目された. 戦争体験とその傷跡に根ざした目で敗戦間もない都市生活者の苦悩と孤独を歌い, その後も清新な叙情に裏付けられながら, 思想を生活に引きつけ, 平和への希求を基底にした歴史意識で一貫した作品を発表. 歌集「黒豹」(68年)で迢空賞, 「祈念に」(85年)で詩歌文学館賞, 「営為」(90年)で現代短歌大賞, 「希求」(94年)で斎藤茂吉短歌文学賞を受賞した.


51年に歌誌「未来」を創刊し, 編集発行人を務め, 岡井隆氏とともに多くの若手歌人を育成. 現代歌人協会の設立にかかわり長年理事長を務め, 現代歌壇をリードした. 98年, 文化功労者. 妻のとし子さんも歌人として知られ, 妻への愛を歌った清純な作品は晩年も変わらず, 多くの読者を魅了した. 【酒井佐忠】毎日新聞 2006年6月21日 22時35分


近藤芳美さん死去:平和の希求基底に http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20060622ddm041040135000c.html

    世をあげし思想の中にまもり来て
    今こそ戦争を憎む心よ

戦後の歌壇をリードした歌人, 近藤芳美さんが21日, 死去した. 戦時中, 中国の前線に召集された体験に根ざした目で, 戦後の日本人のありようを歌い, 同時代の人々の共感を得た. このころの歌に

    世をあげし思想の中にまもり来て
    今こそ戦争を憎む心よ

    いつの間に夜の省線にはられたる
    軍のガリ版を青年が剥(は)ぐ

などがある.


その後も, 思想を生活に引きつけ, 平和の希求を基底に, 一貫して歴史を深く意識した作品を発表し続けた. それは時代ときっ抗する清新な叙情をもたらした.


妻のとし子さんも歌人として知られ, 妻への愛を歌ったみずみずしい作風は晩年も変わらず, 多くの読者を魅了した. 長年, 現代歌人協会理事長を務め, 後進の指導にも取り組み, 多くの若手歌人を育成した. 近年は前立腺がんのため, 入退院を繰り返していた.


◇戦後歌人の指標に−−歌人・篠弘さんの話

戦争の世紀である20世紀後半を代表する歌人. 戦中の暗い青春の中で作りためた愛の歌「早春歌」と, 戦後いち早く知識人として日本の将来を考えた「埃吹く街」が大きい. 近藤さんの存在は後に続く歌人たちの一つの指標となった. その作品から, 現代短歌における思想の表現とは何か, と考えさせられる.


◇詩の根本教わる−−歌人・加藤治郎さんの話

歌会で直接指導を受けたことがあるが, 詩とは何かという根本を教わりました. 生き方と社会と短歌の三つが一体にならないといけない, どの一つが欠けても真のリアリズムは成り立たないと言われました. これが近藤さんからバトンタッチされた考えです. 毎日新聞 2006年6月22日 東京朝刊

-

*1:みつければ追加更新予定

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20060622

06/06/18 (Sun) イラクでの自衛隊員犠牲者を考える

[]ある種の人々*1が期待しているかもしれないであろう犠牲者についての覚書


あなたの論を読んでいて, 双方の認識の違いというのを再確認し, また『中国の主張する三十万の内容』と, 『実際の三十万の解釈』にずれがあるのではないか, と感じました.


つまり例え中国側が(兵士含め)三十万人と言っていても, 現実では, まるで民間人三十万人のような語られ方や, 取られ方をしているのではないか, ということです(これはとりあえず私の知る日本だけの話ですが, ニュースでたまにでるそういう話を語る中国の方の話を見ると, 向こうでもそういう認識なのではないのか, と推測してしまいます).


実際私も学校教育で習ったときから, 自分で調べ出すまで, 「民間人三十万人」だと思っていましたし, そういう風にある種都合のいい説として使い回されているのではないかと思うのです. 【クッキーと紅茶と 2006/05/31/p1コメント欄より抜粋引用 http://d.hatena.ne.jp/bluefox014/20060531/p1#c1150378887


現実では, まるで民間人三十万人のような語られ方や, 取られ方をしているのではないか

私も学校教育で習ったときから, 自分で調べ出すまで, 「民間人三十万人」だと思っていましたし, そういう風にある種都合のいい説として使い回されているのではないか

『現実では』を主語に読み直すと

『日本では』または『私は』≪民間人三十万人のような語られ方や, 取られ方≫をしているとの指摘らしい.


発散すること覚悟でいくつかの論点

i) 兵士が殺されることは虐殺ではないのか? *2

ii) 民間人*3と軍民*4はどこで区別されるのか?*5

iii) 人はいつどうやって兵士となるのか?*6

iv) イラクの自衛隊員*7または外務省の役人がイラクで殺されれば≪追悼≫されるであろうが,民間人が殺されようと拘束されようと邪魔者扱いされる非対称性

 

*1:お祭り騒ぎの好きな自称『反戦運動家』たちを含む 為念

*2:当時の国際法が規定する戦闘員/非戦闘員の区別の問題だけではなく, 来るべき国際法の問題として

*3:1937年当時の新聞記事用語で『良民』

*4:1937年当時の新聞記事用語または戦地から内地への手紙に使われている言葉で『支那の敵兵』など

*5:総力戦/人民戦争の時代=前線と銃後の区別を失った今日において

*6:国民党政府軍/軍閥兵士の出自

*7:NHK風の枕詞を付ければ『人道支援のためイラク南部サマーワに駐留する陸上自衛隊』

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20060618

06/06/16 (Fri) 紅卍会

[][]思考錯誤掲示板 紅卍会 関連


アジア歴史資料センタ [*1] にて "紅卍会" "紅卍"で検索すること



井上久士 編・解説『15年戦争極秘資料集13 華中宣撫工作資料』(1989/12/05 不二出版) 宣撫班記録(昭和12年〜13年) 資料19 南京特務機関(p.148-p.169) より転載 *2

南京班第2回報告(2月 [*3] 中状況)


宣撫概況

[snip]


4.市街清掃


(1) 清掃隊の編成


市街 家屋ノ破損甚大ニシテ著シク市容ノ美観ヲ損傷スルノミナラス衛生ノ見地ヨリスルモ之ヲ放置シ能ハサルヲ以テ 1月中旬約100名ヨリナル市街清掃隊ヲ警察庁ニ属セシメ連日主要道路及其ノ南側家屋ノ清掃ヲ行ハシメツツアルモ地域広範ニシテ人員不足ノ為ナントセサルヲ以テ自治委員会ニ□*4シ大々的市街清掃ヲ計画シアリ


(2) 紅卍会ノ死体埋葬


紅卍会死体埋葬隊(隊員約600名)ハ1月上旬来特務機関ノ指導下ニ城内外ニ渉リ連日死体ノ埋葬ニ当リ 2月末現在ニ於テ約5000ニ達スル死体ヲ埋葬シ著大ノ成績ヲ挙ケツツアリ

【『15年戦争極秘資料集13 華中宣撫工作資料』p.153】

南京班第3回報告(3月 [*5] 中状況)


宣撫概況

[snip]


6. 市街清掃


(1) 自治委員会ニテ清掃隊ヲ編成セシム


出動人員

1月 100名   2月 130名   3月 300名(内下関方面 200名)


(2) 屑鉄ノ蒐集

[snip]


(3) 紅卍会ノ死体収容


本会ノ死体収容工作開始以来既ニ3ヶ月黙々トシテ其粛清ニ当リツツアル点真ニ賞賛ニ値スヘク而モ何ラ訴エル事無ク遂ニ彼等全額ノ準備金ハ既ニ消費シ尽シ最近ニ至リ初メテ行動不能ノ域ニ達シタル旨ノ嘆願アリ


尚城外地区ニ散在セル死体モ尠カラス然シテ積極的作業ニ取カカリタル結果著大ノ成績ヲ挙ケ3月15日現在ヲ以テ既ニ城内ヨリ 1793, 城外ヨリ 29998 計31791体ヲ城外下関地区並上新河地区方面ノ指定地ニ収容セリ *6


春暖ニ伴レ更ニ収容埋葬ニ手数ヲ要スル事トナリ疫病ノ発生其ノ他ヲ考慮シテ極力其方策ニ対シ講究中ナルカ既ニ紅卍会ノミノ資力ニテハ到底至難ノ業タル事モ明白トナリ何等カノ方法ヲ以テ資金援助ノ方途ヲ講スヘキ時期ニ□*7着セリ現在使用中ノトヲツウ等日5-6両*8 人夫2-300名ヲ要シ既ニガソリンノ補給並人夫賃捻出モ同会ニテハ其方途無キ迄ニ立至ル


然シテ右収容開始以来同会ノ費消セシ金額ハ 11175元ニ及尚埋葬ト称スルモアンペラ*9包ノ儘該地区一帯ニ大部分ハ放置シアル状況ニシテ,埋葬済ミ以前ノ死体ノ土盛並墓地ノ消毒作業ハ絶対的ノ必要条件ト思考セラル同会作成ノ予算表ニ依レハ右経費 8950元ヲ計上シアルモ同会トシテノ今後ノ活動ハ全ク不可能ノ域ニ達シタル為右経費援助ニ関シ目下研究中ニアリ

【『15年戦争極秘資料集13 華中宣撫工作資料』 p.164】

[][]軍刀ぶし/キングレコード絢爛の巨弾!五大ヒット盤

キングレコード絢爛の巨弾!五大ヒット盤

堂々破竹の勢ぞろひ 国民挙つく必唱の愛国歌


軍刀ぶし(キング舞踊部考案のをどりの振付)

北支,南支に,威力を発揮している我が日本刀をたたえた,詩吟入り流行歌


三門順子 唄 [写真 『軍刀ぶし』を踊る三門順子さん]


一死報国,男児の覚悟,腰の陣太刀 伊達ぢやない

三門さんの朗々たる吟声 20042 [*10]


当時のレコードの広告より

ビクターレコード 感激涙する献納軍歌

つはものの歌 東辰三 詩・曲 鈴木静一 編曲

東京リーダー・ターフエル・フエライン 1円65銭



テイチクレコード


愛国歌 上海凱旋歌 丘真澄 作詞・古賀政男 作曲

全同胞が神かけて待つた輝く皇軍凱旋の日迫る!この喜びをこの歌で!!

唄 美ち奴


B面 上海血戦譜 藤山一郎 [*11]

キングレコード 堂々轡を並べて大進軍の豪華版!


戦地から故郷から(20020) 塩まさる 新橋・みどり 唄


進軍第一歩(20028) 松崎詩子 樋口静雄 唄


軍国子守唄(10166) 塩まさる 唄


ああ我が戦友(10022) 近衛八郎 唄


何れも好評,大売行の愛国流行歌!全国有名蓄音機店にあり,お聴き下さい [*12]

コロムビアレコード


東日・大毎懸賞当選歌 新興映画化

露営の歌 作詞 薮内喜一郎 作曲 古関裕而

戦線でも盛んに歌はれて居ります



テイチク愛国歌


時雨音波 古賀政男 兵隊さん節 美ち奴

島田磐也 古賀政男 動員令 楠木繁夫

宮本旅人 佐渡暁夫 晴れの首途に 美ち奴

島田磐也 古賀政男 軍国の母 美ち奴

島田磐也 古賀政男 忠烈大和魂 藤山一郎

島田磐也 鈴木哲夫 肉弾ぶし 美ち奴

佐藤惣之助 古賀政男 山内中尉の母 藤山一郎

北楯隆也 鈴木哲夫 戦士の道 楠木繁夫

丘真澄 古賀政男 上海凱旋歌 美ち奴

丘真澄 佐渡暁夫 凱旋音頭 美ち奴



キングレコード 銃後に歌へ!感激の愛国熱唱盤

ああ我が戦友 近衛八郎

軍国子守歌 塩まさる [*13]

テイチク愛国レコード


愛国文藝大浪曲 萩原四郎 原作脚色

この母を見よ

大放送で 300万の聴衆を涙せしめた問題の名編!

天中軒雲月吹込 [*14]

*1http://www.jacar.go.jp/f_1.htm

*2:漢数字/旧字/改行空白は再現していない,為念

*3:1939/2月

*4:一文字不明 侖??

*5:1939/3月

*6:引用者の疑問 数字上 1月から2月末が 5000, 3月15日迄が31791すなわち 3月最初の2週間で+25000 となるのは どう読めばいいのだろう

*7:一文字不明

*8:トヲツウ と読める,両に人偏

*9:"トヲツウ","アンペラ"は原文で太字

*10:東京朝日新聞 1937/12/07 D2 広告 他4曲は省略

*11:ibid. 1937/12/03 夕刊2面

*12:ibid. 1937/12/04 夕刊5面

*13:ibid. 1937/12/05 D2

*14:ibid. 1937/12/06 D2

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20060616

06/06/08 (Thu) えんぺらは語る

[][][]ひつもんだけ

天皇皇后両陛下の外国ご訪問前の記者会見の内容 http://www.kunaicho.go.jp/kisyakaiken/kisyakaiken-h18singapore-01.html

Press Conference by Their Majesties The Emperor and Empress of Japan Before Their Majesties’Visit to the Republic of Singapore and the Kingdom of Thailand http://www.kunaicho.go.jp/epress/epress-h18-0606.html

会見年月日 2006/06/06

会見場所 宮殿 石橋の間

宮内記者会代表質問

問1 天皇皇后両陛下に伺います. 今回, タイとマレーシアは15年振り, シンガポールはご即位後初めてのご訪問となります. それぞれの国に対する印象や今回のご訪問への抱負をお聞かせください. ご訪問先はいずれも高温な地域ですが, 体調管理について両陛下でご相談されていることがあれば併せてお聞かせください.

[回答省略]

問2 天皇陛下に伺います. 両陛下は, 即位されてから初めての外国訪問でタイなどの東南アジア諸国を訪問されました. 東南アジア諸国は, 日本と貿易・投資などを中心に密接な関係がありますが, 先の大戦によって, 日本に対する複雑な思いも残る地でもあります. 戦後60年を経て再び訪問されることに, どんな思いがおありでしょうか.

[回答省略]

問3 両陛下に伺います. 両陛下は, 昭和天皇の名代としてのご訪問も含め, 長年にわたり, 各国の王室や人々と交流を重ねられ, 培われた友情の大切さについて去年の会見でも触れられました. これまでにはぐくまれた友情や交流の積み重ねを, 皇太子ご夫妻を始めとする次代の皇族方にどのように引き継いでいきたいとお考えでしょうか.

[回答省略]



在日外国報道協会代表質問

問4 まず, 第1の質問なんですけれども, 愛国心を促す方向で日本の教育基本法の改正が進められています. しかし, 陛下がこの度訪問されます国も含めました近隣諸国では, そういった動きが戦前の国家主義的な教育への転換になるのではと恐れられています. 陛下もそうした見解に共鳴されますでしょうか.

[回答省略]

問5 次の質問を伺わせていただいてよろしいでしょうか. 昨年, 皇室典範に関する政府の有識者会議では, 以下のような発言がありました. 伝統は変動しないものではありません. 「その時代で創意工夫しながら, 大事な本質を維持しようとして格闘してきた結果が伝統なのではないかと考えられます. 」この度訪問されますタイ王室も長い伝統と歴史があります. 日本の皇室の後継者について世間が語る中で, 伝統の維持と時代の変化に伴う工夫につきまして, お考えをお聞かせいただけませんでしょうか.

[回答省略]



関連質問

問1 陛下にお伺いいたします. 先程お話になったところにも出ましたが, 今回のご訪問先のリー・クァンユー元首相が最近の日本とアジアの状況について自叙伝の自分の中でお考えを述べられております. 5月に来日したアブドゥラ首相も日本とアジアの関係についてですね懸念を表明されていますが, 陛下は15年前の東南アジア訪問の際に, 戦争の惨禍を繰り返さず平和国家として生きる決意を表明され, 昨年はサイパンを両陛下で初めての海外慰霊の旅を実現され, その両陛下のお姿は今回の訪問先でも大きな関心を持って受け止められた, と聞いております. 先程のお話の中でも出ましたが, こうした時代状況の中で両陛下は, 改めて東南アジアを訪問されるというのは訪問それ自体が歴史的な新たな一歩だと思うんですが, 平和をアピールするという意味においてですね, 両陛下がそれぞれの国の架け橋となるということも私たちは期待を持っておるんですが, こうした時代の中で平和を願うという両陛下の気持ちをですね, 果たされる, そういうご訪問の意義についてもし付け加えることがあればお気持ちをお聞かせ願えればと思います.

[回答省略]

問2 1問目の体調管理のご回答の中で, 両陛下はかなり体調に気遣われていることを感じました. 両陛下は日々多くの公務を務めて, 特に外国ご訪問前になりますと, 準備を含め非常にお忙しい日々をお過ごしのことと思いますが, 陛下は公務の軽減について, また, 皇族方への公務の分担についてどのようにお考えでしょうか.

[回答省略]

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20060608

06/06/05 (Mon) 本多勝一名誉毀損裁判反応集

[]自縛特攻隊員たち/「志々目証言に関する一論考」もしくは『聖書の暗号』


日本会議地方議員blog 草莽崛起 PRIDE OF JAPAN 2006/05/26 「百人斬り」東京高裁の問題点 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-368.html



クッキーと紅茶と id:bluefox014 2006/05/28 コメント欄のころすけ氏 http://d.hatena.ne.jp/bluefox014/20060528/p1#c



「百人斬り」を道徳で授業する 全発問・説明 「Toss水芭蕉」千明浩己 http://www3.ocn.ne.jp/~chigiran/hyakuningiri4.html

「日本刀と鉄砲で日本人の気概を育てる」論文全体(学級通信より)「Toss水芭蕉」千明浩己 http://www3.ocn.ne.jp/~chigiran/nihontou4.html

参考:

思いて学ばざれば 2006/05/30 http://d.hatena.ne.jp/mujin/20060530/

作文書いたんだけど, これじゃ先生に叱られるかな 20060602 http://d.hatena.ne.jp/terracao/20060602



いわゆる百人斬り競争, いわゆる志々目証言に関する一論考 誰が『ニーライライ』と話したか? http://www.k4.dion.ne.jp/~nouveau/

以下,太字強調,"*n"注記は引用者による.余分な改行は削除した.

一方の『志々目証言』はご存知かと思うが, 志々目彰氏が, 昭和46年12月雑誌『中国』に(正確には雑誌の12月号, 実質11月には発行されていた模様である. )昭和14年春, 母校を訪れた先輩・野田毅少尉が当時小学生だった志々目氏等に, 講演にて語った内容は, 百人斬り競争の内実が“捕虜の据え物斬り”であった事を示すものであった旨投稿したものである. ここで明記しておきたいのは『志々目証言』は現時点で完全に証拠の位置付けを得ているものではないということだ.

以前より

  1. 一緒に講演を聴いた志々目氏の同級生達がなしている, 野田少尉の講演で『志々目証言』に相当する話を聴いた覚えが無いという証言があること
  2. 30年以上時が経て当時小学生だった時の記憶が正確な物であるのか

との批判に対して明確に応えられていないのだ. (コラム3 http://www.k4.dion.ne.jp/~nouveau/column3.html に関連記事)

以上の事柄などを経時的に整理する. 『土と兵隊』が『志々目証言』から派生したという可能性を否定する致命的な矛盾が存在しない (*ママ *1 )ことを確認しよう. ....【(2) 『土と兵隊』は完全にオリジナルである. 『志々目証言』の原典ではないのか? http://www.k4.dion.ne.jp/~nouveau/honron2.html

資料4 あるインターネット掲示板で発見した『火野葦平の手紙』と『志々目証言』を比較した小論争

インターネットの掲示板に掲示された文章の引用はどのようにすべきなのかと, 少し躊躇いがある. 公知という概念に従えば誰もが閲覧可能な状態に置かれた掲示板記事の引用は自由であると思うが, 出典をどこまで明確に示すのかまた曖昧にしうるのか. 特に今回は公共性のある団体とか文筆を生業としているような個人ではなく, まったく個人(もしくはグループかもしれないが)の運営するもののようである. 本来は引用元をきちんと示すべきであろうが, ネットでしばしば起こるアクセスの過剰集中等懸念もあるので, HPアドレスやハンドルネーム等は伏せることとした. http://www.k4.dion.ne.jp/~nouveau/siryou4.html

盗用 *2 の例 *3

矛盾点がないと言うより, 他の証言資料と接... A氏 2004/08/23 22:14:49

また, この志々目証言中の野田少尉の言葉とまったく同じような光景が, 火野葦平の手紙記載されています. 以下, ××さんのHPの記述を提示しておきます.

    http://www. xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

---- 引用 ----

昭和十二年十二月十五日, 南京にて

 それから, 戸口の方へ廻ると, 中でがやがや声がして居ます. 戸を破らうとしたが, 頑丈で破れない. コンクリイトの厚さは二尺近くもあります. 見ると, 扉の横から電話線が通じてある, これは相当な奴が居ると思つたです. 戸口を銃剣でつついて, 「ライライ」とどなりました. 支那語は知らんし, 来い来い, といふ言葉で, 出て来いといふ意味を云ふ外なかつたのです. ライライと何度もどなつてゐると, 中の奴が, 戸口の方へ来る様子です. 出がけに打たれてもばからしいと思つてゐると, 戸が内側からあいて, 若い支那兵の顔が見え, 向ふから銃をさし出しました. (中略)つないで来た支那の兵隊を, みんなは, はがゆさうに, 貴様たちのために戦友がやられた, こんちくしよう, はがいい, とか何とか云ひながら, 蹴つたり, ぶつたりする, 誰かが, いきなり銃剣で, つき通した, 八人ほど見る間についた. 支那兵は非常にあきらめのよいのには, おどろきます. たたかれても, うんともうん(ママ)とも云ひません. つかれても, 何にも叫び声も立てずにたほれます. (「国文学」2000年11月号 花田俊典「新資料 火野葦平の手紙」より)

 ---- 終わり ----

 ※『○○○○ ××××××』より

 http://www. xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

■ 以上のように, 「「ニーライライ」と言われたらノコノコ出ていく」ことや, 「おとなしく並んでスパスパ斬られていく」ことは, 証言としての矛盾とはいえません. 具体的にな事例は以上のとおりであり, これで「B氏」さんにも理解していただけるものかと期待しております. 【 http://www.k4.dion.ne.jp/~nouveau/siryou4.html


対照表―話の骨格, 構成要素の一致 http://www.k4.dion.ne.jp/~nouveau/honron33.html

表1 http://www.k4.dion.ne.jp/~nouveau/hikakuhyou.html *4 に『志々目証言』と『土と兵隊』の構成要素の比較を表形式でしめす.

[中略]

以下に考察結果をまとめると

  1. 話の骨格(筋立て), 話を構成する主要要素がほとんど一致していること. 例えば舞台はかたや塹壕, かたやトーチカという具合に細かくは違っても巨視的には“同じ”野戦陣地である. 敵に投降を勧める呼びかけの台詞も“ニーライライ”と一致, 投降した敵を殺害してしまうのも一致する. シナ兵の投降の形容“ぞろぞろ”も一致する部分がある.
  2. 両者を比較すると『志々目証言』中の野田少尉が話したとされる内容は, 具体性が削られている. 例えば“ニーライライ”と呼びかけたのは誰なのか. 『志々目証言』単独ではなんとなく野田少尉自身であろうと思ってしまうが, 表にして比較してみると実の所隣にいた兵隊(部隊のだれか)が呼びかけたと解釈したければそう強弁できてしまいそうである. 両者を並べてみることにより『志々目証言』の曖昧さが際立ってくる.
  3. 『志々目証言』では論理的矛盾を含む表現, 文脈が散見される. 占領している塹壕に向かって更に投降を呼びかける, 支那兵はバカだからと分脈を断ち切った断定等
  4. 最後の結論というべき心理描写において際立った対照を示す. 一方は捕虜殺害を「なんでもない」と語る悪魔のような軍人であり, もう一方は暗然とした思い/怒り/嘔吐/気の滅入りを覚える苦悩する人間である.

以上の1)から4)は“劣化コピー”つまり元になる話の部分部分に表現の微修正や微妙なロジックの転倒等を加えて別の話にしたてた際の, (判り易い例でいえば, 伝言ゲームや噂話)の典型である. 最終的な価値判断が180°異なるからといって独立した話ということには決してならず, 価値判断に至るまでの筋立ての関連性が強ければ, 価値判断の顕著な逆転は原本−盗用の関係ではしばしば見られる特徴といえるであろう.

以上 3.詳細検討 3項 まで読めば "考察結果のまとめ" おわり. 以下, 省略.


3.詳細検討 4項 『志々目証言』に流れる不協和音 −トーチカが塹壕に置き換えられた痕跡

4. 本多勝一氏が知っていた可能性

5. 補遺(塹壕についての検討)・塹壕は開放的か?


主義主張は各人よって立つ立ち位置があるにしても. 他者に向けた批判の矢は同一の基準で自らにも飛んでくると覚悟するべきではないだろうか 【コラム4 細かなこと1 http://www.k4.dion.ne.jp/~nouveau/column4.html

[][]で,元記事は と捜したら, 思考錯誤掲示板ではないか





思考錯誤掲示板 K-K 2004/08/23 22:14:49

Re: >なぜ信憑性があると考えるかというと、志...

http://t-t-japan.com/bbs/article/t/tohoho/9/flcqrf/gsoqrf.html

[……]

また、この志々目証言中の野田少尉の言葉とまったく同じような光景が、火野葦平の手紙記載されています。以下、ゆうさんのHPの記述を提示しておきます。

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/8503/bunkajin.html#hino

---- 引用 ----

昭和十二年十二月十五日、南京にて

それから、戸口の方へ廻ると、中でがやがや声がして居ます。戸を破らうとしたが、頑丈で破れない。コンクリイトの厚さは二尺近くもあります。見ると、扉の横から電話線が通じてある、これは相当な奴が居ると思つたです。戸口を銃剣でつついて、「ライライ」とどなりました。支那語は知らんし、来い来い、といふ言葉で、出て来いといふ意味を云ふ外なかつたのです。

ライライと何度もどなつてゐると、中の奴が、戸口の方へ来る様子です。出がけに打たれてもばからしいと思つてゐると、戸が内側からあいて、若い支那兵の顔が見え、向ふから銃をさし出しました。

(中略)

つないで来た支那の兵隊を、みんなは、はがゆさうに、貴様たちのために戦友がやられた、こんちくしよう、はがいい、とか何とか云ひながら、蹴つたり、ぶつたりする、誰かが、いきなり銃剣で、つき通した、八人ほど見る間についた。支那兵は非常にあきらめのよいのには、おどろきます。たたかれても、うんともうん(ママ)とも云ひません。つかれても、何にも叫び声も立てずにたほれます。

(「国文学」2000年11月号 花田俊典「新資料 火野葦平の手紙」より)

---- 終わり ----

※『南京事件 小さな資料集』より

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/8503/index.html

■ 以上のように、「「ニーライライ」と言われたらノコノコ出ていく」ことや、「おとなしく並んでスパスパ斬られていく」ことは、証言としての矛盾とはいえません。具体的にな事例は以上のとおりであり、これで「おむすび村正」さんにも理解していただけるものかと期待しております。

[……]


思考錯誤掲示板 おむすび村正 2004/08/30 04:39:46

Re: 矛盾点がないと言うより、他の証言資料と接...

http://t-t-japan.com/bbs/article/t/tohoho/9/flcqrf/btiqrf.html#btiqrf

[……]

>■以上のように、「「ニーライライ」と言われたらノコノコ出ていく」ことや、

>「おとなしく並んでスパスパ斬られていく」ことは、証言としての矛盾とはいえません。

>具体的にな事例は以上のとおりであり、これで「おむすび村正」さんにも理解して

>いただけるものかと期待しております。

引用を読む限り、全然状況が違うけど?

潜伏している敵兵に対し「ライライ」と中国語で呼びかけ不用意な行動を誘う戦術的行為と

包囲している敵に対し「ニーライライ」と呼びかける行為、全然違いますね。

繋いできた支那兵と書いてあることは縛られていることがわかるが、

志々目証言では言及していませんね。

[……]


思考錯誤掲示板 K-K 2004/09/05 21:32:22

Re: >野田少尉の語る”百人斬り”の実態が志々...

[……]

>>■以上のように、「「ニーライライ」と言われたらノコノコ出ていく」ことや、

>>「おとなしく並んでスパスパ斬られていく」ことは、証言としての矛盾とはいえません。

>>具体的にな事例は以上のとおりであり、これで「おむすび村正」さんにも理解して

>>いただけるものかと期待しております。

>引用を読む限り、全然状況が違うけど?

>潜伏している敵兵に対し「ライライ」と中国語で呼びかけ不用意な行動を誘う戦術的行為と

>包囲している敵に対し「ニーライライ」と呼びかける行為、全然違いますね。

>繋いできた支那兵と書いてあることは縛られていることがわかるが、

>志々目証言では言及していませんね。

「潜伏している敵」に対する呼びかけと、「包囲している敵」に対する呼びかけが違うとうことですね?

志々目証言における野田少尉の証言では次の様になっています。

---- 引用 ----

占領した敵の塹壕にむかって『ニーライライ』とよびかけるとシナ兵はバカだから、ぞろぞろと出てこちらへやってくる。それを並ばせておいて片っぱしから斬る……

---- 終わり ----

「占領した敵の塹壕」ということですから、すでに敵を駆逐し、その塹壕周辺を支配下においていることを意味しますので、掃討戦途中の塹壕ということになると思われます。

この場合、中国兵は負けていることを自覚しており、逃げ場をうしなっている状況で、その為に塹壕に逃げ込んでいることになります。そして、「ライライ」つまり「来い来い」と呼ばれているのを投降の呼びかけと解し、「ぞろぞろと出てこちらへやって」来たのだと読むことができます。

一方、火野氏の手紙は次の様に書かれています。

---- 引用 ----

昭和十二年十二月十五日、南京にて

それから、戸口の方へ廻ると、中でがやがや声がして居ます。戸を破らうとしたが、頑丈で破れない。コンクリイトの厚さは二尺近くもあります。見ると、扉の横から電話線が通じてある、これは相当な奴が居ると思つたです。戸口を銃剣でつついて、「ライライ」とどなりました。支那語は知らんし、来い来い、といふ言葉で、出て来いといふ意味を云ふ外なかつたのです。

ライライと何度もどなつてゐると、中の奴が、戸口の方へ来る様子です。出がけに打たれてもばからしいと思つてゐると、戸が内側からあいて、若い支那兵の顔が見え、向ふから銃をさし出しました。

---- 終わり ----

時期は、南京陥落直後の掃討戦のようです。逃げ遅れた中国兵が、トーチカか何かに逃げ込んでいたのを発見し、その中国兵に対して「ライライ」と呼びかけ、投降を促してることがわかります。


この2つの証言で共通するのは、すでに日本軍の実効支配下にある状況で、投降を呼びかけるものであるということです。

「おむすび村正」さんの主張では、

志々目証言=潜伏している敵兵に対し「ライライ」と中国語で呼びかけ不用意な行動を誘う戦術的行為

火野書簡=包囲している敵に対し「ニーライライ」と呼びかける行為

と表現していますが、両記述は共に、包囲された状況(日本軍の実効支配下)において、塹壕・トーチカに逃げ隠れている敵兵に対して、降伏を呼びかけるための「ライライ」と呼びかけていることが解ります。

両記述を「全然違いますね」と読むことは無理があるようです。


なお、私は、志々目証言と同じ場面を火野書簡が記していると主張するわけではありませんので、「繋がれている」ということは関係がありません。繋がれていなくても、両記述の中国兵が、日本軍の支配下にあることは明白です。

[……]





≪いわゆる百人斬り競争, いわゆる志々目証言に関する一論考≫作者 御託宣を 引用再掲

主義主張は各人よって立つ立ち位置があるにしても、他者に向けた批判の矢は同一の 基準で自らにも飛んでくると覚悟するべきではないだろうか【コラム4 細かなこと1 結論部分 http://www.k4.dion.ne.jp/~nouveau/column4.html


-

*1:『土と兵隊』(1953年文庫版)が 『志々目証言』(1971年12月号の雑誌『中国』掲載)"から派生したという可能性"は無いだろう.

*2:引用について詳しくはサイバースペースの法律 http://www.law.co.jp/okamura/index.html 著作権情報センタ http://www.cric.or.jp/ などを参照. なお≪いわゆる百人斬り競争, いわゆる志々目証言に関する一論考 誰が『ニーライライ』と話したか?≫作成者によれば≪しばしば世を騒がす歌手の歌の盗用, 作家の小説の盗用等それを見聞きした情報の受け手が盗用と感じるかどうかで事は決している. ある程度の割合で人々が盗用に見えるというなら, こう感じる・見る者が見ればという理由付けは本来そう不当なことではない. ≫ http://www.k4.dion.ne.jp/~nouveau/honron3.html とのことである

*3:引用の範囲と呼ぶためには出典が明示されている,改変されていない,分量が引用の範囲であることが必要

*4:対照表の url 正しくは 表1『志々目証言』と『土と兵隊』構成比較 http://www.k4.dion.ne.jp/~nouveau/hyou1.html

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20060605
 | 
0000 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 |
0001 | 01 |
0002 | 09 |
0010 | 03 |
0014 | 01 | 04 | 08 |
0016 | 11 |
0100 | 11 |
0114 | 04 | 05 |
0214 | 04 |
0984 | 05 |
1013 | 08 | 09 |
1014 | 01 |
1114 | 01 |
1889 | 10 |
1915 | 03 |
1923 | 04 | 08 | 09 |
1924 | 06 |
1925 | 06 |
1927 | 08 |
1928 | 09 | 10 | 12 |
1929 | 02 |
1930 | 02 |
1931 | 09 | 12 |
1932 | 02 | 09 | 12 |
1933 | 01 | 03 | 06 | 08 |
1935 | 09 | 10 | 12 |
1936 | 10 |
1937 | 09 | 10 | 11 |
1938 | 02 | 04 | 05 | 06 |
1939 | 04 | 06 |
1941 | 04 |
1942 | 03 | 08 |
1943 | 05 | 06 | 11 | 12 |
1944 | 01 | 11 |
1945 | 01 | 08 | 09 | 11 |
1946 | 04 | 06 | 10 | 11 | 12 |
1947 | 04 | 06 | 11 |
1948 | 03 | 04 | 05 | 11 |
1949 | 01 | 06 | 07 | 09 | 12 |
1950 | 02 | 08 | 10 |
1952 | 04 |
1953 | 06 |
1954 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1955 | 08 | 12 |
1956 | 10 |
1957 | 01 | 02 | 08 |
1958 | 03 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
1959 | 08 |
1960 | 07 | 10 |
1963 | 12 |
1964 | 01 | 05 | 08 |
1965 | 01 | 08 | 11 |
1966 | 08 | 09 | 10 |
1967 | 11 |
1968 | 01 | 02 | 06 | 09 |
1969 | 04 | 11 |
1970 | 01 | 09 |
1971 | 06 | 10 |
1972 | 01 | 04 | 08 | 09 | 11 |
1973 | 07 | 09 | 10 |
1975 | 02 |
1976 | 09 |
1977 | 04 | 09 | 10 |
1978 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 11 |
1980 | 04 |
1981 | 03 | 04 |
1982 | 05 |
1983 | 01 | 03 | 06 | 11 | 12 |
1984 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
1985 | 01 | 07 | 08 |
1986 | 04 | 08 | 09 |
1987 | 03 |
1988 | 09 | 10 |
1989 | 08 |
1990 | 04 | 08 |
1991 | 07 |
1992 | 01 | 03 | 05 | 07 | 12 |
1993 | 08 |
1994 | 12 |
1995 | 08 | 12 |
1997 | 01 | 02 | 11 |
2001 | 02 |
2003 | 01 |
2004 | 03 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 00 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 |
2011 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 | 11 |
2052 | 11 |
2053 | 11 |
2054 | 11 |
2058 | 07 |
2091 | 04 |
2092 | 03 |
2114 | 06 | 07 |
2158 | 07 |
2214 | 05 | 06 |
2216 | 11 |
2258 | 07 |
2358 | 07 |
2518 | 07 |
2558 | 07 |
2658 | 07 |
2758 | 07 |
2858 | 07 |
2958 | 07 |
2968 | 09 |
2973 | 09 |
3013 | 07 |
3014 | 04 |
3015 | 06 |
3016 | 10 | 11 |
3213 | 07 | 08 |
3358 | 07 |
3958 | 07 |
4000 | 02 |
4013 | 08 | 10 |
4358 | 07 |
4958 | 07 |
5358 | 07 |
5958 | 07 |
9013 | 10 |
9017 | 01 |
9018 | 06 |
9913 | 07 | 10 |

-*-