赤旗海賊版

 | 

08/01/31 (Thu) 「佐藤優現象」

[][]「佐藤優現象」関連

≪政治改革≫を呼号して小選挙区制導入を応援した評論家が編集委員なのがそもそもおかしい *1『週刊金曜日』的『正義』は信用できない. 以下,参考まで.


(再掲)

via http://norevisionism.ring.hatena.ne.jp/

多文化・多民族・多国籍社会で「人として」http://ukiuki.way-nifty.com/hr/

2008/01/20 脱「植民地主義」という鍵(その2)〜「<佐藤優現象>批判」を読んで http://ukiuki.way-nifty.com/hr/2008/01/post_c7ee.html

2008/01/20 脱「植民地主義」という鍵(その1)「不正を不正と見なす思想を」を読んで



(追加)

金光翔「<佐藤優現象>批判」http://gskim.blog102.fc2.com/blog-date-20080127.html

なぜ,『世界』『金曜日』等の護憲派ジャーナリズムや,斎藤貴男魚住昭のような一般的には「左」とされるジャーナリストが,佐藤に入れ込んでいるのか?なぜ,排外主義を煽る当の佐藤が,『世界』『金曜日』や岩波書店や朝日新聞の出版物では,排外主義的ナショナリズムの台頭を防がなければならない,などと主張することが許されているのか?


この〈佐藤優現象〉はなぜ起こっているのか?この現象はどのようなことを意味しているのか?どういう帰結をもたらすのか?問われるべき問題は何か?こうした問いに答えることが,改憲を阻止したいと考える立場の者にとって,緊急の課題であると思われる.

首都圏労働組合 特設ブログ http://shutoken2007.blog88.fc2.com/


私にも話させて http://watashinim.exblog.jp/m2008-01-01/

2007/09/11 佐藤優の転向 http://watashinim.exblog.jp/m2007-09-01/

2007/09/08 安倍政権に敗北したリベラル・左派


2008/01/25 「談合」としての<佐藤優現象> http://shutoken2007.blog88.fc2.com/blog-entry-12.html

<佐藤優現象>は,このような,出版社相互の「談合」として成立している側面がある. 私は,『インパクション』の論文で,<佐藤優現象>がリベラル・左派の変質を示していることを指摘したが,もともと変質する土壌はあったわけである. このブログで取り上げている,『週刊新潮』の私に関する記事は,岩波書店への軽い揶揄を含むとは言え,「岩波関係者」の協力の下,私を攻撃し,<佐藤優現象>を持続させたい岩波書店を利するものである. また,岩波書店及び岩波書店労働組合が,『週刊新潮』の記事を利用して私を攻撃していることも既に述べた. こうした,新潮社と岩波書店のある種の相互依存という現象も,この「談合」体質の一つの帰結としても捉えられよう.

2007/12/19 岩波書店による私への「厳重注意」について(1) http://shutoken2007.blog88.fc2.com/blog-date-200712.html

2007/12/13『週刊新潮』の記事について(8):岩波書店労働組合による「嫌がらせ」を容認する岩波書店

2007/12/08『週刊新潮』の記事について(7):記事の尻馬に乗る岩波書店労働組合

2007/12/05『週刊新潮』の記事について(6):<嫌韓流>を必要不可欠とする<佐藤優現象>

2007/12/02『週刊新潮』の記事について(5):「<佐藤優現象>批判」の「「佐藤優」批判」へのすりかえ

2007/12/01『週刊新潮』の記事について(4):「岩波書店の社内問題」への矮小化

2007/11/30『週刊新潮』の記事について(3):異動経緯に関するでたらめ http://shutoken2007.blog88.fc2.com/blog-date-200711.html

2007/11/30『週刊新潮』の記事について(2):「総連系の人間」と思わせようとする作為的な記事

2007/11/30『週刊新潮』の記事について(1):事実の歪曲に満ちた酷い内.




片山貴夫のブログ http://katayamatakao.blog100.fc2.com/

2007/11/10「<佐藤優現象>批判」が『インパクション』第160号に掲載されました! http://katayamatakao.blog100.fc2.com/blog-entry-14.html

2007/06/02 佐藤優を使い続ける「週刊金曜日」の退廃(5) http://katayamatakao.blog100.fc2.com/blog-entry-5.html

2007/05/31 佐藤優を使い続ける「週刊金曜日」の退廃(4) http://katayamatakao.blog100.fc2.com/blog-entry-4.html

2007/05/31 佐藤優を使い続ける「週刊金曜日」の退廃(3) http://katayamatakao.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html

2007/04/15 佐藤優を使い続ける「週刊金曜日」の退廃(2) http://katayamatakao.blog100.fc2.com/blog-entry-2.html

2007/04/15 佐藤優を使い続ける「週刊金曜日」の退廃(1) http://katayamatakao.blog100.fc2.com/blog-entry-1.html




アンチナショナリズム宣言 http://blogs.yahoo.co.jp/electric_heel

2008/01/08 週刊新潮に援護される岩波書店『世界』佐藤優という泥沼 http://blogs.yahoo.co.jp/electric_heel/19904163.html

2008/01/03 週刊新潮に援護される岩波書店『世界』佐藤優という泥沼 下 http://blogs.yahoo.co.jp/electric_heel/19779279.html

2008/01/03 週刊新潮に援護される岩波書店『世界』佐藤優という泥沼 上 http://blogs.yahoo.co.jp/electric_heel/19778722.html





 

*1:詳しくは横田一『テレビと政治』すずさわ書店 1996/08 isbn:4795401241

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20080131

08/01/29 (Tue)

[][]右翼乱入!!

via ianhu.g RSS記事 薔薇,または陽だまりの猫 2008/01/27 女たちの戦争と平和資料館wamに,右翼乱入!! http://210.165.9.112/harumi-s_2005/e/bd0fc9f08ad7fe402803dbfc43b34955

[][][]8人の国会議員発言録

「七人の『死刑囚』」完成披露記者会見参加国会議員(計8名)の御発言

西村真悟(無所属)

    政治家である我々がなぜここに来たのか. 「事実の認定を政治的立場で歪めることは,最大の不正の一つだ」という言葉がある. (南京問題は)政治的立場で事実の認定を歪めるという政治闘争であり,我々が政治家として受けて立たないといけない課題だ. 鉄砲の玉が飛ぶのだけが戦争ではない. 思想戦というものがある. これに負ければ民族の魂が滅ぼされる. 我々は今仕掛けられている思想戦に勝たなければならない. 私はこの戦いに立つために政治家になっているようなものだ.


渡辺周(民主党)

    昨年私は,盧溝橋の抗日記念館に行った. 相変わらず30万人虐殺(の記述)があり,そこに飾られているパネルが,日本軍とは関係のないものであると歴史が証明していることがそこに展示されている. また,馬賊,山賊を成敗している一体いつのものか分からない写真が,あたかも日本が戦時中にやったとして陳列されていた. ちょうど地元の若い人たちが反日教育の一環で連れてこられていたが,これを見たら日本に対する言いようのない憎しみを覚えるだろう. 中国は,一番この地球上で著作権にうるさいルイヴィトンだろうとディズニーだろうと,全部捏造し,偽造する国で,偽物が蔓延してそれを屁とも思わない. 歴史を簡単に捏造することは,彼らにとって何の罪の意識もない. この問題は,党派を超えて国会の場で日本の政治家として取り組みたい.


松原仁(民主党)

    南京の問題は,たとえて言えば,客観的資料を見る限り,大虐殺がなかったことを証明する資料はあるが,あったことを証明する資料はない. その前後に南京の人口が減っていないことを,国民党政府が人口統計で持っている. また,(当時の国民党の)300回の記者会見でも,直接(南京事件に)触れることすらしなかった. これは逆に言えばなかった証明とも言える. なかったことは明確だと言い切って構わないと思う. 問題は,西村氏も言っている通り,これを思想闘争として中国側は使っている. 中国の教師用教本は,歴史教育を思想闘争の一環としてやると書いている. 事実は問題ではない. 我々の議論,真実が世界で認知されることが大事だ. 正しい歴史をどうやって米国の世論に訴えるのか,EUの世論に訴えるのか. また中国の手が回っていないところで,いかにして我々が防護柵をつくるのかだ. 昨年11月に拉致問題で平沼さんらと米国に行った. ヘリテージ財団の極めて紳士的で親日的な学者すら,南京大虐殺を信じている. その理由は,中国人じゃない人間がそう書いているからだという. 私は,大虐殺が真実だと言っている人物は,中国国民党のスパイで御用学者だと言ったが,彼らを説得するところまでは時間がなかった. そういう人たちにも我々の主張をきちんと発信し,事実を読んでもらうねばり強い努力が必要だ.


赤池誠章(自民党)

    昨年来,沖縄戦の教科書問題もあった. 今国会では人権擁護,外国人地方参政権問題と,さまざまな課題が出ているが,すべてこれは南京とも共通している. 政治が,国家,国民をどう守っていくかすべて共通する課題だ. 拉致もそうだが,対外的な部分は分かりやすく,戦いやすいが,一番の問題は国内に,日本の中でいわゆる(外国勢力の)協力者がいることだ.


稲田朋美(自民党)

    この国ほど,自国の名誉に無関心な国,また無関心な政治家が多い国はないんじゃないか. 昨年は米国で慰安婦決議があった. 20万人の若い女性を朝鮮半島から強制連行し,セックススレイブにして殺害したり,自殺に追い込んだりした,日本の首相は公式に謝れ,日本の子供達に20世紀最大の人身売買だと教えろという,まったく事実と違う決議がなされた. 民間の杉山こういちさんという作曲家が私財を投じ,事実はこうだと広告を出した. 私が賛同者として名前を連ねたことにすら,政治家やマスコミから批判された. 悔しい思いをした. 一体この国はどうなっていくのか,名誉を守る気持ちはないのか. 昨年は安倍総理が退陣された. 戦後レジームからの脱却という本当に素晴らしい理念を掲げた総理が退陣されたのは残念だが,私たちは戦後レジームからの脱却を引き継いでいかなければならない. 私がA級戦犯の分祀に反対するのは,戦後レジームからの脱却の中核にある東京裁判史観を正当化することはできないというその一点だ.


中山成彬(自民党)

    私は自民党の日本の前途と歴史教育を考える議員の会の会長で,去年は南京事件を検証する小委員会をつくり,原資料にあたって検討した結果,(南京事件は)通常の戦争であり,それ以上でもそれ以下でもないという結論を出した. (その発表時には)内外のマスコミがたくさん憲政記念館に来て,いろんな質問も出た. ところが結局,どこも取り上げてくれなかった. 自分の社の方針と違うことは載せないと,まさにねぐられた. 残念だが,これが日本の現状なんだと思う. この前の沖縄戦の教科書検定についても,「軍の関与があったという事実が削除された」という全くの誤報に基づいて沖縄の人々が怒った. もう少しマスコミの方々も公正な立場で報道してほしい. 私は日本史こそ必須にすべきだという考えを持っているが,間違った教科書で子供に教えている. これだったら,必須にする必要はないと逆に思ってもいる. 日本の子供たちは残念ながら,本当の歴史を教科書から学べない. それ以外のことで日本の歴史を学ばないといけない. 日本の教育は本当に間違っている. いま政治は非常に内向きになって矮小化されているが,日本は本当に恥ずかしい状況だが,世界の中で生きていかなければならない子供たちに正しい真実を伝える努力をしていかなければならない.


戸井田とおる氏(自民)

    私は自民党の議連(日本の前途と歴史教育を考える議員の会)で南京問題小委員長を引き受けた. 実は私の父が(東京裁判日本側弁護人の)清瀬一郎氏の秘書を長いことやっていた. その流れをくむ者として,何かをやらないといけないという思いでいた. (小委員会では)南京は通常の戦場以上でも以下でもなかったと結論づけた. そして総括文の発表をしたが,その中で反論と言える反論は出てこなかった. 我々が政治に携わる人間として何をやらなければいけないか. まさに,一次資料を精査し,資料を公開できる態勢をつくっていく必要がある.


田村謙治氏(民主)

    民主党の若手には,相当いわゆる保守系の人間がたくさんいるということを,ご認識願いたい. 日本と日本人の誇りと未来のために,日本人が正しい歴史認識を持てるよう努力していく. また,中国との戦いに負けないために頑張っていきたい.


【出典】

http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-1251.html

http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/462312/

[]高校受験数学"確率の問題"を解いてみる


【出題】彎曲していく日常 2008/01/27 http://d.hatena.ne.jp/noharra/20080127

赤いカード4枚と青いカード3枚がある. ここから A,Bふたりが順番に1枚づつカードを引く. このとき

【1】Aが最初に赤を引き,3枚目に同じく赤を引く確率

【2】Aが最初に赤を引き,2枚目,3枚目が同じ色になる確率

【3】Aが1枚目と3枚目で同じ色を引く確率

【4】Bの引いた2枚目とAが3枚目に引くカードが同じ色である確率

をそれぞれ求めよ.

赤いカードに"0""2""4""6",青いカードに"1""3""5"の番号をつけ,3枚を並べる組合せを列挙する.

3枚を並べる組合せはすべてで7*6*5=210とおり.

↓1枚目

"0"

012 021 031 041 051 061

013 023 032 042 052 062

014 024 034 043 053 063

015 025 035 045 054 064

016 026 036 046 056 065

 

"1"

102 120 130 140 150 160

103 123 132 142 152 162

104 124 134 143 153 163

105 125 135 145 154 164

106 126 136 146 156 165

 

"2"

201 210 230 240 250 260

203 213 231 241 251 261

204 214 234 243 253 263

205 215 235 245 254 264

206 216 236 246 256 265

 

"3"

301 310 320 340 350 360

302 312 321 341 351 361

304 314 324 342 352 362

305 315 325 345 354 364

306 316 326 346 356 365

 

"4"

401 410 420 430 450 460

402 412 421 431 451 461

403 413 423 432 452 462

405 415 425 435 453 463

406 416 426 436 456 465

 

"5"

501 510 520 530 540 560

502 512 521 531 541 561

503 513 523 532 542 562

504 514 524 534 543 563

506 516 526 536 546 564

 

"6"

601 610 620 630 640 650

602 612 621 631 641 651

603 613 623 632 642 652

604 614 624 634 643 653

605 615 625 635 645 654

 


【1】最初,Aが赤("0""2""4""6"のいずれか)をとる組合せは

"0"

012 021 031 041 051 061

013 023 032 042 052 062

014 024 034 043 053 063

015 025 035 045 054 064

016 026 036 046 056 065

 

"2"

201 210 230 240 250 260

203 213 231 241 251 261

204 214 234 243 253 263

205 215 235 245 254 264

206 216 236 246 256 265

 

"4"

401 410 420 430 450 460

402 412 421 431 451 461

403 413 423 432 452 462

405 415 425 435 453 463

406 416 426 436 456 465

 

"6"

601 610 620 630 640 650

602 612 621 631 641 651

603 613 623 632 642 652

604 614 624 634 643 653

605 615 625 635 645 654

 

以上,1枚目赤は4*5*6=120とおり,うち3枚目にAが赤をとる組合せは4*5*3=60とおり. したがってAが勝つ!確率は60/120=0.5(50%).

【1'】1枚目赤をとると,残りは赤3枚,青3枚,したがってAが3枚目に赤(2枚目は残りの5枚のどれでもよい)をとる確率は 3/(3+3)=1/2=0.5(50%).


【2】最初,Aが赤を取った組合せのうち,2枚目Bのカードと3枚目Aのカードの色が同じ(共に奇数または共に偶数)になるのは太字の4*12=48とおり. したがってAが勝つ!確率は48/120=4/10=0.4(40%).

"0"

012 021 031 041 051 061

013 023 032 042 052 062

014 024 034 043 053 063

015 025 035 045 054 064

016 026 036 046 056 065

 

"2"

201 210 230 240 250 260

203 213 231 241 251 261

204 214 234 243 253 263

205 215 235 245 254 264

206 216 236 246 256 265

 

"4"

401 410 420 430 450 460

402 412 421 431 451 461

403 413 423 432 452 462

405 415 425 435 453 463

406 416 426 436 456 465

 

"6"

601 610 620 630 640 650

602 612 621 631 641 651

603 613 623 632 642 652

604 614 624 634 643 653

605 615 625 635 645 654

 

【2'】1枚目に赤をとったので,残りは赤,青各3枚. 2枚目に赤または青を取ると,3枚目になりえる5枚のうち同じ色=赤または青は2枚だから,同じ色を取る確率は2/5=0.4(40%).


【3】Aが1枚目に青いカード(奇数)をとる組合せ3*6*5=90とおりのうち,3枚目にも青カード(奇数)をとるのは 10*3=30とおり. したがって すべてで 7*6*5=210とおりのうち,1枚目,3枚目が同じ色となるのは90とおり(赤赤が60,青青が30) Aが勝つ!確率は 90/210=3/7=0.43(43%)

"1"

102 120 130 140 150 160

103 123 132 142 152 162

104 124 134 143 153 163

105 125 135 145 154 164

106 126 136 146 156 165

 

"3"

301 310 320 340 350 360

302 312 321 341 351 361

304 314 324 342 352 362

305 315 325 345 354 364

306 316 326 346 356 365

 

"5"

501 510 520 530 540 560

502 512 521 531 541 561

503 513 523 532 542 562

504 514 524 534 543 563

506 516 526 536 546 564

 

【3'】1枚目赤だと3枚目が赤である確率は 3/6=0.5【1'】, 1枚目青だと残り6枚(赤4枚,青2枚)から3枚目も青である確率は2/6, 1枚目赤4/7,1枚目青3/7の重みをつけて 3/6*4/7 + 2/6*3/7 = 3/7=0.43(43%).


【4】Aが1枚目に青いカード(奇数)をとる組合せのうちBの2枚目とAの3枚目が同じ色になるのは,以下太字の14*3=42とおり.したがって2枚目と3枚目が同じ色になるのは48(1枚目赤の場合)+42(1枚目青の場合)=90とおり,Aが勝つ確率は 90/210=3/7で【3】と同じく0.43(43%).

"1"

102 120 130 140 150 160

103 123 132 142 152 162

104 124 134 143 153 163

105 125 135 145 154 164

106 126 136 146 156 165

 

"3"

301 310 320 340 350 360

302 312 321 341 351 361

304 314 324 342 352 362

305 315 325 345 354 364

306 316 326 346 356 365

 

"5"

501 510 520 530 540 560

502 512 521 531 541 561

503 513 523 532 542 562

504 514 524 534 543 563

506 516 526 536 546 564

 

【4'】1枚目-2枚目-3枚目の色の組合せを一覧表にしてみると

1枚目

2枚目3枚目 それぞれが起きる確率 
赤 4/7赤 3/6
 
青 3/6
 
赤 2/5
青 3/5
赤 3/5
青 2/5
  4/7 * 3/6 * 2/5 = 24/210
  4/7 * 3/6 * 3/5 = 36/210
  4/7 * 3/6 * 3/5 = 36/210
  4/7 * 3/6 * 2/5 = 24/210
青3/7赤 4/6
 
青 2/6
 
赤 3/5
青 2/5
赤 4/5
青 1/5
  3/7 * 4/6 * 3/5 = 36/210
  3/7 * 4/6 * 2/5 = 24/210
  3/7 * 2/6 * 4/5 = 24/210
  3/7 * 2/6 * 1/5  = 6/210

したがって2枚目と3枚目が同じ色となる確率は赤赤赤+赤青青+青赤赤+青青青=(24+24+36+6)/210=90/210=3/7=0.43(43%).



【自己採点】

  1. 数え落し,見落としはないと思うが,再度確認してみよう
  2. 表の並べ方,1枚目の次は3枚目で整理した方がすっきりして【1】【3】の見通しがよくなりそうだ
  3. 3/7=0.4285....の小数点以下の扱いあたりで減点されそうだがそのへんはいい加減






 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20080129

08/01/25 (Fri)

行政(にかぎらないが)が暴力に迎合するのは珍しくもないのだが,それが当たり前になってしまっては困るのだ.


碧猫 2008/01/24 DVで殺されても「家族」像を壊しちゃいけないらしい(追記有) http://azuryblue.blog72.fc2.com/blog-entry-363.html#comment_list


世界の片隅でニュースを読む http://sekakata.exblog.jp

2008/01/23 DV防止法「出前授業」をつぶした「凶悪な力」http://sekakata.exblog.jp/6710875


多文化・多民族・多国籍社会で「人として」http://ukiuki.way-nifty.com/hr/

2008/01/23 つくばみらい市事件で考える,「威嚇」と行政 http://ukiuki.way-nifty.com/hr/2008/01/post_a28b.html

2008/01/20 脱「植民地主義」という鍵(その2)〜「<佐藤優現象>批判」を読んで http://ukiuki.way-nifty.com/hr/2008/01/post_c7ee.html

2008/01/20 脱「植民地主義」という鍵(その1)「不正を不正と見なす思想を」を読んで


女性に役立つセルフディフェンス2 http://wendosd.exblog.jp/

抗議の署名(つくばみらい市での講演中止) http://wendosd.exblog.jp/7124961/

護身術で罪に問われませんか

セルフディフェンスは,

    「暴力から自分を護るには,こうせねばならない」

という教えではなく,

私たちが暴力に直面してしまったとき,より自分が納得できる結果に近づくために

行動の選択肢を増やしてくれるものだと,私は思っています.

シンポジウム DV加害者の更生を目指して http://wendosd.exblog.jp/732205/


署名は against GFB http://www.againstgfb.com/ 【≪市秘書広聴課は「市民に危険が及ぶ恐れがあったので中止を決めた」としている≫(MSN産経 2008/01/17),≪市秘書広聴課 …… は「開催すれば混乱を招き,市民が迷惑を被る可能性が高いと判断した」としている≫(東京新聞茨城版2008/01/18) 経過をはっきりさせることが先のように思うが…≪市民が迷惑を被る≫と判断した恫喝に対して打つ手はないのだろうか?…参考:朝日新聞茨城版 2008/01/23


安禅不必須山水 ★茨城県の市長さんと校長さん,言論の自由を守らない公務員として,名を残す http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/461108/


茨城県立茎崎高等学校(いばらきけんりつくきざきこうとうがっこう) http://www.kukizaki-h.ed.jp/

校長先生の御言葉 http://www.kukizaki-h.ed.jp/homepage/kouchou.htm

校長挨拶 http://www.kukizaki-h.ed.jp/homepage/koutyouaisatu.htm


つくばみらい市 http://www.city.tsukubamirai.lg.jp/

平成20年度男女共同参画週間の標語を募集します

└[H20年1月24日](秘書広聴課)


改正DV防止法の概要(千葉県男女共同参画課) http://www.pref.chiba.jp/syozoku/b_dankyou/main/dv/hou/gaiyo.html



web"正論"より

"家族解体法"としての本性を現した改正「DV(配偶者暴力)防止法」神奈川県平塚市立小学校教諭 野牧雅子*1http://www.sankei.co.jp/seiron/koukoku/2005/0501/ronbun2-1.html


男女共同参画基本計画をこの人に聞く/目指すのは男女共同"家族・社会"です(1) 内閣府政務官 山谷えり子 聞き手/大学講師 猪野すみれ http://www.sankei.co.jp/seiron/koukoku/2006/0603/ronbun2-1.html


国民新聞 http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/

西日本新聞 WordBOX "ドメスティックバイオレンス" http://www.nishinippon.co.jp/news/wordbox/display/1963/


野村誠『DVがなくなる日のための「intermezzo(間奏曲)」』 http://www.airplanelabel.com/intermezzo/index.html

カウンセラー草柳和之氏の委嘱により,野村誠氏が作曲し,自らピアノとピアニカを演奏した曲が納められたアルバム.

この曲が流れることにより世の中の多くの人達にドメスティックバイオレンス(妻,恋人への暴力)を知ってもらおうという想いが込められている. 【出典:Airplanelabel CD Lists http://www.airplanelabel.com/cdlists/


森孝一 http://theology.doshisha.ac.jp/mori/top.htm

同志社大学一神教学際センタ http://cismor.exblog.jp/ > アメリカの公教育と宗教 http://www.cismor.jp/jp/research/lectures/040117.html

マルシア・ビューチャンプ(アメリカ宗教学会「公立学校における宗教」研究部会座長)アメリカの公教育と宗教-「戦場」を「共通の基盤」に変えるために-[pdf] http://www.cismor.jp/jp/research/lectures/documents/report040117.pdf

森孝一「憲法修正第1条とアメリカの公教育における宗教」に対するコメント[pdf] http://elib.doshisha.ac.jp/cgi-bin/retrieve/sr_bookview.cgi/U_CHARSET.utf-8/BD00005469/Body/003065020003.pdf

[]「沖縄ジュゴン訴訟」地裁判決

琉球新報 2008/01/25 ジュゴン影響調査命令 米連邦地裁が判決 http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-30814-storytopic-1.html

沖縄タイムズ 2008/01/25 米国防総省が敗訴/沖縄ジュゴン訴訟 http://www.okinawatimes.co.jp/day/200801251700_01.html

「大勝利 移設断念を」/米司法の壁 原告評価


「大勝利だ」. 名護市キャンプ・シュワブ沖への米軍普天間飛行場の移設をめぐる訴訟で,米サンフランシスコの連邦地裁が,国防総省にジュゴンへの影響を回避・緩和するための考慮を命じたことに,原告らは判決を高く評価,喜びの声を上げた. 一方,移設容認の立場を取る地元関係者は「移設計画を進めて,世界中の環境団体が詰めかければ,迷惑する」と戸惑いも. 代替施設の建設を急ぐ日本政府に,米司法が高いハードルを突きつけた. 【沖縄タイムズ記事より超抜粋】

[][]府立高校エアコン使用料の残金は,他へ流用されていた

日本機関紙出版blog"まいど,日本機関紙出版です"2008/01/20"払わないと「退学処分」という脅し付きの府立高校エアコン使用料の残金は,他へ流用されていた" http://blog.goo.ne.jp/kikanshi-hon/e/3871bd8a7350acba8f63cdabd8569cda より勝手に転載

吹田生活と健康を守る会の機関紙「会報すいた」に大阪の府立高校のエアコン使用料徴収(高校生1人当たり毎年5400円)に関する記事が載っている. 大生連が大阪府と行った2008年度大阪府予算交渉報告の続報として書いてあるものだが,この問題は導入時から大きな問題になり今も,授業料が全国一高い府立高校を象徴的に表す事柄になっている. 以下にそのまま紹介する.


各分野にわたり交渉しましたが,特に大阪府教育委員会との交渉で,府立高校エアコン使用料をめぐり,余った使用料を一般備品費など目的外に使用されていることが明らかになった問題を紹介します.



要望内容-----府立高校・市立高校のエアコン使用料は無料にし,当面,減免対象にすること.


当局「エアコン使用料は,受益者である生徒全員で負担する. 減免はしない」


参加者「受益者とはだれのことか」


当局「生徒です」


参加者「あなたたち職員は,働くときにエアコン使用料を払っているのか」


当局「……」


参加者「エアコン使用の目的は,働きやすい環境と学びやすい環境を整えること. 生徒たちが勉強することは,社会の宝だ」


参加者「生徒である高校生は,担税力はあるのか」


当局「生徒の保護者が払う」


参加者「担税力があるものを受益者という. 生徒は担税力がないので受益者ではない」


参加者「エアコン使用料が毎年度6000万円黒字になっているが,それをエアコン使用料以外の備品代などに使用されていると聞いた. それは本当か. エアコン使用料の収支決算書はどうなっているか」


当局「決算はできない. 収入6億2000万円は一般収入に,支出は環境改善事業14億8000万円に計上されており,エアコン使用料だけの収入支出の決算はしていない」


参加者「生徒から目的を明示して集めたお金を目的以外に使用するのは約束違反だ. 残ったお金は単年度決算して生徒に返金するのが一般常識だ. エアコン使用料の単独の決算書がないなんて,だましに等しい」


参加者「私は府立高校3年生の子どもを持つ親だ. エアコン使用料は全額エアコン使用に使われていると思っていた. 信じられない」


参加者「エアコン使用料を払わないと退学処分になる. 強制力をもって徴収しておいて,余ったお金は目的以外に使用する. しかも負担の公平といって減免制度はつくらない. 許されないことだ」


参加者生活保護利用者には減免しているのか」


当局「公的機関が権力を持って費用を徴収するのを税という. 生活保護法第57条には「…租税その他の公課を課せられることがない」と明示されており,法律違反のおそれがある」


-----このあと激しい応酬-----


当局「退学者は1人も出していない」


参加者「退学処分の規定があることが問題だ」


参加者「退学処分規定をチラチラ見せながら,退学処分はしていないと開き直る. その態度は教育者としての真摯な態度ではなく,脅しで教育行政を進めている姿だ. 許されない. 怒りを覚える」


全国一高い授業料を取りながら,その上にエアコン使用料を徴収するというあくどい事をやりながら,その会計処理のずさんさ,無責任さには驚くばかりです. これが今の大阪府政の実態の一端です. 低所得者にも減免措置をしない,冷たい府政をこのままにしておいていいのでしょうか.




 

*1:略歴:昭和三十一年(一九五六年)生まれ. 国立音楽大学卒. 五十七年より神奈川県平塚市立中学校に勤務. 『現代コリア』(平成十二年五月号〜十四年九月号)に「人権在日教育との出会いとその後」を連載. 共著に『教育黒書』(PHP研究所)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20080125

08/01/24 (Thu) 長谷川テルが遺したもの

[][]失くした二つのリンゴ/日本と中国のはざまで 長谷川テルが遺したもの

ianhu.g/bbs/4 資料・リンクにTV番組の案内を投稿 via JCJふらっしゅML

2008/02/11 10:30-11:25(テレビ朝日OA)中国放送制作 全国の放送日時

1937年(昭和12年)一人の日本人女性がタイプライターを抱え,中国人の夫を追って横浜港から中国・上海へ向かいました. その3ヵ月後に北京郊外・盧溝橋で日本軍と中国軍が衝突. 日中戦争の火蓋が切って落とされます.


彼女の名前は長谷川テル(1912〜1947)当時の満州国の官費留学生として東京に留学していた夫・劉仁(1910〜1947)と共に中国での抗日運動に身を投じ,戦場の日本兵に向けて戦争をやめるよう訴え続けました. 当時の日本の軍部とマスコミは彼女を「嬌声の売国奴」と名指しで糾弾しますが,テルは「お望みとあらばそう呼んで頂いて結構です」と毅然と答えます. その一方で,自分が行った放送で日本の家族がどんな恐ろしい目に遭うのか,もう二度と祖国に帰ることは出来ないだろうと苦悩します.


日本が,日本人が,戦争に呑みこまれていった時代. 「私は女性として人間として本能的に平和を求めます」と反戦と平和への願いを発信し続けた長谷川テル. 志半ばの35歳で,二人の幼い子どもと夫,そして日本の家族と祖国の将来に思いを残して亡くなりました.


番組では,波乱に満ちた中国での生活を経て日本に帰化したテルの遺児,長谷川暁子さんの目を通して,テルの人生に迫っていきます. 60年前,時代に抗ったことで,自分にも家族にも大きな傷を残して逝った母. 日本と中国,二つの祖国を持つ娘は母の魂をいま静かに抱きしめます. 長谷川テルが今の時代に遺したものは何だったのでしょうか.


ナレーション:吉行和子さん



【出典:財団法人 民間放送教育協会HP http://www.minkyo.or.jp/01/2008/01/002222.html


テレビ朝日:2008年2月11日(月・祝)午前10時30分〜11時25分 放送

RCCテレビ:2008年2月11日(月・祝) 午後2時00分〜2時55分 放送

民教協加盟33局放送日時 http://www.rcc-tv.jp/08ringo2.htm

日中戦争前夜,自らの意思で中国に渡り,中国戦線の日本兵に向けて,ラジオ放送で戦争を止めるように訴えかけた一人の女性がいます. 国際エスペランティスト,長谷川テル(1912〜1947)です.


テルの行動は,当時の新聞で「売国奴」と名指しで報道されました.


民族のしがらみを越えて,自分の信念で,祖国に対峙した長谷川テル.


二つの国の間で苦悩しながら,故郷を思いながら極寒の中国東北部で34歳の若さで亡くなりました.


長谷川テルについては,日中国交回復を記念して1980年に,杉村春子の語り,栗原小巻主演の,初の日中合作ドラマ「望郷の星〜テルの青春」として放送されました. 今回は四半世紀ぶりに初めてのドキュメンタリー作品として制作放送するものです.


番組では,その足跡をテルの遺児である娘,暁子が辿ります.


暁子は0歳のときに両親と死に別れ,中国で孤児として育ちました. 日中国交回復後,初めて日本を訪れ,1993年に国籍を取得しました.


激動の時代を生きた母と娘,その二人の女性の生き方から,人生の切なさ,そして平和の尊さを,静かに語りかけるヒューマンドキュメンタリーです.


8月に2週間の中国取材を行いました. 上海,南京,武漢,重慶,北京,そして中国東北部のハルビン,ジャムス(黒龍江省)の七都市に及び,取材の様子は,現地の新聞,テレビなどにも取り上げられました.


戦争によって引き裂かれた絆をつなぐメッセージを広島から全国発信します.

---

長谷川テル(1912〜1947)

中国では教科書にも登場する著名な「国際主義戦士」「革命烈士」で,革命記念館に紹介コーナーが設けられたり,絵葉書になったり京劇の主人公として描かれたり,中国・中央電視台が戦後60年特集で製作した番組のテーマに取り上げられるなど,歴史的人物として扱われています.


一方日本では,時代に抗ったことで「売国奴」「非国民」のレッテルを貼られます. 今もほとんど知られていない,埋もれた存在なのです.


日中戦争前夜,自らの意思で中国に渡り平和活動に身を投じた国際エスペランティストで,日本の「中国侵略」をペンで鋭く世界に報道するとともに,戦争を止めるよう中国戦線の日本兵に向けてラジオ放送で訴えかけました.


当時の都新聞に「矯正の売国奴」と名指しで報道されましたが,「お望みとあれば,どうぞ私を売国奴と呼んでくださっても結構です. 私はこれっぽっちもおそれはしません. むしろ,私は他民族の国土を侵略するばかりか,なんの罪もない無力な難民の上に,この世の地獄を現出させて平然としている人々と同じ民族の一人であることを恥とします. ほんとうの愛国主義は,人類の進化とけっして対立するものではありません」と毅然と語りかけました.


その強さ,烈しさの反面,素顔は繊細で,文学や音楽,小さな日常の営み,そして祖国日本を愛する心豊かな女性でした. 志半ば34歳で亡くなります. 60年前の1月10日,二人の幼い子供と夫,そして日本の家族と祖国の将来に思いを残してのことでした.



劉仁(1910〜1947)

テルの夫.


当時の満州国(遼寧省)出身で,東京高等師範学校に留学中にエスペラントを通してテルと出会います.



長谷川暁子(中国名・劉暁嵐,62歳)

テル・劉仁夫妻の長女. 0歳のとき両親が病死. 中国・ハルピンの孤児院などを転々として育ち,文化大革命など中国の現代史を生き抜きます. 1979年初来日. 現在帰化し,京都在住. 同志社大学講師を務めます.


昭和22年,母親のテルが命を落としたのは妊娠中絶手術の失敗が原因でした. 3か月後,病弱だった夫・劉仁も後を追うように他界します. わずか1歳で両親を失った暁子さんは,革命烈士の子供として中国共産党の施設にあずけられ,少女時代を送ります. その後も官費で学生生活を過ごしますが,1969年に始まった文化大革命の嵐が暁子さんを襲います.


当時の苦難について,暁子さんはこれまで多くを語ろうとはしませんでした. それどころか,母親・テルについて語ることにも抵抗があったようです. 「母は母,自分は自分」という思いが強かったのです. そんな暁子さんが,今やっと心を開くようになってきています. 中国での暮らし,そして母への思いを素直に吐露するようになってきたのです.


暁子さんのとつとつとした言葉は,私たちの胸に重く響きます.

---

◆制作 中国放送

◆構成 菊池豊(日本放送作家協会会員)

◆プロデューサー 柏原清純(中国放送) 秋元隆(民教協)

◆ディレクター 尾崎祈美子(中国放送)


【ナレーション】吉行和子



【出典:RCCテレビ第22回民教協スペシャル≪失くした二つのリンゴ/日本と中国のはざまで≫ http://www.rcc-tv.jp/08ringo.htm

「誤って血を流してはなりません. あなた方の敵は海を越えたこちら側にはいないのですから」.


マイクに向かうその心には,平和への強い願いと,日本に残してきた家族の身を案じる苦悩とに満ちていました.


「失くした二つのリンゴ」は,そんな日々のなか,長谷川テルが病床で書いた,長編詩のタイトルです. 詩句には,祖国から裏切り者扱いされながらも中国大陸で抗日運動に関わったテルが,日本を思い,母親を思う痛切な叫びがあふれています.


「リンゴ」は幼子の赤いほっぺたの意味. 愛する夫の国である中国で,愛する祖国の兵隊たちが,幼い子どもたちを殺している. それをつぶさに見て知った以上,たとえ「売国奴」と呼ばれても,タイプライターやマイクに向かい,その実情を発信せずにはいられなかったテル.


タイトルには,人々が戦争の大波に飲み込まれていった時代,二つの国のはざまで引き裂かれながら,平和を求めて,短くも懸命に生きた,ある日本人女性の真実が込められています.

    「英ちゃん(中国でのテルのもう一つの名が緑川英子だった)」

    突然母は今まで聞いたこともないような,厳しい声で私を呼んだ.

    「私が折角お前にあげた二つのリンゴ(赤いほっぺた)はどうして見えなくなってしまったの」

    「それは,お母さん…」

    私は悲しく自分の蒼白い頬を押さえた.

    上海の時はリンゴはまだあったのよ. それからはお母さんもご存知のように,広州にも,漢口にも,重慶にも,どこにもリンゴはなかったから,とうとう私は自分のリンゴを食べてしまったの.


母親からもらった二つのリンゴを失くしてしまったテル. しかし,あなたからもらった「誇り」だけは失くしてはいないと訴えます. たしかにリンゴは失くしてしまったけれど,それは仕方のないこと,許して欲しい. こんな一節もあります.


    母よ!母よ!

    私の愛する人はあなただけなのだ.

    でも,私はあなただけの者ではない.

    この残酷な戦争の中で,

    涙と呻吟と呪いの暴風雨の中で,

    こっそりと自分だけの小さな幸せにひたることはできない.


そして長編詩はこんな言葉で終わります.


    でも,母よ,

    たとえあなたの娘が,

    大事にしていた二つのリンゴを永遠に失くしてしまっても,

    叱らないで欲しい.

    愛する母よ,見ておくれ,

    そのリンゴは,中国大陸で,日本で,世界各国で,

    綺麗な赤い,赤いリンゴを永遠に実らせるために,

    先に落ちてしまった無数のリンゴの中の

    二つに過ぎないのだ.

    (「失くした二つのリンゴ」一部抜粋. 原文・エスペラント. 1939年発表)



そして私たちはこんな思いにかられます.


    「果たして長谷川テルの失くしたリンゴは,今,綺麗な実をつけているのだろうか」


【出典:タイトル 二つのリンゴとは? http://www.rcc-tv.jp/08ringo3.htm

08/01/23 (Wed) 鯨りんく

[][]鯨りんく

Apes!Not Monkeys!はてな別館 http://d.hatena.ne.jp/Apeman/20080120/p1#c が盛り上がっているのでググってみた.


北海道大学水産学部 資源生物学分野 資源解析学領域 松石研究室 http://minke.fish.hokudai.ac.jp/office-m/index.htm



東京大学海洋研究所海洋生物資源部門



日本生態学会 http://www.esj.ne.jp/esj/



日本水産学会 http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsfs/



(財)日本鯨類研究所 http://www.icrwhale.org/




あと,流通関係の統計と国民栄養関係の統計を捜さないと.



=いくつか独り言=

(1)牛肉は高いから買わないので禁止しちゃえい.


(2)鯨は近所の居酒屋某チェーン店で唐揚げ,刺身が食べられる. 昨年夏には内房線館山駅出口階段を降りたところにある食堂と弁当屋さんを兼ねたお店で『鯨肉弁当』800円を食べた. 生姜と醤油で煮詰めた鯨肉が御飯のうえに広げてある[+紅生姜だけの]御弁当.


(3)ついでに

> アイヌに関する日本政府の姿勢

本屋さんで岩波文庫の棚を見てたら『ユーカラ』が赤帯(外国文学|東洋文学)に分類されているので,不思議に思った. そんなものかと納得してしまったが,黄色=日本文学(古典)でないのがやはり不思議.

金田一京助 採集並ニ訳『アイヌ叙事詩 ユーカラ』(岩波文庫 赤82-1 1936/11/15 ISBN4-0032-0821-8)ISBN:4003208218 http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/32/8/3208210.html

知里幸惠編訳『アイヌ神謡集』(岩波文庫 赤80-1 1978/08/16 ISBN4-0032-0801-3)ISBN:4003208013 http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/32/3/3208010.html

外間守善校注『おもろさうし上』(岩波文庫 黄142-1 2000/03/16 ISBN4-00-301421-9)ISBN:4003014219 http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/30/9/3014210.html

赤:外国文学,東洋文学

緑:現代日本文学(一葉,漱石,鏡花,啄木を含む)

黄:日本文学(古典)


 

08/01/22 (Tue) 日本国憲法第1章と進化論者はそもそも水と油だ(C)by勝手にブログ評論


標題は「勝手にブログ評論」の御託宣.

[][]ハナモゲラ語(C)by山下洋輔|坂田明ということで

via 土曜の夜,牛と吼える. 青瓢箪 20080121 [ネタ]「勝手にブログ評論」は時として真実を鋭く突く。http://d.hatena.ne.jp/Prodigal_Son/20080121/1200916384


勝手にブログ評論 http://onosendai.jp/hyoron/hyoron.php


さっそく評論して頂きました. *1


[part1]

勝手にブログ評論

国立でむぱ研究室櫻分室評論 ここで渡辺政隆を解説しようとはおこがましい。何様だというのだ。

ここで渡辺政隆を解説しようとはおこがましい. 何様だというのだ.

総合得点 91


[5cm伸ばす伸長法]


社会科教科書執筆者懇談会はあきれるほどむぱ研究室櫻分室だ. それは日本国内なのだと言える. 免罪訴訟裁判を手に入れるためなら,セーヌ川に飛び込むという若者があとを立たない. 嘆かわしい. 参院議員に保険を掛けようものなら,ロイズのアンダーライターに相談しなくてはいけない. 論点整理にF岡信勝的側面はないだろうか?


換言すれば,充分熟成された. 座間味島は,人をとつてもなく引きつけるのだ.



「メモ. 自己紹介とはなにか?」という質問をされたとき,週刊文春について考える必要がある. 気高さとは,まさに創造論者のようなものを言う. 科学-親密的展開を実現しているのは,東京新聞 2008なのだ.


スイスの高原で極上のチーズとよく熟成された訂正申請を頂くのはたまらない. まるで魅入られるように,目が離せない魅力が削除改憲派にはあるのだ. どうだろう. 全集8 評論一もそうだ. どう見ても学校教育は山根隆治ではない. どうだろう. 1769 民主党 参議院議員山根隆治メールマガジン2007は必要ないだろうか. パリジェンヌの. 1. 今回には,他者を寄せ付けない気品がある.


どうすれば「論点整理」事件の二の舞と成らずに済むのか. 考える必要がある. 読み終わであるとも言える. テロリストが欲しているのはまさしく読み終わなのだ. メトロポリタン美術館のキュレーターになるために必要な資質は,ID論リンク的であること,そしてブレヒト的であることだ. 時に,リンク集はどうだろう. 少女にフォアグラはまだ早過ぎるように,. 県民大会決議に. 座間味島はまだ早過ぎるように思う.


「巡回計画とはなにか?」という質問をされたとき,沖縄責任について考える必要がある. そうか. ではW部昇一はいかがだろうか. PC,すなわちパーソナルコンピュータなるものの出現は,全くもって無粋の極みだ. 紳士なら万年筆を使うべし.

タイプライターは淑女の嗜みである.


[このブログの読者にお勧めの一冊

脱会―山崎浩子・飯星景子報道全記録

¥ 1,785 教育史料出版会]




[part.2]

勝手にブログ評論

国立でむぱ研究室櫻分室評論 世が世なら、迷い無く私は偉大なる女王陛下に 詳を献上したことと思う。

1769 民主党 参議院議員 山根隆治メールマガジン2007の魅力は言外のものである.

総合得点 8


進化論裁判など,いずれウォルマートの店頭にならぶだろう二級品である. 貴族が決闘をするように,作者は訂正申請と訣別しなければならない. まこと見事な 1769 民主党 参議院議員 山根隆治メールマガジン2007だ. そうとしか言いようが無い. 版画 1941-1950は悪名高きウォルマートのバイヤーですら手を出さないだろう.


そういうわけで訂正申請は大切なのだ.


「2 文学とはなにか?」という質問をされたとき,参議院議員について考える必要がある. まこと驚くべきことに,. 座間味島の効用は元民主党国際局副局長にまで及ぶ. 換言すれば,要するに,びX氏信奉者なのである. いくらかの出版社HP解説,それと東京新聞 2008があれば上等だ. 不自由はない.


スイスの高原で極上のチーズとよく熟成された社会科教科書執筆者懇談会を頂くのはたまらない. ボロボロの醸す雰囲気は,極上のメモ. 自己紹介も及ばない. えてして蔵書の数を自慢する輩は,対外にして胡散臭いものである. どう見ても山根隆治は山根隆治ではない. どんなにニューヨークを田舎呼ばわりしても,科学啓蒙書.のない我々英国の人間にとってニューヨークは羨望の街となる. 人々はいかにして「高校日本史教科書6社8点」事件から立ち直ったのか.


いくつかの誤解を経て,転載 訂正申請は高く評価されるに至った. だが,それでも敢えて言わせて貰えば,それは参議院議員なのだと言える. 時に,びX氏信奉者はどうだろう. 科学啓蒙書.は淑女のように現れる. 被害妄 ...にはスプーン一杯の砂糖ほどの値打ちもない. つまり「. 座間味島」的見解には,もう飽きているのだ.

ドラッカーによれば,「経営者の仕事は,ほかの審議経過を管理することから始まる」そうである.


[このブログの読者にお勧めの一冊

脱会―山崎浩子・飯星景子報道全記録

¥ 1,785 教育史料出版会]




[part.3 ]

勝手にブログ評論

国立でむぱ研究室櫻分室評論 日本国憲法第1章と進化論者はそもそも水と油だ。

それほどまでに,ひたすらに---沖縄は豊かであると言える.

総合得点 56


人々はいかにして「元民主党国際局副局長」事件から立ち直ったのか. それは沖縄責任なのだと言える. 紳士淑女は刮目して進化論者を見よ. 版画 1941-1950が欲しいなどというのは,要するに,田舎っぺなのだ. 男子にとって生涯を賭けて勝ち取らねばならぬもの. 信頼,地位,反進化論キャンペーン. どれが欠けても二級品だ. 夜の晩餐会に赴くときに忘れてはならないのが日本国内. 残念ながら,日本国憲法第1章は違う. パーティドレスに詩−沖縄戦免罪訴訟裁判 魚拓ご批判はよく似合う. 紳士なら皆解っていることだ. メモ. 自己紹介を愛するレディもそう. 判定材料はあまりにもありふれている. フーコーと人ダイジョブ,どちらも生まれたての双生児のように似ている. ありとあらゆる事実が,都市生活者の必要性を裏付けている. リンク集は絶句するほど週刊文春らしい. 科学-親密の上品さといったらどうだろう. 敢えて言うとすれば,それは訂正申請だ. フェラーリは田舎者のクルマだが,ベンツと歴史修正主義 Deborah Lipsは違う. プジョーは安物だが,参院議員は違う. 私なら,全集8 評論一に生涯を捧げるだろう. あと10年若ければ.


90年代を思い起こせば,様々な事件があった. 「統一教会」事件,それに「UFO議員」事件などである. だれもが「進化論者」事件を歓迎はするまい. むしろ「. 山根隆治 HP 略歴 h」大会などと称して,それをたたえるのはどうだろうか. どういうことなのか. 私にも良く解らない. けれども第1条〜第8条には解っている. 「むぱ研究室櫻分室」主義を掲げる人々を,無謀なドン・キホーテと嗤う事は容易い. だが果たしてそれで良いのか? 安全保障問題アンケートは到底実現不可能に見える. 少女とは恐ろしいもので,気がつけば大人になっている. 当たり前のように社会科教科書執筆者懇談会をセカンドバッグから覗かせる. 気づかぬうちにレディとなっているのだ. つまり「. 座間味島」的見解には,もう飽きているのだ.

そうか. では反進化論法. 頑迷はいかがだろうか.


[このブログの読者にお勧めの一冊

脱会―山崎浩子・飯星景子報道全記録

¥ 1,785 教育史料出版会]



「勝手に評論」氏も≪沖縄戦免罪訴訟裁判≫を気にいってくれたようだ.

d:keyword:山下洋輔 経由で 中川昌三(fl.)オフィシャルブログをみつけてしまった. http://d.hatena.ne.jp/nakagawamasami/

[][][]毎日新聞大阪朝刊記事≪「国体護持」へ国策売春≫

ianfu.gに追記

via Gazing at the Celestial Blue 2008/01/17 日本総領事館が南京大虐殺記念館へ『展示に配慮を求める』『日本政府の問題意識』を伝える http://azuryblue.blog72.fc2.com/blog-entry-359.html


毎日新聞 平和をたずねてアーカイブ一覧 http://mainichi.jp/select/wadai/heiwa/visit/archive/

より

8月15日 平和をたずねて:敵を抱きとめた母性1 米兵と笑う特攻の母 http://mainichi.jp/select/wadai/heiwa/visit/archive/news/20070815ddp012040004000c.html

8月22日 平和をたずねて:敵を抱きとめた母性2「国体護持」へ国策売春(写真付き記事) http://mainichi.jp/select/wadai/heiwa/visit/archive/news/20070822ddp012040013000c.html

8月29日 平和をたずねて:敵を抱きとめた母性3 この子に何の罪もない http://mainichi.jp/select/wadai/heiwa/visit/archive/news/20070829ddp012040014000c.html

9月5日 平和をたずねて:敵を抱きとめた母性4 バカ息子であるものか http://mainichi.jp/select/wadai/heiwa/visit/archive/news/20070905ddp012040014000c.html

9月12日 平和をたずねて:敵を抱きとめた母性5 だから,戦争を憎むんよ http://mainichi.jp/select/wadai/heiwa/visit/archive/news/20070912ddp012040012000c.html

 

*1:水の結晶に決めて貰うのとどこが違う?

08/01/18 (Fri) もうひとつの歴史修正主義/インチキ科学のすすめ

日本国憲法第1章(第1条〜第8条)削除改憲派のあたしは知らなかったが"護憲派ぶろが"周辺でつまらない=いかにもよくある=意見xまたは行動xを批判されたX氏およびX氏信奉者がX氏の全人格を否定されたかに受け取って居直る=言い換えれば,部分と全体の区別ができない=W部昇一やF岡信勝の歴史偽造とどこが違うのか?=やりとりがあったらしい.【碧猫さんの http://azuryblue.blog72.fc2.com/blog-entry-357.html 経由】ということで,先日のインチキ科学/ID論リンクの続き.(あたしが昔,某MLで使っていたメールアドレスは shibaten @ ***.jp だが, "たんぽぽの涙-運営日誌"登場の"しばてん"氏とは無関係ですので,念の為)

[][]ふじた幸久(参議院議員/茨城選挙区/元民主党国際局副局長)

南京事件まぼろし化工作の先兵 文藝春秋社の『週刊文春』2008/01/24号で

「9.11」陰謀説をブチ上げた民主[藤田幸久]に「あの人ダイジョブ」

【出典:東京新聞 2008/01/17 3面広告】

と叩かれている藤田せんせいについて. 文藝春秋社の尻馬に乗るつもりはないが,『週刊文春』に都合の良い材料を与えている馬鹿についてのメモ.



自己紹介に血液型を載せているのは"血液型で私を判断して下さい"の意味だろう *1 から判断してあげよう. 血液型で人間がわかると思い込んでる馬鹿は差別主義者だ.



自己紹介


名前 藤田幸久(ふじた・ゆきひさ)


生年月日 1950年4月19日生まれ(おひつじ座)


血液型 O型


家族 妻と娘一人


趣味 海外ホームステイ,ラグビー,サッカー観戦


愛読書 ガンジー伝


愛唱歌 おふくろさん,怪傑ハリマオの歌


座右の銘 「誰が正しいかではなく,何が正しいか」「一国の最も確かな防衛は,隣国の尊敬と感謝を勝ち取ることにある」


好きな食べ物 寿司,サラダ,果物


お酒 雰囲気は大好きです.


[略歴 省略]


【出典:http://www.y-fujita.com/profile/



[抜粋]Tuesday, January 15, 2008 4:24 PM 藤田幸久とメールでキャッチボール

Topics★ 参議院外交防衛委員会で締めくくり総括質疑(1月10日) http://www2.ezvoice.org/eds/log/eid6775.html

[前半省略]


今,余りに多くの世界中の指導者や専門分野の知識人,アメリカ政府,議会,軍の関係者などが,9.11の再検証を求めている中で,日本も無知ではいられないと思い,いくつかの具体的物証や証言のある以下の材料を選んで質問しました.


(1) ハイジャックされたボーイング757型大型旅客機が突っ込んだペンタゴンにできた穴が,主翼の幅38mよりずっと狭い. 最も強固な三層の壁を貫通した5mの穴もある. アルミ製の機体が2.7mのコンクリートの壁を貫通するのは不可能. 建物前の芝生に機体の残骸はほとんどない.


(2) 飛行機が突入していない世界貿易センター第7ビルが,小規模な火災という理由で崩壊した. しかも,真空状態で物体が降下するようなハイスピード(6.5秒)で. ビル全体が原型を留めたまま,対称性を維持しながら,せり舞台をストーンと落下するように.


(3) 9.11直前の9月6日・7日・10日に,ハイジャックされたユナイテッド航空(UA)とアメリカン航空,及び世界貿易センタービルの最大テナントのモルガン・スタンレー・ディーン・ウィターやメリル・リンチに対する,大量の「プットオプション」(株を一定の価格で売る権利. 暴落しても予定価格で売ることができる)の買いと空売りによるボロ儲けが行われた.


私は,反ユダヤ主義でも,所謂「陰謀論者」でも全くありません. 今後も対テロ戦争の原点と検証を行うことが,日米関係においても重要であると考え,この問題を取り上げていきたいと思います.


寄せられたメールやメッセージのほとんどが激励ですが,2件ほど,「陰謀論の罠」という本を挙げ,陰謀論は間違っているという指摘がございました. 9.11の検証を求める人々が挙げている全ての事例が正しいとは思いません. 目に触れる生の映像や写真などについての素朴な疑問点を挙げているのだと思います.


[中略]


質問の際に,委員会の皆さんには写真の他に,以下の資料をお配りしました. これらの中身について,皆さんからも色々とご指摘いただければ幸いです. これらの疑問にアメリカ政府や日本政府が,否定するなり,答える責任があるのです.


「資料1」各種世論調査 [中略]


「資料2」9.11に疑問を呈する発言

一 アメリカ以外 [中略]

二 アメリカ [中略]

三 各分野の専門家

    1 スティーブン・ジョーンズ博士(ブリガムヤング大学物理学教授)論文「本当のところ,なぜ世界貿易センタービルは崩壊したか?」


[以下省略]


"常温核融合"横取りで有名なS.ジョーンズせんせいは≪専門家≫だったのか,ちゅうか,いまだにBY大学教授だったのか(笑).


外交防衛委員会01/10のやりとりはまだ上がっていない(01/17現在=ブッシュ政権&公安調査庁による隠蔽工作の結果ですな)第18号に掲載. 参議院会議録情報: http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kaigirok/daily/kaigiselect.html




【参考blog】


症例:法則化授業と水伝 http://blog.goo.ne.jp/nakahide1963/



遠方からの手紙 思想・理論 http://plaza.rakuten.co.jp/kngti/diary/?ctgy=6

遠方からの手紙 陰謀論批判 http://plaza.rakuten.co.jp/kngti/diary/?ctgy=13

遠方からの手紙 社会 http://plaza.rakuten.co.jp/kngti/diary/?ctgy=1

遠方からの手紙 歴史その他 http://plaza.rakuten.co.jp/kngti/diary/?ctgy=3


Living,Loving,Thinking 陰謀論批判(メモ)[とそのリンク先] http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/200801


萩上式blog 2007/02/18 水に踊る/『水は語る―魂をうつしだす結晶の真実(講談社プラスアルファ文庫)』で意気投合する江本勝さん&窪塚洋介さん http://d.hatena.ne.jp/seijotcp/20070218


水は答えを知っている -Skeptic's Wiki


富史のウェブログ http://tomihito.exblog.jp/


駄文 2008/01/15 サヨクと疑似科学は親和性が高い? http://d.hatena.ne.jp/s_kotake/ *2 *3


pepop-forum *4 2006/01/11 推薦図書 2006/01/12 遠方からの手紙第1信 天国注射の前に

[][]山根隆治(参院議員/茨城選挙区/民主党常任幹事)

『週刊文春』01/24号ではUFO議員も叩かれている.

山根隆治 HP

略歴 http://www.r-yamane.com/profile/index.html

政策 http://www.r-yamane.com/seisaku/index.html


安全保障問題アンケート(2001/10) http://db.kosonippon.org/statesman/statesman_answer.php?eid=7&sid=1769


民主党 参議院議員 山根隆治メールマガジン2007/12/20「UFOに対する質問主意書 」他

◆UFOに対する質問主意書(12月19日)


今国会では内閣委員会での2回の質問をもって,私の出番は終わることとなりそうである. そこで,文書での質問形式として残されている質問主意書を内閣に対し出すこととした. 内容はUFOに関するものであった. 私としては,文書で送り文書で回答のくるものだから,それ程,話題性を持つ行為とは思っていなかった. しかし,意外にも答弁書のきた昨日18日は,反響が大きく,マスコミ対応に追われ,予定していた日程をとり止めざるを得ない程の状況だった.


私は党の内閣副大臣という立場であり,男女共同参画やインターネットの問題,治安対策など幅広い分野の政策づくりに携わっている. 今回のUFO報道で私の質問や発言がマスコミにとり上げられると,有権者や支持者の方々からUFO問題ばかり取り組んでいるような印象をもたれ易いが,必ずしもそうではない. あくまでも国民の暮らしに重点を置いた活動をしていることを敢えてこの際この場で付言させて頂きたい.


UFO問題は,マスコミのとり扱い方では悪い意味でオカルト的な印象を与えかねず,政治家としてこの問題をとり上げることには,それなりの決意が私にも必要だった. 今回,答弁書とは違った町村官房長官の肯定的な発言もあり,マスコミの皆さんには概ね冷静で客観的な報道をして頂いたので,抗議めいた電話はほとんど事務所にかかってこなかったことに,スタッフとともに安堵している.


さあ,これからは,福祉,福祉でやっていきたい.

新聞記事 Gigazine 日本政府,UFOが日本に飛来した場合の対応を発表 http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20071218_japanese_ufo/

参議院質問趣意書情報 未確認飛行物体に関する質問主意書 http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/syuisyo/168/meisai/168084.htm

質問趣意書 http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/syuisyo/168/syuh/s168084.htm

答弁書 http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/syuisyo/168/touh/t168084.htm

より


答弁書第八四号

内閣参質一六八第八四号 平成十九年十二月十八日

内閣総理大臣 福田康夫


    参議院議長 江田五月殿

参議院議員山根隆治君提出未確認飛行物体に関する質問に対し,別紙答弁書を送付する.


参議院議員山根隆治君提出未確認飛行物体に関する質問に対する答弁書



≪政府としてUFOについてどのような認識を持っているのか明らかにされたい≫について


政府としては,御指摘の「地球外から飛来してきたと思われる未確認飛行物体」の存在を確認していない.



≪政府及び関連機関等でこれまでUFOに対しどのような情報収集や研究,対応を行ってきたのか明らかにされたい. 行っていないとした場合,それはどのような理由からか明らかにされたい≫,三≪UFOが我が国に飛来した場合に想定される対応について,政府の見解を示されたい≫及び五≪アメリカを始めとする友好国等との間で,UFOについての情報の交換をこれまで行ってきたのか明らかにされたい≫について


一についてで述べたとおり,政府としては,御指摘の「地球外から飛来してきたと思われる未確認飛行物体」の存在を確認していないため,「地球外から飛来してきたと思われる未確認飛行物体」に関して特段の情報収集,外国との情報交換,研究等を行っておらず,また,「地球外から飛来してきたと思われる未確認飛行物体」が我が国に飛来した場合の対応についても特段の検討を行っていない.



≪航空自衛隊がUFOを探知してスクランブル(緊急発進)をしたことがあるのか明らかにされたい≫について


航空自衛隊では,我が国の領域の上空に侵入するおそれのある正体不明の航跡を探知した場合には,必要に応じて,戦闘機を緊急発進させ,目視による確認をすることとしており,鳥等の航空機以外の物体を発見することはあるものの,御指摘の「地球外から飛来してきたと思われる未確認飛行物体」を発見した事例については承知していない.



≪国民や民間団体から寄せられた情報の整理,分析,確認作業は,国のどの機関で行うのか明らかにされたい≫について


お尋ねについては,情報の内容に応じ,所掌事務に照らして適切と考えられる関係機関において,必要な情報の整理,分析,確認作業等を行うこととなる.

航空自衛隊は,優秀な装備と優秀な人員と有り余る時間を使って,すべてのUnidentified Flying Object=未確認飛行物体*5の正体を明らかにしてしまったらしい.


ポストモダンと情報化社会のSFに登場する地球外知性は(a)漂う思念*6が脳味噌を直撃*7するか(b)脳味噌に突っ込んだモッドに取り憑いて*8地球知性に語りかけてくるので,飛行物体に乗って飛んで来る古典的な宇宙人像はかなりショボイ.


なお,地球外知性が交渉の相手として地球知性の代表に人類を選ぶとは限らないが,人類を選んだとしても安保条約下の日本政府や航空自衛隊が相手にされることはないだろう.


50年代の異星人エイリアンは東西冷戦時代壁の向こうからくる侵略者を象徴していた*9わけだが,山根,町村,石破,島尻諸せんせいの頭の中のエイリアンとは何なのか?『週刊文春』01/24号p.29 山根せんせいの御発言は次のとおり.

防衛の原点としていろんな想定をしないといけない. アメリカではレーガン政権当時から宇宙戦争に備える計画をしている. 今回の提案で,日本にはこの問題を扱う機関もないこともはっきりした.

異星人の乗り物は光速レベル. これを防御する迎撃体制をどうするか. 湾岸戦争でもパトリオットの迎撃精度はわずか3割で,完璧にはまもれないんです.

[]写経中

B.Brecht

真実を描くさいの五つの困難(五十嵐敏夫訳/『ブレヒトの仕事/2 文学・芸術論』p.81-99)

都市生活者の教本(抄)(野村修訳/『ブレヒトの仕事/3 詩』p.85-91)



大江健三郎

文学者の沖縄責任(『鯨の死滅する日』p.180-196,初出『群像』1970/9月号)

広津和郎における知識人の死(ibid.p.346-350)



廣津和郎

散文精神について(講演メモ)(『全集9 評論二』p.274-275)

沖縄青年同盟よりの抗議書(『全集8 評論一』p.509-517)

*1:それとも,京都山本宣治や,浅沼稲次郎みたいに暴漢に襲われたときには助けてくれの意か?

*2:1960年代以前の日本共産党の文献には陰謀がいっぱい!--と思う--例示はまた別途/そこから離れたK命的M主義者同盟なんか≪公安-かくまる≫KK連合説だとか機関紙には天皇崩御並みの大活字見出しとんでも記事満載

*3:碧猫さんのところにコメントしたとおり,科学的社会主義の党の周辺にすら9.11陰謀論詐欺師信奉者がいることに気をつけたい. 期待するもの多いゆえに残念だ

*4:pepop-forum管理人=9.11陰謀論を展開するO氏は平和への結集 実務担当/『「平和への結集」をめざす市民の風』運営委員 [参考] このあたり=千葉大公共哲学関係の胡散臭い連中=自浄能力皆無=にはなんの期待もしない

*5:菊池聡『超常現象の心理学-人はなぜオカルトにひかれるのか』(平凡社新書28 1999/12) http://www.heibonsha.co.jp/catalogue/exec/browse.cgi?code=85_028 isbn:4582850286 第2章"宇宙からの使徒"参照

*6:a.漂う思念:日本の最新技術では山本七平の≪空気≫,江本尊師IHMの≪HADO≫

*7:脳味噌を直撃:≪HADO≫が≪共鳴≫するのだ

*8:b.モッドの憑き物:今様の技術ではケータイ電話?

*9:C.G.ユング『空飛ぶ円盤』朝日出版エピステーメ叢書

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20080118

08/01/11 (Fri)

[]巡回計画(案)

最近,iDを見に行かなかったことを反省してリンク集を見直し


[]keyword編集のための習作

進化論を拒む人々―現代カリフォルニアの創造論運動 疑似科学と科学の哲学 反・進化論講座―空飛ぶスパゲッティ・モンスターの福音書 神と科学は共存できるか? 怪しい科学の見抜きかた―嘘か本当か気になって仕方ない8つの仮説


謝辞:以下の書評ほかを参照しました.

shorebird 進化心理学中心の書評など 20061211 読書中 The God Delusion http://d.hatena.ne.jp/shorebird/20061211

shorebird 進化心理学中心の書評など 20071129 書評『神と科学は共存できるか?』http://d.hatena.ne.jp/shorebird/20071129

kikulog 2007/01/21 空飛ぶスパゲティモンスター教 a.k.a. スパモン http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1169311734

ぼくも私もゲーム脳 2006/06/03 http://d.hatena.ne.jp/hideous/20060603

寿限無の読書録 2006/03/24 http://d.hatena.ne.jp/zyugemu/20060324

万来堂日記2nd 2007/11/16 ……本当、グールドとドーキンスは仲良く出来ないね(笑) http://d.hatena.ne.jp/banraidou/20071116

[]正月休みに読み終わらせたい本[いまさらながら季節はずれ]

百人斬り訴訟を支援する会 編『「百人斬り訴訟」裁判記録集』http://tendensha.co.jp/syakai/syakai309.html を探しに行くもみつからず. isbn:9784886563095

代わりに戸坂潤『日本的哲学という魔 戸坂潤京都学派批判論集』(書肆心水),芹沢一也ed.『フーコーの後で』(慶應義塾大学出版会)の2冊を購求. 来年の正月休みまでには読み終わりたい.


書影の補充を兼ね,日曜日の東京新聞広告を見て追記 2008/01/15 陰謀論や偽科学への親和性が被害妄想にもとづくとすれば,次のような本こそ参考になるかもしれない.


横田恵子編『解放のソーシャルワーク』(2007/07/20 世界思想社) http://sekaishisosha.co.jp/cgi-bin/search.cgi?mode=display&code=1270



川上充『品川の記録 戦前・戦中・戦後-語り継ぐもの』2008/01/08 本の泉社 http://www.honnoizumi.co.jp/ *4

57年の歳月を経て,いまよみがえる「民族独立行動隊の歌」誕生のフォトドキュメント


戦前、品川に生まれた日本初の無産者託児所は,宮本百合子の小説『乳房』の舞台である. また,五反田の藤倉ゴム工業は,小林多喜二の小説『党生活者』の舞台である.


戦後,「民族独立行動隊の歌」と「原爆許すまじ」を生み出した. そして,一時期ではあるが革新区政を誕生させ,すぐれた施策をいくつも実行した.


本書は,国の進路が重大な岐路にある今日,戦前からの苦難と社会進歩をめざすいとなみを,主要なトピックで構成,大きな歴史の流れを提示しようとするものである.



著者紹介

川上允(かわかみ・まこと)

1938年 生まれ.

1956年 東京通信工業(ソニーの前身)入社

1975年 同社退社 この間,ソニー労働組合青年婦人部長・中央執行委員・書記長など歴任

1975-2001年 日本共産党専従

現在,消費税をなくす会事務局長,ソニー労組品川支部OB・OG会運営委員

http://www.honnoizumi.co.jp/cargo/shop/03535.html


中條克俊『君たちに伝えたい 朝霞,そこは基地の街だった。』(2006/08 梨の木舎) http://www.jca.apc.org/nashinoki-sha/jiyusiri-zu/jiyu2.htm

目次

一 ゴルフ場から「軍都」へ

  1. 「上海」と朝香宮鳩彦
  2. 朝霞と陸軍予科士官学校

二「軍都」から「基地の町」へ

  1. 敗戦直後の朝霞と占領軍進駐
  2. 占領軍「慰安婦」
  3. 「日本の上海」と呼ばれた「基地の町」

三 基地文化と「混血児」と戦後教育

  1. 基地文化
  2. 「混血児」
  3. 戦後民主教育とレッド・パージ
  4. 「基地の子」と学校教育

高崎隆治『教科書に書かれなかった戦争part.14 「陣中日誌」に書かれた慰安所と毒ガス』http://www.jca.apc.org/nashinoki-sha/textbook/kyoukasyo14.htm

没後80年出版 鈴木裕子編/亀田博・年譜『金子文子 わたしはわたし自身を生きる-手記・調書・歌・年譜』(2006/08) http://www.jca.apc.org/nashinoki-sha/jiyusiri-zu/jiyu1.htm



解放のソーシャルワーク (SEKAISHISO SEMINAR) 品川の記録 戦前・戦中・戦後―語り継ぐもの 君たちにつたえたい 朝霞、そこは基地の街だった。 (自由をつくる) 「陣中日誌」に書かれた慰安所と毒ガス (教科書に書かれなかった戦争) 金子文子 わたしはわたし自身を生きる―手記・調書・歌・年譜 (自由をつくる)


日本的哲学という魔―戸坂潤京都学派批判論集 フーコーの後で―統治性・セキュリティ・闘争

[]キーワード編集のための論点整理(01/13追記)

【a】対抗関係について

アメリカでは学校教育で理科の時間にインテリジェント・デザイン説を教えるかどうかをめぐってキリスト教右派団体と主流派科学者との間に論争が起きている。

【b】レッテル貼りについて

日本国内に於いてはカルト教団、統一教会の信者の判定材料になり得る。


以上,出典は http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a5%a4%a5%f3%a5%c6%a5%ea%a5%b8%a5%a7%a5%f3%a5%c8%a1%a6%a5%c7%a5%b6%a5%a4%a5%f3?kid=128298


a.裁判を担っている当事者を《キリスト教右派団体と主流派科学者》とするのは狭すぎる.

b.キーワードリンク先《観察対象系》としたレムラント出版周辺を《統一協会》

信者と決め付けることができるだろうか?『われわれはプロテスタントだからキリスト教原理主義ではない』という自称プロテスタント独立派の宗教理解がお粗末であることは明らかではあるが*5



 

*1:『進化論裁判』【出版社HP解説=2008年1月現在リンク切れ】:半世紀あまりを経て,科学の仮面をかぶり復活した反進化論法. 頑迷な創造論者たちの反進化論キャンペーンを粉砕すべく,世界有数の進化論者がペンを執った画期的な科学啓蒙書.【目次より】創造論の復活/アメリカと科学-親密なのか犬猿の仲なのか/化石の記録と生命の歴史-さらに単純な予言/生物はいかに進化したか-進化学説の道化/科学の方法と時間の概念-創造論者の攻撃(その一)/生命の起源と歴史-創造論者の攻撃(その二)/創造論・宗教・政治

*2:『哲学思考トレーニング』科学哲学としてのクリティカル・シンキングを解説. 今西≪進化論≫を論じている

*3:『怪しい科学の見抜きかた』第3章 インテリジェント・デザイン説は科学か? 訳者あとがき[p.390]は日本で流行のニセ科学として[1]水の結晶[2]マイナスイオン[3]ABO血液型性格判断のみっつを論じている

*4:医療関連図書『カゴメ歌の謎解きと医療哲学 生命医療は円の医療』『心療歯科医のプレッシャーに打ち勝つ歯の噛み合わせ治療法』『心と身体は一体 整体・気功・催眠の統合療術が心身を病から救う』と標題から見る限り楽しげな予感,整体は上手い人だと確かに効果大きい

*5:カトリックならばバチカンという基準があるので原理主義に陥ることは稀であろう

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20080111

08/01/10 (Thu) 建国記念日の真の意味

[]平気でうそをつく出版社(&新聞社)は健在なのに

草思社倒産についてヒデノリ師いわく

はっきり言いましょう. これは H中野修道の呪いです.

『平気でうそをつく人たち』を出した版元が,平気でうそをつく人の本を出したのが運のツキだったのですね.

【出典:虚構の皇国 2008/01/10 http://d.hatena.ne.jp/tadanorih/20080110 ただし,引用にあたり「東」を「H」に変更 *1

草思社は『戦争プロパガンダ10の法則』なんかも出して,いいところもある出版社なのに.


早川ヒデノリ師の同日記事"瀬古は日の丸で泣く"昭和11年2月11日*2の悲劇は必読.

[]千葉市美術館 日本の版画 1941-1950「日本の版画」とは何か

千葉市美術館 日本の版画 1941-1950「日本の版画」とは何か

会期 2008/01/12-03/02

観覧料 一般 800円

02/02&02/03 13:00-15:30 ワークショップ「蔵書票を作ろう〜本好きのための小さな世界を摺る〜」


詳しくは http://www.ccma-net.jp/exhibition_end/2008/0112_1/0112_1.html

本展は,1997年以来千葉市美術館で開催しておりますシリーズ展「日本の版画」の第五弾.


これまであまり顧みられることのなかった1940年代の日本版画を概観し,版画にとってこの時代がいかなるものであったかを検証します.



対象となる年代は太平洋戦争の始まる1941年から.


いよいよ自由な活動を封じられ,映画や写真,新聞や雑誌といったメディアに大衆との接点を奪われるなかで,版画家たちはそれぞれに戦争との対峙を迫られました.


あるものは大政翼賛会のもとに結成された日本版画奉公会に拠って献納版画を手がけ,あるものは疎開地の風景や外地に取材しながら「日本」とは何かを改めて問いました.


また私家版の小世界に沈潜するベテランがおり,才能を開花させることなく戦病死した版画家の卵たちもおりました.



そして戦後,戦中に溜め込んだエネルギーを吐き出すように,日本の版画は新たな展開を見せます. 大型の抽象版画が勃興し,明治期以来の創作版画から隔絶した若手も次々に現れ,やがては国際展での受賞を重ね,日本のアートシーンを牽引するまでになるのです.


展覧会の主たる対象は1950年までですが,エピローグとして1953年頃までの作品をご覧いただき,近代版画から現代版画に至るダイナミックな造形の展開をご堪能いただければと思います.



[主な出品作家]


畦地梅太郎/泉茂/瑛九/奥山儀八郎/小野忠重/恩地孝四郎/加藤太郎/川上澄生/川西英/北岡文雄/北川民次/上阪雅人/駒井哲郎/斎藤清/品川工/杉原正己/関野凖一郎/武井武雄/橋本興家/初山滋/浜口陽三/浜田知明/平塚運一/前田政雄/前田藤四郎/武藤完一/棟方志功/山口源/山口進ほか


主催 千葉市美術館・東京新聞


出品協力 東京国立近代美術館・東京都現代美術館・町田市立国際版画美術館・和歌山県立近代美術館

小野忠重,北川民次,浜田知明*3の戦時下の仕事に興味大. 日本の美術家が≪版画奉公≫しているときに,中国の赤軍兵士は木版を刷っていたのだ.

[][]訂正申請の結果についての社会科教科書執筆者懇談会の声明

以下,勝手に転載

訂正申請の結果についての社会科教科書執筆者懇談会の声明


12月26日,文部科学省は,沖縄戦記述に関する高校日本史教科書6社8点の訂正申請について,審議経過とその結果を発表した. これについて私たちの考えるところを以下の通り表明する.


1. 今回の訂正申請は,多数の県民を結集した9月29日の検定意見撤回を求める沖縄県民大会の決議を受け,政府・文科省が,検定によって書き換えられた教科書記述について訂正申請があれば対応すると表明したことによって具体化したものである. 県民大会決議の核心は,検定意見の撤回と「集団自決」に関する記述の回復である. これを受けた訂正申請の受理である以上,事実上検定意見の誤りを認め,記述の回復をはかるための訂正申請の受理であったというべきである.


したがって,各教科書の当初の訂正申請文は,表現はさまざまではあるが,軍の強制という表現も含め検定前の記述の回復をはかるものである点は共通している. 訂正申請の結果,その一部は認められ,検定後の見本本の記述がある程度改善された面もみられる. これは,沖縄県民の抗議や私たちの運動によって,当初の検定意見による書き換えがあまりにも不当なものであったことを認めざるを得なくなった結果といえよう. しかしながら承認された訂正申請文からは,日本軍が「集団自決」を強制したという趣旨の記述はすべて削除された. その根拠と思われるのは,検定審議会の「基本的とらえ方」と題する文書でみる限り,「それぞれの集団自決が,住民に対する直接的な軍の命令により行われたことを示す根拠は,現時点では確認できていない」という一文のみである. しかし沖縄戦研究が明らかにしてきたように,たとえば隊長命令のような形での軍の住民に対する直接の命令の有無にかかわりなく,日本軍の住民に対する支配・教育全体を通して「集団自決」が強制されたことは明らかであり,そのような研究成果にもとづいてこれまで教科書記述も行われてきた. 「基本的とらえ方」でも,このような意味での日本軍の強制についてはとくに肯定もしていないが,否定もしていない. だとすれば,日本軍の強制という表現を訂正申請の審議のなかでふたたび削除させたことにはなんの根拠もない. 12月28日に沖縄県民大会実行委員会が決定した政府・文科省への要請書のなかでも,結論として「『集団自決』の記述の中に『日本軍による強制』の語句を入れるとともに,検定意見を撤回されるよう,強く要請する」と述べている.


よって,今回の訂正申請の結果において,軍の強制を認めなかったこと,軍の責任をあいまいにしたことは,記述の回復とはいえないものであり,沖縄戦研究の成果を無視し,歴史的体験に根ざした沖縄県民の戦争の真実を伝えてほしいという切実な願いも無視したものであって,執筆者としてとうてい納得できるものではない.



2. 文科省ならびに検定審議会は,あくまでも検定意見は正しかったとして撤回しない態度をつらぬいた. その前提のもとで訂正申請の審議が行われた結果,結局,検定意見と矛盾しない範囲内での記述しか認められない結果になったということができる. 11月7日の「訂正申請提出にあたっての声明」で指摘していたように,基本的に検定意見が撤回されないかぎり,訂正申請によって問題が正しく解決されるとは考えられないということが現実となってあらわれたといわなければならない. また,検定意見が撤回されなければ,ひきつづき不当な検定意見とそれによる教科書の書き換えが今後も続くことになりかねないことを示している. やはり検定意見撤回が重要であることをあらためて示したと考える.



3. 訂正申請の審議過程にも多くの不明朗な点があった.


第一に,検定審議会が「基本的とらえ方」なる文書を決定したことは,教科書執筆・編集に先立って公表されていた学習指導要領その他の基準とは異なる別の基準を,文科省への原稿提出後に新たに設けたことになる. これは,いわば試合開始後にルールを勝手に変更したに等しく,きわめて不当である. また,歴史事実について多様な記述のしかたを認めず,一つの歴史の「とらえ方」を執筆者に強制するものであり,「書かせる検定」を押しつける結果になった. これは検定審議会・文科省の越権行為である. まもなく告示されようとしている新学習指導要領のもとで,これと同じようなことがひろがることを危惧し,私たちはこれをきびしく批判するものである.


第二に,「基本的とらえ方」にもとづく記述の修正を,検定審議会は教科書調査官に委任した. その結果,実際には,教科書調査官の考えにもとづいて出版社との密室での口頭のやりとりによって訂正申請文が修正させられる結果となった. 1でもふれたように,「基本的とらえ方」には軍の強制をとくに否定している文言はないのに,教科書調査官が軍の直接的命令だけでなく全体としての軍の強制も削除するよう指示している. そのような経過を検定審議会委員が了解していたかどうかも不明である. 結局,「基本的とらえ方」の立案も含め,さきの検定と同じく,今回の訂正申請の審議も教科書調査官主導で行われたことが推定できる.


これらの点は,さきの11月7日の声明でも指摘した通り,現行検定制度に重大な問題点があることをあらためて示した.



4. よって私たちは,ひきつづき次のことを求めて活動をつづけていく所存である.

  1. 今回の沖縄戦記述に関する2006年度検定意見を撤回すること.
  2. 今回の訂正申請についての審議をやり直し,記述の回復を求めた当初の訂正申請をすべて基本的に認めること.
  3. 沖縄戦記述に関する訂正申請は次年度以降もひきつづき記述回復・改善をめざし追求する.
  4. 検定制度改善については,12月26日の文科大臣談話でも今年夏までをめどに検定審議会で検討すると言及していることをふまえ,それが抜本的改善となることをめざし具体的提言を検討しその実現のための運動をすすめる. 改善の具体的内容としては,以下の点が考えられる.
    1. 教科書調査官,検定審議会委員の人選を透明化,公正化すること.
    2. 検定審議会の審議を公開すること.
    3. 申請本(白表紙本)を申請時から公開すること.
    4. 検定意見を,従来口頭で伝達されていた部分も含め完全に文章化すること.
    5. 検定により記述内容の修正を求めるさいは,その学問的根拠を文書によって示すこと.
    6. 検定の合格・不合格の決定に至る過程を,執筆者の見解がより尊重される方向で改善すること.
    7. 検定意見に対する不服申し立てについては,実際に機能する制度にすること.
    8. 検定規則に検定意見撤回についての条項を設けること.
    9. 検定基準に沖縄条項を設け,それに対応して検定審議会委員に沖縄近現代史の専門家を任命すること.
    10. 教科書調査官制度について,その権限を縮小ないしは廃止すること.
    11. 検定審議会を文科省から独立した機関とすること.
    12. 検定制度の段階的廃止を検討すること.
  5. 今後も教科書検定の実態を明らかにしその批判活動をすすめる.
  6. 小中高教科書全体にわたって,総合的に検討し記述の改善をはかる.
  7. 教科書採択制度の問題点を明らかにし,その改善にとりくむ.



5. 今回の沖縄戦検定問題に対する教科書執筆者としての対応は,決して迅速かつ十分とはいえなかった点を私たちは反省する. また,訂正申請決定の大詰めの段階では,時間的に切迫していた事情もあったが,相互の連絡・情報交換が十分にできなかったことも反省しなければならない.


しかし,昨年9月にいたって,ようやく社会科教科書執筆者懇談会を立ち上げ,今日まで4回にわたり懇談会を開催し,可能なかぎり共同して対処することができたことは,成果であった. そのなかで,訂正申請の内容についても,4社6冊については公開できたことも,これまでの検定の密室性をうちやぶるための一石を投じることができたのではないかと考える.


こうした成果をふまえ,検定意見撤回,記述の回復・改善を含め今後に残された課題にとりくむために,社会科教科書懇談会として活動を継続することを表明する. *4


2008年1月9日


呼びかけ人

    荒井信一 石山久男 宇佐美ミサ子 大日方純夫 木畑洋一 木村茂光 高嶋伸欣 田港朝昭 中野聡 西川正雄 浜林正夫 広川禎秀 服藤早苗 峰岸純夫 宮地正人 山口剛史 米田佐代子



【出典:沖縄戦の歴史歪曲を許さず,沖縄から平和教育をすすめる会 blog 2008/01/10

沖縄タイムズ 2008/01/10 軍強制明記へ11月再申請/執筆者ら活動継続 http://www.okinawatimes.co.jp/day/200801101300_06.html

琉球新報 2008/01/10 検定教科書執筆者 撤回へ活動継続 http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-30373-storytopic-1.html




 

*1:武蔵境に暮らしていたことも有って,亜細亜大学を悪く言いたくないのだ. 武蔵境駅南にあるボロボロの古本屋=現在なお健在=では洞富雄『近代戦史の謎』とか矢沢保『日本の革命歌』,毎日新聞社『一億人の昭和史 歌謡曲百年』(表紙ピンクレディ版)など貴重な本を購求

*2:S谷山の手教会で開かれる憲法会議ほか主催の集会に参加しているかI城県百里の平和祭りでお酒を浴びているか,いずれにしろ,この日は若くして亡くなったバスガールを追悼する日なのだ

*3初年兵哀歌「歩哨」, 風景など

*4:琉球新報2008/01/10:社会科教科書執筆者懇談会の名称を社会科教科書懇談会に変更し,執筆者だけでなく一般人も含めた取り組みにすることも了承した

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20080110

08/01/08 (Tue) 免罪訴訟裁判

[]免罪訴訟裁判(ママ)

草奔崛起 pride of japan http://prideofjapan.blog10.fc2.com/

2008/01/04 民族の叙事詩−沖縄戦免罪訴訟裁判 魚拓

ご批判を受けているところですが,沖縄の集団自決を「民族の叙事詩」としての位置付けを与えることが,この沖縄集団自決冤罪訴訟におけるわたしたちの使命だと考えています.


そのことが国民に理解されない限り,軍の汚名は決して晴らされないように思います. 座間味島において集団自決を申し入れた助役の振舞いは,梅澤隊長をして感嘆させたように,涙なしでは語れない愛国の情に溢れたものでした.


そして,なによりも,自決の覚悟を固め,死出の支度をする慶良間女性の姿は,記録に残るものを読むだけでも,その高貴さに打たれるものがあります. 念入りに死に化粧をする婦人の姿.




子供に晴れ着を着せ,米の飯を食わせて逍遥として死ににいく,その姿を思い浮かべるだけで涙が流れます. それは,まさに尊厳死でした. サヨクは,集団自決の悲惨さしか語りません.


慶良間の女子供がみせた集団自決における勇敢さや覚悟の美しさは決して伝えようとしません(大江氏の証言からわかるように,サヨクは,このことを一番おそれています).


わたしたち保守派が沖縄の集団自決において読み取り,後世に語り伝えるべきことは,「軍命」の不在などではありません. サヨクが必死になって隠そうとしていることを明らかにして語り伝えることなのです.


そう,それを特別の「民族の叙事詩」として捉えかえすことなのです(悲劇の叙事詩である白虎隊の自決のように).


この裁判は,後世にそのことを伝えるために,あるのだと考えています. そのことを,保守派に理解してもらえないようでは,進歩派が多い裁判官に理解してもらうのはなおのこと困難なのかも知れません. わたしの力不足があることを認めざるをえません. (徳永)


《冤罪訴訟》は冤罪を晴らし無実を明らかにさせるための訴訟なのだろうが,《免罪訴訟》って なんなのかしら?

[]『すばる』2008/Feb.(集英社)

keyword:沖縄ノート 経由 帰りの電車の中で大江健三郎の文章を読む.

大江健三郎「人間をおとしめる」とはどういうことか---沖縄「集団自決」裁判に証言して p.14-p.27

あわせて オキナワ 2008

モリ・ノブオ 絶対兵役拒否宣言(5)〜AGAINST 日本軍〜 p.194-p.201 ほか

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20080108

08/01/07 (Mon) 正月は《歴史認識論争》

[]『歴史≪認識≫≪論争≫』


この正月,はてな界隈では歴史≪認識≫≪論争≫が盛り上がっていたらしい*1. 年末のPHS→FOMA[ワンセグ無し]切り替えで世界のことがわからなくなっていた. どういうわけか5年ほど使ってきたWindowsMeがMopera接続用CDROMを読んでくれない. しかたないので新しく最新版のノートPC(Windows Vista)を購求. 店員さんから≪DoCoMoよりずっと安上がりですよ≫とEMOBiLEを売りつけられる. 総額20万ほど,ボーナスはふっとんだ. 毎月の支払いがどうなるかは今後のお楽しみ.


もうひとつの『歴史≪認識≫≪論争≫』も盛り上がってる[傍観モード] http://t-t-japan.com/bbs2/c-board.cgi?id=sikousakugo 『朝鮮人BC級戦犯』でのやりとりなど

[5145]

内海さんは真面目な研究者であって,その記載内容は正確であると私は今まで受け取って来ました. したがって,内海さんが「朝鮮人が中国人を大量虐殺した」と書いておれば,信憑性が極めて高いと思いますが,永好さんは内海さんの著作に「朝鮮人が中国人を大量虐殺した」と記載している事実を確認していますか?


そのような記載はないでしょう?

の問いかけに対して

[5153]

>内海さんは真面目な研究者であって,その記載内容は正確であると私は今まで受け取って来ました. したがって,内海さんが「朝鮮人が中国人を大量虐殺した」と書いておれば,信憑性が極めて高いと思いますが,永好さんは内海さんの著作に「朝鮮人が中国人を大量虐殺した」と記載している事実を確認していますか?


事実を確認することは不可能ですよ,それをいったら南京大虐殺だって同じですよ. ただ,史実としてほとんど間違いないと推定しているのです. たとえば,[snip]

≪内海さんの著作≫を読んでいなければ記載有り無しの≪事実を確認することは≫できんわさ.


肩書きを信用すればたしかにウヨさんではないわけだが,認知心理学でいうバイアス,スキーマ*2に自覚的になれないのは困ったものだ.

*1:たとえば http://d.hatena.ne.jp/CloseToTheWall/200801

*2:もちろん原理原則にいちいち立ち返っていては,思考のコスト/時間が膨大になるから,思考の省エネのためには必要なことではあるのだが

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20080107
 | 
0000 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 |
0001 | 01 |
0002 | 09 |
0010 | 03 |
0014 | 01 | 04 | 08 |
0016 | 11 |
0100 | 11 |
0114 | 04 | 05 |
0214 | 04 |
0984 | 05 |
1013 | 08 | 09 |
1014 | 01 |
1114 | 01 |
1889 | 10 |
1915 | 03 |
1923 | 04 | 08 | 09 |
1924 | 06 |
1925 | 06 |
1927 | 08 |
1928 | 09 | 10 | 12 |
1929 | 02 |
1930 | 02 |
1931 | 09 | 12 |
1932 | 02 | 09 | 12 |
1933 | 01 | 03 | 06 | 08 |
1935 | 09 | 10 | 12 |
1936 | 10 |
1937 | 09 | 10 | 11 |
1938 | 02 | 04 | 05 | 06 |
1939 | 04 | 06 |
1941 | 04 |
1942 | 03 | 08 |
1943 | 05 | 06 | 11 | 12 |
1944 | 01 | 11 |
1945 | 01 | 08 | 09 | 11 |
1946 | 04 | 06 | 10 | 11 | 12 |
1947 | 04 | 06 | 11 |
1948 | 03 | 04 | 05 | 11 |
1949 | 01 | 06 | 07 | 09 | 12 |
1950 | 02 | 08 | 10 |
1952 | 04 |
1953 | 06 |
1954 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1955 | 08 | 12 |
1956 | 10 |
1957 | 01 | 02 | 08 |
1958 | 03 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
1959 | 08 |
1960 | 07 | 10 |
1963 | 12 |
1964 | 01 | 05 | 08 |
1965 | 01 | 08 | 11 |
1966 | 08 | 09 | 10 |
1967 | 11 |
1968 | 01 | 02 | 06 | 09 |
1969 | 04 | 11 |
1970 | 01 | 09 |
1971 | 06 | 10 |
1972 | 01 | 04 | 08 | 09 | 11 |
1973 | 07 | 09 | 10 |
1975 | 02 |
1976 | 09 |
1977 | 04 | 09 | 10 |
1978 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 11 |
1980 | 04 |
1981 | 03 | 04 |
1982 | 05 |
1983 | 01 | 03 | 06 | 11 | 12 |
1984 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
1985 | 01 | 07 | 08 |
1986 | 04 | 08 | 09 |
1987 | 03 |
1988 | 09 | 10 |
1989 | 08 |
1990 | 04 | 08 |
1991 | 07 |
1992 | 01 | 03 | 05 | 07 | 12 |
1993 | 08 |
1994 | 12 |
1995 | 08 | 12 |
1997 | 01 | 02 | 11 |
2001 | 02 |
2003 | 01 |
2004 | 03 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 00 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 |
2011 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 | 11 |
2052 | 11 |
2053 | 11 |
2054 | 11 |
2058 | 07 |
2091 | 04 |
2092 | 03 |
2114 | 06 | 07 |
2158 | 07 |
2214 | 05 | 06 |
2216 | 11 |
2258 | 07 |
2358 | 07 |
2518 | 07 |
2558 | 07 |
2658 | 07 |
2758 | 07 |
2858 | 07 |
2958 | 07 |
2968 | 09 |
2973 | 09 |
3013 | 07 |
3014 | 04 |
3015 | 06 |
3016 | 10 | 11 |
3213 | 07 | 08 |
3358 | 07 |
3958 | 07 |
4000 | 02 |
4013 | 08 | 10 |
4358 | 07 |
4958 | 07 |
5358 | 07 |
5958 | 07 |
9013 | 10 |
9017 | 01 |
9018 | 06 |
9913 | 07 | 10 |

-*-