赤旗海賊版

 | 

11/04/29 (Fri) 花の幻

三宅榛名『ほんの47分の地獄 三宅榛名●音楽 現在』 Victor VDC1284


原民喜の詩による花の幻



【碑銘】

遠き日の石に刻み

砂に影おち

崩れ墜つ 天地のまなか

一輪の花の幻

   

   

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20110429

11/04/28 (Thu) 震災後の雑誌

[*buch]新刊情報



『現代思想』2011/05 特集=東日本大震災 - 危機を生きる思想

http://www.seidosha.co.jp/index.php?%C5%EC%C6%FC%CB%DC%C2%E7%BF%CC%BA%D2

  • 酒井直樹 「無責任の体系」三たび
  • 小松美彦 封印された「死の灰」はそれでも降る
  • 『来るべき蜂起』翻訳委員会 流言の氾濫はすでに革命の到来を告げている
  • 矢部史郎 東京を離れて
  • 山口素明 誰も殺すな 原発労働者とは誰か




『Nature』オンライン特集:日本を襲った大地震と核の危機

http://www.natureasia.com/japan/nature/special/index.php

『NEWTON』2011/06 M9地震,津波,原発事故 未曾有の大震災

http://www.newtonpress.co.jp/science/newton/index.html

    協力 : 古村孝志/佐竹健治/水藤 尚/八木勇治/長谷川 昭/原口 強/橋本 学/今村文彦/岡 芳明/米原英典/山澤弘実/遠田晋次/古本宗充/河田惠昭/石辺岳男/濱田政則/佐々恭二/篠原雅彦/藤井敏嗣


    2011年3月11日,突如襲ってきたM9の超巨大地震と津波,そして福島原発の事故に,日本列島は震撼した……。




『日経サイエンス』2011/06 特集 東日本大震災 :マグニチュード9.0の衝撃

http://www.nikkei-science.com/item.php?new_flg=1

--

特集:マグニチュード9.0の衝撃

中島林彦 東日本大震災 鳴らされていた警鐘

http://www.nikkei-science.com/pdf/201106_024.pdf

中島林彦 国史が語る千年前の大地動乱

滝 順一 科学者の思考停止が惨事を生んだ

http://www.nikkei-science.com/pdf/201106_040.pdf

G.D.ザカイブ 予測できない放射線リスク

語り: T.ヒートン 余震はいつ止むのか?

R.アレン 揺れる前に警報 緊急地震速報システム

G.スティックス 立ち直る力のメカニズム

飛鳥井 望 回復力だけには頼れない

--


   

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20110428

11/04/27 (Wed) 東電本社へ抗議行動

150名

河北新報 2011/04/27 福島の農家, 怒り爆発 東電本店前で抗議「原発収束を」

http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110427t63016.htm



250名

讀賣 2011/04/27 東電本店前,福島の牛伴い抗議「早く賠償を」

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110426-OYT1T00470.htm



350名

毎日 04/27 東日本大震災:「原発止めて」涙の抗議 福島の農家ら350人,東電本店前で/◇謝罪、賠償求め

http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110427ddm041040128000c.html



400名

朝日 原発被災農家が東電に抗議 本社前で「誠意を示せ」

http://www.asahi.com/national/update/0426/TKY201104260419.html


赤旗 2011/04/27

「農」汚した東電 許せぬ/全面賠償・仮払い早く/被害農家が怒りぶつける

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-04-27/2011042701_01_1.html

原発事故 -「人災」と認め、全面賠償・仮払いを/東電・国への請求行動 志位委員長のあいさつ

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-04-27/2011042702_01_1.html

息子に譲った酪農 台無し/車で牛にえさやり,数頭死んだ 葉物出荷できない

福島の農家 胸の内ぶつけ / 東電本社前 抗議行動

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-04-27/2011042703_01_1.html

[おまけ] 衆院予算委 原発事故問題 吉井議員の質問/備えなし 事故後も対策なし/政府と東電による「人災」

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-04-27/2011042704_01_1.html

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20110427

11/04/23 (Sat) 2011/04/26(火)東京電力本社 抗議・賠償請求行動

東京電力本社 抗議・賠償請求行動

農民運動全国連合会 震災救援情報 http://earlybirds.ddo.jp/nouminren/ より

    4月26日,東電本社へ行くぞ!
     
    農民連と食健連は来る4月26日,東京電力本社と農水省に対して,農産物への放射能被害などの全面的な賠償を求める「4.26抗議・賠償請求行動」を行います. 被災各県では,この機会に農民の怒りの声をぶつけようと,大挙して上京する準備を進めています.

詳しくは http://web.kamogawa.ne.jp/~nm-tpc/shinsai/20110426_TEPCO.pdf

    田畑と自然を汚し, 生活の糧を奪った東電は全面的に償え!
     
    牛を連れ, 出荷できない野菜をもって東電へ!!
     
    東電に賠償請求を突きつけよう!





日本被爆者団体協議会 http://www.ne.jp/asahi/hidankyo/nihon/

東日本大震災、原発事故災害にあたっての要請書 http://www.ne.jp/asahi/hidankyo/nihon/img/110421shinsai-taisaku.doc

要請内容を転載

  1. 地震、津波、放射線漏れによる被災者、避難者に、もれなく罹災証明・被災証明を発行すること
  2. 福島原発の事故による被害者には、もれなく健康管理手帳を交付し、年1回以上の定期検診を国の責任で行なうこと
  3. 被災者の暮らしと医療の見通しができるまで、被災者が身を置いている避難所を閉鎖しないこと。また、震災孤児対策を立てること
  4. 放射線被害について正確な情報を提供し、国民の不安を取り除くとともに風評被害や被災者に対する差別をなくすこと
  5. エネルギー、電力政策を、原子力依存型から、再生可能エネルギーの研究、開発、利用に大転換すること
  6. このたびの原発事故の深刻さに学び、核兵器の廃絶をすすめること。軍事的対応によって日本の安全を守るという発想をやめ、憲法第9条に則り、人類共存をめざす外交最優先の平和・安全政策に転換すること
  7. 東京電力は、原発事故の責任を全面的に負い、与えた損害への補償をすること

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20110423

11/04/22 (Fri) あたしが雑誌編集者だったら

5月号の特集はこんな感じかしら


『きょうの料理』特集:春の節電料理


『栄養と料理』特集:放射線につよいからだをつくる


『トランジスタ技術』特集:H32マイコンと放射線量計測の基礎を学ぶ


『歴史評論』特集:地震/津波/火山流とオーラルヒストリー


『日本共産党中央委員会理論政治誌 前衛』特集:全党組織は被災者支援拡大の先頭に立とう


『現代思想臨時増刊』特集:原子力発電


『前進』特集:原発の即時全面的停止を闘いとれ/スターリニスト官僚の安全確保路線を爆砕せよ


『ニュートン』特集:地震/津波


『日経サイエンス』特集:原発事故


『レコード芸術』特集:原子時代の名盤50/林光から野村誠まで

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20110422

11/04/21 (Thu) 千葉稲毛での大気浮遊塵中137Cs推移

日本分析センタ http://www.jcac.or.jp/

千葉市稲毛での空間放射線量率推移 http://www.jcac.or.jp/senryoritu_kekka.html

2011/03/14から(pdf) http://www.jcac.or.jp/lib/senryo_lib/senryo_2011_3.pdf

2011/04 http://www.jcac.or.jp/lib/senryo_lib/senryo_2011_4.pdf

■* 大気浮遊塵ほか(pdf)*1 http://www.jcac.or.jp/lib/senryo_lib/taiki_kouka.pdf

希ガス濃度 解説付き(pdf) http://www.jcac.or.jp/lib/senryo_lib/nodo.pdf



兵庫県立大学環境学部環境分析研究室 http://www.shse.u-hyogo.ac.jp/kumagai/

放射化学講義 http://www.shse.u-hyogo.ac.jp/kumagai/eac/chem/radiochem.htm

■** 大気浮遊塵中の137Cs 1952-1994年 日本分析センタ測定(講義の2/3あたり)*2



■* の値(2011/03/14-04/19)を片対数プロットすると


数mBq/m^3から数十mBq/m^3で 右下がりに減りつつある.


3.5mBq/m^3が最近のミニマム, 1950年代並み.




1952年は太平洋での水爆実験

*1:一覧表,単位はBq/m^3

*2:片対数グラフ 縦軸単位は mBq/m^3

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20110421

11/04/20 (Wed) 落差について

原発問題全国住民運動連絡センタ http://homepage2.nifty.com/gjc/

第24回総会への報告から http://homepage2.nifty.com/gjc/j260.html#j260-41

2-2.自己検証(「原発動向」「原発の危険」「運動方向」「IAEA安全シリーズ」「平和利用暗黒時代」「住民監視の力量」などをめぐって)[抜粋]

--

2-2-4.国際原子力機関(IAEA)の「安全シリーズ」をめぐって

○「IAEA安全シリーズ」の刊行に対する著しい不理解

    IAEAは原発の安全にかかわるいくつかの主要事項について、加盟国全体に共通の基盤を提供する「NUSS(Nuclear Safety Standards)計画」を策定し、1975年より活動を開始しているが、日本では著しい不理解がある
  • 日本はこの種の刊行物紹介に積極的ではない
  • IAEAは国際的な原子力の推進機関であるが、原子力安全への取り組みは評価すべきこと

○IAEAの「原子力発電所のための基本安全原則」勧告(1988年)に日本は反対−この事実は国民に知らされていない

    IAEAの米・旧ソ連の二つのシビアアクシデント(苛酷事故)の教訓をまとめた「原子力発電所のための基本安全原則」の勧告について、日本が国際原子力安全諮問委員会(INSAG)の作業段階から反対し、国内実施を阻んできた
  • 「アクシデントマネジメント((1)苛酷事故への拡大防止策、(2)苛酷事故に至った際の影響緩和策)」は国の公的規制の対象となっていない。「電力会社の自主的活動」とされていること

○「緊急時計画」の欠如(「1-1-2」参照)について、国民に知らされていない

  • 日本の防災対策では無視されてること

○IAEAの国際基準に則った原子力規制機関が日本に不在であること−この事実も国民に知らされていない

    IAEAの「原子力発電所安全基準(政府組織)」が規定する「規制機関」
  • 「3.規制機関の役割と責任」の「法的地位」の「301.規制機関は、その国境内の原子力発電所の立地、設計、建設、試運転、運転及び廃止措置における原子力安全に関連した全ての問題について、政府としての全ての監視、管理に対する責任を持たねばならない」
  • 同じく「法的地位」の「302. 規制機関は、原子力の推進に対して、責任を負ってはならない。また、加盟国内のこの責任を有する組織から独立していなければならない」
  • この点では、『原子力安全白書』(平成15年版)の「国と事業者の責任についての国際原子力機関(IAEA)の規定」(7頁)と題して「(規制 機関は、その国境内にある)原子力発電所については、その立地、設計、建設、試運転、運転及び廃止措置における原子力安全に関連したすべ ての問題について、国として(政府としてのすべての)監視、管理に対する責任を持つとしています」と説明している。このIAEAの規定は「規制機関」の規定であって「国と事業者の責任について」の規定ではない。説明文も、主語の「規制機関」を消すことによって、主語が「国」で あるかのように偽った紹介をしている。(MSゴシック)部分はIAEA規定から削除されている部分。はIAEA規定と異なる部分

○日本の規制機関についての著しい認識不足−住民運動側にある(国と電力会社は意図的)

    日本で「規制機関」を自称する原子力安全委員会、原子力安全・保安院、原子力安全基盤機構は国際基準に則ったものではない。原子力推進側の「安全係」程度のもの

    日本の原子力規制は開発当初からの「産官学癒着」構造
  • 原子力施設の設置申請の第一次審査に当たる原子力安全・保安院には、日本の当初の原子力開発の「産官学癒着」構造が現在も引き継がれ、耐震設計の審査基準には、一業界団体でしかない日本電気協会の技術基準(JEAG4601)が使われている。バックチェックでも事情は同じ−「JEAG4601」や土木学会による「リニアメント調査」は一般的な「変動地形学的調査」の判断と一致せず、正反対の結果をもたらすことが多い
  • 原子力安全委員会の旧指針の見直し審議の際、「JEAG4601」関係学者が主導的な役割
  • プレート間地震の震源域のど真ん中や地震常習地帯に原子力施設の立地が容認されてきたのは日本の原子力安全の規制体制に重大な欠陥があるからである
  • 立地自治体の「地元同意」の際、「専門家委員会」設置が広がっているのは日本の規制体制への不信感からであること

    国際基準に則った規制機関の確立は急務であること

    原子力施設の事故調査は第三者機関で実施
  • 事故の刑事責任追及第一を改め、事故の再発防止を優先すること
  • 身内同士の“馴れ合い調査”はやめること
  • 事故の利益関係者が加わる調査もやめること

--

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20110420

11/04/19 (Tue) 放射線測定機能付携帯新発売

放射線測定機能付携帯新発売[さんけい20110401]

Caution!!Caution!!この記事は流言飛語です. ねんのため


NTTdocomoは11年夏モデルFoma tsunamiに半導体センサ型放射線カウンターを搭載すると発表した。3月以来続く福島原発事故解決の見通しがつかないため関東東北地方での大きな需要を見込んでいる、放射化学専門の古川N大学名誉教授との共同開発。端末ユーザにとっては累積放射線量アラームとなり, また収集した各地の測定値がリアルタイムに集計され『放射線よほう』として公表される。システムの構築は一年以上先に予定されている。一年以上の遅れはシステム開発担当省庁が決らないためとみられる。




官房長官記者会見 http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/

『先週金曜日の会見の時にご質問があった「原子力発電所での放射線量の実態について」ご報告を申し上げます。賢明な読者の皆さんが既に御存知のとおり, 国民の皆さまに予め申し上げたいと思いますが、ほぼ同時刻に東京電力から、そちらの方が正式な発表としてされているかというふうに思いますが、飛散した放射性物質の量については国民の皆さまに動揺を与えず発表できるだけの数値を政府は持ちあわせておりません (以下要旨)近く発表される東京電力の作業工程表など期待せず、ひとりひとりが自己責任で放射線量の測定と対応をすすめてほしい、エゴポイントの対象とすることも検討したい』


携帯Nシステム続報[きようどう20110401]

GPSと携帯電話によって関東東北地方の環境放射線量をきめこまかに把握するといわれるNシステムについて専門家からは疑問も多く出されている。半導体センサは寿命が短く一週間に一度の更正が必要、校正にはシールドルームと標準線源を使うため、高濃度放射線源の配布は被曝拡大、核拡散に繋がりねないと国際的に注目されていた。

当初、医師の診断を踏まえた警告レベル初期設定と合わせ医療機関が較正を担当する予定だったが、医療費抑制にこだわる厚生労働省の意向もあり頓挫、較正施設を交番に整備し、ユーザーが週一度出頭して較正するセルフシステムとなった経緯がある、初期設定は、年齢性別体重身長食べ物の好み妊娠中か否かなど煩雑な256項目をユーザーが手入力する。

平和運動家きくちゆみさん*1は「政府は線量記録を隠蔽している、311真相究明をすすめる」と語るが、常温核融合の売り込みに忙しそうだ、埼玉県に避難している大熊町の一職員は「子供騙しのPR館を作る前にモニタリングシステムを整備しろ」と怒りにからだをふるわせた



-- 追記 --

Google-radiationの展開. 飲料メーカー(測定器設置),パチンコ屋さん(広報)参加により 石原「と」知事との抗争勃発. など妄想は発散してゆくのだった.






以上、実在の個人団体とは関係ない話です  多分

*1:きくちさんについては keyword:きくちゆみ 経由 Skeptic's Wiki http://skepticswiki-jp.org/ 震災に便乗するトンデモ 原子炉に祈る人々 参照 ≪今、11時58分。あと2分後! 今日の正午 自分が居る場所で、祈りを捧げて下さい。お願いします。 「福島原発の中の水たちよ、辛い思いをさせてごめんなさい。 我々を許して下さい。そして有難う、愛しています。≫とのこと

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20110419

11/04/18 (Mon) 宮武外骨-未成文明の弊害 震害よりも火害の多かつた都市-『震災画報

宮武外骨-未成文明の弊害 震害よりも火害の多かつた都市-『震災画報第一冊』大正12年9月25日 巻頭言

事物には利害の相伴ふものであるが、理想的でない未成文明にも又利害がある、今回の大事変について考ふるに、其利益よりは弊害の方が夥多激甚であつた


分業は社会進歩の一要素であるが、此分業発達のために、今回東京横浜は多大の損害を被つたと云つてよい、それは戸々の井戸を潰して鉄管水道を敷き、戸々の燈火を廃して電燈を共通ならしめた結果、破裂を恐れて水道を閉塞し、電柱倒れ電線断たれて無燈と成つたが為に、防火の術なくして祝融に暴威を逞しくせしめ、シカモ不良漢の暗黒に乗ずる放火もあつて、幾十万戸を焦土に化しめ、数十万人の生命を奪つたことである


次に食糧を焼かれ、飲料を失った百万以上の罹災民が、昔時の如く餓死する事もなくて、全く其生命を繋ぎ得た事は、交通機関たる汽車汽船飛行機等の分業発達で輸送の便益があつたお蔭、即ち文明の利益である、然れども此利益は文明の弊害によつて生じた惨事の一部分を救助し得たに過ぎない事で、根本の震害よりも火害の多かつたのはヤハリ未成文明の罪である、されば常態設備の外、意外の大危難にも処すべき新計画、即ち斯かる惨禍を生ぜしめざる理想的物質的文明の発達を切望する



宮武外骨『震災画報第一冊』大正12年9月25日

【出典】宮武外骨著作集第参巻 p465 河出書房新社 19880815


【参考url】

吉野孝雄 宮武外骨 解剖 http://www2s.biglobe.ne.jp/~dolly/

青空文庫 宮武外骨 http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person63.html

マウスパッドの上の戦争 2011-03-17 関東大震災川柳(大正12年 宮武外骨発行 大震災画報より) http://d.hatena.ne.jp/ziprocker/20110317

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20110418

11/04/17 (Sun) 天変地異を道徳的に解するは野蛮思想なり

石原慎太郎のために≪2013/05/23標題変更≫


自然に生じた吉凶禍福、これを道徳的に解釈するのは、原始民族の恐怖から起こった宗教心の遺伝で、要するに野蛮思想の発露である


造化の大脅威たりし今回の大震災について「◎◎と虚栄とで腐爛せんとした日本を天帝が首府東京を代表せしめて大懲罰を加へたのである」とか「この天誅を肝に銘じて大東京の再造に着手せよ」とか「神様の懲らしめを忘れてはならぬ」とか云った人もあるが、我輩はそれを冷笑に附して居る、自ら省て天罰と信ずる罹災者があるのならば、それも愚昧の仲間であるが、家を失い財を失い父に別れ子に別れ、夫に死なれ妻に死なれた者の中には、悪人も多かつたであらうが、又善人も少なくない、生存者悉くが善人ではなく、罹災者悉くが悪人ではない、然るにそれを一律に天罰なり天佑なりとするのは、自然の不公平を無視する善悪混合の大錯誤で、自然科学を解しない野蛮思想の有害論である


虚業渋沢栄一が天誅説を唱へたに対し、文士菊地寛が「天誅ならば栄一其人が生存する筈はない」と喝破したのは近来の痛快事であつた



[出典]宮武外骨『震災画報第3冊』大正12年11月5日


著作集第参巻 p525 河出書房新社 19880815



追記 しんたろうのいるはてな

vanacoraの日記 2011-03-23 福島・双葉町長、石原「天罰」発言を批判

http://d.hatena.ne.jp/vanacoral/comment?date=20110323#c

吉田万三氏 登場


マウスパッドの上の戦場 2011-03-15 石原慎太郎を殺すために記す。

http://d.hatena.ne.jp/ziprocker/20110315

ゆきゆきて神軍 奥崎謙三氏 登場

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20110417

11/04/16 (Sat) 平和に生きる権利

先週日曜日の高円寺の様子など

http://d.hatena.ne.jp/hokusyu/


携帯からは見れないのだが演奏は大熊亘ちんどん組かな?


CICALA-MVTA bbs http://www.cicala-mvta.com/__bbs/

http://www.cicala-mvta.com/


大熊ライブ情報*1

◆4月20日(水)赤坂 Bb(ビー・フラット)

(東京都港区赤坂6-6-4 赤坂栄ビルB1)

ご予約・お問い合わせ/03-5563-2563

1st p.m. 7:30 〜 Charge:2,500円

アクセス/地下鉄千代田線「赤坂」駅下車. 出口5bから3分 地図 http://bflat.biz/map.php

<出演>八木啓代:歌,トーク,大熊ワタル:クラリネット ; 阿部篤志:ピアノ

★サプライズゲスト! 郷原信郎弁護士がサックスとトークで登場予定!

【出典】八木啓代のひとりごと 4/20 http://nobuyoyagi.blog16.fc2.com/blog-entry-564.html



---

不屈の民 音源等 *2


生きているうちに見られなかった夢を β-version http://am.jungle-jp.com/

> A-Musik 軌跡 http://am.jungle-jp.com/history.html

> A-Musik 楽曲 http://am.jungle-jp.com/scores/

● 不屈の民 *3 http://am.jungle-jp.com/e_ku_iroju/red01.html

● 平和に生きる権利 *4 http://am.jungle-jp.com/song09.html


Cornelius Cardew/Peoples Liberation Music "El Pueblo Unido Jamas Sera Vencido(不屈の民)" http://www.musicnow.co.uk/plm/html/info.html

*1:2011/04/18追記

*2:2011/04/18追記

*3: 竹田賢一(大正琴),小山哲人(bass),石渡明廣(guitar),久下恵(ドラムス),時岡秀雄(alto saxophone),工藤冬里(piano)

*4: 竹田賢一(大正琴),小山哲人(bass),岩館洋(alto saxophone),大熊亘(clarinet),千野秀一(piano),中尾勘二(drums),春日博文(guitar),関島岳郎(trombone),中川敬(vocal) 解説:崎山政毅 http://am.jungle-jp.com/song09_3.html

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20110416

11/04/15 (Fri) たまには

みなさん〜


こにゃにゃちわわ〜わんわんしっぽフリフリ


dempax公式blog『櫻分室』僻地のdempaxですドキドキ



昨日はトイレットペーパーが無くなったので、

ウィレム・ブロイかーじゃなくて・・・


ドン・キホーテに買いに行きました。



御家族様1本限りなんて注意があって、びっくり〜ちり紙


どれ選んだら良いか迷っちゃった〜ショック!




ドンキ帰ってから


晩御飯つくりましたょー!!



ダウン

何をつくったかっていうと・・・・

ダウン

じゃーん!!!!豚汁!!





じゃがいも、人参、豚ばら肉、牛蒡, 大根、里芋, 蒟蒻, がんも, 竹輪, ・・・

いっぱーい色々入れたはずなんだけど、

混ぜすぎたのか・・・

形がほとんど無くなって、赤黒いドロドロに・・・・


(°Д°;≡°Д°;)あれれ??具が少ない・・・???


(^o^;)

でも、食べたら美味しかった?です(笑)





中傷コメントが多数書きこまれないのが さびしいっです.



反原発アイドル藤波心(COCORO)の公式サイト

http://ameblo.jp/cocoro2008/

から


写経終わり

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20110415

11/04/14 (Thu) 原発小説

週刊S誌の広告に≪「放射能」という集団ヒステリー≫*1の見出しを見る. 放射性物質の拡散は風評の妄想とでも叫びたて=原発推進の提灯持ちしたいのか=現実を見ないで安心したつもりになりたいのか, はたまた集団ヒステリーを扇動してフィーバーしたいのか,いづれにせよ買うほどの本とも思えない. 電車の中か喫茶店にゴミが落ちていたら読んでみよう.*2 で, S社が≪「放射能」という集団ヒステリー≫の日本語読者に贈る3冊. 以下≪……≫内の紹介は S社サイトからの引用.





大江健三郎『ピンチランナー調書』 http://www.shinchosha.co.jp/book/112611/

≪核満ちる世にリー、リー、リー、の声がする。哄笑と驚愕を呼ぶ「転換」した父子の冒険譚。/ 地球の危機を救うべく「宇宙?」から派遣されたピンチランナー二人組! 「ブリキマン」の核ジャックによる民衆の核武装?……。内ゲバ殺人から右翼大物パトロンの暗躍までを、何もかもを笑いのめし、価値を転倒させる道化の手法を用いて描き、読者に再生への希望と大笑いをもたらす。死を押しつけてくる巨大なものに立向い、核時代の《終末》を拒絶する諷刺と哄笑の痛快純文学長編である。≫

isbn:9784101126111




高村薫『神の火』 http://www.shinchosha.co.jp/book/134712/

≪苛烈極まる諜報戦が沸点に達した時、破天荒な原発襲撃計画が動きだした - スパイ小説と危機小説の見事な融合!!!衝撃の新版。≫

isbn:9784101347127




笙野頼子『水晶内制度』 http://www.shinchosha.co.jp/book/397604/

≪日本に新・女人国家誕生。うわーっ! 純文学の孤高守護神が贈る最高傑作! / 原発を国家の中枢として日本から独立した女人国ウラミズモ。亡命作家は新国家のため創作神話を書くが……。高校では「ロリコン」男が飼育され、男性保護牧場では美男だけが生き延びる!? 家畜人ヤプーから出雲神話、児童ポルノ規制法案等、古今東西の名作・迷作を友とし敵として、自由も倫理も性愛もない女の楽園を描く平成の「奇書」。≫

isbn:9784103976042

小谷真理書評 ゆらぐ場所に立ち続ける 笙野頼子『水晶内制度』http://www.shinchosha.co.jp/shinkan/nami/shoseki/397604.html






関連??地震情報

http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/

http://www.jma.go.jp/jp/quake/




不適切な情報提供雑誌

資源エネルギー庁の詫び状より.

    広報誌「Enelogy」について 原子力立地地域の自治体や学校長, 地方新聞論説等に対して直接郵送する, 原子力関係の広報誌. 記事は原子力関係有識者, 自治体, 経済産業省幹部等のインタビューや地元の話題等. 年4回, 各号2,500部発行.


記事が不適当である以上に 広報誌の存在自体が無駄だ*3.


経済産業省 報道発表 http://www.meti.go.jp/press/

経済産業省資源エネルギー庁 原子力立地自治体等向け広報誌『Enelogy』

http://www.meti.go.jp/press/2011/04/20110411010/20110411010.html

『不適切な情報提供』記事 http://www.meti.go.jp/press/2011/04/20110411010/20110411010-2.pdf

Key Personと語る 松浦祥次郎 (財)原子力安全研究協会理事長

"信頼の上に"高齢化を迎える原子力発電*4

柏貴子●福井大学大学院工学研究科原子力エネルギ安全工学専攻地域・交通計画研究室

矢島真由美●福島県大熊町婦人会会長

詫び状 http://www.meti.go.jp/press/2011/04/20110411010/20110411010-1.pdf


via 柏貴子先生検索

エネルギー・環境に対する日常意識と省エネ行動に関する研究-福井大学の学生を対象として-

http://jairo.nii.ac.jp/0039/00000991 > http://repo.flib.u-fukui.ac.jp/dspace/bitstream/10098/1842/1/73-78.pdf



日本原子力学会 社会・環境部会 http://wwwsoc.nii.ac.jp/aesj/division/sed/

チェインディスカッションの記録 http://wwwsoc.nii.ac.jp/aesj/division/sed/CD/cd0.html


第11回(平成15年9月)(静岡大学)『停電の危機に学ぶ 〜信頼回復は進んだか〜』

http://wwwsoc.nii.ac.jp/aesj/division/sed/CD/CD11/cd11.html

講演1:東京電力 田中治邦 氏 「夏の電力危機の教訓と信頼回復への取り組み」ほか


●第16回(平成18年3月)(JAEA大洗研究センター)『原子力のリスク、一般のリスク』

http://wwwsoc.nii.ac.jp/aesj/division/sed/CD/CD16/cd16.htm


●第20回(平成20年3月)(大阪大学)『原子力における本災害以外のリスクマネジメント』

http://wwwsoc.nii.ac.jp/aesj/division/sed/CD/CD20/cd20.pdf

宅間正夫*5 原子力発電所のリスクマネージメント ほか


掲載されていない記事が読みたくなる。


●第17回(平成18年9月)(北海道大学)『原子力学会の説明責任とは何か』

●第18回(平成19年3月)(名古屋大学)『原子力とマスメディア報道』

●第21回(平成20年9月)(高知工科大学)『コアグループ発表「原子力広報ガイドライン作成に向けて」』

*1:週刊新潮2011/04/21 http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/newest/

*2:女性セブン2011/04/28 http://josei7.com/ ≪「中居正広『極秘炊き出し』に原発避難民2度目の涙」「父が採点 枝野官房長官『息子の会見は51点』」「徹底追及/日本の全発電量の26%をどう代替する? いまさら生活は変えられる?/「原発なくす」はできるのか?」≫=新聞広告ではほかに石原問題から地震揺れ対策セラピ体操まで=硬派ぶりがきわだつ

*3:効果対費用の経済面から見ても資源の無駄使いだ, 終刊記念特集は 地震と原発 か

*4:信頼の上に の両側にある「"」「"」は原文のまま

*5:原子力産業協会顧問,元東京電力取締役

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20110414

11/04/13 (Wed) 東日本大地震・大津波と福島原発事故について

東日本大地震・大津波と福島原発事故について 増田善信

(1) はじめに/「放射線の強さは距離の2乗で減る」の間違い http://blog.goo.ne.jp/kikanshi-hon/e/9e071644a158141f8221aff18d8e6835

(2) ヨウ素剤問題について http://blog.goo.ne.jp/kikanshi-hon/e/d16daf28c12b63b22b635b0ecab63c7b

(3) シーベルト

(4) 今後の問題点 http://blog.goo.ne.jp/kikanshi-hon/e/290e9c1b933a81ea781bf668a01b796d


以上、機関紙協会blogより

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20110413

11/04/12 (Tue) 原子力安全研究グループ

原子力安全研究グループ http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/

飯館村の水

iitate-water11-4-4.pdf

飯館村放射線測定

iitatereport11-4-4.pdf

福島県内放射線

FukushimaRadiationDoseRate11-3-25.pdf








日本科学者会議 http://www.jsa.gr.jp/pukiwiki/index.php


福島県北保健福祉事務所東側駐車場 2011/03/15以降の環境放射線推移

福島市防災情報 http://bousai.city.fukushima.fukushima.jp/info/h23-jishin/tayori-sokuho.html

→ 3/30発行 市政だよりNo.22 http://bousai.city.fukushima.fukushima.jp/info/h23-jishin/files/eca22330.pdf

放射線Q&A http://bousai.city.fukushima.fukushima.jp/info/h23-jishin/files/sokuhouno.13.pdf

放射線特集 http://bousai.city.fukushima.fukushima.jp/info/h23-jishin/files/copy_of_ecce.pdf

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20110412
 | 
0000 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 |
0001 | 01 |
0002 | 09 |
0010 | 03 |
0014 | 01 | 04 | 08 |
0016 | 11 |
0100 | 11 |
0114 | 04 | 05 |
0214 | 04 |
0984 | 05 |
1013 | 08 | 09 |
1014 | 01 |
1114 | 01 |
1889 | 10 |
1915 | 03 |
1923 | 04 | 08 | 09 |
1924 | 06 |
1925 | 06 |
1927 | 08 |
1928 | 09 | 10 | 12 |
1929 | 02 |
1930 | 02 |
1931 | 09 | 12 |
1932 | 02 | 09 | 12 |
1933 | 01 | 03 | 06 | 08 |
1935 | 09 | 10 | 12 |
1936 | 10 |
1937 | 09 | 10 | 11 |
1938 | 02 | 04 | 05 | 06 |
1939 | 04 | 06 |
1941 | 04 |
1942 | 03 | 08 |
1943 | 05 | 06 | 11 | 12 |
1944 | 01 | 11 |
1945 | 01 | 08 | 09 | 11 |
1946 | 04 | 06 | 10 | 11 | 12 |
1947 | 04 | 06 | 11 |
1948 | 03 | 04 | 05 | 11 |
1949 | 01 | 06 | 07 | 09 | 12 |
1950 | 02 | 08 | 10 |
1952 | 04 |
1953 | 06 |
1954 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1955 | 08 | 12 |
1956 | 10 |
1957 | 01 | 02 | 08 |
1958 | 03 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
1959 | 08 |
1960 | 07 | 10 |
1963 | 12 |
1964 | 01 | 05 | 08 |
1965 | 01 | 08 | 11 |
1966 | 08 | 09 | 10 |
1967 | 11 |
1968 | 01 | 02 | 06 | 09 |
1969 | 04 | 11 |
1970 | 01 | 09 |
1971 | 06 | 10 |
1972 | 01 | 04 | 08 | 09 | 11 |
1973 | 07 | 09 | 10 |
1975 | 02 |
1976 | 09 |
1977 | 04 | 09 | 10 |
1978 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 11 |
1980 | 04 |
1981 | 03 | 04 |
1982 | 05 |
1983 | 01 | 03 | 06 | 11 | 12 |
1984 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
1985 | 01 | 07 | 08 |
1986 | 04 | 08 | 09 |
1987 | 03 |
1988 | 09 | 10 |
1989 | 08 |
1990 | 04 | 08 |
1991 | 07 |
1992 | 01 | 03 | 05 | 07 | 12 |
1993 | 08 |
1994 | 12 |
1995 | 08 | 12 |
1997 | 01 | 02 | 11 |
2001 | 02 |
2003 | 01 |
2004 | 03 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 00 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 |
2011 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 | 11 | 12 |
2052 | 11 |
2053 | 11 |
2054 | 11 |
2058 | 07 |
2091 | 04 |
2092 | 03 |
2114 | 06 | 07 |
2158 | 07 |
2214 | 05 | 06 |
2216 | 11 |
2258 | 07 |
2358 | 07 |
2518 | 07 |
2558 | 07 |
2658 | 07 |
2758 | 07 |
2858 | 07 |
2958 | 07 |
2968 | 09 |
2973 | 09 |
3013 | 07 |
3014 | 04 |
3015 | 06 |
3016 | 10 | 11 |
3213 | 07 | 08 |
3358 | 07 |
3958 | 07 |
4000 | 02 |
4013 | 08 | 10 |
4358 | 07 |
4958 | 07 |
5358 | 07 |
5958 | 07 |
9013 | 10 |
9017 | 01 |
9018 | 06 |
9913 | 07 | 10 |

-*-