赤旗海賊版

 | 

15/01/30 (Fri)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20150130

15/01/20 (Tue) 日本共産党中央委員会理論政治誌『前衛』沖縄関連記事(2014年)

『前衛』2015/2 No.918 p.227 2014年総目次を参考にして,2014年の『前衛』沖縄関連記事を拾ってみた[*1]

2014/3月号 No.906【特集】福島原発事故三年


p.155-p.158 メディア時評/新聞 金光奎「名護市長選の歴史的勝利」


目次


沖縄二紙の決意


全国紙はどう論じたか


正念場を迎える新基地阻止のたたかい


2014/4月号 No.907 特集「(東日本大震災三年)」


p.25-p.37 赤嶺政賢/衆議院議員 「新基地建設反対の揺るぎない「オール沖縄」の意志」


目次


■「基地の推進か基地に反対か」の対決


■沖縄のたたかいが世界にも届きはじめた


■破綻が始まる知事の四つの要望[*2]


■「即時無条件閉鎖・撤去」が大きな世論に


■従来新基地に条件付き賛成の勢力も


■保守派のなかにも大きな亀裂


■いまこそ基地に頼らない振興へ


■日米同盟について問いかける


2014/7月号 No.911 特集「自衛隊60年/戦争する軍隊への変貌」


p.118-p.161 全国革新懇/2014/4/17 「『一点共闘』と政治を変える共同の発展をめざす懇談会」


目次


【報告】


□吉田務(やんばる統一連代表)…沖縄「建白書」の見地と名護の良識が合流


- 保守から革新まで団結


- 統一と団結を重視,もてる力のすべてを発揮



□ 佐藤糸江(日本共産党十勝地区委員長)… TPP反対で首長先頭に「オール十勝」に発展


- 節目ごとに学習会を繰り返して


- 各自治体がTPP問題で多彩なとりくみ


- 農業と地域経済問題に系統的にとりくんで


- 福祉や暮らし,原発,教育などでも共同を模索



□ 長瀬文雄(全日本民医連副会長)…福祉・原発・いのち・憲法を基準に大きな共同を


- 人間のいのちを「商品」とする流れのなかで


- ヒューマン・チェーンが示す可能性


- 原発ゼロの国民の深部での強い流れ


- 「激突の時代」に一歩もひかない


渡辺治(九条の会事務局員)…九条の会の教訓を学び,より広範な共同をつくる


- 改憲阻止の一点での共同の徹底


- 良心的な保守層も含めた広い共同,重層的な結集へ


- 地域を根城に大きな地盤をつくる


- 新しい社会層,中高年や女性の参加


- 二つの課題-若い層の参加,連携と分担をどうするか


□ 志位和夫(日本共産党中央委員会)…「一点共闘」を日本の政治を変える統一戦線に


- 保守といわれてきた人々との広大な共同の発展


- 労働戦線でナショナルセンターの違いを超えた共同行動の広がり


- 地方における自治体ぐるみの「一点共闘」の発展


- 政党・団体・個人が対等・平等で力をあわせてこそ


- 革新懇運動が「要」「懸け橋」としての役割を発揮して



【各地のとりくみ-フロアからの発言】[省略]



【まとめ発言】


吉田務「沖縄知事選は絶対に負けられない」


佐藤糸江「相手の立場に立つ,繰り返し働きかける」


長瀬文雄「『壁』をつくらず働きかけ対話する」


渡辺治「地域が政治を変える共同の大きな力になる」


志位和夫「統一戦線へどう発展させるか三つの角度から」


- 「一点共闘」をとことん発展させる


- 三つの共同目標の国民的合意への独自の努力


- 革新懇・日本共産党を大きくしてこそ


2014/9月号 No.913


p.96-p.108 塩川鉄也/共産党国会議員団オスプレイ配備反対闘争本部事務局長 「傍若無人な米軍機低空飛行を止めさせ異常な「米軍特権」の撤廃を◎本土における調査から」[*3]


目次


□日本中が米軍機の訓練エリアにされている


- 「子どもが泣き出す」「午前二時にも騒音」


- 増大する空の危険性


□明らかになった低空飛行訓練ルートの特徴


- 自衛隊訓練空域を米軍が恒常的に利用


- 九州に謎の訓練飛行ルートの可能性


- 米軍横田基地C130編隊有視界飛行訓練エリア


- オスプレイ訓練拡大の動き


□「米軍特権」を許していいのか


□地方自治体などの動き・住民運動の大きな広がりいっせい地方選での重要な争点に


2014/10月号 No.914 特集「進行するアスベスト被害/国の責任を問う」


p.5-p.12 【モノクログラビア】森住卓写真/文「怒りの島沖縄 2014年夏」


写真説明


□キャンプシュワブの大浦港側の浮桟橋建設現場の前で海兵隊の訓練が始まった. 水陸両用戦闘車輌が反対派を蹴散らす. 砂地のこの海底にはジュゴンの餌となる藻場が広がっている. ひと月前にジュゴンの食み跡が確認した場所だ(2014/7/23)


□ジュゴンの食べた跡が残っているキャンプシュワブの浜からメートルの藻場. 海面に出ると米兵がビーチバレーで歓声を上げていた. ジュゴンはキャンプシュワブの目の前で食事をしていたことに驚いた. この海が埋め立てられてしまう(2014/7/4)


□過剰警備で海上保安庁の船が工事に抗議する市民の船に停船命令を出し乗り移り,エンジンキーを奪い,船長を拘束した(2014/8/15辺野古)[*4]


□市民の乗った抗議船が港から出た途端,数隻の海上保安庁のボートが「」と行く手を阻む. その法的根拠も示さない「」と必死の訴えが続く(2014/8/14大浦港)[*5]


□非暴力で基地建設に抵抗している市民を暴力で排除する防衛局・それに雇われた民間警備会社・警察などの暴力的排除が報道されると座り込みに参加する市民の数が増え続けている


□大浦港対岸の住民集会が開かれた. 基地ができれば直接被害を被る地域が今声を上げなければと住民たちが開いた. その後キャンプシュワブゲート前の座り込みにも参加するようになっている


□キャンプシュワブゲート前の座り込みに参加した親子(2014/8/17)




p.13-p.37 座談会「沖縄は決して新基地を許さない「建白書」にもとづく団結で憲法が生きる政治をつくる」


出席者


平啓子(対馬丸生存者大宣味村憲法九条を守る会)


赤嶺政賢(共産党衆議院議員)


渡久地修(共産党沖縄県議)


比嘉瑞己(共産党那覇市議団)


目次


□重大局面を迎える辺野古・高江のたたかい


□県民にひろがるたたかいへの確信


□強権をもっての基地建設


□知事の裏切りへの怒り


□沖縄の歴史が教えること


□沖縄にとっての憲法九条


□憲法を実現する沖縄に





*1:世の中には辺野古・高江に日本共産党のアクティブがいないと信じているお間抜けな方もおられるそうだ

*2:仲井真知事と安倍首相の面談2013/12/25

*3:副題にあるとおり本土に限定した記事

*4:海上保安庁「PL09-M1」

*5:海上保安庁ボート「中城GB04」

15/01/19 (Mon)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20150119

15/01/16 (Fri) 名古屋市総務局調査課『伊勢湾台風災害誌』抜粋

まえがきより

ここに伊勢湾台風の惨害の実態と,そこに繰り広げられた救助・復旧のすがたを明らかにし,これを永く記録にとどめ,もつて無災害都市建設のみちしるべの一端とするべく,伊勢湾台風災害誌を編纂した. 1851柱[*1]の霊のいささかでも安んじられんことを念じつつ

目次


【第1編】序説


□1. 名古屋市の地象


□2. 名古屋市勢概説


□3. 名古屋市の風水害と防災の沿革



【第2編】伊勢湾台風と高潮


□1. 伊勢湾台風の概況


□2. 高潮の概況


□3. 警戒防護



【第3編】被害


□1. 被害概況


□2. 土木建築関係被害


□3. 交通通信関係被害


□4. 港湾関係被害


□5. 水道・瓦斯・電気関係被害


□6. 産業関係被害


□7. 教育関係被害


□8. 各区の被害


□9. 市施設および市職員の被害



【第4編】応急救助


□1. 名古屋市議会


□2. 名古屋市


□3. 各方面の救助活動


(1) 皇室の御慰問


(2) 政府の救援対策


(3) 自衛隊の救援活動


(4) 各都市の救援


(5) 内外諸都市の救援


(6) 学徒の奉仕


(7) 各区における各種団体および一般市民の救援


(8) 義援金品



【第5編】応急復旧


□1. 応急復旧工作


□2. 生活安定対策


□3. 復興予算と特例法等



【第6編】復興・防災計画


□1. 名古屋市


□2. 名古屋港管理組合・愛知県および政府



【余録】


□災害日誌


□伊勢湾台風関連資料目録




*1:名古屋市の死者, 全国で4764名,愛知県3142名…『シリーズ災害と社会2/ 復興コミュニティ論入門』田中重好「伊勢湾台風」表「伊勢湾台風の被害状況」

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20150116

15/01/12 (Mon) 下書

会場の雰囲気等

目次


【第1編】序説


□1. 名古屋市の地象


□2. 名古屋市勢概説


□3. 名古屋市の風水害と防災の沿革



【第2編】伊勢湾台風と高潮


□1. 伊勢湾台風の概況


□2. 高潮の概況


□3. 警戒防護



【第3編】被害


□1. 被害概況


□2. 土木建築関係被害


□3. 交通通信関係被害


□4. 港湾関係被害


□5. 水道・瓦斯・電気関係被害


□6. 産業関係被害


□7. 教育関係被害


□8. 各区の被害


□9. 市施設および市職員の被害



【第4編】応急救助


□1. 名古屋市議会


□2. 名古屋市


□3. 各方面の救助活動


(1) 皇室の御慰問


(2) 政府の救援対策


(3) 自衛隊の救援活動


(4) 各都市の救援


(5) 内外諸都市の救援


(6) 学徒の奉仕


(7) 各区における各種団体および一般市民の救援


(8) 義援金品



【第5編】応急復旧


□1. 応急復旧工作


□2. 生活安定対策


□3. 復興予算と特例法等



【第6編】復興・防災計画


□1. 名古屋市


□2. 名古屋港管理組合・愛知県および政府



【余録】


□災害日誌


□伊勢湾台風関連資料目録

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20150112

15/01/11 (Sun) 倫理研究所主催「教育創生フォーラム」参加記

市中央図書館までの散歩の帰りに,市民会館での倫理研究所主催「教育創生フォーラム」道案内の方に出会う「誰でも参加出来ますか,保育の事に興味があるんですが…」と,たまたま持っていた宍戸健夫『保育の歴史』青木書店,佐藤貴美子さんの本数冊[*1][*2]をちらりと見せたところ,「この案内を受付で出して下さい…」と歓迎されたので,熊谷俊人千葉市長の御話を聞きに行ってみた

「教育創生」フォーラムちらし


---


[案内表から]


平成27年度 教育創生フォーラムin千葉

よみがえれ日本の教育力/それは家庭から始まる


【日時】平成27年1月11日(日)13:15 - 16:00終了予定


【会場】千葉市民会館大ホール


【入場料】1000円(託児あり)


【基調講演】テーマ: 教育創生は家庭から … いま家庭で何が起きているのか. 失われかけている家庭の教育力をとりもどし, 創造的に再生するにはどうしたらよいか…. 皆様と一緒に考える機会にしたいと思います


一般社団法人/倫理研究所理事長/丸山俊秋


【パネルトーク】


□千葉市長 熊谷俊人


□都機工株式会社代表取締役会長 長橋護


□(株)HAGUKUMI代表取締役 河井清悦(きよえ)


【主催】一般社団法人 倫理研究所[*3]


【後援】


千葉県教育委員会


千葉市教育委員会


千葉市社会福祉協議会


【お問い合わせ】家庭倫理の会 千葉市 [連絡先…省略]

「教育創生フォーラム」登檀者紹介

案内の裏面は登檀者の紹介と千葉県フォーラム実行委員長・水野美樹子氏の挨拶文


■基調講演 丸山俊秋


◎1953年東京武蔵野市生まれ


東京教育大学文学部哲学科卒業


筑波大学大学院哲学思想研究科終了,文学博士取得


茨城大学筑波大学目白大学等の非常勤講師を歴任


◎日本家庭教育学会副会長


◎『美しき日本の家庭教育』『家庭をよくする』『道徳力』他著書多数



■パネルトーク


□千葉市長 熊谷俊人


◎1978年2月18日生まれ. 神戸市出身


早稲田大学政治経済学部卒業


◎2009年6月,千葉市長選挙に立候補し当選. 当時全国最年少市長(31歳) 現在2期目

*1:『民主文学』2月号「佐藤貴美子追悼」を読む参考に,図書館で借りてきたばかりの何冊か

*2:佐藤貴美子さんについてはid:dempax:19830620を参照して下さい

*3:『万人幸福の栞』では「倫理」に「みち」とルビ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20150111

15/01/08 (Thu) 捏造者との「議論」についてのめも

前提

Aさんが「これは野菜だ」と言うのを聞いたBさんが「自分の解釈ではAさんの発言は「これは魚だ」と言う意味になる」と言うのはBさんの解釈の自由. その様な解釈が成り立つか成り立たないかについての議論が成り立つだろう


Bさんが「Aさんが「これは魚だ」と言った」と言うのは…Bさんによる「Aさんの「これは魚だ」発言」捏造. 捏造に固執する捏造者Bさんとの議論は成り立たない. 捏造を捏造者が取消すことが議論の前提条件となる

瓦礫広域処理について参考のため

■『現代思想』2012/07 Vol.40(No.7)特集「被爆と暮らし=瓦礫(処理が問うもの)・食品・避難生活」


上田文雄(札幌市長)「政策の倫理が問われている札幌市はなぜ瓦礫受け入れを拒否したのか」


池田こみち「瓦礫広域処理の現状と問題点」


ふたつの記事を読めば,広域処理が必要ないこと,から理解できるだろう[*1]



■自治体問題研究所『住民と自治』2013/5 No.601特集 NIMBYを考える → p.18-p.21 土屋雄一郎「震災廃棄物の広域処理をめぐって」


■ibid. 2012/9 No.593 p.6-p.25【特集】放射線と向き合う自治体→渡辺敦雄インタビュー「設計者が語る福島第一原発事故とどう向き合うのか」


■ibid. 2012/5 No.589 p.6-p.25【特集】廃棄物政策見直しの時


■ibid. 2012/4 No.588 p.6-p.33【特集】震災復興その足跡


■ibid. 2013/3 No.599 特集.東日本大震災復興/被災地からの検証 p.6-p.30


■ibid. 2014/3 No.611 【特集】東日本大震災・福島第一原発事故/福島の人々が直面している現実と課題 p.6-p.23


■ibid.2014/4 No.612 p.6-p.24【特集】東日本大震災から三年岩手・宮城の人々が直面している現実と課題

日本共産党の政策については


日本共産党の政策・提言資料集 12―国民、住民が主人公の政治をめざして 2010年11月ー2014年10月


■『日本共産党の政策・提言資料集 国民,住民が主人公の政治をめざして 12 2010/11-2014/10』日本共産党中央委員会出版局,2014/11/26

ISBN9784-5300-4411-6


が次の記事を収めている


【震災・原発】


□選別と切り捨ての「復興」ではなくすべての被災者の生活と生業を支援し地域社会全体を再建する復興を/大震災・原発災害にあたっての提言(第3次) 2011/10/7 幹部会委員長 志位和夫[*2]


□東日本大震災福島原発事故から3年を迎えるにあたって 2014/3/11 幹部会委員長 志位和夫


□2013年参議院選挙 各分野政策 [*3]




(未完成[*4])





*1:必要ないことを敢えてやるのは■利権がらみ■人口多い地域に健康被害を広げ,健康被害把握・因果関係把握を曖昧にさせる■最終処分場建設地を,なし崩し的に確保する■「復興の遅れの責任」を広域処理反対派に押し付ける…等々様々な魂胆があるのだろう

*2:1.財源問題の二つの提案 2.働く場の確保 3.住まいの再建 4.医療・福祉・教育の再生-子どもも高齢者もみんなが暮らし続けられる地域社会に 5.原発災害から命と健康・暮らしを守る-除染と賠償に国の責任を果たせ の5章で構成 瓦礫処分に関わる提言は見つからない

*3:13.震災対策・防災 14.原発問題 16.環境 41.いのち・人権の保障 辺りが瓦礫広域処理に関連しそうだが特に言及は無い 【環境】6項目に「ごみの【焼却中心主義】から脱却しごみを出さないシステムを製造段階から確立します」の原則的な思考を自然災害の瓦礫処分にも適用するならば、瓦礫広域処理についての政策が無い現状は選挙公約に反していると思われる

*4:残件…□『政策・提言資料集』内容紹介 1/19 不充分だが追記した □政策を持てない理由=住民要求自体の分裂と対立・原則的な思考の欠如・思考停止の問題等

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20150108

15/01/06 (Tue) ねとばか紳士録

■捏造くん

http://d.hatena.ne.jp/dempax/20150108



■「見猿」教猿山宗祖

http://d.hatena.ne.jp/dempax/20141221



■御本人は多分「左翼」を自認しておられるのだろうが…天皇の戦争責任を免責し民族自決権を否定する三光政策の継承者

http://d.hatena.ne.jp/dempax/20140804



各々の方をどう評価するかは別の問題[*1]. ある特定の局面で馬鹿げた意見・行動に固執するのは,もちろん御本人様の勝手です



*1:日頃の発言から,さもありなんな分かりやすい方々ばかりとは限らない

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20150106

15/01/05 (Mon)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20150105
 | 
0000 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 |
0001 | 01 |
0002 | 09 |
0010 | 03 |
0014 | 01 | 04 | 08 |
0016 | 11 |
0100 | 11 |
0114 | 04 | 05 |
0214 | 04 |
0984 | 05 |
1013 | 08 | 09 |
1014 | 01 |
1114 | 01 |
1889 | 10 |
1915 | 03 |
1923 | 04 | 08 | 09 |
1924 | 06 |
1925 | 06 |
1927 | 08 |
1928 | 09 | 10 | 12 |
1929 | 02 |
1930 | 02 |
1931 | 09 | 12 |
1932 | 02 | 09 | 12 |
1933 | 01 | 03 | 06 | 08 |
1935 | 09 | 10 | 12 |
1936 | 10 |
1937 | 09 | 10 | 11 |
1938 | 02 | 04 | 05 | 06 |
1939 | 04 | 06 |
1941 | 04 |
1942 | 03 | 08 |
1943 | 05 | 06 | 11 | 12 |
1944 | 01 | 11 |
1945 | 01 | 08 | 09 | 11 |
1946 | 04 | 06 | 10 | 11 | 12 |
1947 | 04 | 06 | 11 |
1948 | 03 | 04 | 05 | 11 |
1949 | 01 | 06 | 07 | 09 | 12 |
1950 | 02 | 08 | 10 |
1952 | 04 |
1953 | 06 |
1954 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1955 | 08 | 12 |
1956 | 10 |
1957 | 01 | 02 | 08 |
1958 | 03 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
1959 | 08 |
1960 | 07 | 10 |
1963 | 12 |
1964 | 01 | 05 | 08 |
1965 | 01 | 08 | 11 |
1966 | 08 | 09 | 10 |
1967 | 11 |
1968 | 01 | 02 | 06 | 09 |
1969 | 04 | 11 |
1970 | 01 | 09 |
1971 | 06 | 10 |
1972 | 01 | 04 | 08 | 09 | 11 |
1973 | 07 | 09 | 10 |
1975 | 02 |
1976 | 09 |
1977 | 04 | 09 | 10 |
1978 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 11 |
1980 | 04 |
1981 | 03 | 04 |
1982 | 05 |
1983 | 01 | 03 | 06 | 11 | 12 |
1984 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
1985 | 01 | 07 | 08 |
1986 | 04 | 08 | 09 |
1987 | 03 |
1988 | 09 | 10 |
1989 | 08 |
1990 | 04 | 08 |
1991 | 07 |
1992 | 01 | 03 | 05 | 07 | 12 |
1993 | 08 |
1994 | 12 |
1995 | 08 | 12 |
1997 | 01 | 02 | 11 |
2001 | 02 |
2003 | 01 |
2004 | 03 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 00 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 |
2011 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 | 11 | 12 |
2052 | 11 |
2053 | 11 |
2054 | 11 |
2058 | 07 |
2091 | 04 |
2092 | 03 |
2114 | 06 | 07 |
2158 | 07 |
2214 | 05 | 06 |
2216 | 11 |
2258 | 07 |
2358 | 07 |
2518 | 07 |
2558 | 07 |
2658 | 07 |
2758 | 07 |
2858 | 07 |
2958 | 07 |
2968 | 09 |
2973 | 09 |
3013 | 07 |
3014 | 04 |
3015 | 06 |
3016 | 10 | 11 |
3213 | 07 | 08 |
3358 | 07 |
3958 | 07 |
4000 | 02 |
4013 | 08 | 10 |
4358 | 07 |
4958 | 07 |
5358 | 07 |
5958 | 07 |
9013 | 10 |
9017 | 01 |
9018 | 06 |
9913 | 07 | 10 |

-*-