赤旗海賊版

 | 

16/01/31 (Sun) 【資料紹介】片貝米軍射爆場

九十九里米軍実弾射爆場関連資料


【残件】


□1954年 +/- 数年の朝日新聞記事の確認id:dempax:19551217


□千葉県議会史5(1947〜1955),6(1956〜1959)巻の整理

東京新聞2015/11/08【社会】戦後,九十九里で高射砲演習 米軍爆音の記録見つかる

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201511/CK2015110802000111.html

東京新聞』千葉版 2015/08/15〜08/20連載「千葉の戦後70年 第6部 九十九里の赤とんぼ」(1)〜(5)[*1]【柚木まり】

【1】08/15 幻の本土決戦


【2】08/16 苦労の始まり 砂浜が突然米軍基地に


【3】08/18相次ぐ無人機事故「どかん」と共に落下


【4】08/19 深刻な漁業被害 補償求める動き活発に


【5/End】08/20 千恵子が愛した砂浜 句に込めた平和への思い

古山豊『戦後の苦闘70年 豊海高射砲演習場 旧JPNR1603 1948.4.9〜1957.10.15 キャンプ片貝 片貝高射砲射撃演習場』富塚印刷(いすみ市苅谷),2015/04/09

大網白里市教育委員会・大網白里市文化協会『特別企画展「大網白里のあゆみ」』大網白里市教育委員会,2014/08/08


第5章 白里浜の百年 目次


1. 白里浜漁業の百年


1-1. 大地引網から揚繰網へ


1-2. 昭和初期の片手地引網


1-3. 戦時下の漁業


1-4. 米軍実弾射撃場豊海町真亀海岸に設置される「米軍兵士との交情」「朝鮮戦争と金偏景気」「俄造りの飲み屋」「オンリーの間借りと混血児の誕生」「十九の思い出(5首)」「北海道へ遠征する文榮丸漁業」「白里浜における漁業の終焉」


1-5. 上総木綿とレンズ村


a. 上総木綿「藍玉つくり」「織物の種類」「北今泉大矢織物社長大矢喜一氏談(1977)」「上総木綿の黄金時代」「第二次世界大戦後の織物業界」


b. レンズ村「レンズ事業の由来」「レンズ工場を立ち上げる(五条光機製作所)」「戦火を避けて北今泉浜へ」「レンズ村の雰囲気が充満(戦後はサン光機と改名〜「オーションレンズ」「泉光学」起業)」


オーションレンズはベトナム戦争中にもなお, 米軍用資材としてレンズの輸出が続くが, 1975年戦争終結と同時に事業を停止した


国会図書館Reference共同データベース【米軍豊海射撃演習場について知りたい】http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000169170

千葉県歴史教育者協議会『おはなし千葉の歴史』岩崎書店,2012/08/03


p.146-p.148 野口政和「九十九里の海を返して」


おはなし千葉の歴史

千葉土建40年史編集委員会『千葉土建40年史』千葉土建一般労働組合,2011/03/31

『千葉県の歴史』千葉県/千葉県史料研究財団


『千葉県の歴史第7巻 通史編 近現代2』,2006/03/27


第4編 戦争と県民 第4章 戦争末期の千葉県 第2節 戦争末期の連合国軍と九十九里防衛/第3節 敗戦の諸相


『千葉県の歴史第8巻 通史編 近現代3』,2009/02/28


第2編 1950年代の千葉県 第3章 暮らしの諸相と社会運動・教育・大衆文化の展開 第2節 労働運動と地域社会運動 (3)冷戦下の米軍基地と平和運動 … 片貝高射砲射撃演習場/木更津航空基地拡張/房総平和大会


『千葉県の歴史第27巻 資料編 近現代3(政治・行政3)』,2008/03/25


【解説】第2編 講和後の政治・行政 第1章 基地をめぐる問題(p.44-p.51) … 豊海高射砲演習場, 木更津航空基地, 白井航空基地, 船橋送信所, 嶺岡レーダー基地, 柏通信所, 防潜網 および自衛隊関連で 茂原市の旧海軍航空基地跡への海上自衛隊哨戒機基地計画[*2], 下志津陸上自衛隊高射砲学校の問題が項目として挙げられている


【資料】第2編 第1章 基地をめぐる問題 九十九里高射砲射撃演習場(p.449-p.495) 木更津航空基地(p.496-p.531) 嶺岡レーダー基地(p.532-p.540) 館山米軍基地(p.541-p.546)

山口徹『沿岸漁業の歴史/VERSEAU BOOKs 029』成山堂書店,2007/04/08


【2】自然環境と共生する沿岸漁業「房総半島と伊豆半島の地理的環境」「房総の海と生活」「九十九里の鰯地引網漁業」「西伊豆の漁業・漁村」


【7】九十九里・豆州内浦の網元・津元経営「網元・船元経営のさまざま」「九十九里の地引網」「内浦の建切網津元経営」


沿岸漁業の歴史 (ベルソーブックス029)

『千葉史学/千葉歴史学会』No.49(2006/11)


p.56-p.74 森脇孝弘 1950年代漁村社会の断面 - 千葉県内湾漁村を事例として

『千葉県史研究』千葉県/千葉県史料研究財団


第8号別冊「近現代千葉の諸相」,2000/03


p.85-p.91 向後英紀【資料紹介】戦勝と占領 第二次世界大戦 米海兵隊作戦史 第5巻「History of US Marine Corps Operation in WW.II,Victory and Occupation」


p.92-p.102



第13号,2005/03


p.107-p.115 向後英紀【資料紹介】片貝高射砲射撃演習場関連文書 - 米国立公文書館所蔵



第15号,2007/03


p.31-p.45 森脇孝弘 沖合漁業の復興と地方中小漁業者 - 千葉県沿海漁業協同組合の活動から



第17号「近現代小特集」,2009/02


p.94-p.106 森脇孝弘 九十九里米軍基地闘争における漁業問題と漁業対策

林茂夫・松尾高志編集解説『写真絵画集成 日本の基地3 戦場と後方』日本図書センター,2002/03/25


p.8-p.18 田村茂「九十九里射撃演習場」「内灘闘争」


戦後最初の組織的基地反対に立ち上がったのは千葉県九十九里片瀬海岸の漁民であった


【p.11】




米占領軍は1945年9月の進駐直後から日本の各地で国土を軍事基地として接収してゆき講和発効時(1952年)には700ヶ所を超えた. 基地接収によって生活を脅かされた住民の抵抗が起きたが, 当時の吉田首相は「占領下の軍事基地承認は日本の義務」(1950年2月参議院答弁)と住民に背を向けた. 米軍基地に対する最初の組織的なたたかいは千葉県房総半島東部,太平洋に面する九十九里浜で起きた. 1948年4月, 同浜一帯が「米軍高射砲演習場」として接収され隣接海域も「射撃指定区域」に指定された. 毎日午前中から夕方まで陸から海に向かって撃たれる大砲の轟音がこの地域を覆った. 漁民は射撃中は海に出ることは出来ない. 魚も逃げる. それでなくても貧しい漁民たちの生活の場が奪われた. 1950年2月, 漁民たちは抗議行動に立ち上がり「どかんではじゃこ(鰯)も寄らない九十九里」「鶏も卵を生まぬ植民地」などのびらを貼り巡らし演習中止と漁業補償を訴えた. 占領軍は10人以上を軍事裁判にかけ弾圧したが, 全国から支援・激励が寄せられ, 演習場は1955年に撤収となった.


【p.13】


日本の基地―写真・絵画集成 (3)

千葉県議会史編纂委員会『千葉県議会史 第5巻 1947年-1955年』千葉県議会,1988/3



基地と射撃演習のために九十九里浜一帯の漁業や住民被害に対して当初はなんら有効な対策や運動はたてられなかった. この最初の対応は日本共産党山武地区委員会と片貝細胞によって行われた. 1949年8月末に, 片貝町に砂間一良衆議院議員の出席の下に日本共産党は約500名を集めた演説会を開催した. この演説会では, 全面講和の実現によってソ連・中国海域への出漁希望を持てることや, 演習による漁業被害の国家補償を要求すべきことが説かれた. この秋から翌年2月にかけて片貝町を中心に基地問題と漁業補償への関心が急速に広まっていった. 1950年2月21日の国際反植民地闘争デーに日本共産党は大規模な街頭演説を実施した. 翌日からCICは日本共産党員の取り調べを開始した


4月10日付けで連合軍総司令官マッカーサー元帥の名の下に小松七郎ら9名の日本共産党員が「占領目的阻害行為」をもって告発された. 軍事裁判所は4月27日から埼玉県朝霞の「ドレーク兵営内の法廷」で開かれこの軍事裁判に抗議する無罪の要求と署名運動が始まった. 5月5日に判決が下り, 小松七郎ら人に重労働1年という内容であった. 占領軍の日本共産党などに対する弾圧は運動の指導力を弱めたが, 一方では, 九十九里沿岸漁業への国家補償要求の署名運動が始まった. 山武郡町村会は陳情を決議し, 県揚繰漁業共同組合はGHQに対する「演習時間の短縮もしくは損害の国家補償」の嘆願書を提出した. また, 九十九里沿岸の漁業経営者, 網元たちの漁業振興協議会も県知事, 県議会の助力で, 漁業と関連業の設備転換資金の融資と漁民の生活資金などを政府に請願した. 1950年から漁業損失補償が支払われることになるが, 基地は1957年5月8日に射撃演習が中止され, 12月に基地撤去が決定した. …


【p.622より】


『房総の郷土史/千葉県郷土史研究連絡協議会』No.16(1988/3)


p.60-p.61 向後英紀 千葉軍政部のあゆみ

千葉県高等学校教育研究会歴史部会『史料が語る千葉の歴史60話』三省堂,1985/03/30


p.248-p.251【59】首都防衛のむかしといま…安保体制下の県内の基地(坪崎博幸)


ISBN:4385348553

自治労千葉の35年編纂委員会『自治労千葉の35年 房総の現代』自治労千葉県本部,1984/03/31


ASIN:B000J71HMO

九十九里町誌編集委員会『九十九里町誌各論編(上)』千葉県九十九里町,1980/03/15


p.1217-p.1258 第6章 大正・昭和時代の郷土 3節 戦後の郷土(1)米軍基地

小松七郎『基地の海 九十九里米軍基地闘争の記録』千葉県平和委員会,1976?[*3]

初出…日本共産党千葉県委員会「週刊ちば民報」1975.6.1〜10.19連載

千葉県労働組合連合協議会『千葉県労働運動史』労働旬報社,1967/10/01




*1:8/17は新聞休刊日

*2:MF「朝日新聞 千葉版 1954年/7月-12月」からの抜粋(未完)⇒id:dempax:19541023, id:dempax:20151031
茂原市教育委員会社会教育課海軍航空隊調査委員会『茂原海軍航空隊(第252航空隊)調査報告書』茂原市教育委員会,1996/03/31 第6章 航空隊の戦後処理(2)敗戦時の海軍航空部隊/(3)茂原海軍保安隊 目次では(2)保安隊/(3)文教・住宅地区と工場群 となっている が詳しい

*3:表紙裏の推薦文「発刊にあたって 1951年4月」とあるが文中に「立花論文」「春日違憲質問」(1976.1月)があり「1951年」は明かにおかしい(昭和51年との混同か?). 著者後書きは「1976年初夏」 図書館蔵書印は「1978.7.21」

16/01/30 (Sat) 【下書】片貝米軍

千葉県議会史編纂委員会『千葉県議会史』千葉県議会,1988/3



基地と射撃演習のために九十九里浜一帯の漁業や住民被害に対して当初はなんら有効な対策や運動はたてられなかった. この最初の対応は日本共産党山武地区委員会と片貝細胞によって行われた. 1949年8月末に, 片貝町に砂間一良衆議院議員の出席の下に日本共産党は約500名を集めた演説会を開催した. この演説会では, 全面講和の実現によってソ連・中国海域への出漁希望を持てることや, 演習による漁業被害の国家補償を要求すべきことが説かれた. この秋から翌年2月にかけて片貝町を中心に基地問題と漁業補償への関心が急速に広まっていった. 1950年2月21日の国際反植民地闘争デーに日本共産党は大規模な街頭演説を実施した. 翌日からCICは日本共産党員の取り調べを開始した


4月10日付けで連合軍総司令官マッカーサー元帥の名の下に小松七郎ら9名の日本共産党員が「占領目的阻害行為」をもって告発された. 軍事裁判所は4月27日から埼玉県朝霞の「ドレーク兵営内の法廷」で開かれこの軍事裁判に抗議する無罪の要求と署名運動が始まった. 5月5日に判決が下り, 小松七郎ら人に重労働1年という内容であった. 占領軍の日本共産党などに対する弾圧は運動の指導力を弱めたが, 一方では, 九十九里沿岸漁業への国家補償要求の署名運動が始まった. 山武郡町村会は陳情を決議し, 県揚繰漁業共同組合はGHQに対する「演習時間の短縮もしくは損害の国家補償」の嘆願書を提出した. また, 九十九里沿岸の漁業経営者, 網元たちの漁業振興協議会も県知事, 県議会の助力で, 漁業と関連業の設備転換資金の融資と漁民の生活資金などを政府に請願した. 年から漁業損失補償が支払われることになるが, 基地は1957年5月8日に射撃演習が中止され, 12月に基地撤去が決定した. …


【p.622より】


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20160130

16/01/26 (Tue) 郷土資料室で見付けた…

郷土資料室新着本を漁る 色々と凄いものを見付けた

松澤正仁『教師の覚悟 授業名人 野口芳弘・小伝』さくら社,2015/07/10

教師の覚悟――授業名人・野口芳宏小伝


さくら社…http://www.sakura-sha.jp//


本日最大の収穫?



著者略歴


1979 愛媛大学教育学部卒, 公立小学校教員


1985 宇和島教育サークル結成


現在 宇和島市立灘小学校長



野口芳弘略年譜


松澤正仁『教師の覚悟 授業名人 野口芳弘・小伝』巻末より抜粋


【1958年 22歳】君津町立貞元小学校に赴任. 内科医平田篤資・書道家齊藤翠谷・国語教育の高橋金次の三師を得る


【1984年 48歳】「教育技術の法則化」運動に参加「木更津技法研」結成[以降, 明治図書より著書多数]


【1990年 54歳】第1著作集『鍛える国語教室』(全20巻+別巻1)


【1997年 61歳】第2著作集『国語修行・人間修行』(全15巻+別巻1)


【2007年 71歳】『生涯学習ブックレット 縦の教育・横の教育』モラロジー研究所


縦の教育、横の教育 (生涯学習ブックレット)


【2008年 72歳】植草学園大学発達学部教授


【2013年 77歳】植草学園大学退任



「野口芳弘」県内横断検索結果


『生涯学習ブックレット 縦の教育・横の教育』


ISBN:9784896391336


木更津市立図書館【一般開架,請求番号/379/ノ,資料コード112602164】, 東金市立図書館【開架一般,/370/ノ,110731315】が所蔵, 他の野口芳弘著書は県内公立図書館に見付からないが, 大学図書館には入っている


野口芳弘『教員採用試験シリーズ 模擬授業・場面指導』一ツ橋書店,2013/10/


模擬授業・場面指導 〔2015年度版〕 (教員採用試験αシリーズ 391)


野口芳弘『野口流教室で教える音読の作法』学陽書房,2012/3/


野口流 教室で教える音読の作法


千葉科学大学図書館, 城西国際大学水田記念図書館が所蔵


千葉大学附属図書館には80冊も!!




トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20160126

16/01/22 (Fri) 吉見義明名誉毀損裁判東京地裁判決に関する各紙報道

『産經新聞』2016/01/21(14版)

【3面総合】慰安婦著書「捏造」発言訴訟/「違法性なし」棄却/東京地裁

『日本経済新聞』2011/01/21朝刊(14版)

【34面社会】慰安婦書籍の著者敗訴 東京地裁「捏造」発言の損賠請求棄却 2016/1/20 21:14


従軍慰安婦問題に関する著書を「捏造(ねつぞう)」と言われて名誉を傷つけられたとして、著者の大学教授が桜内文城前衆院議員に損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は20日、「意見や論評を示したにすぎない」として請求を棄却した〔共同〕[紙面には「共同通信」と明記されていない]


原告を【従軍慰安婦問題に関する著書を「捏造(ねつぞう)」と言われて名誉を傷つけられた】【著者の大学教授】と呼ぶことに, 吉見義明先生の日本近現代史研究者としての, また, 日本軍「慰安婦」制度研究を切り開いてきた業績を覆い隠す悪意を感じるのは私だけであろうか?

朝日新聞2016/01/21朝刊(13版)

【35面社会】■吉見教授側の請求棄却

東京新聞

2016/01/21朝刊(11版S)…吉見義明関連記事見付からず…夕刊確認未済み

『しんぶん赤旗』2016/01/21

【15面社会】[見出]捏造発言 賠償認めず「慰安婦」研究者「強い憤り」吉見教授ら会見. 東京地裁 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2016-01-21/2016012115_02_1.html


 日本軍「慰安婦」問題を研究する吉見義明・中央大教授が、記者会見で自著を捏造(ねつぞう)と言われ名誉を傷つけられたとして、発言者の日本維新の会(当時)の桜内文城・元衆院議員に1200万円の損害賠償と謝罪広告を求めた訴訟の判決が20日、東京地裁でありました。原克也裁判長は「発言は原告の社会的評価を低下させる名誉毀損に該当するものの、意見ないし論評の域」であるとして、原告の請求を棄却しました


 判決後の記者会見で吉見氏は「自分の本が捏造と言われることは研究者にとって最大の侮辱であり名誉毀損。当然のことを裁判所が判断しなかった。強い憤りを感じる」とのべました


 川上詩朗・弁護団事務局長は、確立した判例基準にも反する「不当判決」と強く批判。大森典子・弁護団長は「『捏造』の意味について裁判所は、双方の主張とはまったく別の解釈を持ち出し、『論評』であるとした。あきれかえる」とのべ、ただちに控訴することを明らかにました


 裁判のもう一つの争点となった「慰安婦=性奴隷は捏造」とする桜内氏の主張について裁判所はいっさい判断をしませんでした


 問題の発言は2013年5月、日本維新の会共同代表だった橋下徹大阪市長(当時)が外国特派員協会で「慰安婦」問題について記者会見した際、桜内氏が言ったもの. 「吉見さんという方の本を引用されておりましたけれども“これは”すでに捏造であることが、いろんな証拠によって明らか」と発言しました


参考


□堀家康弘 @kounodanwawoma1 氏の連続Tw. https://twitter.com/kounodanwawoma1/status/690208725764734976?p=v ⇒ 【河野談話を守る会のブログ】http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/content?bid=kounodanwawomamoru&id=65356224



□YOSHIMI裁判いっしょにアクション!→吉見裁判地裁判決について http://www.yoisshon.net/2016/01/blog-post_21.html



□荻上チキSS22 吉見義明教授の従軍慰安婦本めぐる名誉毀損裁判. 判決文全文掲載[PDF]&荻上チキのコメント⇒http://m.youtube.com/watch?v=_DYO5dUx6wg&fulldescription=1




□桜内文城オフィシャルブログ「みんなきさいや」⇒【完全勝訴】もう、「性奴隷」とは呼ばせない!2016/01/22 09:36 http://m.ameba.jp/m/blogArticle.do?unm=sakurauchi&articleId=12120218397&frm_src=article_articleList


……裁判所という公権力を乱用して自らの意に沿わない言論を封殺しようとする卑劣さ。本当に言語道断です


この勝訴は私一人のものではありません。全ての日本人の名誉と尊厳を守る勝訴です??


もう、「性奴隷」とは呼ばせない?? [*1]




桜内文城

@fsakura


@mamasan_h しかし、その論点[引用者注…歴史認識]に関する判断は、裁判所が歴史認識の当否にまで踏み込む恐れも否定できないことから、今回の判決では判断を回避したものと思われます。Twitterで面識もない者に対して誹謗中傷するなら、そのくらいは知っておくべきでしょう


3:00 - 2016年1月23日


【出典…https://twitter.com/fsakura/status/690594826794872833?p=v





拙海賊版より


□若手議員の会第5回「『慰安婦記述』をめぐって」出典および吉見義明講師の講義録…http://d.hatena.ne.jp/dempax/20070326


□ 安倍晋三[当時〜若手議員の会事務局長]発言I(p.215-p.217) http://d.hatena.ne.jp/dempax/00000531




*1:「勝訴です??」「呼ばせない??」2ヶ所の「??」は原文のまま

16/01/20 (Wed) 日本軍「慰安婦」制度研究への道 吉見義明先生の(初期の)仕事

問題の所在と方法

吉見義明名誉毀損裁判東京地裁判決についての共同通信記事(『日本経済新聞』2016/01/21朝刊(14版 34面社会)等が掲載)は原告を【従軍慰安婦問題に関する著書を「捏造(ねつぞう)」と言われて名誉を傷つけられた】とする【著者の大学教授】と呼んでいる[*1]


渡部昇一や藤岡信勝のごとき【慰安婦問題に関する】与太本量産文筆業者であれば【著書の大学教授】で充分であろうが, 日本軍「慰安婦」制度研究を先頭に立って切り拓いてきた吉見義明先生を【著書の大学教授】とのみ説明するのは不充分と思われる. 歴史研究者としての業績を【捏造】呼ばわりされたことが争点の裁判についての, このような報道は, 被告=桜内文樹前衆院議員側に寄り添う悪意すらを窺わせる[*2]


日本軍「慰安婦」制度研究以前の吉見義明先生の論考, 及び吉見義明著書への書評を国会図書館NDL-OPACで検索し以下に紹介してみよう



雑誌論文

『史学雑誌/史学会』
vol.82(No.4)山川出版社(1973/4)p.62-p.76
vol.82(No.6)(1973/6)p.44-p.54

吉見義明「日本大衆党と清党事件/田中(義)内閣下の国家主義的無産新党結成問題(研究ノート)上,下」

『歴史学研究/歴史学研究会』No.441青木書店(1977/2)p.1-p.17

吉見義明「田中(義)内閣下の治安維持法改正問題」

『歴史学研究/歴史学研究会』No.451【特集「日本ファシズム論の再検討」】青木書店(1977/12)p.20-p.32

吉見義明「戦前における「日本ファシズム」観の変遷 - 1931年から1937年まで」

『歴史評論/歴史科学協議会』No.367【特集「ファシズム」】校倉書房(1980/11)p.2-p.27

西川正雄, 山口定, 吉見義明「現段階におけるファシズム研究の課題」

『朝日ジャーナル』vol.23(No.21)朝日新聞社(1981/5/22)p.65-p.67

吉見義明・横関至「(思想と潮流)翼賛選挙 選挙の意義を根底的に考え直せ」

『史学雑誌/史学会』vol.90(No.8)山川出版社(1981/8)p.1278-p.1281

吉見義明[書評]防衛庁防衛研究所戦史室『大本営陸軍部大東亜戦争開戦経緯』全5巻

『世界』No.479【特集「8.15 40年」】岩波書店(1985/09)p.68-p.84


吉見義明「毒ガス戦の真実 - 最新の資料から」

『歴史評論/歴史科学協議会』No.447【特集「日中戦争50年」】校倉書房(1980/7)p.9-p.17


吉見義明「日中戦争と国民動員 - 兵士の動員と戦場体験の問題を中心に」

『思想』No.760,岩波書店(1987/10)p.92-p.96


筒井清忠「【書評】草の根のファシズム - 日本民衆の戦争体験」

中央大学論集/中央大学論集編集委員会』No.9,[八王子]中央大学(1988/03)p.49-p.61


吉見義明「化学戦覚書 - 中国における日本軍の毒ガス使用」

『歴史評論/歴史学科学協議会』No.460【特集「戦争責任」】校倉書房(1988/08)p.103-p.105


北河賢三【書評】「草の根のファシズム - 日本民衆の戦争体験」

『asahi journal』vol.30(No.53)朝日新聞社(1988/12/16)p.84-p.97


吉見義明「米英で新資料 旧日本軍は毒ガスを使っていた」

『日本歴史/日本歴史学会』No.490,吉川弘文館(1989/03)p.111-p.113


山室建徳【書評】「草の根のファシズム - 日本民衆の戦争体験」

『思想』No.811,岩波書店(1992/01)p.73-p.99


吉見義明「占領期日本の民衆意識 - 戦争責任論をめぐって」

『世界』No.565,岩波書店(1992/03)p.117-p.124


吉見義明「いまこそ「過去の克服」を 従軍慰安婦の基本資料をめぐって」

商学論纂/中央大学商学研究会』vol.35(No.5,6)[八王子]中央大学商学研究会(1994/03)p.81-p.95


吉見義明「「従軍慰安婦」政策の指揮命令系統」



単行本

江口圭一編『体系・日本現代史1/日本ファシズムの形成』日本評論社,1978/11/30【K3A 210.7//TA22】


目次


江口圭一「1930年代論」


吉見義明「満州事変論」


木畑洋一「日本ファシズム形成期における国際環境-中国侵略への国際的対応を中心として」


安部博純「急進ファシズム論」


芳井研一「日本ファシズムの形成と軍部・官僚」


広川禎秀「反ファシズム運動論」


粟屋憲太郎「ファッショ化と民衆意識」



Asin:B000J8KTVI

吉見義明・横関至『資料日本現代史4 翼賛選挙(1)』大月書店,1981/01/29


ISBN:4272501046

吉見義明・横関至『資料日本現代史5 翼賛選挙(2)』大月書店,1981/03/24


ISBN:4272501054

吉田裕・吉見義明編集解説『資料日本現代史10 日中戦争期の国民動員(1)』大月書店,1984/04/23

目次


I. 国家総動員計画


II. 国民精神総動員


III. 治安維持・世論指導


IV. 軍の動員をめぐる諸問題


V. 在郷軍人会


VI. 経済警察



ISBN:4272501100

吉見義明・吉田裕・伊香俊哉編集解説『資料日本現代史11 日中戦争期の国民動員(2)』大月書店,1984/08/30

目次


I. 日中戦争をめぐる政治状況


 (1)日中戦争下の各府県政治情報


 (2)新体制運動期の警視庁政治情報


 (3)新体制に対する各方面の意向


 (4)斎藤隆夫宛書簡類


 (5)風早章日記


II. 日中戦争期の民衆状況


 (1)軍管内の思想情勢


 (2)国民各層の動向と意識



ISBN:4272501119

吉見義明『新しい世界史7 草の根のファシズム - 日本民衆の戦争体験』東京大学出版会,1987/07/07


草の根のファシズム―日本民衆の戦争体験 (新しい世界史)

洞富雄+藤原彰+本多勝一(南京事件調査研究会)『南京事件を考える』大月書店,1987/08/20



ISBN:4272520156

粟屋憲太郎・吉見義明『十五年戦争極秘資料集(18)毒ガス戦関係資料』不二出版,1989/08/5


十五年戦争極秘資料集 18 毒ガス戦関係資料

吉見義明『従軍慰安婦資料集』大月書店,1992/12/


従軍慰安婦資料集

吉見義明『従軍慰安婦』岩波新書 新赤384,1995/04/20


従軍慰安婦 (岩波新書)

吉見義明・松野誠也『十五年戦争極秘資料集(補巻2)毒ガス戦関係資料II』不二出版,1997/02/25


ISBN??

『岩波講座/日本通史/第19巻■近代4』岩波書店,1995/03/28


岩波講座 日本通史〈第19巻〉近代 4


p.135-p.168 吉見義明「沖縄,敗戦前後」



未完成〜随時追記




*1共同通信配信記事⇒id:dempax:20160122参照

*2:被害の拡大に配慮して原告の属性を曖昧にする報道も一般的には有り得るが, この裁判では原告が表に出ており, 現代史研究者であり日本軍「慰安婦」制度研究の第一人者であることを曖昧にすることは【原告への配慮】となり得ないだろう

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20160120

16/01/19 (Tue)

目次


山之口獏「沖縄よ何処へ行く」


長堂英吉「海鳴り」


知念清真「人類館」


霜多正次「虜囚の哭」


高良勉「アカシア島」


大城立裕「カクテル・パーティー」


又吉英喜「ギンネム屋敷」


吉田スエ子「慶良間心中」


目取間俊「平和通りと名付けられた街を歩いて」


川柳


田宮虎彦「夜」


岡部伊都子「ふたたび「沖縄の道」」


灰谷健次郎「手」


桐山襲「聖なる夜 聖なる穴」


解説…高橋敏夫


【附録】月報12


大城立裕「敗戦で沖縄が日本でなくなった」


宇戸清治「タイ文学と戦争抗日「自由タイ運動」を中心に」








目次


p.3 - p.6 序 文責: 吉田裕


【I】南京事件をめぐる論争と証言


p. - p. 藤原彰「南京大虐殺と教科書・教育問題」


p. - p. 本多勝一「日中の二人の生き証人」【i】旧日本軍「」上等兵の告白『朝日新聞』//朝刊記事詳報【ii】旧蒋介石軍用務員の体験『はこべ』(月刊誌長野県下伊那郡松川町)1985/7掲載


p. - p. 洞富雄「松井大将陣中日誌改竄あとさき」

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20160119

16/01/18 (Mon)




目次


p.3 - p.6 序 文責: 吉田裕


【I】南京事件をめぐる論争と証言


p. - p. 藤原彰「南京大虐殺と教科書・教育問題」


p. - p. 本多勝一「日中の二人の生き証人」【i】旧日本軍「」上等兵の告白『朝日新聞』//朝刊記事詳報【ii】旧蒋介石軍用務員の体験『はこべ』(月刊誌長野県下伊那郡松川町)1985/7掲載


p. - p. 洞富雄「松井大将陣中日誌改竄あとさき」




目次


p.1 プロローグ


p.5 【1】辺野古はいま


p.31 【2】「オール沖縄」…その源流とうねり


p.56 【3】県民の尊厳をかけた歴史的たたかい


p.80 【4】燃え広がる「沖縄のこころ」オールジャパンへ


p.91 エピローグ


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20160118

16/01/17 (Sun) 『モラロジー研究』誌目次

倫理道徳研究フォーラム『モラロジー研究』誌[年2回刊]のNo.60(2007/9)以降の号から


□教育史, 教育政策


□歴史認識


□皇室


関連の記事を広い集めた…目次からの判断なので抜けている記事も多いだろう


なお…No.70(2013/2)p.173-p.195 に【『モラロジー研究』既刊目録】と題してNo.1(1973/10) 〜 No.69(2012/8)の総目次が掲載されている(索引は無し)

モラロジー研究』No.60(2007/9)p.57-p.83


諏訪内敬司…日本の教師観の変遷と現代教師観の課題(上)

モラロジー研究』No.60(2007/9)p.97-p.149


永安幸正[*1]…歴史は国家間の相互理解を促進するか

モラロジー研究』No.61(2008/2)p.1-p.31


井出元…祖述と更生

モラロジー研究』No.61(2008/2)p.-p.


諏訪内…日本の教師観の変遷と現代教師観の課題(下)教師の倫理向上に向けて

モラロジー研究』No.62(2008/9)p.1-p.52

モラロジー研究』No.62(2008/9)p.53-p.81

モラロジー研究』No.63(2009/2)p.27-p.108

モラロジー研究』No.63(2009/2)p.115-p.214

モラロジー研究』No.(/)p.-p.

モラロジー研究』No.(/)p.-p.

モラロジー研究』No.(/)p.-p.

モラロジー研究』No.(/)p.-p.

モラロジー研究』No.(/)p.-p.

モラロジー研究』No.(/)p.-p.

モラロジー研究』No.(/)p.-p.

モラロジー研究』No.(/)p.-p.

モラロジー研究』No.(/)p.-p.

モラロジー研究』No.(/)p.-p.

モラロジー研究』No.(/)p.-p.

モラロジー研究』No.(/)p.-p.

モラロジー研究』No.(/)p.-p.

モラロジー研究』No.(/)p.-p.

モラロジー研究』No.(/)p.-p.

モラロジー研究』No.(/)p.-p.

モラロジー研究』No.(/)p.-p.

モラロジー研究』No.(/)p.-p.

モラロジー研究』No.(/)p.-p.

モラロジー研究』No.(/)p.-p.

モラロジー研究』No.(/)p.-p.

モラロジー研究』No.(/)p.-p.

*1:2007.9.3没

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20160117

16/01/16 (Sat) 沖縄関連図書案内【順不同,随時更新】

古堅宗嘉(新基地建設反対名護共同センター),小泉親司(安保破棄中央実行委員会),古謝將嘉(あけぼの出版)『辺野古はいま 聞こえますか 珊瑚の叫び』あけぼの出版/あけぼのブックレット2,2015/10/03

[表紙写真]海底の珊瑚を押し潰す「15t-4」と記されたブロック ヘリ基地反対協ダイビングチーム・レインボー提供


[裏表紙推薦文]後藤志保「辺野古・大浦の海をぜひ」【……/セルラースタジアム那覇での5.17県民大会に参加して, 知事の名前も知らなかった自分が, 新聞を読むようになり, 辺野古の海にもいきました. 珊瑚の美しさが目に焼き付いています/賛成か反対かに関係なく, 一人でも多くの人に辺野古・大浦湾の海をぜひ見てほしいと思います. ゲート前は何となく怖いというイメージでしたが…オジーやオバーもいて, 穏やかな雰囲気で安心しました】


目次


p.1 プロローグ


p.5 【1】辺野古はいま【生物多様性の宝庫-辺野古・大浦湾】【世界有数規模の青珊瑚礁】【豊かな美ら海を守ろう】【民意に耳かさぬ暴走政治】【県民の抗議行動を暴力的に排除】【追い詰められた安倍内閣】【『島ぐるみ』のたたかいへ】【自治体ぐるみの運動への発展】[資料]「建白書」全文(2013/1/28)【広がる県内外からの支援の輪】【高まる翁長知事への共感】【オバマ政権に県民の声届ける】


p.31 【2】「オール沖縄」…その源流とうねり【少女暴行事件を忘れまい】【SACOによる基地のたらい回し】【13名から始まったたたかい】【名護市民投票/21団体が一点共闘で勝利】【単管櫓を撤去させた】【巨大基地計画に変貌】【年居座る恒久基地】【自衛隊掃海艦「ぶんご」投入で威圧】【杜撰な環境アセスで強行】【オール沖縄への転機/名護市長選挙】


p.56 【3】県民の尊厳をかけた歴史的たたかい【安倍内閣・自民党本部の恫喝と圧力】【県民を裏切った仲井真知事】【公約違反と裏切りを糾弾した名護市長選挙】【オール沖縄の歴史的勝利】【「辺野古新基地反対」一点での共同】【保守革新の垣根を超えて】【「米軍基地は沖縄経済の最大の阻害要因」と訴え】【沖縄経済を圧迫してきた米軍基地】【基地撤去こそ沖縄経済発展への道】【反共デマ宣伝に終始した安倍自民党】【普天間問題の解決は「閉鎖・撤去」でこそ】【基地も戦争法もいらない】


p.80 【4】燃え広がる「沖縄のこころ」オールジャパンへ


p.91 エピローグ



近所の共産党地区委員会事務所受付,電話番,防衛兼書籍産直販売にて購求


あけぼの出版 郵便番号900-0016 那覇市前島3-1-17 電話 098-861-9145

知念正真『人類館』初演:演劇集団「創造」(中頭教育会館),1976/7 初出『新沖縄文学』No.33(1976/10)→『テアトロ』No.?(1977/2)→1978年2月第22回新劇岸田戯曲賞


[登場]人物


 調教師ふうな男


 [陳列された]男


 [陳列された]女




「調教師」は「屋良県知事」「教師」「(治安)刑事」「連隊長」へと矢継ぎ早に変身してゆく. この「調教師」の変身に応じて「男」も「女」も何度も変身してゆくのだが, こうした目まぐるしい登場人物の「変身」を契機として作品の場面もまた「沖縄海洋博」「精神病院」「売春窟」「学校」「戦場」とその設定を次々に変化させていく…放恣とも見える場面変化は極めて方法的に選択されている…その方法を一言でいうなら「監獄」空間(フーコー)の発見ということになるだろうつまり「精神病院」にしても「学校」にしても, その空間設定はそこに収容された人間を管理強制する権力発動の場の連動性に於て, 近現代の沖縄に於ける「主体=臣民」化のからくりを見事に提示するものになっているのである


「調教師」こそはそうした沖縄をめぐる「主体=臣民」化の力学を誰よりもはっきり発動していると言えるのだが, そこで「調教師」は何にも先んじて「国語」「標準語」の強制=矯正者そして沖縄語の収奪者として, 自らを規定している. その意味で「調教師」「男」「女」のやりとりはその全体にわたって言語的な闘争と見ることが出来る. 【『沖縄文学選/日本文学のエッジからの問い』p.276 作品解説(新城郁夫)より】



戯曲『人類館』は1903年に大阪で開催された第五回内国勧業博覧会の学術人類館に, アイヌ民族, 台湾の先住民族, 朝鮮人などとともに琉球の遊女二人が「展示」された実際にあった出来事を題材にして, 反復する歴史とそれに翻弄され続けた沖縄人の生き方を笑いによって撃ち「復帰」後の沖縄の文化・思想シーンに衝撃をもって迎えられた. 初演は76年で2年後の78年に再演され, その後, 東京でも公演された. そして「人類館事件」百年目の2003年に大阪の, 主に沖縄出身の二世三世の有志が主体となった「演劇『人類館』を上演する会」の熱意で27年ぶりに上演された


【月刊『未来』未来社[*1] 連載 仲里効「沖縄と文学批評」[*2]より】



知念正真『人類館』は以下の沖縄文学集/anthology, 戯曲集に収載


■沖縄文学全集編集委員会『沖縄文学全集11 戯曲II』国書刊行会,1994/03/15


解説…幸喜良秀「戦後の沖縄演劇/その歩みと今日の状況」


沖縄文学全集 (第11巻)



■三一書房編集部編『現代日本戯曲大系10 1975-1977』三一書房,1997/09/30


ちねんせいしん『人類館』と標記


現代日本戯曲大系〈10〉



■岡本恵徳・高橋敏夫『沖縄文学選/日本文学のエッジからの問い』勉誠出版,2003/05/01


沖縄文学選―日本文学のエッジからの問い



■編集委員会『コレクション戦争と文学20 オキナワ終わらぬ戦争』集英社,2012/05/


目次


山之口獏「沖縄よ何処へ行く」


長堂英吉「海鳴り」


知念清真「人類館」


霜多正次「虜囚の哭」


高良勉「アカシア島」


大城立裕「カクテル・パーティー」


又吉英喜「ギンネム屋敷」


吉田スエ子「慶良間心中」


目取間俊「平和通りと名付けられた街を歩いて」


川柳


田宮虎彦「夜」


岡部伊都子「ふたたび「沖縄の道」」


灰谷健次郎「手」


桐山襲「聖なる夜 聖なる穴」


解説…高橋敏夫


【附録】月報12


大城立裕「敗戦で沖縄が日本でなくなった」


宇戸清治「タイ文学と戦争 抗日「自由タイ運動」を中心に」


コレクション 戦争×文学 20 オキナワ 終わらぬ戦争





琉球新報// 書評から

仲松昌次『「艦砲ぬ喰ぇー残さー」物語「でいご娘」と父・比嘉恒敏が歩んだ沖縄』ボーダーインク,2015/10

「艦砲ぬ喰ぇー残さー」物語―「でいご娘」と父・比嘉恒敏が歩んだ沖縄


琉球新報書評(三木健)⇒http://k.ryukyushimpo.jp/mobile/2016/01/post-103164.php



東京新聞2016/01/17読書欄から2冊

若林千代『ジープと砂塵 米軍占領下沖縄の政治社会と東アジア冷戦1945-1950 (フロンティア現代史)』有志舎,2015/11/19


ISBN4-9034-2699-8


ジープと砂塵 米軍占領下沖縄の政治社会と東アジア冷戦1945-1950 (フロンティア現代史)


有志舎facebook http://m.facebook.com/yushisha.nagataki


東京新聞2016/01/17【書評】若林千代『ジープと砂塵』/丸川哲史 http://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2016011702000178.html

豊里友行写真集『オキナワンブルー: 抗う海と集魂の唄』未来社,2015/12/17

ISBN4-6247-1099-1


豊里 友行写真集 オキナワンブルー: 抗う海と集魂の唄


未来社HP⇒書籍詳細 『オキナワンブルー』http://www.miraisha.co.jp/np/isbn/9784624710996

嬉野京子『戦場が 見える島 沖縄 50年間の取材から』新日本出版社,2015/09/20


ISBN9784-4060-5935-0


戦場が見える島・沖縄 ?50年間の取材から


嬉野京子/[題字,序文]瀬長亀次郎『沖縄100万の叫び―嬉野京子写真集』新日本出版社,1968を再構成, 加筆


ASIN:B000JA61VS amazoneに書影あり…中古\26,959より!!(一晩で高騰!!) (はてな商品情報は依然)中古410円!!




*1:2014/11月以降は季刊

*2:『未来』No.535(2011/4)#8 同化と異化の相克から内破へ
ibid. No.537(2011/6)#9 「ふぅなあ」というオブセッション
ibid. No.538(2011/07)#10 乗り換える果ての荒野
が仲里友豪, 知念正真, 金鶴泳キムハギョン「まなざしの壁」を論じている

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20160116

16/01/15 (Fri) 【海賊版】ハンギョレ21:識者に問う慰安婦合意の法的拘束力 2&3

ハンギョレ21: 識者に問う慰安婦合意の法的拘束力(1)「朴大統領は弾劾対象となる」


http://japan.hani.co.kr/arti/politics/23069.html


id:dempax:00000115

ハンギョレ21: 識者に問う慰安婦合意の法的拘束力(2)「政府は被害者の権利を消滅させられない」

「(合意内容には)性奴隷という言葉も入っておらず、慰安婦問題が国際法上の犯罪だったとの認識もない。にもかかわらず、まるで解決したかのように朴槿恵(パククネ)政権がなぜこんな合意をしたのか、私としては残念でならない」


 国際法・国際人権法が専攻の申惠ボン(シン・ヘボン)教授(50)は、韓国政府の合意責任をまず言及した。「両国間で『喉に刺さった骨』のような懸案だった慰安婦問題では、特に日本政府が、これ以上韓国からも国際的にも非難されたくないという思いがあった。それは真剣に問題の深刻性を認識し、被害者のために決断したというより、日本の体面のためのものだったという側面が大きい。『次の世代の子供たちに謝罪を続けさせる宿命を負わせてはならない』という安倍首相の話に、そうした姿勢がよく表れている」


 在日コリアン2.5世の申教授は、日本の国際人権法学会理事長でもある。父は済州、母は日本で生まれ育った。1月4日、「第3回国際人権冬季講座:人権とアジア2016」(ソウル大人権センター主催)初日の招請講師として韓国を訪れた申教授に会い、その後、電子メールを交わす書面インタビュー形式で内容を補填した。

■政府が個人の権利を消滅させることはできない


在日コリアンの申惠ボン・青山学院大学教授は「朴槿恵政権の12・28合意は残念」と指摘した=チョン・ヨンイル記者//ハンギョレ新聞社



 12・28合意を条約とみなせるのか、申教授が断言することはなかった。あまりに曖昧な部分が多く、問題がより複雑になったという。


 「国際法上の条約は『条約法に関するウィーン協約』第2条1項で、国家間に文書の形式で締結され国際法によって規律される合意と定義されている。したがって今回の合意にウィーン協約は適用されない。ただし、ウィーン協約も文書の形式でない国際的約束の法的拘束力自体は否定していない(第3条)。例は少ないが、文書の形式でない口頭の合意が国際的合意として認められた判例もある。韓日政府が文書を作成しなかった理由は、おそらく日本政府が、今も法的には1965年の韓日請求権協定で解決されたという立場に固執しているためだろう。しかし、韓日請求権協定により解決されたという主張には根拠がないと日本の研究者も指摘しており、私もそう主張してきた」

 両国政府が合意したとしても、被害者たちの法的権利を奪うことはできないと申教授は強調した。「今回の合意は口頭の合意ではあるが、国際的合意として両国間で法的効力を持つ。しかし、被害者が加害国の責任(事実の認定、損害賠償、歴史教育を含む“満足”措置)を問うことを防ぐことはできない。それは人権侵害被害者の剥奪できない権利だ」


 申教授は国際法でも問題が多い合意だと指摘した。「重大な人権侵害に対する責任を解決することを目的とする合意としては、含まれねばならない内容が非常に不足している。被害者の苦痛をできるだけ除く、国際法上の“満足(satisfaction)”に結び付く措置を取ることが不可欠だ。また今回の合意は、法的責任を曖昧にしたまま基金を設立するとしており、1990年代の『アジア女性基金』と似た問題を繰り返している。必要なのは国家として違法行為の責任を認め、それを土台にする賠償をすることだ」

 申教授は合意を反故にする可能性についてこう話す。「もし韓国政府が国内世論に押され今回の合意を反故にしようとしても、日本政府は“不可逆的”という強い表現を使った以上、容認しない態度を示すと予想される」。被害者の同意や協議なしに合意がされた背景については、「韓国政府は、被害者の気持ちを理解してあげながら、安倍政権を相手に被害者の要求をそのまま貫徹するのは無理だと考えたことだろう。10億円拠出を条件に少女像移転問題を言及するなど、日本政府の態度も非常に傲慢だ」と語った。


 日本でも「日本軍『慰安婦』問題解決全国行動」や被害者の立場で問題に関与してきた良心的な弁護士たちが合意発表後に声明を発表した。被害者が受け入れられる内容と形の具体的な措置を求めたのだ。申教授もこうした声明の立場に同意だと明らかにした。「日本では安倍政権が韓国政府の譲歩を引き出し、外交的成果をあげたという評価もある。反面、慰安婦問題自体が嘘だと声高に主張してきた一部の国家主義者が、安倍政権に失望する反応を見せている」という。「国際法から見れば、ジュネーブ協約が保護する人の権利を、当事国の間の条約で否定できない。国民のために国家が行使する外交保護権は、国家の権利として存在するだけのことだ。個人の権利は別にある。政府の合意だけでそれを消滅させることはできない」


チョン・ジンシック、ホン・ソクチェ記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )


韓国語原文入力:2016-01-14 14:57


http://www.hani.co.kr/arti/politics/diplomacy/726183.html?_fr=mt1訳Y.B

ハンギョレ21: 識者に問う慰安婦合意の法的拘束力(3)「日本は少女像移転を求められない」


http://japan.hani.co.kr/arti/politics/23071.html


弁護士の川上詩朗氏(58)の最初の言葉は敢然としていた。「評価に値するものなどあるのか疑わしい。慰安婦被害者のお婆さんたちが要求したものが、一つも実現されなかった。今回の合意はきわめて不充分な内容であり、問題も多い」


 川上弁護士は12・28合意を条約でなく政治的妥結、または合意を宣言したものと解釈した。「ただし国家間合意であるから、国家の立場で見れば尊重しなければならない部分がある。今回の合意の拘束力問題に対しては、批准が必要な条約だと見る人はほとんどいないようだ。だから条約なのかどうかという議論自体はされていないようだ」


 川上弁護士は日本弁護士協会人権擁護委員会副委員長、人権救済調査室長などを歴任した。2010年から韓国人慰安婦や強制動員の問題解決のため韓国人弁護士たちと交流している。1月5日、国会で開かれた討論会「緊急診断2015年韓日外相会談の問題点」に参加した川上弁護士に会った。


 条約でなく政治的妥結・合意と解釈しても問題があると川上弁護士は考える。「これで韓国政府の外交権が放棄されるのかという問題について考える余地がある。最終的かつ不可逆的な解決という文言が入ったためだ。これで外交権が放棄されたとみなされるのか検討する必要がある。『最終的かつ不可逆的』に終結するには、日本政府が名誉回復などの措置を着実に実行することを前提とする。逆に言えば、その前提を満たせなければ最終的かつ不可逆的でないということになる」


 合意内容を川上弁護士は二つの側面から分析した。「安倍政権の慰安婦問題に対する姿勢は、歴代内閣が継承してきた『河野談話』自体を修正しようと試みるものだった。それ自体で悪いものだが、今回の合意前まで(自身の思い通り)整理できなかった。安倍政権の姿勢を軸に考えれば、今回の合意は予想を超え(安倍首相の思い通り)一歩踏み出したと言える。しかし、日本政府が慰安婦問題に対し負わねばならない責任の認定と謝罪問題を軸に考えれば、過去に逆戻り(後退)した感じがする」


川上詩朗弁護士は「慰安婦問題の責任は今回の合意と関わりなく日本にある」と指摘した=ホン・ソクチェ記者//ハンギョレ新聞社



■日本から少女像の移転を求めることなどできない


 川上弁護士は被害者の賠償請求権は今も有効と考える。「韓日請求権協定第2条1項でも最終的解決という文言が問題になった。国家間合意を外交法上どう扱ったかとは別に、被害者個人の請求権問題は区別して議論されねばならない。従前の韓国政府の基本的な立場は『慰安婦被害者の個人賠償請求権は韓日協定で解決されていない』とのことだった。今回の合意で賠償請求権が放棄されたとし、それがどんな影響を及ぼすのかが一つの論点になるだろうが、結論から言えば、それは影響がなく放棄されるものではない」


 川上弁護士は平和の少女像の問題も国家間合意の問題ではないと断言する。「少女像は日本大使館前の水曜デモ1千回を記念して作られた。日本政府の慰安婦問題での対応がまともにされなかったのでできたものだ。したがって少女像移転は日本側から話せる問題ではまったくない」


 川上弁護士は今回の合意に関連し、解決方向がある程度決まっていると語る。「慰安婦問題の責任は今回の合意と関わりなく日本政府にある。現段階では、日本の外相の発言が単発的(漠然と)にされているだけの状態だ。再び合意をして、被害者が要求する内容を本当に受け入れるのか話し合わねばならない。被害者と市民の立場としては、この部分をずっと問い続けていかなければならない。その部分を確実にせず問題を(いい加減に)解決しようとすれば、合意の欺瞞性が明らかになるだろう」


 最後に川上弁護士はこう言い切る。「こんな形の合意は真の解決ではない。被害者と彼女たちを支援する団体、さらに幅広く韓日両国民が納得できて初めて最終的な解決になる。それは国家間合意と関係ない問題だ」


チョン・ジンシック、ホン・ソクチェ記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )


韓国語原文入力:2016-01-14 14:57


http://www.hani.co.kr/arti/politics/diplomacy/726183.html?_fr=mt1訳Y.B

16/01/10 (Sun)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20160110

16/01/07 (Thu) 【海賊版】麗澤大学副学長・井出元氏 千葉県教育委員会委員に

出典…『しんぶん赤旗』2016/01/07


千葉県教委への井出氏 任命反対



千葉県議会はこのほど県教育委員への麗澤大学副学長・井出元[はじめ]氏を任命することを自民・民主・公明・維新などの賛成で同意しました. 日本共産党は氏の任命に反対し, 岡田幸子県議が討論しました


井出氏は議会に示した「教育委員会候補としての考え」の中で「道徳教育の充実」に自身の知識や経験を役立てたいとしています


岡田氏は, 井出氏が道徳の授業で事例を通じて効果や知識を学ばせることが重要などとしていることについて「市民生活に必要なモラルやマナーは, 学校や家庭, 地域での生活, 人との関わりの中で自ら培うもの. 特定の価値観・徳目を一方的に植え込んでも身に付かない」と主張


また井出氏が著作で「天皇を敬愛することは真の日本人となるための必須条件」との立場を示していることを指摘し「主権在民を大原則とする現行憲法のもとでは到底受け入れられない」と強調しました


[記事おわり]


【2015年12月県議会】日本共産党 岡田幸子議員 井出元氏を教育委員会委員に任命する議案への反対討論(2015/12/18)⇒http://www.jcp-chibakengikai.jp/html/menu2/2015/20151221145912.html

井出元氏著作


井出元『人生の転機/広池千九郎の生涯』廣池学園出版部(柏市),1995/5/


人生の転機―広池千九郎の生涯


isbn4-8920-5380-5



井出元『廣池千九郎の思想と生涯』廣池学園出版部,1998/8/


廣池千九郎の思想と生涯


isbn4-8920-5415-1



井出元『廣池千九郎の遺志』モラロジー研究所, 廣池学園事業部(柏市),2011/6/


廣池千九郎の遺志


isbn9784-8963-9204-3



単著は以上


モラロジー研究所, モラロジー道徳科学研究所の論集に多数の寄稿,標題凄いのは


井出元「天道と皇道」…阿南成一編『問われる家族倫理/日本の家族 世界の家族』廣池学園出版部,1987/8/


問われる家族倫理―日本の家族 世界の家族




トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20160107

16/01/05 (Tue)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dempax/20160105
 | 
0000 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 |
0001 | 01 |
0002 | 09 |
0010 | 03 |
0014 | 01 | 04 | 08 |
0016 | 11 |
0100 | 11 |
0114 | 04 | 05 |
0214 | 04 |
0984 | 05 |
1013 | 08 | 09 |
1014 | 01 |
1114 | 01 |
1889 | 10 |
1915 | 03 |
1923 | 04 | 08 | 09 |
1924 | 06 |
1925 | 06 |
1927 | 08 |
1928 | 09 | 10 | 12 |
1929 | 02 |
1930 | 02 |
1931 | 09 | 12 |
1932 | 02 | 09 | 12 |
1933 | 01 | 03 | 06 | 08 |
1935 | 09 | 10 | 12 |
1936 | 10 |
1937 | 09 | 10 | 11 |
1938 | 02 | 04 | 05 | 06 |
1939 | 04 | 06 |
1941 | 04 |
1942 | 03 | 08 |
1943 | 05 | 06 | 11 | 12 |
1944 | 01 | 11 |
1945 | 01 | 08 | 09 | 11 |
1946 | 04 | 06 | 10 | 11 | 12 |
1947 | 04 | 06 | 11 |
1948 | 03 | 04 | 05 | 11 |
1949 | 01 | 06 | 07 | 09 | 12 |
1950 | 02 | 08 | 10 |
1952 | 04 |
1953 | 06 |
1954 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1955 | 08 | 12 |
1956 | 10 |
1957 | 01 | 02 | 08 |
1958 | 03 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
1959 | 08 |
1960 | 07 | 10 |
1963 | 12 |
1964 | 01 | 05 | 08 |
1965 | 01 | 08 | 11 |
1966 | 08 | 09 | 10 |
1967 | 11 |
1968 | 01 | 02 | 06 | 09 |
1969 | 04 | 11 |
1970 | 01 | 09 |
1971 | 06 | 10 |
1972 | 01 | 04 | 08 | 09 | 11 |
1973 | 07 | 09 | 10 |
1975 | 02 |
1976 | 09 |
1977 | 04 | 09 | 10 |
1978 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 11 |
1980 | 04 |
1981 | 03 | 04 |
1982 | 05 |
1983 | 01 | 03 | 06 | 11 | 12 |
1984 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
1985 | 01 | 07 | 08 |
1986 | 04 | 08 | 09 |
1987 | 03 |
1988 | 09 | 10 |
1989 | 08 |
1990 | 04 | 08 |
1991 | 07 |
1992 | 01 | 03 | 05 | 07 | 12 |
1993 | 08 |
1994 | 12 |
1995 | 08 | 12 |
1997 | 01 | 02 | 11 |
2001 | 02 |
2003 | 01 |
2004 | 03 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 00 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 |
2011 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 | 11 | 12 |
2052 | 11 |
2053 | 11 |
2054 | 11 |
2058 | 07 |
2091 | 04 |
2092 | 03 |
2114 | 06 | 07 |
2158 | 07 |
2214 | 05 | 06 |
2216 | 11 |
2258 | 07 |
2358 | 07 |
2518 | 07 |
2558 | 07 |
2658 | 07 |
2758 | 07 |
2858 | 07 |
2958 | 07 |
2968 | 09 |
2973 | 09 |
3013 | 07 |
3014 | 04 |
3015 | 06 |
3016 | 10 | 11 |
3213 | 07 | 08 |
3358 | 07 |
3958 | 07 |
4000 | 02 |
4013 | 08 | 10 |
4358 | 07 |
4958 | 07 |
5358 | 07 |
5958 | 07 |
9013 | 10 |
9017 | 01 |
9018 | 06 |
9913 | 07 | 10 |

-*-