dentakurouの日記 RSSフィード

2018-10-02 晴れて無料のUiPathコミュニティエディションが日本企業で使え

[]晴れて無料のUiPathコミュニティエディションが日本企業で使える件

10/9追記:公式なアナウンスがでました。「Communityエディションのご利用は個人の方の利用のみに限定されておりましたが、その利用可能範囲が拡大されました。」

UiPathの日本法人、というか日本語Webサイトだけが企業でのCommunity Editionの使用を禁止しているような記述をしており、UiPath日本法人に問い合わせたり、ルーマニアのUiPath法務に問い合わせた始終を以下に書きました。

2017-10-18 無料のUiPath Communityエディションは実は一般企業でも堂々と使える

2018-08-15 今でも無料のUiPathコミュニティエディションが日本企業で使える件

結論としては使用して良いとのお墨付きをUiPath本社からいただいていたものの、お客様にコミュニティエディション(以降CEと略します)での検証を勧めたり、社内トレーニングに使うわけにもいかず困っていました。

同様にモヤモヤしている企業さんがいたかと思いますが、日本語サイトがついに英語のCommunity Edition License Agreementと同様の内容にアップデートされました。

f:id:dentakurou:20181002204247p:image:w640

まだページタイトルや登録フォームには以前の記述が残っていますが、本文ではエンタープライズとその他の法人の利用がOKになっています。

f:id:dentakurou:20181002204244p:image:w640

エンタープライズとその他の法人の違いは企業規模で中規模以上の企業はだいたいエンタープライズが該当すると思います。

その利用範囲は検証とトレーニングに限られていますが、社内に広めてなんぼのRPA導入担当にとっては予算の差はめちゃくちゃあります。

実は英語のCommunity Edition License Agreementも夏ぐらいにアップデートされており、先述の8月に記事を書いた時にはエンタープライズかどうか関係なく

・法律上の組織である場合、関連会社全部で最大5台のマシンでStudioを使用できます。

・Orchestratorは、評価とトレーニングの目的でのみ使用できます。

となっていたのですが、最初に書いた昨年の条件に戻っています。詳細は先述の今年8月の記事をご覧ください。

8月の許諾内容だと、海外でも大企業でStudioをサーバーで5台立てて業務に使っていいんかいというツッコミがあったのかもしれません。

8月の私のルーマニアへのツッコミが反映されたとしたら下手な英語メールでがんばった甲斐があります!

2018-09-02 はてなダイアリーからはてなブログに移行できない

[]はてなダイアリーからはてなブログに移行できない

はてなダイアリーはてなブログは同じだと思っていました。

最近ニュースで、はてなダイアリー終了というのを知り、ようやく別物だと知り移行しようと思いましたが、私のような人は多いみたい。

f:id:dentakurou:20180902102215p:image:w640

殺到していて休止中でした。

2018-08-15 今でも無料のUiPathコミュニティエディションが日本企業で使える件

[]今でも無料のUiPath Communityエディションが日本企業でも使えることをルーマニアに確認した件

昨年書いた記事「無料のUiPath Communityエディションは実は一般企業でも堂々と使える」のコメントにて、今は使えないように変わっちゃった情報をいただき、UiPath社に確認した内容をご紹介します。

ただし、以下の内容について責任を持てませんので、どのように理解するのかはご自身でご判断ください。

まず真相を調べるために日本語のコミュニティエディションのページを見たところ、今まで無かったトライアルエディションとコミュニティエディションの比較を紹介するページが増えていました。

f:id:dentakurou:20180815201915p:image:w360

そして、このページの下の方にはこんな記述があります。

日本国内においては事業規模を問わず、商用でのコミュニティエディション利用をお控えいただいております。事業者様のトレーニング・評価目的のご利用についても同様となります。商用トライアルをご利用ください。

これって、今までさんざんUiPath社が推奨していたCoE(Center of Excellence)みたいな組織でUiPathの社内教育を大々的にやっている企業にはコスト面でインパクト大きいですよね。だって今までは教育目的や評価目的であればコミュニティエディションが使えたんだもん。

しかもトライアルエディションって、「1企業につき60日間無料」であって1名につきでも1台につきでもない。他の部署がトライアルを先にやっていて60日も使えなかったというトラブルはフォーラムにいくつもあります。この縛りが改善されていたらマシですけど。

これって昔の許諾内容が日本だけ一人歩きしているのではと頭をよぎりました。というのも以前も先述の記事で書いていますが、同じことがあったので。そこで許諾内容のバイブルである「Community Edition License Agreement」を見たところ、たしかに内容は変わっていました。

・法律上の組織である場合、関連会社全部で最大5台のマシンでStudioを使用できます。

・Orchestratorは、評価とトレーニングの目的でのみ使用できます。

やっぱり企業が使ってはいけないなんて、どこにも書いていません。逆に組織の大小問わず5台までStudioはOKで、Studioについては目的の縛りがなくなりました。大規模な社内教育を考えているところで5台は少ない数ですが、それでも5台のマシンであり5ユーザーではないのでなんとかなる条件です。

次にUiPath社の日本語サポートに聞いて見ました。

・UiPath Community エディションは、この質問もサポートしない。

・Community EditionのLicense Agreementは、ルーマニアのUiPath社との間に締結される内容であり、UiPath日本法人はサポート対象外である

想定どおり、塩対応でした。

インストールや操作の質問ではなく、導入の相談にはのるものですけどねぇ。うちはエンタープライズをすでに買っていますが、顧客にどのエディションを提示できるのか本当のところを知りたかっただけなんですけど。しかもご丁寧に日本独自の縛りを併記してきたので、それも含めてルーマニアの法務に聞いて見ると返信したら、一方的にサポートケースをクローズされちゃいました。一発レッドカードみたい(笑

まぁそれも想定どおり。

それで本当にルーマニアの法務にメールして見ました。ざっとこんな内容です。

・日本の企業である。

・英語のLicense Agreementでは企業であっても使って良いと書いてあるが、日本語のページでは禁止すると書いてある。

・どちらに従えば良いのか混乱している。教えてください。

すると翌日に返事がきました。本当にブカレストから。通じた俺の英語(w

答えは明快!

・日本語バージョンではなく、英語バージョンのLicense Agreementを優先してください。

・あなたが法律上の組織である場合、関連会社全部で最大5台のマシンでStudioを使用できます。

スッキリしました。

でも日本支社がうちに売ってくれなくなると困るので、慎重に振る舞おうとは思います。

2018-07-21 俺のiOSアプリがMinimum Functionalityリジェクトを突破した件

[]俺のiOSアプリがMinimum Functionalityリジェクトを突破した件

独自に運行しているシャトルバスとか、「ちぃばす」とか、たぶんローカルバスとか、バス停の板とか紙とか良くてPDFでしかない時刻表って一杯あるかも。という想い、という綺麗事ではなく自分がそれで毎日イライラしていたのでiPhoneで使える俺アプリを作ってみました。

殆ど今まで作ったアプリの実装を応用すればちゃちゃっとできました。一番大変だったのはもとのPDFの時刻表から何度もコピペしてXMLを作る地味な作業w

最初のバージョン

f:id:dentakurou:20180721203044p:image:w360

UITabViewControllerにUINavigationBarとUITableVewとUISegmentControlを乗っけて表示。これだけでPDFを拡大するよりもかなり使いすくなりました!

Apple Developer Programに年間100ドルも払っているので、ならば飲み屋でモテるネタにとApp Storeで公開することにしました。

その結果は、リジェクト

Guideline 4.2 - Design - Minimum Functionality

でたよ。

出す気が無くても、iOSデベロッパーが一番言われたくない、心が折れるリジェクト理由なのです。

このガイドラインはようするに「つまらないアプリ」っていう規約です。でも、以前はiBeaconや気圧計のすごくシンプルなアプリでも通りました。実際、サンプルコードそのままと思われる他のデベロッパーアプリApp Storeでよく見かけます。

それが、どうも審査基準が厳しくなったみたいです。

私のプログラマー魂が燃え上がりました

ちゃちゃっとUINavigationBarの右上に「乗り場」ボタンを追加して、タップするとSafariGoogleマップが開くようにして、即日に再申請しました。

っが、依然としてMinimum Functionalityが解消されていないのでリジェクトとの結果。

ですが、

リジェクト反論して食い下がるのは時間の無駄

です。過去に別のリジェクト理由で反論して食い下がった経験がありますが、審査は審査員個人に依存する部分があり、審査結果に対して頑固で時間の無駄です。

そこで前向きに仕切り直しすることにしました。

リジェクトのメールに対策が書いてあるのですが、それをもう一度冷静に読んで今回やらねばならないのが

アプリのコンセプトを変える必要がある

こと。

つまり時刻表アプリというコンセプトがアウトだと。今まで用語アプリとか作っていましたが、それも今の審査基準あるいは今回の審査員ではアウトかもしれません。

時刻表を表示して「んで、その次に何が?」の何が必要

そこで、時刻表アプリというコンセプトを捨てて、知恵を絞り、このようにしたところ審査を通りました!

審査が通ったバージョン

f:id:dentakurou:20180721203152p:image:w360

一見するとわからないかもしれませんが、UINavigationBarとUITableViewの間に次のバスの出発時間とあと何分かを表示するのを追加しました。あと「乗り場」をタップした時に、GoogleマップではなくiPhoneの地図アプリが開くようにしました。後者はアップルへの忖度ですw

この結果、そう、このアプリは時刻表アプリではないです。

次のバス発車時刻がすぐにわかってカウントダウンするアプリ

なのです。アプリの主役だった時刻表はオマケという位置付けだと滲み出るように、次のバスとその残り時間を表示しているUITextViewを残り時間によってグリーンからレッドに色がチカチカしながら変わる仕様に作りこみました。

リジェクトされて知恵をもう一絞りしたおかげで、確かにユーザー体験はよくなったと思います。

そこで、今度は自主的に欲望が湧いてきて、通知センターにも表示しちゃうようにしました。

通知センターの「今日」に表示

f:id:dentakurou:20180721203138p:image:w360

これは今審査中です。通知センターを使ったアプリは初めてなので何かあったらまた今度。(=>追伸:半日後に審査されApp Storeに無事公開)

2018-05-13 アクセスログでみるとiPadはまだまだ売れる

[] アクセスログでみるとiPadはまだまだ売れる

先日アクセスログ統計を見て、やっぱり一般消費者iPadはまだまだ売れると確信を持ちました。

数年前にAppleiPadタブレット市場は頭打ちだと予測し、仕事で使うハイエンドiPad Pro、学校で使うローエンドのiPadの2種類にしてしまいました。

つまり真ん中が無い。

そこはiPhone plusを位置付けている感があります。

なので、私が電子書籍を読むのに最適だと思っているiPad miniは何年もアップデートされない。

本当?

そんなに市場ないのかなとずっと思っていました。

先日アクセスログ統計を見て驚きました。

f:id:dentakurou:20180513203150p:image:w640

これはiPadSafariのバージョンごとに集計したものですが、なんと過半数Safariの9.0。つまりiOS9.xのユーザーです。このことからiOS9.xまでしかサポートしていないiPad2iPad miniのユーザーが過半数いると推測できます。

この消費者は、初代iPadを買ったアーリアダプターではなく、その後にiPadを買った大量の消費者たち。その人たちが買い替えをためらっている感が見て取れます。というのも私もそうだからです。iPad mini4の次がでたら買い換えようと思って早数年。

f:id:dentakurou:20180513203154p:image:w640

一方でiPhoneはなんとなく2年で買い換える人が多いからか、順当にiOS11が過半数という結果になっています。

今となってはminiは最低でもローエンドのiPadと同様にペンをサポートしないとminiを買い換える気は湧かないです。今ので本も動画も見れますので。iPad2も持ち歩きませんがBose SoundTouchに接続してミュージックプレイヤーになっていますが現役です。

Apple Musicや動画アプリに夢中で、iBooksにあまり力を入れていないAppleがこのことに気づくのはいつかなぁ。もっと高額で引き取るとか、Apple WatchのようにSIMの共用ができないと買い換えないなー。

 

本題と関係ないですが浴室のミュージックプレイヤーでiPhone5も現役ですし、iPhone6は電話としても現役です。バッテリーは30分あれば自分で交換できますし。

Face IDはユーザー体験に関係ないので全く興味ないですねぇ。この先iPhoneiPadだらけになるのを、アップルが何かしらの消費者が腑に落ちる理由をつくって捨てさせないと、この先もっと市場が縮小すると思います。