Hatena::ブログ(Diary)

derax8ooの日記

2019-01-13

2018年12月に読んだ本

年末はたくさん読めるのでうれしいです。


12月の読書メーター
読んだ本の数:18
読んだページ数:5060
ナイス数:119

ホームズは北海道で怪異を嗤う (双葉文庫)ホームズは北海道で怪異を嗤う (双葉文庫)感想
こういう場合はなんというのが正しいか悩むけど、人それぞれだから何でもいいやと。
読了日:12月31日 著者:太田 紫織
昨日の僕が僕を殺す リュウグウノハナヨメ (角川文庫)昨日の僕が僕を殺す リュウグウノハナヨメ (角川文庫)感想
結局怖いのは人間ということが分かってきたからか、軽いホラーを読めるようになってきました。犬はしっかりと躾をしましょう。
読了日:12月31日 著者:太田 紫織
うちの執事に願ったならば 6 (角川文庫)うちの執事に願ったならば 6 (角川文庫)感想
頭の怪我はきちんと検査しましょう。見栄もあるから以外と潜り込みやすいのかなとか。
読了日:12月31日 著者:高里 椎奈
招キ探偵事務所 字幕泥棒をさがせ (講談社タイガ)招キ探偵事務所 字幕泥棒をさがせ (講談社タイガ)感想
訴えるときは、正しい手段で、正しい場所に。ルールは自分を守るための盾にもなる。
読了日:12月30日 著者:高里 椎奈
ハイキュー!! ショーセツバン!! 10 (JUMP  jBOOKS)ハイキュー!! ショーセツバン!! 10 (JUMP jBOOKS)感想
本編では語られない人たちのお話。やっぱりそれぞれ考えてはいるんですよね。ずれてたりするだけで。
読了日:12月30日 著者:星 希代子
アルテミス(下) (ハヤカワ文庫SF)アルテミス(下) (ハヤカワ文庫SF)感想
買ってから大分経ったけれど、読み始めればあっという間でした。ある意味チンピラなのに、最終的には裏の顔役といえなくもない感じまで。また映画化するようで、そちらも楽しみです。
読了日:12月30日 著者:アンディ・ウィアー
アルテミス(上) (ハヤカワ文庫SF)アルテミス(上) (ハヤカワ文庫SF)感想
月面都市が舞台の話。前作も面白かったけど、こちらもスピード感があって引き込まれる。
読了日:12月30日 著者:アンディ・ウィアー
悪魔の孤独と水銀糖の少女 (電撃文庫)悪魔の孤独と水銀糖の少女 (電撃文庫)感想
ネクロマンサーでも、弟子でもなく娘というところに誇りがあるんだろうなとか。
読了日:12月24日 著者:紅玉 いづき
果実 (KITORA)果実 (KITORA)感想
闇に惹かれるときと、見たくないときと。体調を知る良い道具になります。
読了日:12月18日 著者:アボガド6
ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインIX ―フォース・スクワッド・ジャム〈下〉― (電撃文庫)ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインIX ―フォース・スクワッド・ジャム〈下〉― (電撃文庫)感想
ちゃんと拳銃の見せ場があったし、ルールの穴をついてるのもよかった。怪獣映画、笑ってしまいましたがまさにそんな感じ。そして奴のリアルが。まさか違うなんてことはないはず。でもどっちも気づいてないんだろうな。最後、ストーカーは犯罪です。
読了日:12月18日 著者:時雨沢 恵一
裏世界ピクニック3 ヤマノケハイ (ハヤカワ文庫JA)裏世界ピクニック3 ヤマノケハイ (ハヤカワ文庫JA)感想
後輩ちゃんたちもいろいろおかしい。カルト怖い怖い。髪の長さは無意識だったらあまり怒れないよね。
読了日:12月14日 著者:宮澤 伊織
やがて君になる 佐伯沙弥香について (電撃文庫)やがて君になる 佐伯沙弥香について (電撃文庫)感想
GLです。漫画から読んでいたので、気になっていました。好きとか愛とか本ではよく読みますが、結局なんなんだろうと未だにわかっていません。そもそも相手が人間である必要性自体感じていなくて、どんな手段であれ次世代が育てられるなら何でもよくないですか、と考えてるぐらいです。成長が早いといっても子供なんですねと思うけど、大人だからって子供と変わらないきもしてます。
読了日:12月08日 著者:入間 人間
ノベル 平野と鍵浦 (ジーンピクシブシリーズ)ノベル 平野と鍵浦 (ジーンピクシブシリーズ)感想
BL(Boys Life)。これだけ頼れる先輩はそうそういないし、これだけ頼られたらがんばるだろうなと。
読了日:12月08日 著者:八条 ことこ
数字で救う! 弱小国家 3 幸せになれる確率を求めよ。ただしあなたの過去は変わらないものとする。 (電撃文庫)数字で救う! 弱小国家 3 幸せになれる確率を求めよ。ただしあなたの過去は変わらないものとする。 (電撃文庫)感想
余りをあわせたという解説は初めて読んだ。話自体は知っていても、きちんと考えたことは意外にないのかもしれない。続きそうだと嬉しいですね。
読了日:12月08日 著者:長田 信織
数字で救う! 弱小国家 2 電卓で友だちを作る方法を求めよ。ただし最強の騎兵隊が迫っているものとする。 (電撃文庫)数字で救う! 弱小国家 2 電卓で友だちを作る方法を求めよ。ただし最強の騎兵隊が迫っているものとする。 (電撃文庫)感想
最終的には現実世界にて実行することが大事。人間は感情でも動くので、話し合いも少しはしましょう。
読了日:12月08日 著者:長田 信織
数字で救う! 弱小国家 電卓で戦争する方法を求めよ。ただし敵は剣と火薬で武装しているものとする。 (電撃文庫)数字で救う! 弱小国家 電卓で戦争する方法を求めよ。ただし敵は剣と火薬で武装しているものとする。 (電撃文庫)感想
世界を変える。ルールを作る。数学で。剣と槍で戦うだけが戦争ではない。金貨も大事な武器。戦闘能力に関係ない系の話は好きです。
読了日:12月07日 著者:長田 信織
友人キャラは大変ですか? (6) (ガガガ文庫)友人キャラは大変ですか? (6) (ガガガ文庫)感想
バトルの後に日常に絡もうとするTPOをわきまえてるのかいないのか。ある意味ぶれてない。強い。シリアスとありますが、やはりギャグとして読めるのが楽でよいです。
読了日:12月07日 著者:伊達 康
技術者のためのテクニカルライティング入門講座技術者のためのテクニカルライティング入門講座感想
このような実用書は、読むことではなく、実際に使うことが大切です。以上、全く使用できていない内容の感想。
読了日:12月01日 著者:高橋 慈子

読書メーター

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/derax8oo/20190113/1547382521